2017年02月13日

相棒(劇場版W)を観る

2.13.jpg
" カタログより抜粋 (2月13日)”

 11日から封切りの「相棒」を観に、いつもの「フォーラム那須塩原」へ行く。月曜日なので空いているだろうと予測していたら、256席の4割ほど埋まっていた。
 12半の上映開始時間30分前に館内に入ると、ロビーの椅子に腰を下ろしているO田ご夫妻が目に入る。挨拶をそこそこに席を取り珈琲を購入してO田夫妻のもとへ。O田氏に「前回の講座お休みでしたね、体調がお悪い?」と質問すると「忘れていました」と笑顔の返事が返ってきた。「ブログ、いつも拝見していますよ」とご夫人から嬉しい言葉。世間話をしていると開場の知らせに席を立って場内へ。
 「相棒」は、テレビでお馴染みだが、劇場版は4回目になるらしい。毎回観ているのだが回数までは記憶にない。水谷豊を主に相棒が4人ほど代わり、現在は反町隆史。歴代の相棒はそれぞれに個性があって適役と思うが、現在の反町隆史は特に味わい深く好きなタイプだ。名前の知られた俳優で構成されているが、ストーリーが締まっていて浮つき感が無いのも好感。三谷豊の走り方は、いつもと変わらず笑ってしまう。テレビ番組と一味違った「相棒」を楽しんだ。
posted by はらっち at 18:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2017年01月25日

沈黙(サイレンス)を観る

1.25.jpg
      ” カタログの一部 (1月25日)”

 「本年度アカデミー賞最有力」の見出しがカタログに踊っていたが、昨日のノミネートでは「撮影賞」だけだった。それでも、以前から観に行きたいと思っていたので、まだ風邪が完全に抜け切れていない状態を押して「フォーラム那須塩原」へ、9時35分第1回の上映に座った。最も大きな1番スクリーンは20名ほどの観客。
 遠藤周作氏原作をアカデミー賞監督のマーティン・スコセッシが監督し長崎を舞台にした江戸初期のキリシタン弾圧ストーリー。上映時間も最近になく少々長め。リーアム・ニーソンをはじめ浅野忠信など名の知れた俳優が顔を揃えているが、その中でもイッセー尾形が特筆、素晴らしい演技をしている。舞台俳優の真骨頂。映画の評価は、各人で別れるかもしれない。
posted by はらっち at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年12月28日

スターウォーズ(ローグ・ワン)を観る

12.28.jpg
      ” カタログ表紙をスキャン(12月28日)”

 今朝、我が家付近はうっすると銀世界だった。寒い。その様な天候の中を映画を観に行った。いつもの「フォーラム那須塩原」である。先日は、「海賊と呼ばれた男」を観たばかりだが、この「スターウォーズ」を見逃すことは出来ない。第1作のレイア姫役「キャリー・フィッシャー」さんが、機上で危篤状態になりLAで昨日亡くられたというショッキングな出来事があったばかり。
 スターウォーズを初めて観たのは、約40年前の1977年アメリカへ長期間の出張時、ニュージャージーの映画館だった。現地駐在の友人M氏に誘われて観たのだが、上映されて半年が経過している時期にも関わらず、夜の10時にしか席が取れなかった。その当時、今ではシネコンで当たり前になった、ゆったりとしたシート、大型スクリーン、多チャンネルの音響など驚いた。ルークがレイア姫を助け出す時には、館内に歓声と拍手が鳴りやまず、日本映画の鞍馬天狗登場と重なった興奮を想い出す。
 「フォーラム那須塩原」では、2D吹替え、字幕、4D/3Dと3タイプの上映がある程人気度が伺える。9時過ぎの吹き替え上映では、大型上映室にも拘らず、観客数は数えるほど、残念ながら前評判通りではない。
 エピローグ部分で、第1作のレイア姫が登場(当時の画像で)、やっと第1作へとストーリーが繋がった。さて、次作はあるのか、あるとすればどのような展開に。気になるところだ。
posted by はらっち at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年11月14日

「NEVER GO BACK」を観る

IMG11.14.jpg
     ” カタログの一部をスキャン ”

 「トム・クルーズ来日」のニュースがテレビに流れていた。来日目的は映画の宣伝らしい。それに触発された訳ではないが、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」を観に行った。トム・クルーズは、好きな俳優の一人だ。今回の来日は22回目になる親日家。翻訳家の戸田さんにお歳暮を贈ることは、業界関係者の間でも有名な話という。日本文化にも興味を示している。
 トム・クルーズ主演の映画はアクション系が多いが、この映画も主人公ジャック・リーチャーシリーズ。殆どスタントマンを使わないという迫力ある演技は好きだ。今日は、封切り後間もないという事が要因なのだろうか収納観客数の大きい「スクリーン5」は、半分くらい埋まっていた。最後は、ハッピーエンド、娯楽映画を楽しんだ。
posted by はらっち at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年10月08日

