2017年10月05日

那須シニアカレッジ新期(年度)開講

DSC02239c.jpg
       ” 主会場の文化センター(10月4日)”

 「那須シニアカレッジ」が10月に入り、12期目を迎えた。最初は、3名の方で運営を始められた。今期からは、集団指導体制に代わり新たな船出となった。現在登録する受講生は400名を超え、28講座が開かれている。私も現役時代の経験を活かして「カメラの基礎知識講座」と「女性のカメラ講座」を担当させて頂いているが、皆さんから元気を頂いているようなものである。
 現在、那須町文化センターを主会場に講座が行われているが、会場の空きが無く新規の講座が開くことが出いない状態が続いている。運動関係は、スポーツセンターや小ホールを利用している。来年4月からは、廃校になった田中小学校が利用できる様に準備が進められている。新規講座の要望もこれで解消が出来ると有難い。
 生涯学習による健康寿命の増進、これからも笑顔に満ちた受講生の姿を拝見したいものである。
posted by はらっち at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年10月02日

「那須ブックセンター」オープン間もなく

22185025_1000253153448240_377354739_n.jpg

 ブログ仲間のF川(ハンドルネーム、晴++さん)さんから、「那須ブックセンター開店」のご連絡を頂いた。10月13日が開店とのこと。開店に漕ぎつけた詳細は判らないが、「産業振興、地域交流、街の活性化につなげたい」と意気込みが記してあった。
 那須町には、黒田原駅前に「金子書店」があるが、お世辞にも蔵書が多いとは言えず、種類も雑誌関係が主だ。黒磯にツタヤがあり、そこまで足を延ばすか、内容が判っているものはネットで購入することが多い。
 現役時代、ショールームを担当し専門書の販売に取り組んだ頃があるが、独特な商慣習・取引に唖然としたことがある。図書販売業の現状は、極めて厳しい。スマフォ・タブレットによる図書離れや、商圏の重層が無く、固定されている。しかし、地域密着型で魅力的な店舗として存在価値を高めている例も少なくない。
 新規開店初日は、避けられない他の用事があって残念ながら足を運ぶことが出来ない。本は、どちらかというと借りて読むより購入するタイプ、身近な書店として大いに利用しようと思う。
posted by はらっち at 08:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年09月26日

彼岸花の里へ

page.jpg
      ” 彼岸花の里 大和須へ(9月25日昼頃)”

 文化センターで打ち合わせの後、大和須へ車を走らせた。大和須は、那須から棚倉へ抜ける山間にある。この地区で撮影した彼岸花を背景に入れた写真、ミツマタの群生地を撮った写真は「四季の那須フォトコンテスト」でグランプリに輝いている。那須町で彼岸花の群生地として知られているのは「蓑沢」だが、大和須の住人に言わせると、「おれんところから持って行った苗を植えたんだ」と蓑沢を揶揄している。
 既に盛りを過ぎていた。最盛期は4〜5日前だったろうか。この辺は皆さんが撮りつくされているので、意気込みが低く、序といった感が拭いきれない。蕎麦の花が咲き誇っていた。稲刈りは既に殆ど済んでいた。最近はコンバインによる刈り取りが普及して「はぜかけ」が見られなくなった。「ハゼカケ」の方が美味しさが違うというが、手間暇には代えられないのであろう。 
posted by はらっち at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年09月22日

レンガ積みの橋脚

page9.20.jpg
        " 中余笹鉄橋 (9月20日)”

 那須町には、東北本線が通っている。宇津宮から黒磯を通り那珂川の晩翠橋を通過すると、次は、余笹川に架かる中余笹橋を渡る。この橋梁は上り線と下り線で造り方が異なる。東北本線は明治20年に黒磯→白河間が開通したが、その時に出来た橋梁は現在下り線に利用されている。レンガ積みだ。
 その後明治24年に黒磯駅が出来たが、黒磯→黒田原間の複線化はずっと後になり1964年(昭和39年)、その時に現在上り線に利用されているコンクリートの橋梁が出来た。後に、耐震補強されて外観が新しくなっている。余笹川を渡る時、この二つの今昔の異なる橋梁を観ることが出来、歴史を感じることが出来る。
posted by はらっち at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年09月20日

旧黒田原郵便局はいつ復活?

page9.20-2.jpg
      ” 旧黒田原郵便局の今(9月20日)”

 東日本大震災時、那須町の高原地区はそれほど大きな被害を受けなかったが、4号線から下の里地区は大きな災害が発生した。その一つに「旧黒田原郵便局」がある。アイランドゴルフリゾートへ行く時など、黒田原中心地を通る度に、復興しない建物を観ては憂う。もう、6年半も経つのだ。
 旧黒田原郵便局は、明治9年(1876年)寺子郵便局として寺子村小島(現4号線小島付近)に開局されたが、東北本線黒田原駅開業に伴い、移設されて「黒田原郵便局」として改称した。その後、関東地方で最初のモルタル局舎として新築されて、増改築を繰り返した
 誰の所有物か分からないが、那須町の有形文化財と指定されている。手を差し伸べる方法は無いのだろうか。
posted by はらっち at 19:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年09月15日

那須高原は秋の気配

DSC00275.JPG
     ” 那須高原農道のコスモス(9月15日)”

 那須高原の我が家から黒田原の役場や文化センターへ行く道筋は幾つかある。行くというより下るといった方が正しいかもしれない。なだらかな下り坂が続いている。主要な行き方は、那須街道からユキヤナギ街道(グリーンライン)を通って行く。幹線道路なので冬の時期は、比較的車の数も多く凍結の心配が少ないのだ。しかし、いつも抜け道をショートカットしているが、最近、ファミリーロードから農道を走って4号線の漆塚に抜ける道を利用することが多い。酪農家も多く、原風景が残っている。その道端には、ご近所さんがいろいろな草花を植えて、彩を添えている。コスモスが咲き誇っていた。遠くに那須連山を望むことが出来る。すっかりと秋の気配だ。
posted by はらっち at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年09月08日

「那須遊歩会」で奥州路へ

page.jpg

 初めて「那須遊歩会」の月例行事に参加させて頂いた。格安の入会金1000円を会計のI氏にお支払いして入会手続き完了。今日の参加費3500円も同時にお支払いした。こちらも格安、どのような仕掛けか判らない。
 今日は、奥州街道(仙台道)の第五回目。「福島宿」→「藤田宿」の約12q。前回(7月)の「福島宿・岩谷観音」の続編だ。今回は高速出口からの距離の問題もあり、「岩谷観音」から約4km程北の「瀬上(せのうえ)宿」手前約1kmの地点よりの歩行で、「瀬上宿」→「桑折(こおり)宿」→「藤田宿」の約12km。スケジュールは次の通り。
7 :00  道の駅「友愛の森」集合・出発。那須ICより、福島方面へ
8 :40 福島飯坂IC
9 :00 福島学院前駅より歩行開始   
9 :40 「瀬上宿」  
11:00 「桑折宿」・伊達郡郡役所見学(ガイド付き)
12:00 伊達郡郡役所見学後、昼食手当しバスにて半田山自然公園へ
13:00 半田山自然公園出発
13:20 桑折宿へ戻り・歩行再開
14:40 「藤田宿」
15:00 「道の駅・国見あつかしの郷」
15:40 「道の駅・国見あつかしの郷」出発。国見IC→那須ICへ
17:15頃 道の駅「友愛の森」帰着・解散

 実質は13.7qだったようだが、参加者14名全員がゴールイン。「道の駅・国見あつかしの郷」で土産を購入し、予定より早く16時半に友愛の森に帰着。陽射しが強く散策するには過酷な条件だったが、久しぶりにゴルフコース以上の距離を歩いた。明日以降の筋肉痛が心配だが心地よい。来月は、この続きがあるので日常、心して準備を」したいと思っている。
posted by はらっち at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年09月03日

大沢の獅子舞を観る

page9.3.jpg
       ” 大沢の獅子舞(9月3日)”

