2017年09月03日

大沢の獅子舞を観る

page9.3.jpg
       ” 大沢の獅子舞(9月3日)”

 那須町の伝統芸能無形民俗文化財の一種に獅子舞があり、「大沢の獅子舞」もその一つである。大沢地区の鎭守様、大山祇神社で奉納される。大沢地区は戦後開拓地区の一か所だが現在は40世帯ほど。
 googleマップでも「大沢の公民館」や「大沢の祇神社」と入力しても判らないような奥まった所にある。
13時から神事が始まり14時頃、公民館をでた獅子舞を神社境内に向かい入れ、獅子舞が始まる。この獅子舞の由来は、1616年の夏の陣の後大阪方の落人二人が大沢地区に土着し、この二人が獅子舞を村人に教え伝えたといわれている。
 町で行われるような祭りと違って、緑に囲まれた神社で村人に見守られながら獅子が舞う。何とも風情がある。
posted by はらっち at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月27日

「かしま灘楽習塾」の来訪

page8.27.jpg
          ” 那須地ビールまつり2017会場(8月26日)”

 那須シニアカレッジのスタートと略同じ時期に開講された鹿嶋市にある「かしま灘楽習塾」の皆さんが研修に来られた。メンバーは塾長(那須ンシニアカレッジでは代表)、副塾長、学部長、教授(那須シニアカレッジでは講師)など12名の皆さん。現状は、107講座、教授74名の大所帯である。人口が6万人余と2.5万人の那須町では環境の違いがあるが、運営方針、具体的な活動も異なり、意見交換の中で大変参考になった。那須シニアカレッジは、10年間運営スタッフが固定されて大変なご苦労をされてきたが、将来を見越して来期10月より集団組織体制に移行される。
 8月は休講月だが、研修状況の見学ご希望があり一部の座学とスポーツ講座を施設見学を兼ねて行われた。夜は、宿泊場所で懇親会を催し、翌日は、那須高原の主な所と、昼食は、「那須地ビールまつり2017」会場へご案内した。鹿嶋市は、私の贔屓としているアントラーズの本拠地、そちらでも話に花が咲いた。来月から紅葉の時期、再訪をご案内して散会となった。
posted by はらっち at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月21日

皇太子ご一家の車列に遭遇

DSC00194c.jpg
          ” 雅子妃殿下(8月21日68号線ダイユー前)”

 知人と3時の待ち合わせで68号線を車で走らせると、沿道に腕章姿の係員の姿が目につきます。「そうか、もう8月月末か」毎年、この時期に那須でお過ごしになれるご一家。用事を済ませて家路につく途中、まだ係員の姿が。予定より遅れているようだ。車を和菓子屋扇家の駐車場に止めて、歓迎の人の輪に入る。コンデジの撮影セットアップしてお待ちする。車列が近づく、初めての方はどのお車か判断が付かずにキョロキョロ。「2台目のワンボックスカーですよ」とアドバイス。「雅子さ〜ん」と声が飛ぶ。残念なことに車のスピードは落ちず、窓も半開き、美智子様は、車速を落とし窓も全開にされておられるだけに、撮影も儘ならない。10日間のご滞在とか、天候が回復して那須の自然をご堪能頂きたいと願う。
posted by はらっち at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月13日

那須高原大谷のひまわり畑

DSC01860c.jpg
         ” 大谷のひまわり畑(8月13日11時頃)”

 那須高原の大谷地区は、戦後の那須高原開拓地域の一つで酪農が盛んである。近くには模範牧場もあり、北海道のような風景も味わえる。先日、大谷地域をウォーキングした時に、ひまわり畑に遭遇した。見たというより群生したひまわりを見るとそのような言葉が適当かと。その時は小雨模様だったので、今日、晴れ間が覗いたので車を走らせた。
page8.13.jpg

 今日は、見物客も何人か見えていた。車のナンバーから町外地区だ。「このひまわり畑は何で知りましたか?」と質問すると、「ネットに紹介されてますよ」と返ってきた。畑の中央には見晴らし台が設けられている。試料用なのか肥料用なのか目的が判らないが、壮観なひまわり畑に感動。晴れ間に再訪したいと思うが、それまで精彩を保ってくれるか気がかりでもある。
posted by はらっち at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月11日

[ 「ウォー金グ」に初参加

8.11.jpg
      ” 牧場と那須連山展望コース」案内マップ ”

 「那須遊歩会」の活動は、那須美さんのブログで知っていた。最近、車重用の田舎暮らし歩く機会が少なくなっっているので、何か歩く催し物が無いかと気にしていたが、「那須遊歩会」への紹介を頂き、8月の催し物に初参加した。「ウォー金グ」と称して毎週、那須町内のウォーキングコースを歩いている。今週は、「牧場と那須連山展望コース」である。午前7時に大谷交差点近くの駐車場に車を置いて、約6.5qを1.5時間ほど歩いた。天候が霧雨ということもあり参加者は7名と少なかった。参加者の中には3名の方とは顔馴染みで、リラックスして歩くことが出来た。入会金は1000円と格安、入会予定。
 那須地区のウォーキングコースは、那須観光協会推奨の「健康ウォーキングコースガイド」の冊子に詳細が掲載されている。14コースある。17.3qというハードなコスもあるが、季節が良くなったら、一つづつ踏破したいと思っている。
posted by はらっち at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月04日

