2017年04月24日

テカポ湖へ移動

DSC01215c.jpg
      ” プカキ湖 (4月24日10時頃)”

 マウントクックの星空、夕陽、朝陽を撮って、テカポ湖へ移動。今晩と明晩は「テカポ湖」湖畔のリゾートコテージに宿泊し撮影。昼食は、友人が熱望していた「こはん」のサーモン丼にありついた。この店は、日本人経営のようでスタッフは殆ど日本人、久しぶりに日本語での注文にホッとする。美味しかった。NZ$20。その店舗沿い店で土産物の品定め中、「何かお探しですか?」と声を掛けられて振り返ると若い日本人の女性、しばし買い物にかこつけて会話する。その後、チェックインまでの時間、周囲の散策をしたが、それにしても中国人の閑居客が多い。日本語の表記も時々見るが、殆どが英語と中国語の表記だ。如何に中国人の観光客が多いか想像ができる。8年前には、このような光景は眼にしなかった。
 インフォメーションセンターの係員によると、明日の夜の星空が最高とか、期待が高まる。
posted by はらっち at 13:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月23日

アオラキ(アルペンロッジ)に到着

DSC01121c.jpg
     ” ハミテージホテルデッキのヒラリー卿(4月23日15時)”

 2泊滞在したクイーンズタウンを後にして、ワナカを経由して「アオラキアルペンロッジ」に着いた。9時に出発して、途中休憩、撮影しながら15時の到着。約300kmのドライブ、起伏の激しい8号線を時速100kmで走破。一般道路なのだが、制限速度が緩やかだ。見渡す限りどこまでも広がる高原をりながら、アメリカ西部を思い出させる。
 ハミテージホテルは、以前ツアーで訪れたことがある懐かしいところ。ロッジについて、荷を解き、早速にヒラリー卿にご挨拶。その後、今晩の夕景、夜景撮影場所に下見にゆく。夕焼けも星景写真も期待できそうだ。それまで時間があるので、ただ今休憩中である。友人はいびきをかいてリラークスし、今夜に備えている。
   
posted by はらっち at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月22日

紅いオーロラを観る

DSC01077c.jpg
      ” クイーンズタウン湖畔(21時半頃)”

 ニュージーランド・クイーンズタウン2日目、日中はアロータウンへ車を走らせて、オールドタウンの面影を楽しんだ。夜は、ゴンドラへ乗り山頂へ行き、下界のクイーンズタウンの夜景を写す。その足で。車のライトに影響されない湖畔の一角に陣取り、星景写真撮影に取り組む。夜になると、那須の寒さを思い出す。防寒具を一式用意してきたが、それでも寒い。
 撮り始めて間もなく、何故か空の色が変だ。友人曰く「オーロラが写ったかも」と興奮気味。それでもカメラの故障が無いとも言えないと、別のカメラでも確認、私も場所、アングルを変えて参加。やはり真っ赤に染まる。「これはオーロラだぜ」とお互い異論無し。ホテルに戻り、同伴の友人が天体が専門家の友人にメールで確認、やはり「オーロラ」とのこと。まさか撮れるとは思っていなかっただけに嬉しさは半端でない。「今回の撮影旅行はこれで完結」と破顔。
posted by はらっち at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月21日

クイーンズタウンは秋真っ盛り

DSC09494c.jpg
      ” 機内シートテレビのフライトマップ(4月20日)”

 昨日(20日)より、友人とニュージーランドへ撮影旅行へ来ている。どこにしようか迷った挙句、以前、訪れた印象が良かったことを説明すると、ニュージーランドで決定した。成田空港を夕刻の18時半にに離陸しニュージーランド・オークランドへは約10時間のフライト、乗り換えてクイーンズタウンへ到着したのは、翌日の13時過ぎ。
 シニアに優しい時差が少なく3時間。席は、ちょっと贅沢してプレミアム・エコノミークラスに。787−900は、略満席状態。
 オークランドへ降りると、すっかり秋の気配、黄色の世界が出迎えたくれた。事前に予約を入れておいたレンタカーを借りて、いざ撮影ツアーの始まりと意気揚々車を走らせた。
posted by はらっち at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月16日

