2020年05月15日

千振開拓碑に立ち寄る

page.jpg
   ” 千振開拓碑(5月14日)”

 今日は、久しぶりに千振地区へ行く用事があり、開拓碑に立ち寄ってみた。千振地区に行くのは、いつもはゴルフ場なので珍しい。那須町は、全国有数の酪農地であるが、ここまで盛んになったのは、先人達の汗と涙の苦労と偉業があったと聞く。戦後、那須地区には引揚者を主に入植者が開拓に携わった。開拓地は、千振、中原、大同など22か所、入植戸数723戸(昭和30年時)だった。栃木県全体で2996戸数あったが、那須町は24.1%を占めていたことになる。開拓地名は、出身地名を付けることが多かったらしい。千振碑に刻まれている碑文をを読むと、当時の苦労が痛いほど判る。
posted by はらっち at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年05月07日

新緑の那須街道

DSC09420c.jpg
   ” 那須街道(アジサイ街道付近)5月6日11時頃 ”

 連休最後の日、約半月ぶりに黒磯のスーパーに買い物に行った。都会では「3日置きの買い物」が奨励されているが、その点我が家は優等生だ。妻を持ち上げるとすれば、買い物上手という事になる。敢えて付け加えれば、血糖値の上昇を意識した手料理の振舞いという事になるかもしれない。スパーは、思ったより混みあっていた。それでも、他人との距離を開けるには問題ない混み具合だ。
 帰りは、旧4号線から那須街道へ入り帰路に着いた。分岐点から約4qは赤松林、アジサイ街道に入る。ここ数年赤松の老朽化で、伐採が行われている。新緑が綺麗なので、バックミラーで車が来ないことを確認して停車。フロントガラス越しに那須街道をスナップ。これから、ツツジが咲き、アジサイが咲き、ヤマユリが咲くという絶好のシーズンに入る。気楽に散策が出来る環境が待ち遠しい。
posted by はらっち at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年05月01日

那須町内の公共施設は休業中

5.1.jpg
  ” 友愛の森(5月1日晴れ)”

 那須町内の公共施設を利用して「那須シニアカレッジ」は活動している。メイン会場の文化センターは、前月の初めに予約をすることになっている。3月から5月末まで休講中だが、6月からの開講を見越して、会場予約に行った。久しぶりに生涯学習課主幹のU氏とお会いした。「6月に付いては使用可になるかどうか判らないので受付できませんね」とのこと。現状況を考えれば止む無しと帰宅。那須町内の公共施設は、全て閉鎖中。緊急事態宣言が一月延長されることから、更に、利用再開は遅くなることも予想される。帰宅途中、友愛の森道の駅前に車を停めた。閑散とした状況でチューリップだけが華やかさを保っている。
posted by はらっち at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年04月24日

那須高原地域内の殆どの施設は連休明けまで休業

DSC09744ac.jpg
  ” 我が家のイカリソウ(4月24日15時半頃 小雨)”

 「新型コロナウイルス」感染拡大が止まらない。「不要不急」の外出自粛にも拘らず、観光地へ出掛ける不謹慎者が極めて多い。代表的な観光地も業を煮やして「来るな」と声明を発信し始めた。主要観光地は、テレビでもその状況を放映されているが、那須高原もその一か所に組み入れられるはずなのだが、目にしない。「那須町観光協会のホームページ」を開けてみた。那須高原内の施設、交通など殆ど休業・運休している。マイカーでしか、訪れる手段が無いばかりか、観光も出来ず食事にもあり付けない。コンビニでおにぎりくらいは買えそうだが。この連休は諦めて、来年の連休に楽しみを待つしかないようだ。
 しかし、今朝、月命日の墓参をした後、帰宅途中に近くの大型スーパーに立ち寄った。妻が買い物をしている間、車の中で時間つぶしをしながら、周りのナンバープレートを興味深く観ると、何と11台中6台が他県ナンバーだ。早めの疎開なのだろう。自衛手段で何とか連休明けまで静かに過ごしたいと思う。本日の濃厚接触者は相変わらず1名だ。
posted by はらっち at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年04月21日