連日映画三昧

page.jpg

 二日間続けて「フォーラム那須塩原」へ通ってしまった。6回観ると、1回の無料券が付く。一昨日は、その無料券を利用してジェイソン・ステイサム主演の「メカニック、ワールドミッション」、昨日はマット・デイモン主演の「ジェイソン・ボーン」だ。両映画ともハードアクション系の映画。
 面白いことに、両作品とも「トミー・リー・ジョーンズ」が共演している。「ジェイソン・ボーン」には、アカデミー賞・助演女優賞のアリシア・ヴィキャンデルが共演している。レイクキャビク、アテネ、ベルリン、ロンドン、そしてラスベガスと撮影地が展開するが、アクション以外にも都市景観を楽しめる。ラストのベガス市内のカーチェイスは圧巻で、CG(コンピューターグラッフィクス)と思わせるような迫力あるシーンが展開する。この手の映画は好みが判れるが、明らかにアクション系の映画として楽しめた。
posted by はらっち at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年09月11日

ブルックリンを観る

IMG.jpg
       ” カタログの一部分を抜粋 ”

 カタログの画像が気にいったことと「ブルックリン」という名前に惹かれて、「ブルックリン」を観た。アカデミー賞作品賞/主演女優賞ノミネート作品という謳い文句だが、マイナーな印象なのだろか、観客は少なかった。映画通の友人M氏が住む善通寺では、上映の予定が無いという。
 「ブルックリン」はアメリカニューヨーク州の5つの地区の一つで、最も賑やかなマンハッタン地区とイースト河を介して在る。現ロスアンジェルスドジャースの前身ブルックリンドジャースやボーリング用語のブルックリンでも馴染がある。ボーリングのブルックリンは、ストライクポケットに対して反対側というある面では差別的な扱いともとれる。
 現役時代20年前くらいであろうか、ブルックリンに在ったサポート企業を二度ほど訪ねたことがあるが、下町風の雰囲気が印象に残っている。
 映画は、アイルランドからニューヨークに職を求めて来た女性が、洗練されてニューヨーカーに変わってゆくストーリだ。「故郷も愛も二つは持てない」という映画のキャッチフレーズが内容を的確に物語っている。 ブルックリンの街並みを背景にした、主演女優のシアーシャ・ローナンも素敵だ。久しぶりに物語のある映画を観たような気がする。 
posted by はらっち at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年08月27日

「君の名は」を観に。

8.27.jpg
                ” カタログの一部を拝借 ”

 26日封切りの「君の名は」を観に行った。「{君の名は}を観てくるね。」と妻に言うと、「リメーク作品?」という。戦後間もなくラジオドラマで人気を博し、映画化もされた真知子と春樹、数寄屋橋の名前が浮かび上がる「君の名は」と間違えたようだ。
 第1回9時35分の上映は1番スクリーン。最も大きな客席数だが殆ど満席状態になる。入場してくる観客を目で追うと殆どが高校生、20代の若者達でシニアは私ともう一人だけ。場違いの感はぬぐえない。
 アニメーション映画と云えばスタジオジブリ、宮崎駿という事になるが、監督は新海誠氏。次世代のポスト宮崎駿と称される気鋭のアニメーション監督とカタログ紹介されている。
 ストーリーは、カタログ、公式サイトで観ることが出来る。アニメーションの動きが少し気になる。「出会うことのない二人の出逢い、運命の歯車が、いま動き出す」とある。ラブストーリの定番、会えそうで会えない事態、ここでもこの手法が取り入れられている。若者受けするストーリーとみた。
posted by はらっち at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年08月15日

シン・ゴジラを観る

640-2.jpg
           " 公式サイトより拝借 ”

 月曜日だから空いているであろうと想像して「フォーラム那須塩原」へ「シン・ゴジラ」を観に行った。10時45分上映の回に行ったのだが、ロビーは人で溢れていた。小さな子供が多いことから、アニメ系のプログラムだろう。それでも「シン・ゴジラ」も負けていない。90席はは殆ど埋まった。これも初めての経験だ。
 ゴジラ映画は、1954年(昭和29年)に第一作が上映されて、アメリカ版まで制作された。アメリカ版は2作品あったと思うが、1作目はどう見てもゴジラとは程遠い恐竜だった。2作目は渡辺謙が出演するなど、本来のゴジラの姿に戻った。
 今回は東宝制作のゴジラだ。昔のゴジラは「ぬいぐるみ」の感を拭えず、破壊される街や海なども模型の姿そのままだった。今回は、流石にCG威力で滑らかな動きと質感に満足。展開は、ゴジラを背景に放射線破棄、国政の危機管理、意思決定の粗末さなど今日の政情を浮き彫りにしているが、問題提起とも皮肉ともとれるようだ。さて、フリーズしたゴジラの再起は・・・。
posted by はらっち at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年08月12日

