2014年05月07日

那須高原の情景

DSC00308wc.jpg

 白河からの帰り道、高速料金をケチって68号線を走った。その途中、小深堀の現状が気になって横道にそれてみた。いつもの景色だが、牧草地の背景は那須連山。雄大な景色を堪能できる。
小深堀は、相も変わらず立ち入り禁止の立て看板があり、その周囲には日本サクラ草が賑わっていた。

DSC00307wc.jpg

 那須連山から後ろを振り返ると、牧草地の向こうには雑木林が広がり、水田も見える。
幹線道路から外れると、田園風景が広がり那須高原の魅力を肌で感じる事が出来る。車では無く散策であれば健康にも良いはずだ。次回は、車を道路脇に停めて周回してみようと思う。
posted by はらっち at 18:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 那須の今
この記事へのコメント
小深堀・・・名前は聞いたことがあったので調べてみたら、よく通っているあたりでした。
企業により保護活動??されているのですか?
次に那須に行ったら訪れてみたいです。
Posted by そらり at 2014年05月07日 19:02
そらりさんへ

おはようございます。
小深堀は、昭和天皇が植物観察・研究に訪れていた那須の湿地帯の
一つですね。
よくあることですが、盗掘、採取などが横行し地権者も業を煮やしたようです。
一説には、複数の地権者間の考えの違いもあるように聞いています。
サギソウの群生は、道路からも見えるかと思います。
山野草が主なので湿地内に入らないと見られないのが残念です。
Posted by はらっち at 2014年05月08日 06:43
新緑の季節なのだ!と思わせる風景の写真ですね。
牧草地と那須連山の美しい事! 思わずウットリと眺めてしまいますね。
これが「いつもの景色・・・」と言えるのが贅沢ですね。
お寿司を取るか!美しい風景を取るか!って笑い話ですね(≧∀≦)

そうそう、若かりし頃に神戸さんにサインを頂いた話・・・私にも似たような経験がありまして、新幹線で高校生の時にお弁当の売り子のアルバイトをしていたのですが、その時に島倉千代子さんが乗っていて私もサインをもらったんです。
私も訃報を聞いたときにはその当時のことを思い出し切ない気持ちになりました。
そのサインは母が歓喜で私から奪って今も大切に保管してあるそうです(^_^;)
Posted by あゆっち at 2014年05月08日 09:33
あゆっちさんへ

紅葉の季節も捨てがたいですが、新緑は情景が一変しますので
良いですね。那須高原の情景で育った那須牛、美味しいはずです。(笑い)
高校生の時に、新幹線の売り子?サインを貰うのではなく
サインをせがまれませんでしたか?(ヨイッショっと)
島倉千代子さんのサイン、希少価値ですね。
人生いろいろです。(ナンオコッチャ)
Posted by はらっち at 2014年05月08日 16:20
こんにちは 那須で週末小舎暮らしをしているのWoodsman と言います。ずっと前に一度コメントを差し上げたように思います。
「那須高原の情景」この風景は私もとても好きな風景です。小舎がこの近くにあるので散歩の時は殆どこのエリアを通ります。
ここから望む早朝のモルゲンロートの那須連山、ここで眺める晴れた夜の満点の星空。こんな大きな広がりを持った空間には本当に心が癒されます。
Posted by Woodsman at 2014年05月09日 13:07
woodsmanさんへ

良い所にお住まいですね。羨ましいです。
那須連山を覆う雲の動きをボケっと眺めているのも良いでしょう。
散歩も良いですね。
小深堀に入れなくなりましたが、以前は、撮影地の一か所でも
有りました。残念ではありますが、マナーを守らない
ヤカラ対策には止むをえません。
Posted by はらっち at 2014年05月09日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95866096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック