2017年05月23日

新緑の那須セントミッシェル教会へ

DSC01532c.jpg
         ” 礼拝堂 (5月22日13時頃)”

 昨日の待ち合わせ場所は那須セントミッシェル教会の駐車場。その機会を利用して久しぶりに教会を訪れた。新緑に包まれた教会は、イギリス湖水地方の教会をほうふつされる。

5.23.jpg

 礼拝堂内は、無料で入場することが出来る。最近は、この教会で結婚式を挙げるカップルが多いようだ。高原の結婚式、特に女性に人気らしい。この教会も、隣のステンドグラス美術館もイギリスの雰囲気を出すように建設されている。 知人のゴルフ仲間のO嬢はここのオルガニストとして活躍中。

6.25.jpg

 時々、礼拝堂内でコンサートを開催。来月は、那須ステンドグラス美術館内「セント・ラファエル礼拝堂」にて、オルガニスト5人によるコンサートが予定されている。
posted by はらっち at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月15日

八幡園地のつつじの開花状況

DSC01496c.jpg
   " 那須街道のつつじ(5月15日11時頃)”

 つつじの開花状況が気になって、17号線那須街道へ車を走らせた。守子を過ぎたころから、右側の道路添いの雑木林中につつじが点在している。霧雨が降り注いでいたが、それが却って木々の色彩を鮮やかにしている。今が見ごろだろうか。

5.jpg
      ” 左上; 八幡園地のつつじの開花状況 左下;鹿の湯の全景
            右側:駒止の滝 (5月15日11時頃)”

 水曜日に「ビジターセンター」でカメラ講座を予定している。文化センターから場所を代えたのは、近くの「八幡園地」のつつじ群生が題材になるかと予想してのこと。ロケハンに出かけた。八幡園地に近づくと一面の霧、木々の芽吹きも儘ならない、まだ、山桜が開花している。これからの気温にもよるが、後4〜5日後が見ごろだろうか。
posted by はらっち at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月11日

集団検診に行く

DSC09909c.jpg
       " 高原公民館前の検診車(5月11日9時頃)”

 毎年、町主催の集団検診の案内が届く。確か2月頃だったと記憶している。案内書には、検診場所と検診日が記載されている。「いつにしますか?、今回は、夢プラザ、それとも高原公民館?」と妻とやり取りをして、事前申し込みを行った。
 今回は、早めに「高原公民館」を申し込んだ。夢プラザと距離的には、同じようなものなのだが、込み具合が違う。「早めに行きましょうよ」と、シニア世代特有の余裕を見た早いお出掛けである。8時半受付開始と記されていたが、8時には到着した。すでに5名ほどの先客が。受付係員が、「早いですけど受け付け始めます」と15分ほど前倒ししての受け付け開始。「はらっちさん、この後会計に回って手続してください」「えっ、財務大臣と別行動で持ち合わせがない」慌てて、車へ戻り財布を片手に会計へ。「無料ですよ。」と嬉しい誤算。
 しかし、これだけの項目の検診となれば、一般のクリニックで検診を受けると結構な費用が掛かるはず。嬉しい半面、那須町の財政を考えると複雑だ。500〜1000円位徴収しても良いとは思うのだが。約10分ほどで全ての検診を終了して放免になる。一月後に結果が通知されると聞いているが「要精密検査」だけは、遠慮したいのだが。
posted by はらっち at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月09日

那須高原に新緑の季節到来

DSC09905c.jpg
       ” 別荘地内の新緑(5月9日16時ごろ)”

 昨日、東京では真夏日だったらい。那須高原も気温が上がった。木々は、これ幸いと眠りから覚めて、芽吹きを始めた。
 今日は、久しぶりに友人達とゴルフ、何とサービス券を使ったら、プレー費が無料で食事代だけの1300円で遊べた。入浴を終えて、帰り道の途中シニアカレッジの代表宅へ伺った。用事を済ませて、別荘地内に目をやると、一面新緑に覆われていた。これから、那須高原は、さわやかな季節がやってくる。
posted by はらっち at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月04日

難解な警告表示

DSC09725c.jpg
      ” 電柱に取り付けられた標識(5月4日)”

 観光シーズンになると、我が家の横の農道は、第二那須街道へと変貌する。1台しか通れない道幅は、お互いの思いやりで争い事も少なく日常は平穏だ。しかし、観光シーズンになると、運転技術の未熟さ、先を争うはやる気持ちが、道路の途中でバッティングし、運転技術の未熟さも手伝って立ち往生することになる。
 この農道は、那須中学校の通学路でもあり、休校日は部活に通う生徒達が自転車で行きかう。「おはようございます」「こんにちは」と明るい挨拶が心地よい。この農道の改善を那須町に要望したことがる。「事故の無い通学路の環境作り、道路環境にして欲しい」と、「通学路」の標識と30km/hの速度標識を付けて欲しいという簡単なものだった。しかし、町の仕事でないと一蹴された。
 先日、愛犬を連れて散歩していて電柱の標識を観て目を丸くしてしまった。自分の常識を老いた頭脳で反復した。「歩行者、自転車 注意・徐行」那須塩原警察署とある。この農道に関心を寄せてくれるのは嬉しいが、これは、歩行者、自転車に注意し徐行運転しなさいという警告と解釈したいが、車への過保護?、単なる書き間違え?違和感はぬぐえない。「優先、歩行者、自転車」「歩行者、自転車に注意」では、無いかと思うのだが。 いずれにしても、大型連休が早く通り過ぎて静かな環境に戻って欲しい。
posted by はらっち at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年04月28日

クライストチャーチは復興道半ば

DSC01419c.jpg
     ” クライストチャーチ市中の復興現場(4月26日)”

 24〜25日、テカポ湖で過ごし、26日、午前中約300qの距離を飛ばし翌日の帰国に備えてクライストチャーチへ移動した。カーナビが機能しないため地図とにらめっこで上手く行かず、右往左往しながら大聖堂前に着いた。景色を見て唖然とした。9年前のいイメージがあったので変わり果てた街の姿に唖然とする。
 クライストチャーチ地震(カンタベリー地震)は、東日本大震災の2週間前に発生し、多くの日本人語学留学性が犠牲になった。東日本大震災のツナミ被害が大きく、搔き消されてしまった感がある。大聖堂を中心に周囲のビルは、軒並みダメージを受けて再建築が余儀なかったようだ。まだ、手つかずのビルも目の前に残っている。9年前に買い物をした商店街は、場所を移し集団で仮店舗営業していた。全体が復興するのは、後4〜5年は掛かるのではないだろうか。痛ましい。
 どの観光地に行っても多くの中国人旅行者を目にしてきたが、この街では見当たらない。これでは観光も儘ならないとコースから外れているのだろう。何とか、目的の商品を購入し訪れた目的は達したが、想像以上の姿に言葉もなかった。
posted by はらっち at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年04月19日

遊行柳の桜

DSC00796c.jpg
     ” 遊行柳 (4月19日12時頃)”

 カメラ講座を終了した足でパン教室の講師Kさんを誘って、芦尾地区のお花見に出かけた。遊行庵の駐車場に着くと、バスで訪れた観光客で賑わっていた。遠目だが遊行柳の近くでは、観光客が楽しんでいる様子が伺える。その後、歴史探訪館近くの御殿山駐車場に移動して、御殿山の桜を観察したが、最近の暖かさで急激に開花して葉桜に近い。昨日の強風雨で花を散らしている。今年は、お花見の期間が短く、又、天候にも恵まれなかった様だ。

page4.19.jpg

 昼食は、「遊行庵」で楽しんだ。楽しみにしていたカレーが無い。オーナーの夏澄さん「人出が少ないのでもう少しお待ちください」と、前回もカレーに拘ったことを覚えていてくれたらしい。日替わり、うどん定食を頂いた。
 夕刻の今も台風並みの強風が吹いている。これでは、桜もひとたまりもない。これからは新緑を楽しむことになる。
posted by はらっち at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年04月17日

那須町は春爛漫

DSC09731c.jpg
       ” 大同公民館の桜(4月17日16時頃)”

 昨日からの気温上昇で、一揆に桜が開花した。先週中頃は、芦野・伊王野の枝垂れ桜が見頃で、彼岸桜が三分程度だった。今日は暖かいのだが風が強く枝を揺らしている。我が家の桜は、未だに目を覚ましていない。種類は判らないが、ソメイヨシノ系だと記憶している。蕾を膨らみ始めているので、後2〜3日で開花するのではなだろうか。今夜から明日の朝に掛けて風雨が強いらしい。折角の桜を散らさないで欲しいと願う。
posted by はらっち at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年04月12日

那須町のさくら情報

DSC00715c.jpg
          ” 岩観音の桜(4月12日12時頃曇り)”

 桜の開花状況が気になりだした。午前中のカメラ講座を終わってその足で、芦野・伊王野地区の開花状況を観て歩いた。岩観音の桜は、「那須のフォトコンテスト」に毎回応募がある定番のスポットだ。4〜5台しか駐車できないスペースは満車状態で、カメラマン数人がカメラを構えていた。明日・明後日は、見頃になるのではないだろうか。

page4.12.jpg
       ” 左、右上:武家屋敷の枝垂れ桜 
            右中央、右下;専称寺の枝垂れ桜 ”
 芦野、伊王野地区には、有名な枝垂れ桜がある。芦野の武家屋敷(旧平久江家)の枝垂れ桜、残念ながら電線、民家に趣を阻まれている、電柱移転の地元の要望も中々実現せず、カメラアングルに苦労する。
 伊王野の専称寺には、国の重要文化財に指定されている「金銅阿弥陀如来立像」がある。門をくぐると目の前に枝垂れ桜を観ることが出来る。この桜もこの2〜3日が見頃かと。明後日、都会から友人夫妻が訪れる予定。案内するのが楽しみだ。
posted by はらっち at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月28日

悲惨な事故を憂う

DSC01951c.jpg
         ” スキー場より上がった所の大丸駐車場付近 ”
        

 昨日から、テレビなどで地元「那須温泉ファミリースキー場」付近で発生した、雪崩の事故が報じられている。犠牲者は、県内の高校生達。雪中の登山訓練だったらしい。痛ましい。
 雪崩が起きた「那須温泉ファミリースキー場」は、なだらかなゲレンデで、スノーボートの利用が禁止されているなど安全面に配慮した家族向けのゲレンデとして知られている。その山面で雪崩が発生したとのこと。
 このスキー場は、国民休暇村と大丸温泉の間に位置して、新緑から紅葉の時期にトレッキングに訪れたところでもある。寒さを好まない私には冬の時期には訪れないところだが、知人に聞くと、雪崩が発生することもあるという。昨日は、珍しくたっぷりと湿気を含んだ積雪だった。事故の場所の雪質は判らないが、表層雪崩の疑いも濃いという。
 天皇両陛下、皇太子ご家族の那須御用邸へお出かけが大きく報じられる程度の那須町のニュース、残念だが痛ましいニュースで取り上げれれている。ご両親・ご家族など関係者の心中を察しても余りある。ご冥福を祈りたい。
posted by はらっち at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月26日

那須野が原博物館へ

page3.27-1.jpg
       ” 那須野が原博物館の一部(3月23日)”

 那須野が原博物館は、那須塩原市三島に在る。建屋も石造りで重厚感が漂う。何回か催物に興味があって訪れている。我が家からは、車で30〜40分掛かるので頻繁に訪れることはない。今日は、写真集の購入が目的である。「おもいで写真館の写真集は残っていますか?」と2〜3日前に電話を入れた。「若干ですが在庫があります」との返事に慌てて腰を上げた。

3.26-1.jpg

 「おもいで写真館」がタイトルの写真集は、27年の12月に開催された昔の那須塩原地区の紹介をした時に販売された。多くの方から提供された想い出深い写真で構成され、180ページに及ぶ。白黒の写真だが非常に興味深い構成になっている。知人に贈る分と、最近移住されてきた友人のご家族に那須地区を知って頂こうとお贈りする分である。この写真集で、話が盛り上がることは間違いないであろう。
posted by はらっち at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月22日

極寒下のゴルフ

main_img03.jpg
       ”アイランドゴルフリゾート那須HPより”

 別荘暮らしの知人達と毎月ゴルフを楽しんでいる。今月から那須地区での月例が始まった。いつも2日間で、初日は「ちふり湖CC」2日目が「アイランド」になっている。昨日の雨で、初日は中止になった。久しぶりの再会に「あけましておめでとうございます」という時季外れの挨拶で始まった。今回の参加者は少なく私を入れて5名、二組である。
 ゴルフ場に着くとロービーは人でごった返している。どうもコンペが組まれているらしい。周囲のゴルフ場の入場者数が減少傾向にあると聞く中で、このゴルフ場はいつも賑わっている。久しぶりのゴルフに、練習場で肩慣らしをする。しかし、寒い。風が強いというより強すぎる。
 スタートしてティーグランドに立つと風で構えが不安定なるくらいだ。それに、風は那須連山の雪でたっぷりと冷え込み、寒い。又、WBCのスコアが気になる。ハーフの休憩時間にテレビを観ると、0-1で負けている。身体が冷え冷えになりながら、何とか1ラウンドを廻った。遊び代金占めて3100円也。次回の4月は桜の開花も気になる頃、ゴルフ日和で楽しめるはずだ。
posted by はらっち at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月16日

「四季の那須フォトコンテスト」巡回展示場所を遊行庵へ

01君と迎える朝.jpg
      " 第14回フォトコングランプリ作品 ”

 「四季の那須フォトコンテスト」も15回目を迎えようとしているが、第14回の審査・発表・表彰式も終わり、町内巡回展示が始まっている。今日は、初回展示の那須町庁舎ロビー展示が終了して、遊行庵に移動する作業を行った。

DSC00635c.jpg
     ” 遊行庵内の展示 (3月16日11時頃)”

 遊行庵は、那須町芦野地区の名所旧跡遊行柳の近くにあり、遊行茶屋・物産センターに駐車場が隣接。遊行庵の中は、地元作家の工芸品や土産物などが所狭しと陳列されている。壁面一杯に35点の入賞作品を展示した。毎回の事だが、壁面が狭く窮屈な感じは否めない。
 その後、場所をウナギと蔵屋敷で有名な「丁子屋」に場所を移して、「フォトコンテスト実行委員会」を開催。いつもの委員会より参加人員が多いのは、ランチに丁子屋のうな重が付くからなのかと良からぬ推測をしてしまう。もっと、那須の良さを知って頂こうと県外展示を進めることを採択して散会。
posted by はらっち at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月07日

地域情報館「カワッタ家」を初めて訪れる

DSC09391c.jpg
      ” カワッタ家のファサード(3月6日12時頃)”

 黒磯駅前通りは、大型スーパーへ買い物へ行く時車でよく通る所である。東北新幹線が開通するまでは、この地域の拠点として賑わっていた。昭和天皇が那須御用邸へお越しの時は、黒磯駅の貴賓室を利用されていたが、今は全く扉を閉ざしている。駅前通りも閑散として俗にいうシャッター通りだ。活性化に向けて取り組みをしているようだが、今のところ大きな成果は見られない。
 昨年、勤労青少年ホームでカメラ講座のお手伝いをしたことがあるが、「その時の作品を展示しました」、と担当のM嬢からご連絡を頂いていた。昨日、最終日ということを想い出して、慌てて訪れてみた。

page3.7-1.jpg

 店舗の名前が変わっている「カワッタ家」の家は、「や」と読むらしい。即ち「かわったや」という。この駅前通りの各店舗は、従来木造家屋が何軒か残り、店先はアケードになっている。良く言えば昔の風情を楽しむことが出来るが、全体に暗いイメージは拭い去れない。その一角に「カワッタ家」はある。かれこれ10年近くにはなるようだが、気が付かなかった。地域の情報館として休憩場所を兼ねて多目的に利用されているようだ。
 壁面利用は、絵画、写真などの展示に利用されているが無料とのこと、いずれはここを利用したいと思う。
若い女性が、お一人で対応していた。
posted by はらっち at 11:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年02月14日

那須町には3か所の一里塚がある

page2.14.jpg
       ” 泉田の一里塚 (2月12日)”

 先日、「アイランドゴルフリゾート那須」へ年会費を支払いに行った序に、近くの名所旧跡を何か所か廻ってみた。その一つが「泉田の一里塚」である。旧奥州道中(旧陸羽街道)現在の294号線奥州街道にある。芦野の里を北上して白河方面に向かう。間もなく那須町も市境に近づくとこの「泉田の一里塚」が左手に現れる。こんもりとした丘で、手前には駐車場が用意されている。特別目立つ訳ではなく、歴史に興味を持つ人が訪れるだけだろうか。又、長距離のトラックドライバーの休憩地としても利用されているようだ。
 この一里塚は、那須町に「夫婦石の一里塚」「板谷の一里塚」「泉田の一里塚」の三か所がある。一里塚という位だから4q毎に置かれている。奥州道中は「徳川時代初期」の1604年に開通したと記されているが、その年、徳川幕府は諸国の大名に命じて一里塚を築かせたという。「夫婦石の一里塚」は那須町の中で最も南に位置し、江戸日本橋より43里(172km)目の塚になり、44里目が「板谷の一里塚」45里目が「泉田の一里塚」になる。一里塚は街道の両脇に円形の塚を築き、榎などの樹木を植えて旅人の旅程の目安や休憩の場として利用された。
 無粋なことをいうが、このての名所旧跡の看板、標識の建て方が頂けない。本物を見せたいのなら、余計なものは、視界から外しても十分に目的は達せられるはずである。この手の建て方が多いが、お役所仕事というとお叱りを頂きそうだ。
 桜の季節なは三か所の一里塚を通して歩いても8q、当時を偲びながら旧街道を散策したいと思う。
posted by はらっち at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報