THE Jungle Book(ジャングル・ブック)を観る

IMG8.12.jpg
         ” パンフレット表紙 ”

 自宅に映画館を有する(160インチのスクリーンと本格的な音響設備)善通寺の友人へ「最近のお薦めの映画は?」と問いかけた。「ジャングル・ブックですかね」という。主人公の少年以外は全てCGで制作されたようで、現時点のCGのレベルを観たいという。「シン・ゴジラ」を観る予定だったが、来週に延期して「ジャングル・ブック」を観た。昨日の封切りで、夏休み、盆休みという混雑の条件が気になっていたが、朝一番9時10分の上映に足を運んだ。160人収容の観客席は32名ほど、大半が、おじいちゃん、おばあちゃんに付き添われた子供達である。拍子抜けだ。この映画の内容を物語っている。CGのレベルを見よう等というのは私ぐらいかも。
 登場する動物達は、実物と遜色なく驚く。ストーリーは子供の情操教育には適している。上映作は、3D、2Dとも吹き替え版で日本語だが、英語版の声優も有名な俳優が担当している。CGの出来映えには異論がないが、スクリーンサイズ(アスペクト比)が3:2のスタンダード。ビスタサイズ、よりワイドなスコープサイズの方が見映えがするので少々残念だ。又、画面全体の彩度も低く暗い感じに仕上がっている。これは、「フォーラム那須塩原」映画館の影響とも思えない.
 撮影秘話を確かめたくて、帰りには720円をはたいてパンフレットを購入して帰路へ。来週は「シン・ゴジラ」のCGの出来映えを観に行く予定だ。
posted by はらっち at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年07月30日

ターザンを観る

IMG7.29-1.jpg
      " ターザンパンフレットより(7月30日)”

 先日、「グランドフィナーレ」を観た。難解で最後のオペラのシーンだけが記憶に残った程度。映画通の友人にこのことを話すと「イタリア映画?、そりゃー難しいいよ」と答えが返った来た。口直しという訳ではないのだが、「シンゴジラ」か「ターザン」にするか迷った。ターザンの上映回数が少なく、早く打ち切りになることも危惧して、「ターザン」を選択した。土曜日の客席は結構埋まっていた。
 「ターザン」と云えば、数多くの俳優が演じているが、最も記憶に残るのは、ワイズミューラーだった。戦前のオリンピックの水泳選手でゴールドメダリストだ。あの雄たけびは、今でも鮮明に記憶にある。今回の映画は、30年ぶりらしい。主演は、スカルスガルドだがこの役になりきるために肉体改造をしたという。青年になって、ジャングルを訪れるシーンがあるが、ライオンが寄ってきてターザン(ジョン)に頬ずりするシーンは、ちょっと感動的だ。しかし、撮影秘話を聞いて愕然とする。今日では当たり前なのだがCGとのこと。30年前の動物達との絡みはどうして撮影できたのか、気になりだした。約2時間、娯楽映画を楽しんだが、今回は、ターザンの雄たけびが無かったのはちょっと心残りだ。
posted by はらっち at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年07月14日

「インデペンデンス・デイ・リサージェンス」を観る

IMG.jpg
      ” リーフレットを拝借(7月12日)”

 気分転換に映画館に行った。いつもの「フォーラム那須塩原」だ。観た映画は「インデペンデンス・デイ」の2作目。9時半の上映は、最も収容人数の多いスクリーン2だが、観客数は6名、いつもの光景。前作も見たのだが、1996年とある。20年前という認識は無い。映画館で見ずに大分経ってからDVDで見たのかもしれない。アメリカ独立記念日に異星人の地球襲撃から守ったSF映画だったが、その続編になる。CGを駆使した映像は変わりない。展開も前作と同じでアメリカ独立記念日に合わせ、終焉はアメリカ賛歌になるが、続編を匂わせるエピローグになっている。
 最近のハリウッド映画には、中国人の役割が随所に登場する。この映画もしかり。やはり、市場、配給先を考えてのことなのかと思うが、以前は日本人も同様な扱われたことを思うと、時代の流れと見るべきなのかもしれない。娯楽映画は頭を空っぽにして楽しめるの好きである。
posted by はらっち at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年06月23日