ベトナム・ハノイ旅行記を掲載

DSC00281a-2c.jpg
        ” ハロン湾ホテル前のビーチにて朝陽を望む(2月19日)”

 旅行の後は、写真の整理と想い出作りにHPへの掲載、DVD作成、最近では手軽に掲載できる旅行サイトへの投稿も定番になっている。旅行は、計画時、旅行中、そして写真の整理と三度楽しむことが出来る。
 写真の整理が一番面倒だ。撮影枚数が多いのと、妻がこまめにメモした感想文と照合し、コメントを作成する厄介さがある。しかし、いつもの事だが、整理をしていると再訪したくなる。見落としの部分ともう一度感激を味わいたいと思うことが多い。今回は初めてのベトナム・ハノイ旅行、ベトナム風フレンチ料理も口に合い、滞在のホテルも格別だった。そして往復のANA便Cクラスも快適さに輪をかけてくれた。写真の写りが良い湿度が少ない11月〜12月に再訪したいと思うが、懐具合と健康との相談になりそうだ。
  「身分不相応のハノイへの旅」⇒http://4travel.jp/travelogue/11228142
posted by はらっち at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年03月02日

天皇両陛下のベトナム訪問とホーチミン廊を重ねて

DSC09288c.jpg
       ” ホーチミン廊 (2月21日午後)”

 天皇両陛下がベトナムを28日よりご訪問されている。ホーチミン廊前の国会議事堂、バーディン広場での歓迎式典の模様が放映されていた。先日当地を訪れた思い出と重ねて興味深く観ていた。
 「ホーチミン廊の中を観に行きますか?」と現地人ガイドのナンさんが我々ツアーメンバーに質問した。7人のメンバーは、その意味を理解していなかったのかも知れない。明確な回答がないまま何となくうなずき、訪問が決まった。ホーチミン廊がある敷地内へは入り口から厳重なチェックが入る。服装にも制約がある、半ズボン、ノースリーブ、ひざ上のミニスカートは禁止、大きな荷物の持ち込みを厳禁、金属探知機のチェックを経て長い回廊を進み、バーディン広場を経てホーチミン廊内へ。
 訪問者の列は延々と続き、約1時間ほど掛かった。長い時は2時間もかかる場合があるという。訪問客は現地人と我々外国人と人種は様々だ。ホーチミン廊は、1975年に総大理石で造られて、ベトナムの英雄ホーチミンの遺体がガラス張りケースに入れられて、その周囲を回遊するようにして観る。この間数分、立ち止まることもおしゃべりも撮影も許されない。お参りをするというより訪れる行為といった感がある。
 天皇両陛下のご訪問と重ねて、ホーチミン廊を想い出している。
posted by はらっち at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年02月26日

ベトナムの空中配線にビックリ

page2.26.jpg

 東京では、オリンピック・パラリンピックの開催時期を目指して、街中の電気ケーブル・電柱の地中化を実現しようとしている。そのような日本だが、ベトナムハノイに行って驚く。街中の電柱を見ると何と、手に届く高さまで電線が数え切れないほどだ。ぶら下がっているという表現が当てはまる。地方へ行ってもこの環境は変わらない。「何故?このように配線本数が多いの」という疑問は消えなかった。ただ、屋上を見渡してもテレビアンテナが見当たらない。もしかしてとガイドの南さん(ナンさん)に聞いてみた。「ナンサン、テレビアンテナは何処にあるの?」と。「テレビアンテナって何ですか?」という。どうも見たことがないらしい。この電線はテレビ有線のそれも各チャンネルごとの配線が含まれているようだ。
 最近は、この景観の悪さを改善しようと行政が取り組み始めたとニュースで流れていた。「ベトナムのスパゲティー」ともいうらしい。海外へ出かけると想像を超えた現状を見ることがあるが、これもその一つである。
posted by はらっち at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年02月23日

文化・習慣などお国の事情に驚く

DSC00265c.jpg
     ” トイレ洗浄用シャワー(2月18日ホテルにて)”

 生活習慣の中で当たり前のようにしていてもその有難さを気が付かない場合が多い。その一つに洗浄トイレがある。国内では、何処を訪れても当たり前のように備えられている。海外旅行へ行く時は、携帯用の洗浄器が必需品になる。優れものだ。
 今回のベトナム旅行の事前情報はガイドブックを頼りに、ネット上の旅行経験者の情報を加味して、想像を巡らせていた。宿泊ホテルは2か所だが、両方とも5つ星。ヒルトンは、世界的にも知られたホテルだ。部屋に入ると、まず、水、お湯がでるか電気は点くか、エアコンは正常かなどチェックをする。洗面所に入ると、何とテレビで見たことのある洗浄用シャワーが目に入った。握ってみて試しに引き金を引いてみた。すると勢い良く噴射した。「えっ、これで強さの調整が出来るの?」という疑問。一流ホテルでは、是非、日本製の洗浄トイレの採用をして欲しいものだ。因みに、ヒルトンでは供えられていなかったが、地方のドライブインでは、同じような備えがあった。一般家庭の状況は判らないが、興味は尽きない。
posted by はらっち at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年02月20日

蒸し暑さに閉口。

DSC00292a_edited-1.jpg
      ” ハロンビーチにて朝陽を望む(2月19日7時ごろ)”

 ベトナム到着後、1日目の宿泊地ハロン湾へ。翌日、ハロン湾クルージングで半日を過ごし、船上で海鮮ランチを食べて、4時間を掛けてハノイに戻った。2日目からのホテルは、「ヒルトン・ハノイ・オペラ」。オペラ座の前の好立地。流石にロビーは静かで、某隣国の団体は見当たらない。
 3日目は、ホテルより高速を2時間掛けて移動し、「チャンアン」にて手漕ぎボートツアー、古都ホアール観光で過ごす。チャンアンは、ボートが2000艇あるらしいが、確かに人気の理由が判るような気がする。
その後、古都ホアールへ。移動中の車内はクーラーが効いて快適だが、車外に出ると一変する。気温は20度を超えた程度のようだが、湿度が高いのだろう暑い。完全に夏スタイルが望ましいが、手遅れで何とか着るものをやりくりしてしのいでいる。明日は、旧市街観光、曇り空であって欲しいと願う。
posted by はらっち at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年02月19日

ベトナムハロン湾へ

DSC00251c.jpg
      ” VINPEARL HA LONG BAY RESORT(2月18日)”

 初めてベトナムを訪れている。ハロン湾の景色をカメラに収めてみようと思い立った。昨日は、自宅を暗い内に車で出発して羽田よりベトナムハノイ(ノイバイ国際空港)へ、約6時間(時差2時間)の空の旅。
 久しぶりのツアーだが我々を含めて7名の望ましい団体。蒸し暑い空港に降り立ってから一路ハロン湾へ。20人乗りの小さなバス、乗り心地が悪く高速道路と名ばかりの悪路を走る。空港を出て間もなくエンジンがオーバーヒート、代替車と交換して約4時間で到着。車窓の景色は、水田が広がっているが、ごみが放置されている環境にこの国が発展途上であることを垣間見る。
 ホテルは、ハロン湾で最高級らしい、個人旅行ではまずリザーブしないところだ。モーターボートでホテルのある小島に向かう。今日は、ハロン湾クルージングの予定、期待通りであって欲しい。天候は良さそうだ。(ホテルにて、現地時間6:12)
posted by はらっち at 08:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外旅行

2016年12月13日

アメリカ入国時の話題

page12.13.jpg

 バンクバー滞在中、1日オプショナルツアーへ申し込み「アメリカ・シアトル」へ出かけた。事前の天気予報では、思わしくなく、車移動の観光を選んだ。我々を含み5名のメンバーで移動。
 アメリカへ入国するには空路と陸路があるが、2年目に取得した空路入国のESTAも期限が切れて、新たに陸路入国の手数料を払う。フリーウエーを走ること約2時間、アメリカ側税関に到着。入国ヵ所いくつかあるようだが、ガイドに言わせると中国人のバスツアーに遭うと大変な時間が掛かりうんざりするとのことで、比較的穴場の本税関を選んだとの事だった。
 税関事務所に入ると、何と我々だけ、ガイドは顔馴染と見えて気さくに会話している。税関管理人が「来月にはオバマはいないよ、写真を撮っておいたら」と話しかけてきた。「えっ?税関内での撮影いいの?」と嬉しくなって車に戻りカメラを持って再入室。「次回は、ここに金髪の写真になるからね。楽しみにね」と冗談をいう。 公の施設では経験できない珍しい撮影。
 
posted by はらっち at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2016年12月11日

寒さの中で人の温かさを知る

DSC09894c.jpg
        ” ミニフェリー (12月10日 ミゾレ)”

 朝からミゾレの生憎の天候。意を決して観光に出かける。目的地は、「グランビル・アイランド」内の「パブリックマーケット」である。この地は20世紀初めバンクバー産業の中心地であったがその後衰退し、現在はショッピングや観光が楽しめるエリアとして再開発・発展している。
 8時過ぎに出発、朝食は近くのスタバで。バンクバーの店は、早くから開いている。これは、カナダの経済・商業の中心都市トロントとの時差3時間に起因しているようだ。トロント9時は、バンクーバーの6時、街中には人が活動し始める。スタバで朝食後、その足でバンクバー発祥の地「ギャスタウン」へ。路上の人に尋ねながら約30分でたどり着く。その後、目的地「グランビル・アイランド」へ。
 流石にこれから約30分を歩く気力もなくタクシーを拾うことに。しかし、土曜日、天候悪ではタクシーも見当たらない。已む無くホテルを探して、ホテル前のタクシーを利用することに。歩くこと10分、シティー風ホテル前に到着、ドアの内側に黒人のドアマンが立ていた。こちらの様子を察したのだろう、ホテルの利用客でもない我々に「どこまで行かれますか?」と流暢な日本語で声を掛けてくれた。日本人と察してくれたことも嬉しい。眼鏡にカメラがそうさせたのか。「グランビル・アイランドです」と答えると、タクシーの運転手にその事を伝えてくれている。慌ててポケットを探るが小銭がない。「すみません、持ち合わせがなくて」というと「気にしないで下さい」と笑顔が返ってきた。
 日本人の優しい対応が訪日外国人の評価が高い。ここバンクバーでも質問すると全ての人達が親切丁寧に応えてくれた。時々、片言の日本語も嬉しい。寒さの中で、人の温かさを知る。
posted by はらっち at 13:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

2016年12月10日

雪の中、シアトルへ

DSC09804c.jpg
      ”セフィコフィールドスタジアムの壁面(12月9日)”

