2012年05月22日

ヴァッファ渓谷へ

月曜日は,各美術館等の休館日が多く、ウイーンから1時間半程度の距離「ヴァッファ渓谷」の船旅を楽しむことにした。各ガイドブックでも評判が高い。
8時44分ウイーン西駅発である。
Uバーン(地下鉄)3号線にて西駅へ。早速にチケットセンターカウンターへ。
「メルクまで、シニア2枚下さい」
「コンビチケットにしますか?」
「???、いや〜、メルクから船でクレムスまで行き、ヨーゼフに戻ってきます」
「それを、コンビチケットと言うのよ」
「そうでしたか、シニア2枚です」、シニア割引が有るかどうかは判らないが、このシニアを付け加える事が肝心である。経験がそうさしている。
「2枚で96ユーロね」と年配の女性駅員。
予定していた金額より高額である。
ホームに行くと電車は入線していて、小学生と思しき一団で溢れていた。
6名乗車のコンパートメントに入る。
ゆったりと定刻に走り出した。若い女性が一人入ってきて、乗り換えのSt.Poitenまで一緒だった。

DSC00459c.jpg

St.Poitenホームには、乗り換えの鈍行が停車していた。一両のディーゼルである。これに大勢の小学生の一団が乗り込ん出来た。教育が行き届いているのであろう、大人が座るまで、彼らは立っていた。ラッシュ並みの車内は、メルクまで続いていた。
ガイドブックで賞賛されている「バッファ渓谷遊覧」は、それ程のことで無い。河岸の自然の風景を楽しむには良いのだが。

DSC00482c.jpg

メルクの駅から、船着場まで1kmの表示がある。出航まで1時間は有るが、余裕も持って舗装された道路を歩き、20分ほどで、大型船の係留場所まで来た。
船員へ「このチケットの船はこれで良いですか」
「このチケットデイリーチケットで、この船じゃないよ、あそこのレストランで聞いておくれ」と。
そのレストランへ「あそこの船員から、このレストランへ行って聞きなさいとアドバイスをもらいました」
「このチケット、200m戻って、川を渡った所のチケットセンターで取り扱っているよ」
冷や汗・・・・。もう〜10時45分になる。出航は11時である。急ぎ足で来た道を引き返す。
何のことはない、チケットは予約カードで、乗船券に換える必要が有ったのだ。そのような事は書いていないように思えたのだが。

DSC00524c.jpg

 途中下船してデリュンシュテイン町を散策する。小さな町だが、ワインと杏の加工品が有名である。この町から電車でクレムスへ行く予定にしている。ワイン畑を過ぎてのどかな駅近くのレストランで昼食を取った。初めてのビールも美味しく、鳥料理(グリルフーン)、カツレツ(ウイーナーシュニッテル)は、低料金で大当たりであった。発車時刻も判らず、歩いて200m離れた駅へ向かう。

DSC00559c.jpg

 デリュンシュテイン駅は無人駅で、ホームらしき形もない。時刻表には一日3本、次の電車は、1時間半後の3時34分とある。あきらめて、待つことにした。カメラを片手に線路付近をうろうろしていると、線路をはさんで向かい側のお宅の老人から声を掛けられた。ドイツ語でさっぱり判らないが、仕草からすると、電車は来ないよ、と言っているようである。英語と手振りでウイーンに行くのだ、というと、向うへ行け、といっているようだ。諦めて来た道を引き返していると、その老人が車で追いかけてきて、全く理解できないドイツ語で、前方を指差している。これ以上、聞いていても判らないので、「ダンケシェーン」と判ったような振りをして、老人と別れ、先ほどのレストランで確かめる。今は、電車は走っていないので、その前のバス停からポストバスがクレムスまで行っていると言うことが判った。バスだと有料かも知れない、と言うミミッチイ事に拘り、船着場へ戻り、3時19分発のクレムス行きに乗船することが出来た。しかし、ここからも悲惨な状況が。クレムスの船着場より、駅までは1.5km,30分しか時間がない。汗だくで3分前に到着。ポストバスを利用すれば、駅まで運んでくれていたのだ。旅先で親切を受けるのは身にしみる。あの老人の運転も心配だが、いつまでもお元気でいて欲しいと思う。いや〜、思い出深いヴァッファ渓谷の旅であった。
posted by はらっち at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

フンダートヴァッサーハウス

美術史博物館会館までは、大分時間があるので、「クンストハウスウイーン」と「フンダートヴァッサーハウス」へ出かけてみた。ホテルからは、500m位の距離である。歩いてみた。
日曜日の朝は、静かである。「フンダートヴァッサーハウス」の場所が判らない。ガイドブックの示す位置に見当たらない。已む無く、ジョギング中の女性が信号待ちをしているところへ、話し掛けて見た。何の事は無い、通り過ぎていた。

DSC00326c.jpg

「フンダートヴァッサーハウス」は、強烈な色彩の建物である。ウイーン生まれの「フンダートヴァッサー」の代表作らしい。色彩もさることながら、建物の一部としてテラスや屋上に配置された樹木は、250本。1986年に完成し、52戸の一般住宅としてウイーン住民が生活している。
いつも人目にさらされて落ち着かないと思うのだが。

DSC00330c.jpg
     ”隣接したショッピングモールのトイレ”

 土産屋の商業集積施設が、対面のビルにある。観光団体客で賑わっていた。地下にトイレがある、と大きな表示があった。興味本位で下りて行った。この地区の環境に合わせたようにサイケデリックなトイレが現れた。もちろん有料で 60セントが必要である。

約1時間、堪能した後、トラムを乗り継ぎ、美術史博物館に辿り着いた。
posted by はらっち at 04:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外旅行

2012年05月21日

ウイーンへ

DSC00566c.jpg
     ”オーストリア上空より眼下の田園風景(5月19日)”

 19日の朝、成田を発ってウイーンのホテルに夕刻7時に到着した。
いつもの事ながら、ヨーロッパ行きのANA、ルフトハンザは午前発の便で、それを利用するには那須の田舎からは、とんでもない時間に自宅を出発している。車の不安要素(道路状況)を加味すると、どうしても余裕の時間を持たざるを得ない。

定刻に出発した便(LH711 A380)は、定刻にフランクフルトに着き、約2時間の乗り継ぎ時間を掛けて18時ウイーンへ到着した。
フランクフルトのラウンジでは、関西・明石市からデュッセルドルフ→ローマへ行かれるご夫妻としばしの歓談をするハプニングがあり、待ち時間もあっという間であった。

乗り継ぎ便を利用した時に最も心配なのは、荷物が出てくるかどうかで、姿を見ると安堵する。ウイーン空港からは、Sバーンを利用してミッテ駅まで25分、ホテルまでは駅から300mの距離で、スムースな移動が出来た。相変わらずヨーロッパの町特有の石畳の道は、大きな荷物を手引きするには閉口する。チェックインも終わり、部屋に着くと睡魔との闘いをしながら荷物を解き、シャワーを浴びてベットの潜り込む。

ウイーンは、昨年の12月に続いての訪問であるが、ゆったりと街を散策してみたいと予定している。しかし、妻の美術館巡りの希望箇所も多々あり、果たして計画通り行くか不安でもある。
旅行で一番嬉しいことは、天候に恵まれる事であるが、普段の行いから問題ないと自負している。これも、お天道様がどのように判断されかで決まることで、心配が無い訳ではない。10日間、思い出多い旅行になることを祈っている。
posted by はらっち at 05:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2012年03月23日

中欧5カ国紀行掲載

DSC00111xc.jpg

 昨年の11月末から12月始めに掛けて、中欧5カ国のツアーに出掛けた。
那須検定の準備に追われて、殆ど手付かずになっていたが、その作業も一段落してやっと作業が出来た。
旅行は、出掛ける前の計画、旅行中、そして帰ってからの整理で3回楽しむことが出来るという。今回は、帰ってから日が経ち過ぎて記憶を辿るのに四苦八苦して楽しめるところまでは行っていない。
それでも、画像を観ながら、うっすらと記憶を呼び戻しレイアウトしてみた。コメントの少なさは、記憶情報の少なさで、もっとメモを取っておくべきだったと反省している。
写真撮影も、行って見たいな、と感動できるような画像が望まれるが、これもイマイチである。反省しきり。写真の出来は、構図もさることながら、色合いが悪いのは、写真に有らずというプロもおられる。
冬場のヨーロッパは、曇天で色合いが悪いよ、と言い訳をしておき次回の糧にしたいと思っている。
   
   思い出紀行 http://m-harada.eek.jp/  
posted by はらっち at 19:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外旅行

2011年12月07日

ツアーも又、良し!

DSC00033ac.jpg

海外旅行には、個人旅行と旅行会社のツアーがある。
最近はツアーが主になり、良かった所は個人旅行で再度出掛けるパターンになってきた。
その理由は、個人旅行では旅行カバンの持ち運びが負担になり、ツアーのバス主体の移動手段が楽な事である。欧州の路面は石畳が多く、スムースに運べない事甚だしい。情緒は有るものの、自分の身に降り掛かって来ると、そうも言っていられない。
ツアーのもう一つの良い点は、大勢の旅行好きの方と話が出来て深いお付き合いに発展する事もあり、年賀状やメールのやり取りをしている。
「今回は、どうであろうか」と出かける時の話題の一つになる。
「今回のツアーでヨーロッパの国全部踏破しました」というご夫妻が一緒だった。
「最近、月に2回海外旅行をしています」というご夫人もいた。同伴のご友人も「宝くじでも当てたのかしら」と、資金源はお分かりでないらしい。
ツアー後半で、食事のテーブルを一緒に囲むようになった熊本から参加されたYご夫妻、ご主人を最初に拝顔した時、「どなたかに似ているな〜」と記憶を辿っていると、あの「ハルク・ホーガン」だ。
その事を言うと、「あのプロレスラーですね」と笑顔が返ってきた。奥様も「よく外国の俳優に間違えられてますよ」と付け加えられた。成田から羽田へ移動し、それから福岡空港へ、ご帰宅は「夜の10時頃になった」とのメールが届いた。
旅行中、最も衝撃的だったのは、ハンガリーのブタオスのホテルで以前のツアーでご一緒したMご夫妻と再会した事であった。
ホテルの朝食時に、「ハラッチさんではないですか」と声を掛けられ、時間が止まってしまった。「HP拝見してますよ、もうそろそろどこかへお出かけに時期かとは思ってました」と。
広い地球上でピンポイントでの出来事だった。Mご夫妻は同じコースを一日前に出発されていた。ホテルが連泊でなかったらこれも叶わなかった。
短い時間の再会を楽しみ、Mご夫妻はバスの人となった。
5日~6日と爆睡し、時差も調整されつつあり、ブログの更新をしている。
posted by はらっち at 16:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外旅行

2011年12月03日

EUの貨幣

DSC03807w.jpg
    ”ブタペストの夜景(12月1日)”

今回のツアーは、5カ国を駆け足で回っている。
全てEU加盟国で国境通関の煩わしさが無い。しかし、ちょっと寂しさが無い訳では無い。
ドイツ・オーストリア・スロバキア・ハンガリーそしてチェコだが、その内ユーロ貨幣は、ドイツ・オーストリア・スロバキアになる。ハンガリーは、フォリント、チェコはコルナと馴染みが無い。
ましてや、為替の関係で貨幣価値も異なる。
「ここのトイレでは、20コルナです。」
「ここのトイレは、200フォリントです」
などと言われて、小銭入れの中からコインを出しては、裏表を見ながら単位の確認をして四苦八苦する。それぞれお国事情が有るのであろうが、旅行者には困った事であることには違いない。
さ〜て、コルナだけでも明日中に使い切らなければ。

posted by はらっち at 06:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外旅行

2011年11月30日

ハルシュタット湖へ

DSC03690c.jpg
   ”ハルシュタット湖湖岸(11月28日)”