 那須町の伝統芸能無形民俗文化財の一種に獅子舞があり、「大沢の獅子舞」もその一つである。大沢地区の鎭守様、大山祇神社で奉納される。大沢地区は戦後開拓地区の一か所だが現在は40世帯ほど。
 googleマップでも「大沢の公民館」や「大沢の祇神社」と入力しても判らないような奥まった所にある。
13時から神事が始まり14時頃、公民館をでた獅子舞を神社境内に向かい入れ、獅子舞が始まる。この獅子舞の由来は、1616年の夏の陣の後大阪方の落人二人が大沢地区に土着し、この二人が獅子舞を村人に教え伝えたといわれている。
 町で行われるような祭りと違って、緑に囲まれた神社で村人に見守られながら獅子が舞う。何とも風情がある。
posted by はらっち at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月27日

「かしま灘楽習塾」の来訪

page8.27.jpg
          ” 那須地ビールまつり2017会場(8月26日)”

 那須シニアカレッジのスタートと略同じ時期に開講された鹿嶋市にある「かしま灘楽習塾」の皆さんが研修に来られた。メンバーは塾長(那須ンシニアカレッジでは代表)、副塾長、学部長、教授(那須シニアカレッジでは講師)など12名の皆さん。現状は、107講座、教授74名の大所帯である。人口が6万人余と2.5万人の那須町では環境の違いがあるが、運営方針、具体的な活動も異なり、意見交換の中で大変参考になった。那須シニアカレッジは、10年間運営スタッフが固定されて大変なご苦労をされてきたが、将来を見越して来期10月より集団組織体制に移行される。
 8月は休講月だが、研修状況の見学ご希望があり一部の座学とスポーツ講座を施設見学を兼ねて行われた。夜は、宿泊場所で懇親会を催し、翌日は、那須高原の主な所と、昼食は、「那須地ビールまつり2017」会場へご案内した。鹿嶋市は、私の贔屓としているアントラーズの本拠地、そちらでも話に花が咲いた。来月から紅葉の時期、再訪をご案内して散会となった。
posted by はらっち at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月21日

皇太子ご一家の車列に遭遇

DSC00194c.jpg
          ” 雅子妃殿下(8月21日68号線ダイユー前)”

 知人と3時の待ち合わせで68号線を車で走らせると、沿道に腕章姿の係員の姿が目につきます。「そうか、もう8月月末か」毎年、この時期に那須でお過ごしになれるご一家。用事を済ませて家路につく途中、まだ係員の姿が。予定より遅れているようだ。車を和菓子屋扇家の駐車場に止めて、歓迎の人の輪に入る。コンデジの撮影セットアップしてお待ちする。車列が近づく、初めての方はどのお車か判断が付かずにキョロキョロ。「2台目のワンボックスカーですよ」とアドバイス。「雅子さ〜ん」と声が飛ぶ。残念なことに車のスピードは落ちず、窓も半開き、美智子様は、車速を落とし窓も全開にされておられるだけに、撮影も儘ならない。10日間のご滞在とか、天候が回復して那須の自然をご堪能頂きたいと願う。
posted by はらっち at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月13日

那須高原大谷のひまわり畑

DSC01860c.jpg
         ” 大谷のひまわり畑(8月13日11時頃)”

 那須高原の大谷地区は、戦後の那須高原開拓地域の一つで酪農が盛んである。近くには模範牧場もあり、北海道のような風景も味わえる。先日、大谷地域をウォーキングした時に、ひまわり畑に遭遇した。見たというより群生したひまわりを見るとそのような言葉が適当かと。その時は小雨模様だったので、今日、晴れ間が覗いたので車を走らせた。
page8.13.jpg

 今日は、見物客も何人か見えていた。車のナンバーから町外地区だ。「このひまわり畑は何で知りましたか?」と質問すると、「ネットに紹介されてますよ」と返ってきた。畑の中央には見晴らし台が設けられている。試料用なのか肥料用なのか目的が判らないが、壮観なひまわり畑に感動。晴れ間に再訪したいと思うが、それまで精彩を保ってくれるか気がかりでもある。
posted by はらっち at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月11日