那須町安全安心メールは、貴重な情報源

DSC09716c.jpg
  ” リカステ開花(4月21日)”

 那須町のメルマガの一つに「那須町安全安心メール」がある。那須町へ登録のメールアドレスに随時、情報が寄せられる。最も多い記事が、@ 登下校時に不審な人物に声を掛けられた A オレオレ詐欺に類する情報、B クマ出没情報 直近ではC「新型コロナウイルス」発生状況 などが主なものだ。昨日、いつもと違った啓発情報があった。
 「毎年4月は、AV出演強要・JKビジネス等被害防止月間です。若い女性がモデルにスカウトされた後、わいせつなビデオに出演を強要されたり、女子高校生がマッサージ等のアルバイトをした際、わいせつな被害に遭っています。
 AV出演強要やJKビジネスに関する各種トラブルに巻き込まれたら、ひとりで悩まず、警察に相談してください。プライバシーは守ります。」とのこと。田舎と思っていたが、新宿歌舞伎町と変わらない状況に驚きである。
posted by はらっち at 17:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年04月17日

ちふり湖CC友の会年会費を支払いに

DSC09682awc.jpg
" 県道68号線大谷付近の丘陵地(4月16日10時頃)”

 ゴルフ仲間のO氏から「ちふり湖は17日から休業だよ」とアドバイスを頂き、慌てて友の会年会費を支払い行った。20日迄が支払期限で、それを過ぎると継続の権利がリセットされて、改めて入会金5000円を支払う羽目になる。「ちふり湖カントリークラブ」は、周辺の別荘族が多く利用している。私もO氏の別荘族仲間に組み入れて頂き楽しんでいる。年会費は16500円(税込み)、無料プレー券が2枚と割引券が2000円付いてくる。通常のプレー費も友の会員は約4000円(昼食付、税込み)とリーズナブルだ。3月20日から、開場していたが右肘痛でプレーしていない。そして、17日からGW開けまで休業になる。プレー期間が短くなるが、4回ほどプレーすれば元は取れそうなので手続きを済ませた。
 帰りに大谷の交差点近くの丘陵地をスナップして帰路へ。
posted by はらっち at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年04月07日

那須町の桜3点

 「新型コロナウイルス」感染症対策に「不要不急」の外出を控えることがキーワードだが、カメラを車に積んで撮影に出掛けた。車で移動、現地では人と接触しない、という環境を厳守。那須街道に車の往来も少ないが、すれ違う乗用車のナンバープレートを見ると、やはり都会のナンバーが気になる。
 那須町内には至る所に桜の名所があるのだが、三か所に足を運んだ。

DSC09581ac.jpg
 ” りぼーるたなか(旧田中小学校)4月7日11時頃晴れ)

 「シニアカレッジ」の講座会場用にお世話になっている。向かって左側は、キッズランドだが、現在閉鎖中。

DSC09586ac.jpg
  ” 田中農村公園 ”

 りぼーるたなか(旧田中小学校)の前代の小学校だが、現在、公民館と地元の公園として利用されている。いつもシニア世代のゲートボール会場として賑わっているのだが、今日は人影がない。

DSC09610ac.jpg
  ” 弘法の桜 ”

 「一本桜」の名前で記憶していたが、那須美さんのブログで「弘法の桜」に変わったと知った。4号線沿いの高野川と那須聖苑(火葬場)の間に1本だけ輝いている。場所に因んで「弘法の桜」としたのかもしれない。背景に雪を頂く那須連山が見える。
posted by はらっち at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年04月06日

伊王野山城後のカタクリ

DSC09571ac.jpg
 ” 伊王野山城跡の桜(4月6日11時頃晴れ)”

 那須町は、縦長の地形で高原地区と里地区に大別される。里地区の芦野、伊王野地区は歴史的にも知られた処である。伊王野地区には奥州街道と東山道、俗に「いざ鎌倉」知られる義経街道の交差地区にある。その一角に伊王野城とも霞ケ城ともいわれる山城跡が公園として残されてる。山肌に何本かの桜の木が花を添えている。今が満開だ。