マネーモンスターを観る

IMG.jpg
     ” マネーモンスターリーフレット(6月22日)”

 久しぶりに「ジョージ・クルーニー」主演の映画を観た。好きな俳優の一人である。「マネーモンスター」のタイトルからストーリーが想像できないが、サブタイトル「真実は生中継で暴かれる」とあるので、勝手に想像しながらチケットを購入。スクリーンは、「フォーラム那須塩原」で広い方の2番スクリーン。しかし、観客は6名、いつものことだが営業収支を心配してしまう。
 株取引を背景としたサスペンス映画。プロローグでは、選択を間違えたかなと思っていたが、徐々に展開に嵌ってゆく。経済事情、政変、為替、原油価格等株価変動の要因は沢山あるようだが、この映画を観るともっと強かな要因があることを知る。小銭程度で遊戯感覚で株式をするのが素人には良いのかもしれない。
posted by はらっち at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年06月12日

End of Kingdom を観る

top.jpg
       ” 公式サイトより借用 ”

 映画館行きが遠ざかっていたが、久しぶりに「フォーラム那須塩原」を訪れた。前回観たタイトルが思い出せない。今日は、「End of Kingdom」を観た。他にも見たい映画が有るのだが、まずこれを観ておこういう訳である。前作は「End of WhiteHouse」で映画館で見てBLまで購入してしまった。出演者にモーガンフリーマンが出ていることも好きな理由の一つ。Kingdomのタイトル通り、イギリスが舞台。イギリス首相の葬儀に伴い参列する40ケ国の要人を狙って同時多発テロ行為が行われる。日本の首相も参列するが、葬儀会場へ向かう途中で災難に遭う。全く警護がされていない車列にちょっと手抜きではと疑問。アメリカ大統領を警護するシークレットサービスの活躍で最終的には難を逃れる。アメリカ賛歌。CGを駆使しての映像の展開もSF映画並み。
 朝一番の上映に飛び込んだが、スクリーンは最も大きな上映室なのだが、私を含めて3名の観客。いつものことだが、入りの悪さに唖然。周囲の市、町を見渡しても映画館はなく、「フォーラム那須塩原」が唯一、もっと通わなければ楽しみの場所が無くなってしまうのではないかと自問自答。



posted by はらっち at 21:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画

2016年05月01日

レヴェナント(蘇えりし者)を観に行く

IMG.jpg
    ” カタログを複製 ”

 「レヴェナント観ました?」と善通寺の友人から電話を貰ったのが封切り後間もない日、「27日に観に行こうと思ってるよ」と云うと「久しぶりに先を越しましたね」と笑い声が聞こえて来た。その様なやり取りがあって、期待しながら27日の午前中に観に行った。
 アカデミー賞受賞(主演男優賞、監督賞、撮影賞)作品の「レヴェナント」。テレビでも数多く告知(宣伝)されていたので、何となくイメージは出来ていた。主演の「レオナルド・ディカプリオ」は、過去4度アカデミー賞にノミネートされながら受賞を逃がしていた事で話題になっていたが、今回初受賞となった。ブラットビットと比較するのが良いかどうかは判らないが、個人的には過去の作品からブラットビットが好きである。
 1823年アメリカ北西部が舞台とあり、登場人物等からも西部劇ともとれる。全編ロケとのこと、ストーリーからすれば止むを得ないのかもしれないが、色調も明るさも暗い、西部劇特有の砂岩台地が現れるでも無い。シリアスなサバイバルなストーリーが展開する。上映終了後パンフレットを購入することなく、その足で黒羽の大雄寺に向かった。
posted by はらっち at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年04月04日

バットマンVSスーパーマンを観る

IMG.jpg
     ” おまけに頂いたクリアファイル (4月1日)”

 久しく映画館に行っていない事を思い出して、「フォーラム那須塩原」へ出掛けた。特別観たい映画があった訳では無く、「待たずに観られるものを観る」という条件に合ったのが「バットマンVSスーパーマン(ジャスティスの誕生)」だった。久しぶりのスーパーマンに出合う。内容は、推して知るべし娯楽映画で、ここまで主役を簡単に扱うのか、という苦笑ものとみた。
 スーパーマンと云えば、52歳の若さで亡くなった「クリストファー・りーブ」が忘れられない。今風に言えばイケメンの代表格。スーパーマンの父親役は、マーロンブランドだった。彼も既に故人。初期のスーパーマンのイメージが焼きついていて、どうもピンとこない。エピローグからは続編もあるらしい。観た後は、記念にカタログを購入し、最後のページに入場券の半券を貼りつけて保管しているのだが、今回は食指が動かなかった。
posted by はらっち at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画