[ 「ウォー金グ」に初参加

8.11.jpg
      ” 牧場と那須連山展望コース」案内マップ ”

 「那須遊歩会」の活動は、那須美さんのブログで知っていた。最近、車重用の田舎暮らし歩く機会が少なくなっっているので、何か歩く催し物が無いかと気にしていたが、「那須遊歩会」への紹介を頂き、8月の催し物に初参加した。「ウォー金グ」と称して毎週、那須町内のウォーキングコースを歩いている。今週は、「牧場と那須連山展望コース」である。午前7時に大谷交差点近くの駐車場に車を置いて、約6.5qを1.5時間ほど歩いた。天候が霧雨ということもあり参加者は7名と少なかった。参加者の中には3名の方とは顔馴染みで、リラックスして歩くことが出来た。入会金は1000円と格安、入会予定。
 那須地区のウォーキングコースは、那須観光協会推奨の「健康ウォーキングコースガイド」の冊子に詳細が掲載されている。14コースある。17.3qというハードなコスもあるが、季節が良くなったら、一つづつ踏破したいと思っている。
posted by はらっち at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月04日

新緑の遊行柳

DSC01848c.jpg
      ” 那須芦野地区 遊行柳(8月2日)”

 芦野地区の白川寄りの地区一帯は、横岡といって米処である。黒田原から芦野地区に入り、陸羽街道を白川方面に左折して間もなく、緑が一面の一角に「遊行柳」がある。松尾芭蕉の奥の細道の一角として、知られているが、桜の樹と柳が寄り添うように緑一杯の装いをしている。
 芦野地区に出掛けると、いつものことながら寄り道をしカメラを向けている。既に稲穂が形を成しているが来月後半になると、一面鮮やかな黄金色にお色直しをする。
posted by はらっち at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年08月01日

「釜のふたまんじゅう」を供える

DSC01835c.jpg
        ” 釜のふたまんじゅう(8月1日)”

 那須高原へ移住して十数年、お盆の迎え方に特別はことはしていない。同郷育ちには旧盆の迎え方を多少理解しているが、那須地方で「釜のふたまんじゅう」を供える風習があることを移住して初めて知った。8月1日を「窯のふたがあく」といって、「釜のふたまんじゅうをお供えし精霊をお迎えする」という習わしである。
 初めて「釜のふたまんじゅう」を購入して、お供えしてみようということになった。各スパー、コンビニで販売していることは知っていたが、チョット張り込んで和菓子屋で購入しようと、我が家の近くの2店を訪れたが、販売していなかった。素朴な味が良くて、本格的に手を加えて上品な味にすることは邪道なのだろう。
止む無く、スーパーで購入し仏壇に供えた。きっと母も初めてのことで目を白黒させているに違いない。お世辞にも美味しいとは言い難く、これなら薄皮饅頭の方が旨いね、と言いたいが、風習の一つであればこれに文句を言うと罰が当たりそうで黙々と味わっている。
posted by はらっち at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年07月24日

那須高原のアスパラガス

page7.24.jpg
       ” 那須町豊原地区のアスパラガス(7月22日)”

 那須町には、魅力的な農産物が幾つかあリ、その一つに「高原アスパラガス」がある。ハウスの中には、アスパラガスが芽を出している。アスパラガスは、多くの肥料が必要な「肥料食い」という。その点では、酪農も盛んな那須町では牛糞なども豊富で、最近は、アスパラガスの生産量も増えている。

DSC06839c.jpg
      ” ドイツハンブルグの白アスパラガス料理(2015年5月)”

 那須町は、グリーンアスパラガスだが、ドイツにはホワイトアスパラ(シュパーゲル)が人気だ。4月中旬より6月24日までと出荷時期が定められている。柔らかなシュパーゲルを食しに日本からの旅行者も多いと聞く。生産の仕方が異なるようだが、日本では白アスパラガスが店頭に並ぶことは少ない。この時期だけに楽しめるアスパラガス、那須高原の代表的な野菜の一つになっている。
posted by はらっち at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報