新緑の遊行柳

DSC01848c.jpg
      ” 那須芦野地区 遊行柳(8月2日)”

 芦野地区の白川寄りの地区一帯は、横岡といって米処である。黒田原から芦野地区に入り、陸羽街道を白川方面に左折して間もなく、緑が一面の一角に「遊行柳」がある。松尾芭蕉の奥の細道の一角として、知られているが、桜の樹と柳が寄り添うように緑一杯の装いをしている。
 芦野地区に出掛けると、いつものことながら寄り道をしカメラを向けている。既に稲穂が形を成しているが来月後半になると、一面鮮やかな黄金色にお色直しをする。
posted by はらっち at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月01日

「釜のふたまんじゅう」を供える

DSC01835c.jpg
        ” 釜のふたまんじゅう(8月1日)”

 那須高原へ移住して十数年、お盆の迎え方に特別はことはしていない。同郷育ちには旧盆の迎え方を多少理解しているが、那須地方で「釜のふたまんじゅう」を供える風習があることを移住して初めて知った。8月1日を「窯のふたがあく」といって、「釜のふたまんじゅうをお供えし精霊をお迎えする」という習わしである。
 初めて「釜のふたまんじゅう」を購入して、お供えしてみようということになった。各スパー、コンビニで販売していることは知っていたが、チョット張り込んで和菓子屋で購入しようと、我が家の近くの2店を訪れたが、販売していなかった。素朴な味が良くて、本格的に手を加えて上品な味にすることは邪道なのだろう。
止む無く、スーパーで購入し仏壇に供えた。きっと母も初めてのことで目を白黒させているに違いない。お世辞にも美味しいとは言い難く、これなら薄皮饅頭の方が旨いね、と言いたいが、風習の一つであればこれに文句を言うと罰が当たりそうで黙々と味わっている。
posted by はらっち at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年07月24日

那須高原のアスパラガス

page7.24.jpg
       ” 那須町豊原地区のアスパラガス(7月22日)”

 那須町には、魅力的な農産物が幾つかあリ、その一つに「高原アスパラガス」がある。ハウスの中には、アスパラガスが芽を出している。アスパラガスは、多くの肥料が必要な「肥料食い」という。その点では、酪農も盛んな那須町では牛糞なども豊富で、最近は、アスパラガスの生産量も増えている。

DSC06839c.jpg
      ” ドイツハンブルグの白アスパラガス料理(2015年5月)”

 那須町は、グリーンアスパラガスだが、ドイツにはホワイトアスパラ(シュパーゲル)が人気だ。4月中旬より6月24日までと出荷時期が定められている。柔らかなシュパーゲルを食しに日本からの旅行者も多いと聞く。生産の仕方が異なるようだが、日本では白アスパラガスが店頭に並ぶことは少ない。この時期だけに楽しめるアスパラガス、那須高原の代表的な野菜の一つになっている。
posted by はらっち at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年07月12日

那須街道のヤマユリが満開

DSC00086c.jpg
      ” 那須街道のヤマユリ(7月12日12時頃)”

 県道17号線那須街道(俗称アジサイ街道)は、旧4号線と分かれる「分岐点」より、那須連山に向かって上り続ける。その分岐点より約4q近くは赤松林と道路脇のアジサイで囲まれて、今の時期は見ごたえがある。林の中には遊歩道があり、朝夕は多くの人が散策を楽しんでいる。また、この時期は、林の中に「ヤマユリ」が群生し、ユリの香りで包まれている。一時期、道路際の生育が悪かったが、ボランティアの人達の手を借りて、元の賑わいを見せている。アジサイには雨が似合うが、ヤマユリは雨が苦手だ。すぐ顔色を変えて萎えてしまう。この2〜3日が見頃なようだ。
posted by はらっち at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年06月28日

那須街道アジサイ開花状況

DSC01665c.jpg
     ” 那須街道 新高久付近(6月28日16時頃)”

 県道17号線那須街道は、別名「アジサイ街道」ともいう。旧4号線より那須街道に入る「分岐点」より、約4qが赤松林になっているが、その道路脇にはアジサイが咲き誇る。
 今日、通過するとちらほらと開花している株はあるが、まだ、街道筋を染めるまでに入っていない。後、1週間から10日ほどだろうか。アジサイは雨が良く似合うが、最近、雨が少ない。アジサイを輝かして欲しいと願う。
posted by はらっち at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年06月27日

バブリーなゴルフ場へ

loop01.jpg
     ” メイフラワーCC (HPより拝借)”

 「どこか普段行かないゴルフ場へ行きませんか?」とO嬢から提案があった。那須町を離れて、「メイフラワーCC」へ行った。我が家から車で25分程度。ゴルフ好きの彼女も仕事が忙しく、以前ほどプレー数はこなしていないようだが、暫くぶりのご一緒。
 「メイフラワーCC]は、高級ゴルフコースと自称しているが、明らかにバブル時代に開場した雰囲気が漂う。しかし、最近のゴルフ事情を考えると、高額なプレー費を設定する訳には行かないようだ。今日は、昼食付で4600円(税込み)。記憶を辿ると過去に2〜3回プレーしている。

page6.27.jpg

 クラブハウス内は、木目調の建物で明らかに高級感が漂う。フェアウエーは手入れが行き届いていて、気分が良い。今日は、コース内カート乗り入れが出来るホールが数か所。陽射しがある訳ではなく快適なのだが、「スポーツをしに来たのに楽するのは如何なもの?」と言いながら、カートをフェアウエーに乗り入れる。
シャワーを浴びてクラブハウスを後にしたのは3時、リーズナブルな料金でゴルフを満喫。
posted by はらっち at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年06月22日

クラシックカー博物館へご案内

page6.22.jpg

 ベトナム旅行でご一緒したKご夫妻が休暇を取れたといって「憧れの那須高原へ」と訪れてくれた。昨日は雨脚の強く、我が家での雑談で時間をつぶす事になってしまったが、今日は天候に恵まれて那須をご案内することが出来た。K奥方は、事前に下調べをされていて行きたい場所も選択済。ご夫妻の共通は「コピスガーデン」、ご主人は「クラシックカー博物館」とのことで、最後の締めは、「クラシックカー博物館」へ。この場所は、雪柳街道にあるが、訪れたことがない。初めての入場だ。館内に入って驚く。よくも個人の趣味でこのように高額なクラシックカーをコレクションされたと感服。世界のポリスの帽子のコレクションもある。自動車好きには楽しいひと時を過ごすことが出来そうだ。
posted by はらっち at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年06月17日

少年野球那須地区決勝戦

DSC00004c.jpg
    ” 那須町中央公園野球A球場(6月17日9時)”

 那須町中央運動公園の横を通ると、多くの駐車する車を横目に見た。野球かソフトボールの試合が組まれているのではないかと気になり、妻の診察が終了するまでの合間を利用して足を運んだ。少年野球が開催されていた。中央運動公園には野球場が2面ある。A球場はスタンドが付いている。

cats.jpg 

 コーヒーを片手にバックネットの後方から試合を観戦していると、商工会のT久氏から声を掛けられた。地区大会の決勝戦でご子息がエースとしてマウンドに上がっている。その応援を兼ねてのようだ。
普段から熱心にコーチングをされているのは耳にしていたが、激励の声にも熱が入るものうなずける。来春には中学生になり、対戦相手とは同じ中学校に通うことになるとのこと。ポジション争いが激しくなりそうだ。父兄の姿も多くみられ、熱い視線がグランドに注がれていた。
posted by はらっち at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年06月02日

遊行柳の今

DSC01555c.jpg
     ” 遊行柳 (6月1日11時頃 小雨)”

 那須町の史跡の一つ「遊行柳」、芦野地区に出かけるとお決まりのようにスナップをして帰宅する。水田に代掻きが終わり田植えの前に写り込む姿を撮影する人も多い。昨日は、田植えが済んだ後の姿だ。
 松尾芭蕉が1689年奥の細道を行脚した時、この地を訪れ「田一枚植えて立ち去る柳かな」と詠った。柳の傍には西行、芭蕉、蕪村の歌碑、句碑が建てられており、訪れる人が多い。訪れた方の俳句の投函箱も設置されている。近くの遊行庵には「四季の那須フォトコンテスト」の入賞作品を展示中。那須町内の名所旧跡や撮影スポットを知る上でも参考になるだろう。
posted by はらっち at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月23日

新緑の那須セントミッシェル教会へ

DSC01532c.jpg
         ” 礼拝堂 (5月22日13時頃)”

 昨日の待ち合わせ場所は那須セントミッシェル教会の駐車場。その機会を利用して久しぶりに教会を訪れた。新緑に包まれた教会は、イギリス湖水地方の教会をほうふつされる。

5.23.jpg

 礼拝堂内は、無料で入場することが出来る。最近は、この教会で結婚式を挙げるカップルが多いようだ。高原の結婚式、特に女性に人気らしい。この教会も、隣のステンドグラス美術館もイギリスの雰囲気を出すように建設されている。 知人のゴルフ仲間のO嬢はここのオルガニストとして活躍中。

6.25.jpg

 時々、礼拝堂内でコンサートを開催。来月は、那須ステンドグラス美術館内「セント・ラファエル礼拝堂」にて、オルガニスト5人によるコンサートが予定されている。
posted by はらっち at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報