2014年09月20日

猿の惑星を観に。

IMG-c.jpg
     ” リーフレットの一部をコピー”

 1968年4月、今から46年前、第一作を東京渋谷の映画館パンティオンで観た。衝撃的だった。
ケネディー宇宙センターを飛び立った超高速宇宙船が半年間、地球時間700年後に未知の惑星に不時着した。宇宙飛行士(チャールトン・ヘストン)は、その惑星をさ迷う内に猿が支配する、惑星であることを知る。そして、その惑星では、言語を持たない人間が奴隷に。その内の一人の女性を助け出し、馬で逃げて海岸に辿りつく。その目の前に現れた光景に宇宙飛行士は、愕然とする。目にしたのは、自由の女神上半身だった。まさに不時着した惑星、猿の支配された惑星は、地球だったのである。
と云うのが、第一作のストーリー。鮮明に覚えている。
 先日、善通寺の映画通の友人、Mサンから連絡があった。「猿の惑星を観たよ」と触発メール。観たいと思っていたが、19日がフォーラム那須塩原では封切り日でその日を待っていた。しかし、13日〜15日に先行上映があったらしい。その日は観に行く事は出来なかったので諦めは付く。
 今回は「新世紀 ライジング」と副題が付いている。猿のリーダーシーザーが大人になり進化して文明を築く、10年後に人間と遭遇し、猿と人間の対立が表面化する。
 開映まじかの時間なのに「フォーラム那須塩原」は、金曜日と云う事もあるのだろう、閑散としていた。どこか知人に似ているような姿を見つける。K川さんだ。「どの映画を?」と聞くと同じプログラム。
いつみても感心する猿のメーキング、さて、次回はどのような展開に、と思いつつ映画館を後に。
posted by はらっち at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2014年09月04日

LUCYを観に行く

IMG.jpg
     ”リーフレットの一部分(9月4日)”

 今朝も雨、最近天候が安定しない。パソコンに一日中向かっていても気が晴れないと思い、映画を観に「フォーラム那須塩原」へ行った。無料券があり出掛ける機会をみていたのだが延び延びなっていた。
 9時35分の第1回目の上映にした。席には3名、電気代も出ないのではないかと余計な心配をしてしまう。「LUCY」を選んだのは、出演者の一人に、好きな俳優モーガン・フリーマンがいて、外れは無いだろうと踏んだ。しかし、人間の脳が100%覚醒すると宇宙の起源まで見通せる、となるとストーリーに追い付いていけない。そこに韓国のマフィアが関わってくると更にである。今回は、外れだったようだ。
 帰宅して、昨晩途中まで観た「THE RUTLER (大統領の執事の涙)」続きを再生した。こちらは、好きなストーリである。それにしても半日に2本も映画を観るとなると、興味の無い人には失笑ものであろう。次回は、クリント・イーストウッド監督の「JERSEY BOYS」が月末から封切りになる。これが待ち遠しい。スローライフの一ページ、十分に楽しんでいる。
 
posted by はらっち at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年08月08日

トランスフォーマー(ロストエイジ)を観る

IMG.jpg
 ”トランスフォーマーのリーフレット”

 朝食後、食パンを焼き始め11時には焼き上がった。今日は特別な予定も無いので、思い立って「フォーラム那須塩原」映画館に車を走らせた。「確か、今日が封切りのはず」と思いネットで確認はしておいた。3Dを観たかったのだが、吹替えの文字に2Dを選んだ。
 上映は大きなスクリーン4、客は少なかった。3Dの方が人気なのかもしれない。見回してもシニア世代と思しき人は見当たらない。場違いな存在らしい。
この作品は、日本の玩具メーカータカラトミーの玩具を基にアメリカの企業がアレンジして漫画、アニメを制作し映画化された。1,2作は観たのだが、前作は見落している。

DSC05550aawcc.jpg
       ”モニュメントヴァレー (2010年4月12日)”