DSC09548ac.jpg
  ” 伊王野山城跡地のカタクリ(4月6日)”

 駐車場から山肌に沿ってツツジが植えてあり、その足元にカタクリ、イチゲが群生している。足元は、ぬかるみと、猪に荒らされたであろう地面が所々掘り起こされて、極めて歩き辛いが、知る人ぞ知るところだろう。もっと歩き易くすれば、観光客も増えるだろうと思うのだが、毎年変化のない光景だ。
posted by はらっち at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年03月17日

「ぐーちょきパン屋」再開

DSC09405c.jpg
 ” 敷地内ログハウスの一部(3月17日12時頃)”

 「ぐーちょきパン屋」が営業再開した。毎年1月2月は冬季休業している。パン販売の営業は、火曜日と土曜日限定。今日、文化センターへ行った帰り道、立ち寄った。10時頃から開店の準備を進めているが、常連さんがお構い無しにやってくる。11時過ぎに行くと、やはり常連さんが狭い店内を占有していた。オーナーは、カメラ講座受講生のO夫人。手が空くのを待って商品を購入して、淹れ立ての珈琲をいつもの様に頂きながら世間話からカメラ談義まで幅広い話題に。敷地内は、ログで造られた建屋がアミューズメント施設の様に立ち並ぶ。ブルベリーの株も所狭し並べられ、収穫された実は、ジャムなどにして販売されている。那須高原らしいメルヘンチックなパン屋である。
posted by はらっち at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年03月15日

「相田みつを那須ギャラリー」へ自転車で

page3.15.jpg
  ”あいだみつお那須ギャラリー(3月15日15時頃)”

 運動不足解消にどこへ出掛けるべきか思案。午後、曇り空になって気温が下がってきたが風が止んできた。徒歩だと長距離を歩かなければ運動になりそうにない、自転車で行くことに。目的地は、「相田みつを那須ギャラリー」へ。我が家からは、約500mと近すぎるが展示品を確認したいこともあり、自分に優しい性格も後押しして決断。ギャラリー手前のレストラン駐車場は20台以上はとめられるが、2時過ぎの時間に関わらず満杯。「新型コロナウイルス」の影響は何処吹く風、といったところだ。
 「相田みつを」氏の作品は常設なので、いつもと変わらない展示、手前のレンタルギャラリー室は、作品展示が無く、地元のポスターで埋められていた。カフェー側の展示スペースは、水彩画の波多野氏の作品が展示されていたが、係員に聞くと常設展示らしい。 一通りギャラリー内を鑑賞して帰宅。運動不足解消には程遠い。
posted by はらっち at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年03月13日

那須オルゴール美術館へバイクで

page3.13.jpg
  ” 那須オルゴール美術館(3月13日16時頃曇り)”

 「血糖値が右肩がりですね」と警告ともとれる医師の声。右ひじ痛から2カ月、唯一の運動、ゴルフの打ちっぱなしもコースにも行けないでいる。これでは、内臓脂肪が増える訳である。室内にも「スポーツバイク」があるのだが、周囲の景色が変わらないのを理由に使用率も低い。自分に優しい性格が災いしている。
 自宅から2q範囲は、車の利用を禁止し歩くか、自転車利用と決めている。今日は、少し距離を伸ばしてみようと目標値を決めた。「那須オルゴール美術」だ。我が家から片道2qだが、アップダウンがきつく電動バイクが必須のコースである。目的地に着くと、やはり駐車場は係員の車だけの光景だ。復路の難関は、自宅近くの急勾配で途中で降りることなくダンシングでクリア。しばらく息切れが止まない。これで多少は血糖値の上昇は抑えられただろうか。三日坊主だけは避けたい。
posted by はらっち at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年03月06日

ゴルフシーズン到来が待ち遠しい

会員権.jpg
 ” 那須陽光ゴルフクラブの年次優待券 ”