 昨日(9日)、オプショナルツアーを申し込み1日掛けて「アメリカ・シアトル」へ行ってきた。「7時15分ホテルロビー集合」に合わせて早めにロービーへ。「ミニバンかな、大型バスかな?」と妻と期待と不安の会話。まもなく中年の日本人男性がにこやかに現れた。挨拶を交わして「アメリカ入国申告書」の記入。ESTAの有効期限が切れているので、陸路入国でも$6掛かるとのこと。車に案内される。トヨタのセダンタイムのバンに乗り込む。もう一か所のホテルへピックアップに立ち寄る。母娘と若い一人旅の女性。我々を含めて5名のツアーが始まる。シアトルまで片道250km、それも雪道の高速道路。「オールシーズンタイヤ」で冬タイヤには履き替えないとのこと。慣れたガイドの運転に身を委ねる。
 ボーイングの施設、アウトレット、マーケットと何か所かを訪れた。その一つにセフィコフィールドがあった。あのイチロー選手の大リーガー誕生の球場だ。テレビでは馴染みのある球場。球場を取り巻くように何人かの選手の写真が飾られている。フェルナンデス、カノー、岩隈、来シーズン移籍が決まっている青木、そして、大リーグに金字塔を立てた258本目のヒット打った時のイチロー選手の写真が他球団に移籍した今でも燦然と輝く。球場内に入ることは侭ならなかったが、念願の一つを達成。
 16時過ぎ日没、雪の高速道路を爆走する。車中では時間の経過とともに打ち解けあい、話がはずむ。バンクーバーに戻ると19時半を過ぎていた。途中のホテルで3名の女性が降車、旅慣れた若い女性は、「月曜日に仕事があるので明日日本へ帰ります。」と笑顔で手を振っていた。20時ホテル着。たっぷりとシアトルへの日帰りコースを楽しんだ。 
posted by はらっち at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2016年12月09日

極寒のバンクーバーへ

DSC09757c.jpg
    ” バンクーバー・ウォーターフロントの夜景(12月8日17時頃)”

 8時間のフライトを終えて、カナダバンクーバーへ到着。1年ぶりの海外旅行になる。愛犬の留守居役がいなくなってから、他に預けるのを躊躇していたが、今回は非情で決断。この寒い時期に寒い地を選ばなくても良いのだが、もっと大きな動機は、54800円の旅行代金。ANA便で、それなりのホテルの宿泊代込。
 バンクーバー空港へ降り立つと、現地ガイドが待っていた。ツアーといっても現地3日間の自由行動。殆ど個人旅行に近い。集まった参加者は8名、二つのホテルへ分散する。空港から、繁華街のロブソン通りまで30分。「世界で最も住みたい都市」の一つに挙げられているバンクーバー、車窓からその片鱗を観る。
 「皆さん、極寒の地バンクバーへようこそ」とハンドルを握りながら現地ガイドの第一声。30年在住されているようだが、15年ぶりの寒さとか。那須高原で寒さには慣れているとはいえ、夜のしんしんとした冷気には、「寒い〜」と肩をすぼめる。
 短い滞在期間だが、冬のバンクバーを楽しんで帰国したいと意気込んでいる。今、現地時間で真夜中の2時、日本との時差は確か17時間程と思う。時差ボケでのこのこ起きだして、ネット回線が使えるロビーに降りて配信している。足元が冷え込んできた。退散しよう。
posted by はらっち at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2015年12月26日

格安の海外旅行への想い

page2013.jpg
" リスボン紀行(2013.5)”

 毎年、10月には海外へ出掛けているのだが、今年は叶わなかった。理由は、愛犬を留守中世話する人間がいなくなったからである。動物病院等預かってくれる施設は幾らでもあるのだが、「可哀そうだから」と妻が決断できない。時々愛犬に向かって「貴方のせいで旅行に行けないわ」と愚痴をこぼしている。
 そのような最近の我が家の空気だが、最近新聞紙上に格安の海外旅行広告が目に付く。「ポルトガル8日間16万円」の文字に、「バカな」と旅行日程、航空会社、サーチャージは、と目を凝らす。ホテルのクラスは判らないが、大手のツアー会社であれば、手抜きは無いはずである。円安なのにどうして安いのか、春先の渡航であれば季節的な理由でも無い、最近テロ事件でヨーロッパ行きが減少していると聞く、この対策?。理由が見つからない。
 この記事をみて、更に妻の愛犬への風当たりは強さを増すはずだ。そう云う小生も、地球儀に目を凝らしては、バルト三国、北欧三国に想いを馳せている。
posted by はらっち at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行