 前作からなのか、オプティマスプライムやバンブルビー等のトランスフォーマーが斬新な姿になっている。
ストーリーの中でモニュメントヴァレーが背景に使われているシーンがある。モニュメントヴァレーは「駅馬車」を始めとして色々な作品に登場するので目新しいものではないが、訪れたところは、当時の思い出と重ね、身近に感じる。
 CGを駆使した娯楽映画である。エンディングからは、次回作のプロローグへと繋がっているようだ。
 
 
posted by はらっち at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年07月25日

ゴジラを観に行く。

IMG.jpg
      ”ゴジラ リーフレットの一部分(7月25日)”
 
 前から「ゴジラ」の映画を観に行く予定は立てていた。今日は封切りで初回上映が10:05とある。昭和食品での買い物が早く終わり、映画館には30分前に着いてしまった。初回という事で、早めに入場が叶った。
 携帯電話の電源を落とさなければと思っていると、着信音が鳴った。相手は、映画好きの善通寺のM氏、「今どちらですか?」という。「今、映画館の中で、ゴジラを観ようとしていますよ」と返す。「あれっ、私もチケットを買っておいたのでこれから観に行くところです」。自宅にミニシアターを所有しているM氏。映画館で観る事も無いのだろうが、映画館はそれなりに魅力的らしい。
 フォーラム那須塩原のスクリーン3で上映。このシアターの収容能力が2番目で214座席があるが、約60%のシニア、ミドル世代で占められた。久しぶりの賑わいと思う。
「ゴジラ」の第一作目は、昭和29年らしい。幼い頃、田舎の映画館で観た記憶がある。その後28作も上映されたと聞くと、殆ど観ていない事に気が付く。
 3Dの吹替え版を観た。希望は、3Dのオリジナル版を観たかったのだが、その組み合わせは無かった。吹替えの場合、声優の出来で作品のイメージが変わってしまうので、好まない。
今回は、前回のアメリカ版と違って、日本版ゴジラに近く違和感が無い。CGも駆使されて迫力もある。ゴジラは正義の味方で終わった。これは次回作の布石かも、というのがM氏と私の共通の感想である。暑い夏のひと時、娯楽映画を楽しんだ。
posted by はらっち at 21:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 映画

2014年06月27日

ノアを観る

IMG.jpg
     ”ノアのリーフレットを複写”

 映画は、平均して月1回のペースで観ている。フォーラム那須塩原へ。6回観ると1回の無料券を貰えるので、年間約1万円の娯楽費で楽しんでいる。最近では邦画の「WOOD JOB」「万能鑑定士」そして「ノア」と続く。
観る映画の選択方法は、消去法で選別してその中でリーフレットを観て、口コミなどで決める事が多い。
3本とも封切り間もなく鑑賞したので、フォーラム那須塩原にしては、比較的観客が埋まっていた。
最近観た映画は「ノア」。旧約聖書を読んだ訳でも無く、キリスト教信者でも無いが「ノアの箱舟」というフレーズは頭の中にあった。今風の映画、CGを駆使してのスペクタクルはある。好きな俳優の一人ラッセル・クロウが出演している。全体を通しては、時代背景が「これで正しいの?」と思わなくもない。「いや、これは娯楽映画なのだ」と自分に言い聞かせる。リーフレットで寸評している著名人に、チョット乗せられたかもしれない。大型連休を満喫中の小生としては、映画は身近な娯楽である。
posted by はらっち at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2014年01月17日

ジャッジを観る

IMG.jpg
     ”フォーラム那須塩原 スタンプカード”

 一月ぶりに映画を観に行った。フォーラム那須塩原である。
スタンプカードがあって、3回入場すると「ポップコーン、プレゼント」、6回目には「無料入場券」がプレゼントされる。毎回、シニア料金1000円での入場になる。
昨年は、13回利用した。といっても記憶に残っているのは、少ない。肩の凝らない娯楽映画を主に観ているのが要因かも知れない。

IMG.jpg
     ”ジャッジ リーフレット”

 今日は、9時35分上映の「ジャッジ」を観た。この映画も、テレビで放映されている情報から、肩がこらずに観られそうなので選んだ。サンタモニカも撮影地に含まれていたが、海岸も懐かしい。ハッピーエンドで終わるのが娯楽映画、1時間50分を楽しんだ。詳細に感想を述べたいところだが、これから観ようと思っている人には、良からぬ先入観を与える事になるので控える事に。
posted by はらっち at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2013年08月20日

ローンレンジャーを観る

DSC05565cw.jpg
      ”夕陽に染まるモニュメントバレー (2010年4月9日撮影)”

 昨日、フォーラム那須塩原へ映画を観に行った。何本か観たいものがあったが、夏休み期間中ということもあり、来場者が少ないであろう上映時間の早いタイトルを選んだ。ローンレンジャーである。
団塊の世代には懐かしくテレビで放映されていた「ローハイド」と並び称される人気のタイトルで、興味をそそられた。
場内は、シニア世代ばかりかと思っていたら若い人も多く、出演俳優の知名度も影響があるのかもしれない。
テレビで放映されていたストーリーと違って、ローンレンジャーが一人でスクリーンを独占する訳ではなく、ジョニー・デップが演じるトントと二人が迫真の演技で楽しませてくれ、最近の映画では当たり前になったCGも駆使されて娯楽映画になっている。
撮影の舞台は、モニュメントバレーが背景になっていて、訪れた当時の記憶を重ねて楽しめた。
中学1年生の時、校内放送でローンレンジャーに使われている曲が流れた。近くにおられた音楽の先生に質問した。「これは何っていう曲ですか?」と。ロッシーニーの歌劇「ウイリアムテル序曲」は、その時から強烈な印象として記憶にある。
そしてラストシーンでは、その懐かしい音楽と「ハイヨー、シルバー」でエンディングを迎える。
posted by はらっち at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画

2013年04月06日

ゼロ・ダーク・サーティを観る

44.JPG
     ”遊覧船上より ツインタワーを見る(2001年8月31日)”

 最近の玉切り作業で、気が付かない内に疲れがたまっているらしく、身体がしゃきっとしない。天候も悪くなるようなので、今日と明日はゆったりとパソコンでもいじりながら過ごそうと思っていた。
フォーラム那須塩原のサイトを何気なく見ていると、今日から「ゼロ・ダーク・サーティ」が封切りとある。9:35が初回の上映時間。車を飛ばした。90席の7番スクリーン、狭い。という事は、観客数を期待していない事か。12名の観客は、映画館サイドの読み通りかも知れない。実話に基づくストーリーという。テレビで放映されていた情報と重ね合わせてしまう。これほどリアリティになると、引き込まれてしまう。
9.11惨事の10日前に、NYに仕事で行っていた。バッテリーパークから、自由の女神を観ることは何回かあったが、リバティー島に行って目の前で見ることは初めてであり、船上からツインタワーを見ることも初めてであった。現地マネージャーが仕事のスケジュールの合間を気を利かせて案内してくれたのだが、強烈な思い出になっている。
上映時間、約2時間40分、見終わって外に出ると、風は少し強いが雨は降っていない。これかららしい。
 
  
posted by はらっち at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2013年03月01日

フライトを観る

IMG.jpg
    ”フライトパンフレット”

 先日、世界ラン展で購入した蘭5鉢をそのままにしていた。販売されているのは殆どがビニールに収めている程度で、素焼きの鉢などに収めないと不安定である。その鉢を買いに黒磯のビバホームへ車を走らせた。一昨日、10%OFFのDMが届いた事も動機になっている。
やはり、誘惑に負けてしまった。ビバホーム敷地内には、フォーラム那須塩原があり、本日封切りの「フライト」を思い出した。主役のデンゼル・ワシントンは好きな俳優の一人である。
封切り初日ということであろう、上映開始が迫った席は、普段と違って埋まっていた。
航空事故の展開と思いきやそうでもない。楽しんだ後館内の手洗いへ。何と知人のK川氏と遭遇、「もう一人のシェィクスピア」を観たらしい。小生とは心構えというか、高尚な選択である。
 
posted by はらっち at 19:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画

2013年02月21日

映画館で笑える話

outlaw.jpg
   ”アウトロー (フォーラム那須塩原サイトより)”

 一昨日、映画を観に行った。「フォーラム那須塩原」映画館では、ポイントカードを発行している。3回入場すると、ポップコーンが、6回観ると無料券が1枚プレゼントされる。日頃支払う鑑賞券もシニア料金で安いとはいえ、タダこそあり難い物はない。今回は、その無料券で入場した。「東京家族」にするか、迷った末、「アウトロー」にした。アクションモノは気晴らしになること、好きな映画俳優の一人、トムクルーズというのが理由である。
いつものように、カウンターで入場券を提示し、席を指定する。スクリーンと同じ目の高さ、中央の位置が指定条件である。一番後列にした。誰も指定してない。これでゆったりと座れる。
上映5分前に、一席あけて席が埋まり、その直後にその間の席に、図体の大きな男が座った。
「わざわざ、隣に座らずに空けて取るのが普通じゃないの」と、私に向かって文句を言う。こちらが思っていた台詞を先に言われてしまった。
「えっ、最後部の席は、私が最初に予約しましたよ」と負けずに言葉を返す。
「そんなことは無いよ、俺が最初に取ったんだよ、ほらっ」とチケット見せる。
その人を挟むようにもう一方の人とチケットを覗き込む。
その直後、もう一人の観客が即座に言葉を発した。
「貴方、そのチケット隣のスクリーンですよ」
図体の大きな男は、言葉も無く階段を足早に下りて行った。
残った我我は、顔を見合わせ「にやっ」。お互い口に出さずに勝利の以心伝心。
これに近い事やる小生、気をつけなければ。
posted by はらっち at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2013年01月29日

ライフ・オブ・パイ

IMG-1.jpg
    ”ライフ・オブ・パイのパンフレット”

 黒磯へ用事に出かける時は、急ぎを除いてまとめている。
火曜日は、ガソリンスタンドのポイントが3倍なので、出来る限り拘っている。銀行関係はネットバンキングで済まない場合は、黒磯駅前支店へ。日用雑貨、愛犬の餌は、黒磯のホームセンターへ。愛犬は、7年間、日々このホームセンターOEMの餌を食べ続けている。よく飽きずに、と思う。
そして、ホームセンター近くの大型書店に何故か足が向き、流れるように映画館に誘惑されてしまう。1時間で済む用事が、4時間近くになる。妻も心得たもので、1時間を過ぎて帰って来ないと、どこかで道草をしていること、大半が映画館に入っていることを知っている。
今日は、「ライフ?オブ・パイ」を観た。3Dもアバター以降、珍しくなくなった。3D用のメガネも持ち歩いているので、使用料は掛からない。ささやかだが得をした気分である。映画の内容も満足でCGの技術も進み、素晴らしい。家で観るDVDでも楽しめるが、やはり映画館は一味違う。いつもの事だが、観客が少ないのが気になる。
posted by はらっち at 19:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画

2012年08月18日

PROMETHEUS・プロメテウスを観て

DSC00791c.jpg
   ”フォーラム那須塩原 館内の壁面ポスター(8月18日)”

 先行上映のスケジュールをインターネットで見つけて、「フォーラム那須塩原」へ行った。
テレビでFCが流れている事もあり、SF好きとしては見逃せないと思っていた。24日からの封切りの予定である。
10時40分の上映だが、10時に着くと約30名の席が予約で埋まっていた。上映スクリーンも一番大きな場所で弥が上にも期待感が高まる。上映開始には客席は60名近くになっていた。この映画館でこれほどの客を見たことがない。
午前の部は、字幕版が無く已む無く日本語吹き替え版になった。アバターの時も吹き替え版を観て失敗し、字幕版を観直したことがある。今回もやはり、字幕版にすべきだったと後悔した。
いつも、映画はエピローグまで観て館内に電気が点くと席を立つ事にしている。映画ファンとしてのマナーであろうと勝手に解釈している。しかし、映画の出来によっては、それを省略してエピローグが終わらない内に足元を気にしながら出てくることがある。多少の意思表示である。今回も、終わらない内に出た。
廊下に出るとカップルが感想を述べ合っていた。
「3Dの迫力はあったけどストーリーが判らないわね」と女性の声。「う〜ん、単なるエイリアンの映画で二番煎じだね」と男性の声。
確かに「人類の起源」「決して触れてはならない謎]引き付けられるフレーズである。監督リドリー・スコット、時間を割いて出かけた割には、消化不良の映画の一つであった。ロビーは、漫画映画を待つ子供達で溢れていた。夏休みもあと一週間で終わりになる。
posted by はらっち at 16:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画

