2014年06月15日

「鹿の湯ものがたり」を購入

IMG.jpg
        ”「鹿の湯ものがたり」の表紙 (6月15日)”

 「サムライジャパン」がコートジボアールに惨敗した。苛立つ気持ちが落ち着いた頃に、鹿の湯へ向かい「鹿の湯ものがたり」を購入した。
先日、町長のフェースブックで紹介されていて、早速、歩いて10分の道の駅友愛の森へ購入しに出掛けたが、そこでは販売していなかった。当面、鹿の湯だけらしい。
この「鹿の湯ものがたり」は、割烹旅館山快のオーナー阿久津勉氏が中心になって、執筆をされていた。昨年の9月頃には発刊と聞いていたが、やっと日の目をみた。380ページ余の豪華さである。詳細に見てはいないが、鹿の湯について広範囲に記述されている。他に「那須温泉史」があるが、この2冊があれば、栃木県を代表する「鹿の湯」について研鑽することが出来そうだ。
昨日、埼玉県の温泉施設でレジオラネ菌による死亡があった、循環型温泉の弱点でもある。この事を聞くと更に鹿の湯の天然掛け流し硫黄泉の素晴らしさを感じる。鹿の湯は、開湯630年、那須町の歴史でもある。
posted by はらっち at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
サッカー、初戦残念でしたね。ちょっとストレスの残る試合内容でした。ザックジャパンだけに・・内容がザックりしすぎる・・てか!(苦笑)
那須の温泉は歴史も古く、その効用からも・・知る人ぞ知る名湯に名を連ねていますよね。中には、那須と塩原の区別も付かない人がいるようですが・・。え?シラネ(知らね)アオイだって?そう言う人は、おたんこなすと言いましょう。私も、今度行ったら・・温泉について、こぴっと勉強することにいたします!(^_^;)
Posted by 小次郎パパ at 2014年06月16日 16:08
小次郎パパさんへ

サムライジャパンが相手を疲れさせるのは判るのですが、
自分達が振り回されてはザックリです。
鹿の湯の勉強はヨカンベ〜。「あ〜ぁ、いい湯だな」でイインダ。
殺菌作用がイインダな〜、でも心の殺菌作用は期待しても
ダメダンベ〜。
Posted by はらっち at 2014年06月16日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99834443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック