2020年03月17日

「ぐーちょきパン屋」再開

DSC09405c.jpg
 ” 敷地内ログハウスの一部(3月17日12時頃)”

 「ぐーちょきパン屋」が営業再開した。毎年1月2月は冬季休業している。パン販売の営業は、火曜日と土曜日限定。今日、文化センターへ行った帰り道、立ち寄った。10時頃から開店の準備を進めているが、常連さんがお構い無しにやってくる。11時過ぎに行くと、やはり常連さんが狭い店内を占有していた。オーナーは、カメラ講座受講生のO夫人。手が空くのを待って商品を購入して、淹れ立ての珈琲をいつもの様に頂きながら世間話からカメラ談義まで幅広い話題に。敷地内は、ログで造られた建屋がアミューズメント施設の様に立ち並ぶ。ブルベリーの株も所狭し並べられ、収穫された実は、ジャムなどにして販売されている。那須高原らしいメルヘンチックなパン屋である。
posted by はらっち at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年03月15日

「相田みつを那須ギャラリー」へ自転車で

page3.15.jpg
  ”あいだみつお那須ギャラリー(3月15日15時頃)”

 運動不足解消にどこへ出掛けるべきか思案。午後、曇り空になって気温が下がってきたが風が止んできた。徒歩だと長距離を歩かなければ運動になりそうにない、自転車で行くことに。目的地は、「相田みつを那須ギャラリー」へ。我が家からは、約500mと近すぎるが展示品を確認したいこともあり、自分に優しい性格も後押しして決断。ギャラリー手前のレストラン駐車場は20台以上はとめられるが、2時過ぎの時間に関わらず満杯。「新型コロナウイルス」の影響は何処吹く風、といったところだ。
 「相田みつを」氏の作品は常設なので、いつもと変わらない展示、手前のレンタルギャラリー室は、作品展示が無く、地元のポスターで埋められていた。カフェー側の展示スペースは、水彩画の波多野氏の作品が展示されていたが、係員に聞くと常設展示らしい。 一通りギャラリー内を鑑賞して帰宅。運動不足解消には程遠い。
posted by はらっち at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年03月13日

那須オルゴール美術館へバイクで

page3.13.jpg
  ” 那須オルゴール美術館(3月13日16時頃曇り)”

 「血糖値が右肩がりですね」と警告ともとれる医師の声。右ひじ痛から2カ月、唯一の運動、ゴルフの打ちっぱなしもコースにも行けないでいる。これでは、内臓脂肪が増える訳である。室内にも「スポーツバイク」があるのだが、周囲の景色が変わらないのを理由に使用率も低い。自分に優しい性格が災いしている。
 自宅から2q範囲は、車の利用を禁止し歩くか、自転車利用と決めている。今日は、少し距離を伸ばしてみようと目標値を決めた。「那須オルゴール美術」だ。我が家から片道2qだが、アップダウンがきつく電動バイクが必須のコースである。目的地に着くと、やはり駐車場は係員の車だけの光景だ。復路の難関は、自宅近くの急勾配で途中で降りることなくダンシングでクリア。しばらく息切れが止まない。これで多少は血糖値の上昇は抑えられただろうか。三日坊主だけは避けたい。
posted by はらっち at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年03月06日

ゴルフシーズン到来が待ち遠しい

会員権.jpg
 ” 那須陽光ゴルフクラブの年次優待券 ”

 「那須陽光ゴルフクラブ」の年次優待券が届いた。最近は、ゴルフ会員権を購入してメンバーになるゴルファーも少ない。殆どのゴルフ場が「友の会制」を導入して年次会員を募っている。費用対効果が全く違う。那須町内にある8個所のゴルフ場の中で、「那須陽光ゴルフクラブ」と「ちふり湖カントリークラブ」の友の会員になっている。
 「那須陽光ゴルフクラブ」は、コースレートも若干高く、楽しめるコースになっているが、それより年次会員の特典が良い。16000円(税込み)で、無料プレー券3枚、割引券9000円分、ドリンク券、練習場無料券等、会員費用の倍額近くの特典なのだ。
 「那須陽光ゴルフクラブ」は3年前まで、「アイランドゴルフリゾート那須」という名前で親しまれていたが、経営者が中国系に変わって名前が変わった。名前が変わってもそれまでとは特別な変化は無いが、唯一変わったことは、レストランのメニューが中華料理が主になった事だろうか。
 今の時期、まだ陽射しが無いと楽しみは半減だが、それより、年末から右ひじを痛めてクラブが振れない。医者に行くと「テニスやってますか」と云われて「テニス痛」と間違えられる。「手斧で薪割をやり過ぎてしまいました」と、恥ずかしい話をしなければならない。中々直らない。ここでも加齢を噛みしめている。
posted by はらっち at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年02月04日

たっぷりの冠雪那須連山

DSC09270c.jpg
  ” 小深堀より那須連山を望む(2月4日15時頃)”

 暖冬と云いながら朝晩の冷え込みがある。雪不足でファミリースキー場も開場出来ないらしい。そのような陽気だが、那須連山はたっぷりと雪を抱いているようだ。茶臼岳は活火山だけに頂上付近は蒸気を吹き出し、積雪の光景を見るのは珍しいが、今日は、綺麗な冠雪模様だ。思わず小深堀まで車を走らせてスナップをした。車で10分も掛からないが、小深堀にも雪は全くなかった。
posted by はらっち at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年01月18日

初市2020(那須黒田原)

page.jpg
  ” 初市 (1月18日10時頃)”

 暖かな日が続いていたが、冬らしい朝だ。家を出る時は氷点下だった。肩をすぼめながら黒田原の初市に出掛けた。ここ数年は、黒磯から黒田原へ変えている。例年より30分は遅い訪問だが、会場は閑散としている。寒さが影響しているのだろうか。町会議員の関さんとお会いした位で知り合いの人と会うことも少なかった。
 お目当ての白河だるま露店は、毎年一番奥に店開きしている。「毎年、有難うございます」と女将さんらしい人から声を掛けて頂き思わず嬉しさが込み上げてくる。「良いことが有ったら大きくしますよ」と云いながら一向に変化なしに肩身が狭い。今年もおまけをして頂いた。本来なら、値引いて頂いた金額はご祝儀としてお店に還元するのが粋らしいが、照れくさくて出来ない。今年は、年末に右目に墨を入れるのではなく、早い時期に入れられると良いのだが。
posted by はらっち at 20:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年01月13日

写真展「グランドサークル彩色」開催

写真展示会案内改訂.jpg
  ” 写真展案内はがき ”

  那須塩原市黒磯駅前(旧黒磯)に地域交流センターが昨年7月に開館した。それまでは、その近くの「かわったや」がその役割を果たしていた。その「かわったや」で展示スペースに空きが多く何回か写真展をさせて頂いた。展示スペースといっても友人が「作品展には不向きだよ」と云わせるほど、環境だった。新築された地域交流センターは名前も付き「くるる」という。ギャラリーといっても館内の一部分を展示スペースにしたものだ。「かわったや」と違い人気があり、いつでも出来るだろうとのんびりしていたら、希望の開催日がずれ込んでしまた。
 デジタルカメラの魅了は、自分で現像が出来ることも一つ、最近プリント技術の奥の深さに嵌ってしまった。今回は、RAWデータ現像してを高価なプリント紙にプリントした。「これ写真ですか?」という感じの色調に仕上がったと自負している。10日間ほどの展示だが、評価が気になるところだ。
 展示期間:1月16日(木曜日)〜26日(日曜日)
      
posted by はらっち at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年01月06日

今日の那須連山

DSC08647c.jpg
  ” ファミリーロードからの那須連山(1月6日10時頃)”

 我が家から那須町の中心黒田原へ行くには、幾つかのルートがある。その一つに黒田原→りんどうライン→ファミリーロードは定番のルート。今日、行政の初出でシニアカレッジの手続きに、庁舎、文化センター、スポーツセンターなどへ足を運んだ。その帰りにそのルートを利用して帰宅した。山梨子の交差点よりファミリーロードに入ると那須連山が一望できる。桃井牧場の背景に那須連山が連なるが、那須連山に雲が厚く覆いかぶさる冬の姿。道端に車を停めてスナップ。年末から雪が少ないが、相変わらずの強風だ。
posted by はらっち at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年12月30日

大晦日は雪?

DSC00123aac.jpg
  ” 小深堀の雪景色(2017年12月31日)”

 晦日の今日は、終日雨模様。観光客の出足も悪そうで那須街道を上がる車の量も少ない。大晦日から元旦に掛けて、日本海側は大雪との予報もある。日本海側とは那須連山を隔てて隣り合わせのような地域。強風、雪が舞う。昨年、一昨年と雪が積もった。初詣で参道を歩くのを四苦八苦した記憶が残る。しかし、ファミリースキー場、マウントジーンズスキー場とも雪不足で困っていることを考えれば、多少の雪は懐の深さを見せないといけないかもしれない。
posted by はらっち at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年12月22日

公衆無線LAN環境拡充

job_internet_provider.png

 パーソナルコンピューター、スマフォ、タブレット等生活の必需品になっている。自宅では、無線LAN環境で不自由ない生活をしている。15年前の移住時には、インターネット環境も電話回線でADSLになって多少はストレスが解消されたが、それでも今の光回線とは雲泥の差。自宅では、これで良いのだが、外出先では、LAN環境が十分とは言えない。
 海外では、公衆無線LAN環境が当たり前のように整備されている。海外へ出かける時は、パソコンを持参している。所々の国のホテルで、有料の表示に愕然とすることがある。部屋ではそうだが、ロビーでは殆ど無料だ。店舗内では、殆どが無料で使用できる。
 スマフォを使用するようになって、WIFIと電話回線を使用するのでは、使用料が異なってくる。「IGで余らせる人は少ないですよ」と電話会社ショールームで失笑をかうが、殆どWIFI環境下で使用し、パソコン派なので、全く問題はない。
 那須町内の目線LAN環境は優良とは言い難いが、最近、那須町の公共施設に「公衆無線LAN環境」が整備された。使い勝手は悪いが大きな進歩である。シニアカレッジの主講習会場の「りぼーるたなか」がまだ整っていない。パソコンのインターネット回線が使用できない。費用が掛かることなので、すぐにとは言い難いが、時代に乗り遅れないように対応して欲しいと願っている。
 
posted by はらっち at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年12月20日

今日の那須連山

DSC08567c.jpg
 ” 四つ川付近より那須連山を望む(12月20日正午頃)”

 ゆめプラザへ向かう途中、回り道をしてみた。68号線を池田交差点へ向かい、それから白河方面へ向かう途中に、四ッ川を跨ぐ橋の上から那須連山が一望できる場所がある。桜の木が1本あり開花の時期には、ひときわ存在感を増していたが、数年前、強風で枝を落とし、優美な姿を変えてしまった。又、下草が伸び放題でフレーミングも変わってしまった。それでも、那須連山が一望できる。すっかり冠雪して冬バージョンに衣替えした。那須連山の背後に大きな雲を背負う時は、日本海側の天候が思わしくない。そして強風を吹き下ろしてくる。その季節が到来だ。
posted by はらっち at 18:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年12月15日

牧歌的な那須高原の風景

DSC09065c.jpg
  ” 小深堀付近の風景(12月15日15時頃)”