2011年09月17日

STARWARS COMPLETE

DSC02958c.jpg
        " STARWARS COMPLETE SAGA パッケージ”

1977年、クリスマスの飾り付けが町中を華やかにしていた12月半ば、カナダのトロントで講習を終えて、ニュージャージーのアメリカ本社に向かった。駐在員と映画館に出かけた。それも夜も更けてゆく10時頃だったと思う。評判の映画という事で駐在員に連れて行ってもらったのだが、その映画が「STARWARS」だった。ゆったりとしたソファーに身を沈め上映を待つと、突然として頭上から宇宙戦艦が現れ、驚いた事が生々しい。今でこそシネコンが充実して映画館の観賞環境も格段に良くなったが、その時の日本では考えられないような素晴らしい映画鑑賞環境だった。その時にご一緒してくれたM氏は、今はすっかり大規模なホームシアターを持つ本格的な映画好きになっている。
今回、「STARWARS」の集大成版を発売するという事を耳にし予約注文をしていたが、約半年待たされて届いた。ブルーレー版9枚組で驚くようなリーズナブルな価格が気に入っている。
通しで観ると16~17時間掛かるようだ。
5.1ch DTSを活かして少しずつ楽しもうと思う。 
posted by はらっち at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画

2011年07月30日

トランスフォーマーを観に。

tf3.jpg
      ”フォーラム那須塩原サイトより拝借”

 29日の封切りを待って「トランスフォーマー」を観にいった。
10:30上映開始、ロービーには長蛇の列、このような光景は久しく見ていない。列には小さな子供達も多く、他の上映プログラムが多いようだ。

「トランスフォーマー」は、漫画の延長線上の映画とこれまで見向きもしなかったが、先日、テレビ放映され、見入ってしまった。「トランスフォーマー」に纏わる商品も複雑なようだが、北米では結構な人気のようだ。
3D映画ということで、専用メガネを300円で購入した。これまでは、3D映画代にメガネ代を含まれていたように記憶しているが、商魂逞しい。「次回からは、ご持参ください、メガネ代は不要になりますので」と係員のマニュアル的な説明を聞く。
「お席はどこにしますか」と座席表のモニターを提示する。「それでは I-10番を」
「2400円になります」「????、シニア料金ですが」「失礼しました、1600円です。」と係員の女性の声。
ま〜、5歳ほど若く見てくれたので、気分よくシアター内に足を運んだ。

「アバター」で初めて体験した3D映画、その素晴らしさに感動したが、今回は、更に技術的に改善されたように思う。全体がCGで出来上がっていると思うが、それを承知で楽しめた。
posted by はらっち at 12:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画

2011年06月28日

「アンダルシア-女神の報復」を観る

oda.jpg
    
 今回は、スペイン・アンダルシアが舞台らしい。
第一作の「アマルフィ、女神の報酬」では、黒田康作の次の着任先は南米だったような記憶があるが、固い事を言わずに観ようと「フォーラム那須塩原」へ出掛けた。
舞台のスペインは、昨年、旅した所でも有り興味がそそられる。

上映場所は、収容能力の高い1番である。人気の高さを表している。
10時、上映の合図が鳴る。客席を見回すと30〜40人位の入りのようだ。これで採算が合うか心配になる。
知人の映画愛好家のD肥さんも、良くここに出掛けてくるようだが、同じ感想を漏らす。
「何とか、火を消さないようにしないと、宇都宮まで出掛けなくちゃならなくなりますからね」と。
やはり、家のホームシヤターの真似事と違って、映画館は好きだ。デジタル投影になってから、ピントも良く、音響も良い。これで1,000円とは嬉しい。

上映が終わって、ロービーに戻ると30人程度の人が開場を待っていた。
次回はスタンプも3回目でポップコーンのサービスが付く。
さて、次回は何を観ようか、ポスターを見ながら帰路に着いた。
posted by はらっち at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画