2016年06月15日

四国88ヵ所御砂踏を知る

page6.14.jpg
      ” 高野山地蔵院高福寺 (6月14日14時頃)”

 高福寺は、旧4号線沿いにある。二度訪れた。奥の細道を行脚した松尾芭蕉が那須町高久に2泊したが、その時に投宿したお宅が庄屋角佐衛門(高久角佐衛門)宅。高久家の菩提寺がこの高福寺になり、角佐衛門氏の墓石に詣でることが出来る。
 「明日(14日)、御砂踏みがありますのでお出かけになりませんか?」とカメラ講座のKさんから連絡を頂いた。「全く、事情が判りませんが、格好は普段着で良いのでしょうか」と問いかえると「特別なことはありません、但し、お賽銭用として1000円をご持参ください」という。
 14時過ぎに詣でると、初めてのことを察してお詣りの手順を教えてくれる。本堂内には、四国88ヵ所の寺に関係する掛け軸が吊るされいる。その前にお賽銭用のザルと足元には小さな座布団が置かれている。88ヵ所の寺の御砂とのことで、それを踏みながら1か寺10円のお賽銭を各寺の御真言をお唱えしながら回る。これで、四国88ヵ所巡礼したことと同じご利益があるらしい。最後に本殿にお詣りし、接待を頂き寺を後にした。初めての経験、過去にテレビで放映されたこともあるらしく、参拝者も増えたとのこと。Kさんは御詠歌を学ぶ関係で、高福寺と所縁があるようで、世話役をされていた。今まで経験のなかったお寺さんの行事、新鮮な感動があった。
posted by はらっち at 19:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年06月08日

那須町栄華の跡

6.6.jpg
     ” 映画館だった建物 (6月6日)”

 スローライフ娯楽の一つに映画館通いがある。那須地区では、周囲を見回しても映画館は那須塩原市の「フォーラム那須塩原」しか見当たらない。足を延ばすと宇都宮、郡山になるのではないだろうか。12年前に移住した時、黒磯に小さな映画館があった。「椅子が固くてね、辛いんだよね」という知人の感想を思い出す。一度は入ってみようと思っている内にこの映画館も閉館となった。
 黒田原地区が、明治19年鉄道開通以降、物流拠点として栄華を極めたことは色々な記事になり、年配の方の言葉からも想像ができる。その一つに黒田原にも映画館があったらしい。黒田原駅から徒歩数分のところ、那須町庁舎にも程近い処に今でも建物を見ることが出来る。現在は、倉庫として活用されているようだ。友人の伝を介して館内を見たいと思ったが実現しなかった。きっと2本立て、3本立てで上映されていたに違いない。建物を横を歩いてみたが、歓声が聞こえてきそうな想像を掻き立ててくれる。栄華の一コマである。
posted by はらっち at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年06月03日

那須町黒田原のレトロを歩こう

IMG.jpg
            ” 黒田原散策 GUIDE MAP ”

 先日、文化センターで「那須町黒田原GUIDE MAP」を目にした。名所旧跡以外にも「町の駅」やカフェ、レストラン、公園など散策の案内で構成されている。
 黒田原地区に那須町庁舎、JR黒田原駅がある。黒田原は、住所表記にはなく地域名であり、住所は寺子丙。「だっぱら」の呼び方でも親しまれている。黒田原地区は歴史的にも古く、明治19年に黒田原駅が開業、那須地方の薪炭、硫黄、牧畜類の京浜地区に供給拠点となった。それに伴い、商店街が形成された。地域に美容院が多く疑問を持っていたが、以前の名残らしい。
 駅前の「町営駐車場(無料)」や庁舎前の駐車場、ふれあい公園の駐車場などに車を停めて、ゆったりと散策を楽しめる。ガイドの方に案内して頂いたことがある。高原地区も魅力的だが、レトロな雰囲気を味わうのも良いものである。
 
 「GUIDE MAP」(外ページ)(中ページ) をダウンロード可。
posted by はらっち at 09:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年06月02日

四季の那須フォトコンテスト入賞作品遊行庵へ

DSC02595c.jpg
       ” 田園の中の遊行柳(6月2日10時頃)”

 久しぶりで遊行庵へ行った。今日は、一時他の場所で展示していた「四季の那須フォトコンテスト入賞作品」を再び遊行庵で展示するための取り付け作業である。35枚の入賞作品は、遊行庵の壁面を独占し、所狭しと飾られた。

page6.2.jpg
     ” 下;遊行庵 ” 

 遊行庵は、294号線旧奥州街道の芦野交差点を過ぎて間もなくのところにある。奥の細道で知られた松尾芭蕉が立ち寄った遊行柳を身近に観ることが出来る。敷地内には、俳句に興味をお持ちの方達の作品が掲示されている。田園に佇む遊行庵、立ち寄って見たいところの一つである。
posted by はらっち at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年05月20日

八幡は燃えている

DSC02447c.jpg
          ” 八幡園地内(5月20日8時頃)”

 いつもより早い朝食を取った後、八幡のツツジを観に行った。研修センター駐車場は、2台駐車している程度でガラ空きだ。木道に一番近い所に駐車して園内に足を踏み入れた。

page5.20.jpg

 八幡のツツジは20万本とも云われている。放牧地だったが、放牧されていた馬はツツジが嫌いというかツツジに含まれている成分が苦手らしく、食害に合わずにツツジが増えたようだ。園地内は木道で歩き易い。ツツジ大橋の方へ歩を進めると途中に「熊出没注意」と注意書きがあり、慌ててカメラバックに鈴を付けた。この2〜3日が満開で見頃。週末は観光客であふれる事だろう。

posted by はらっち at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年05月19日

絶景を壊すメガソーラ

DSC08429c.jpg
    " リンドウ大橋より那珂川下流を望む(5月19日14時頃)”
 
  那珂川に架かるリンドウ大橋を渡る時は、眺望も開けて上流方面は那須連山を、下流方面は何処までも水の流れを追う事が出来るような絶景が広がる。今は、緑一色の絨毯が敷き詰められたような装いである。

DSC08427c.jpg
    ” リンドウ大橋から見た、見たくも無い田園風景 ”

 誠に残念なことに、絶景をを壊すように無粋な太陽光パネルが設置された。新たに電柱も設置された。この近くの河原には春リンドウが咲き、良く出掛ける処でもある。所有者にとっては、減反政策の下では背に腹は代えられないのだろうが、何ともやるせない。 
posted by はらっち at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年05月12日

花屋敷を訪問

DSC08719ac.jpg
         ” ケマンソウ (5月12日10時頃)”
 
 写真仲間のK地さんから、「クマガイソウ、ケマンソウ等が咲いているお宅がありますよ」とご連絡を頂いた。昨年も情報提供を頂いていたが秋頃で、春の開花時期を楽しみにしていた。昨日、「K地サンからご紹介頂きました」と連絡をすると、快諾を頂いた。昨日と打って変わって快晴、花の撮影には不向きだ。カメラ2台とマクロレンズ、広角ズーム、小型三脚、そして傘を車に積んで出掛けた。快晴の時は、陽射しを遮る傘が必需品だ。きっと迷って辿りつかないだろうと想像していたが、案の定2度途中で電話して辿りついた。

DSC02401ac.jpg
         ” クリンソウ (5月12日)”

 広い敷地は、草木で埋め尽くされている。特に「クリンソウ」が幅を利かせているようだ。「クリン亭」と名が付いているが納得。母屋の入り口にノートを利用した芳名帳が置いてある。維持費のためにと云う事で200円の寄付金を缶にいれて敷地内に。
 既にグループの姿があり、奥様は説明に忙しい。それから入れ替わり立ち替わり訪問者の姿が。「NHKから取材に来て放映させて欲しいと云って来たけど断りました」とご主人のコメント。好きな人が静かに楽しんで欲しいとのご意向。屋敷内には、2本の太い幹のシロヤシオが多くの花を付けている。このシロヤシオの幹の太さを見れば、如何に歴史を刻まれたお宅かが想像できる。クリンソウの他にシラネアオイ、オダマキ、エビネ、レンゲツツジ、ハンカチの木、牡丹、芍薬など敷地内を埋め尽くしている。色々な花時に訪れる楽しみがあるお宅にお邪魔をした。K地さんに感謝である。

posted by はらっち at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年05月08日

那須街道のツツジは盛りを過ぎていた

DSC02380c.jpg
" 那須街道沿いのツツジ (5月8日14時頃、晴)”

 那須街道沿いのツツジが見頃と思い、渋滞の中を車を走らせた。残念がら盛りは過ぎていた。昨日からの強風も手伝ったのであろう花は痛んでいた。

DSC02385c.jpg
     ” 御用邸への道路”

 今は、使用されていないが那須街道17号線からロイヤル道路21号線を横切り御用邸へと続く専用道路がある。立ち入り禁止になっていて歩くことは出来ないが、那須街道より垣間見ることはできる。以前よりツツジの数も減っているように感じる。

DSC02387c.jpg

 那須街道を途中で引き返し、広谷地交差点手前からの渋滞を避けるために、抜け道を利用して自宅へ。日一日と新緑が美しくなって行く。

posted by はらっち at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年05月04日

この先有料道路料金所

DSC08338c.jpg
   ” 喰木原地区の苗代作り(5月3日)”
 
 GWに突入すると我が家の横を通る農道は、ニワカ県道に変身する。細い道を連なってスピードを出して走り去る。それでなくても近くにパンケーキ屋が出来てから環境は一変しているので、怒りも最高潮に達する。GW期間中は、那須中学校も休校中なので自転車通学生の姿は無いが、部活の生徒達を観ると事故に巻き込まれなければ良いがと按ずる。 
 4〜5年前だが何とか道路環境を改善して欲しい、せめて速度規制(規制標識)、通学路(補助標識)を付けて欲しいと那須町役場に陳情したら、我関せずとけんもほろろに扱われた。那須中学校にも生徒の安全を考え「働き掛けませんか」、と声を掛けると既に何回か陳情しているのですが、と返って来た。最近は、事を荒立てないという消極的な考えが身につき始めて我ながら失笑ものだ。この時、友人が「この先、料金所あり」て標識を立てたらどうと笑い話の様な提案をしてきた。その友人も昨年、短い生涯を閉じてしまったが、今頃、「まだ解決しないのかい?」と笑っているに違いない。
posted by はらっち at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年05月03日

芽吹き始めたあじさい街道

page5.1.jpg
    ” 那須街道赤松林付近(5月1日11時頃、曇)”

 県道17号線(那須街道)は、旧4号線と交わる分岐点から湯本方面へと延びる。その分岐点から約2.6kMが赤松林に囲まれている。ここ数年、赤松を伐採し苗木を植えている光景を目にするようになった。この赤松林に囲まれた道路の両サイドには、アジサイが植えられていて、6月になると彩ってくれる。その光景からあじさい街道とも云われている。
 大型量販店へ買物へ行った序にあじさい街道の芽吹き状態を知りたくて回り道した。那須街道の高原地区よりは芽吹きは早いようだ。大分、道路を覆うように木々の葉が新緑に染まり始めていた。東北道の那須インターから那須街道へ入るのだが、高原方面とは逆方向なので渋滞は少ない。これから、ツツジ、アジサイ、ヤマユリと道路を彩るようになる。
posted by はらっち at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年04月25日

桃源郷?

DSC02326c.jpg
     ” 桃の花が満開 (4月25日10時頃)”

 5〜6年前まで雪柳街道沿いに桃の木の並木道があった。宅地化のために一部伐採されて見映えが悪くなった。宅地化するにも残せば良いものをと友人と愚痴話をした記憶がある。  その奥に桃の木の群生地がある。畑を取り囲むように彩っている。友人宅へ届け物をした序に立ち寄ってみた。満開だった。一通り撮り終わって車に戻ろうとしたら、カメラを持った四人の男性と出会した。顔見知りの人かと思ったが、覚えが無かった。車のナンバーを見ると「練馬」ナンバーだ。別荘族か、定住者か判らないが、写真好きな人達には写材を嗅ぎつけてこられるのだろう。桜が終り桃の花が彩る季節になった。
posted by はらっち at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年04月21日

カタクリ、ギンランを求めて

page4.21.jpg
        ” 我が家で開花中のイカリソウ(4月21日10時頃)”

 昨日、那須シニアカレッジ「カメラ基礎知識講座」があった。講義が終わってその足で受講生のO田氏と伊王野、芦野地区へ向かった。目的の一つは、伊王野城址(霞ケ城)近くの公園のカタクリを求めて行ったのだが、残念ながら花は終っていた。次は、芦野地区の竹林内に咲くギンランが目的だ。数年前に開花中のギンランが眼に入り、再訪したいと思っていた。知人のフェースブックに開花中のギンランを見て、慌てて来たのだが影も形もなった。知人に電話を入れると掲載したギンランは、数年前のものだと恐縮していた。ご一緒したO田氏には無駄足を踏ませてしまったが、昼食は伊王野道の駅の水車蕎麦で溜飲を下げて帰宅。
posted by はらっち at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年04月16日

那須の桜を訪ねて

DSC08564c.jpg
      ” 時庭橋付近より那須連山を望む(4月16日9時頃)”

 天気が崩れるとの予報を耳にして、慌てて撮り残した那須里地区の桜を撮りに行った。クリアな青空ではなく不満は残ったが、こればかりは自力では如何ともし難い。

page4.16.jpg
     ” 縦;4号線沿い  右上;田中地区 右下; 余笹川沿い”
 
 里地区は、殆ど葉桜に近い状態で、時期的に遅すぎたようだ。旧田中小学校跡地の校庭では、シニア男女が桜に囲まれながらゲートボールに興じていた。これからは、高原地区で残り少ない桜を楽しむ事になりそうだ。  
posted by はらっち at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年04月09日

那須町の桜の競演

DSC02163c.jpg
         ” 伊王野専称寺の枝垂れ桜 (4月8日10時頃)曇”

 那須町内も桜の開花情報が届くようになった。室野井へ行った序に伊王野、芦野地区の桜を見て回った。
伊王野専称寺は、那須町に二つある重要文化財の一つ「金銅阿弥陀如来立像」がある。毎年のように訪れているが、青空になった事が無い。普段の行いが理由とは考えたくないが。

DSC02189c.jpg
     ” 堂の下岩観音 (4月8日11時頃) ”

 5〜6台で満車となる駐車場は三脚が並んでいた。菜の花、桜、定番のアングル、「四季の那須フォトコンテスト」でも入賞の回数が多い。夜にはライトアップがされる。

DSC02203c.jpg
     ” 那須歴史探訪館と御殿山の桜 (4月8日11時半頃) ”

 歴史探訪館は、東京オリンピックスタジアムのデザインで脚光を浴びている隈研吾氏作。道路を挟んだ向こう側には御殿山の桜が彩りを添えている。

DSC02211c.jpg
     ” 旧平久江家の枝垂れ桜 (4月8日11時半頃)”

 芦野郵便局の直ぐ近くに旧平久江家の枝垂れ桜が道路を塞ぐように垂れ下がっている。残念なことに電線が被ってしまった全景をカメラに収める事が出来ない。地元有力者が東京電力に電線の移設を依頼しているようだが、今年も実現していない。観光立町をいうなら自治体が積極的に動きべきだと思うが、腰が重い。

DSC02219c.jpg
     ” 御殿山から芦野の田園、遠くに那須連山を望む(4月8日)”

 御殿山の桜は、全山満開に後2〜3日だろうか。御殿山から那須連山を望む光景も「四季の那須フォトコンテスト」で、何回か上位入賞を果たしている。ピクチャーフレームの桜がチョット寂しい。
今週の土曜日、日曜日は花見で賑わう事だろう。
posted by はらっち at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年03月31日

「ロイヤルリゾート四季の那須」写真展銀座で開催

01初秋.jpg
     ” 第13回四季の那須フォトコンテストグランプリ作品(初秋)”

 「ロイヤルリゾート四季の那須」写真展の開催が決まった。
 開催期間;2016年7月1日(金曜日)〜7月7日(木曜日)
 開催場所;「フレームマン.ギンザ.サロン」ギャラリーU
       中央区銀座5−1 銀座ファイヴ2F 03-3574-1036
 開催時間;10:00〜19:00
 展示内容;第13回「四季の那須フォトコンテスト」受賞作品を主に那須の四季を題材とした写真30点

 14回目を迎えた「四季の那須フォトコンテスト」が作品募集を始める。これまで、著名なプロ写真家の審査を経てきた作品は、毎回約600点にも上る。そこから35点が入賞作品となる。審査をされる先生方の評価も高い。それらの作品を首都圏でご覧頂く機会を探していたが、昨年、「フレームマン.ギンザ.サロン」で開催できる事になった。今年も上記の内容で開催される。
 この機会に銀座へお出かけ頂き那須の魅力を感じて写欲を掻き立てて頂く機会になれば、関係者の一人として大変嬉しい。
  
posted by はらっち at 18:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 那須情報