 昨朝の最低気温は−4度、今朝も寒かった。それだけに空気が乾燥して澄み切っている。昨日、茶臼の森のオーナーを訪ねた帰りに、久しぶりに小深堀の様子を見に回り道をした。今の時期は、すっかり冬模様で寂しい。その一角に牧草が青々した場所がある。廃業したペンション跡が寂しく、以前より建物の色も褪せている。放置されてメンテナンスが行き届ないのが原因だろう。北海道の美瑛を思わせるようなこの場所が好きである。
posted by はらっち at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年12月05日

第17回「四季の那須フォトコンテスト」審査終了

DSC08561c.jpg
 ” 審査光景 (12月5日、那須町商工会大会議室)”

 第17回「四季の那須フォトコンテスト」の審査が終了した。審査員は、前回に引き続いて写真家福田健太郎氏。今回も多くの応募があり約600点。福田プロの手際良い一次審査を経て二次審査、各賞対象作品が選ばれた。審査結果は、来月中旬頃、受賞者本人への通知と四季の「那須フォトコンテスト」ホームページ上で表示される。応募者はしばし、緊張の日々を過ごすことになるが、受賞されれば、その喜びは爆発するに違いない。グランプリ、準グランプリなど35点が表彰される。
posted by はらっち at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年11月22日

木目込み人形講座作品展

page.jpg
 ” 道の駅友愛の森(11月22日)”

 那須町には2箇所の道の駅がある。高原地区の「友愛の森」と、東山道(義経街道)の「伊王野」である。縦長の那須町を東西に分けてそれぞれ特色がある。友愛の森の敷地内に公衆トイレがあるが、男女の境に通路があり中央に特設ギャラリーが設けられている。残念ながら極めて評判が宜しくない。というのは、暗いこと、匂いが独特な事そして高原地区特有の強風の時は、風の通り道になり鑑賞を楽しむ環境には程遠くなるのだ。道の駅リニューアル構想に、最初に取り上げられる所以でもある。
 そのギャラリーで那須シニアカレッジ木目込み人形講座の作品展が開催されている。

DSC08535c.jpg
 ” 作品の一部 ”
 
 「那須シニアカレッジ」文化祭の時は、作品が展示され毎度のことであるが絶賛される。プロ並みの出来映えだ。この展示方法だとガラス越しなので質感がどれほど理解できるか疑問だが、長期に展示する場合は、防犯上好ましいとのこと。11月30日迄の展示。
 
posted by はらっち at 15:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 那須情報

2019年11月10日

ログコテージ茶臼の森のガレージセール

page.jpg
 ” 茶臼の森内の光景(11月9日)”

 「ログコテージ茶臼の森」のオーナーご夫妻とは、以前からの知り合いだ。知り合ったきっかけは、お嬢さんが世界的にも有名な和太鼓グループの奏者で、そのコンサートを聴きに行ってからだ。「ガレージセールやってるんだけど冷やかしに来ないですか」と電話を頂いた。早速に翌日(9日)の午前中に伺った。敷地内には6棟のコテージがあり、その一つはラウンジとしてオーナーの趣味を越えて道楽の音響を始めとした数々の品が置いてある。小川も流れていて風情に不足はない。ラウンジ建屋と小川の間に所狭しと数々の品を展示している。殆どが未使用だ。大きなものでは、掃除機、スモーク用の釜から小物はアクセサリーまで。レアものも並ぶ。珈琲にも拘りがあり、ドリップ式で振る舞われている。欲しいものが沢山あるのだが、今は物を増やさないと決めているので、自重する。今使っている財布が硬くて使い辛いので、幾つか陳列してある財布から一つ頂く。ブランド品だ。「300円で良いです」と購入したら1万円はするであろう財布をタダ同然でGET.非常に面白いサングラスが有って気になっていたが、ご婦人に先取りされてしまった。心残りだ。それも300円となると尚更だ。お手伝いしているお近くにお住まいの若い女性Hさんの立ち振る舞いも好印象。敷地内をスナップして帰宅。年に2回程開いているとのこと、次回が楽しみだ。
posted by はらっち at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報