 「那須陽光ゴルフクラブ」の年次優待券が届いた。最近は、ゴルフ会員権を購入してメンバーになるゴルファーも少ない。殆どのゴルフ場が「友の会制」を導入して年次会員を募っている。費用対効果が全く違う。那須町内にある8個所のゴルフ場の中で、「那須陽光ゴルフクラブ」と「ちふり湖カントリークラブ」の友の会員になっている。
 「那須陽光ゴルフクラブ」は、コースレートも若干高く、楽しめるコースになっているが、それより年次会員の特典が良い。16000円(税込み)で、無料プレー券3枚、割引券9000円分、ドリンク券、練習場無料券等、会員費用の倍額近くの特典なのだ。
 「那須陽光ゴルフクラブ」は3年前まで、「アイランドゴルフリゾート那須」という名前で親しまれていたが、経営者が中国系に変わって名前が変わった。名前が変わってもそれまでとは特別な変化は無いが、唯一変わったことは、レストランのメニューが中華料理が主になった事だろうか。
 今の時期、まだ陽射しが無いと楽しみは半減だが、それより、年末から右ひじを痛めてクラブが振れない。医者に行くと「テニスやってますか」と云われて「テニス痛」と間違えられる。「手斧で薪割をやり過ぎてしまいました」と、恥ずかしい話をしなければならない。中々直らない。ここでも加齢を噛みしめている。
posted by はらっち at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年02月04日

たっぷりの冠雪那須連山

DSC09270c.jpg
  ” 小深堀より那須連山を望む(2月4日15時頃)”

 暖冬と云いながら朝晩の冷え込みがある。雪不足でファミリースキー場も開場出来ないらしい。そのような陽気だが、那須連山はたっぷりと雪を抱いているようだ。茶臼岳は活火山だけに頂上付近は蒸気を吹き出し、積雪の光景を見るのは珍しいが、今日は、綺麗な冠雪模様だ。思わず小深堀まで車を走らせてスナップをした。車で10分も掛からないが、小深堀にも雪は全くなかった。
posted by はらっち at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年01月18日

初市2020(那須黒田原)

page.jpg
  ” 初市 (1月18日10時頃)”

 暖かな日が続いていたが、冬らしい朝だ。家を出る時は氷点下だった。肩をすぼめながら黒田原の初市に出掛けた。ここ数年は、黒磯から黒田原へ変えている。例年より30分は遅い訪問だが、会場は閑散としている。寒さが影響しているのだろうか。町会議員の関さんとお会いした位で知り合いの人と会うことも少なかった。
 お目当ての白河だるま露店は、毎年一番奥に店開きしている。「毎年、有難うございます」と女将さんらしい人から声を掛けて頂き思わず嬉しさが込み上げてくる。「良いことが有ったら大きくしますよ」と云いながら一向に変化なしに肩身が狭い。今年もおまけをして頂いた。本来なら、値引いて頂いた金額はご祝儀としてお店に還元するのが粋らしいが、照れくさくて出来ない。今年は、年末に右目に墨を入れるのではなく、早い時期に入れられると良いのだが。
posted by はらっち at 20:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2020年01月13日

写真展「グランドサークル彩色」開催

写真展示会案内改訂.jpg
  ” 写真展案内はがき ”

  那須塩原市黒磯駅前(旧黒磯)に地域交流センターが昨年7月に開館した。それまでは、その近くの「かわったや」がその役割を果たしていた。その「かわったや」で展示スペースに空きが多く何回か写真展をさせて頂いた。展示スペースといっても友人が「作品展には不向きだよ」と云わせるほど、環境だった。新築された地域交流センターは名前も付き「くるる」という。ギャラリーといっても館内の一部分を展示スペースにしたものだ。「かわったや」と違い人気があり、いつでも出来るだろうとのんびりしていたら、希望の開催日がずれ込んでしまた。
 デジタルカメラの魅了は、自分で現像が出来ることも一つ、最近プリント技術の奥の深さに嵌ってしまった。今回は、RAWデータ現像してを高価なプリント紙にプリントした。「これ写真ですか?」という感じの色調に仕上がったと自負している。10日間ほどの展示だが、評価が気になるところだ。
 展示期間:1月16日(木曜日)〜26日(日曜日)
      
posted by はらっち at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報