初日は、ミュンヘンに降りた足でザルツブルグへ移動して初日の夜を迎えた。
翌日は、ザルツブルグ旧市街観光でモーツアルトの生家等を観た。
自由時間では、モーツアルトが良く通って作曲をしたと言われるカフェにも行って、アフタヌーンティと洒落込んだ。
その後、ハルシュタット湖へ回った。ここは来年ゆっくりと写真を撮りに来る予定の所で、予備知識を入れようと身構えていた。昨日のものであろうか、うっすらと雪化粧をしている。3時過ぎは夕闇が始まり、湖岸はコントラストが強く、計画の組直しが必要なようだ。但し、対岸を走る電車を利用すれば、問題は解消するかもしれない。
湖岸の店は殆ど閉まっていたが、ここも、日本人観光客が良く来る所らしく、店頭に日本語の案内が有った。
ハルシュタット湖から287km、ウイーンへ向かった。今夜はウイーン泊まりである。
posted by はらっち at 06:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

2011年06月24日

23日夜、無事帰国

DSC02341c.jpg
"コッツウォルズ地方の民家庭先(6月19日)”

 12時間の空の旅は、シートテレビで過ごす事にしている。
到着後、爆睡して時差調整が上手く行きそうなのだ。これは、個人差が有り、ゆったりと眠るに限ると云う人も多い。
「東京は、雨、気温は摂氏28度です」との機内アナウンスに、機内は「暑そう」と云う声があちらこちらから聞こえる。
入国審査を終えターンテーブルに行くと、幸いにして最初に荷物が出てきた。
著名人が帰国入国時テレビで放映される出口は閑散としていて、家族、友人などが出迎えに来ている程度の人数である。
足早に、駐車場に向かう。「暑い」の連発。
2時45分に着陸後、、3時40分に駐車場を出た。これなら、7時には帰宅できそうだ。
いつもの如く車中では、今回の旅行の総括である。
・全体では60点か
・訪問時期は最適で良かったが、それだけに観光客が多く写真を撮りずらかった。
・ロンドン滞在の過ごし方の計画が足りなかった。
・天候は、雨に降られること無く満足。
・食事は想像していた通り質素で飛びぬけて美味しいモノは無かった。
・ビールも何種類か口にしたが、ギネス以外は美味しいとは思わなかった。
次回行くとすれば、レンタカーを借りて、地方のB&Bで宿泊し朝晩、カメラを構えたいと思う。

首都高速川口線に入ると、事故渋滞にあって1時間程余計な時間が掛かる。貨物用バンが、壁面に激突して前輪を破損していた。いつも思うのだが、「人身事故にならなかったか?」と心配をする反面、車内で元気な顔、社外に出てゆったりとした姿を目にすると、迷惑を掛けられた腹立たしさに罵声を浴びせたい自分がいて、苦笑する。

事故箇所を通り過ぎると、順調に流れ7時半に帰宅した。
まだ、完全に陽の落ちないデッキに愛犬が待っていた。はしゃぎまわってじゃれつく。
明日から、写真の整理だ。これも旅行の楽しみの一つである。



posted by はらっち at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

2011年06月20日

コッツウォルズ地方へ

DSC02324ac.jpg
    ”B&Bの窓を覗くと(6月19日)”

 昨晩は深酒も手伝って早寝をしてしまった。時差ぼけも残り今朝は4時に眼が覚めた。
カーテンを開けると、雲一つ無い空が広がっている。昨日と同じだ。
しかし、日中になるとこの天候が嘘のように、雲が広がり雨も降り出す。観光地を散策するにも、雨具が手放せない。
昨日は、「コッツウォルズ地方」を何箇所か回った。
カッツルクーム、バイブリー、ボートン・オンザ・ウォーターそして、スタンフォードアポンエイボンと舌を噛みそうな地名、何処も石造り家並みが続く。家の周りは、イングリッシュガーデンと言われるバラを主とした庭園で飾られている。
店が無い訳では無いが、B&Bがレストランやグッツ店などの兼ねている事が多く目に付く。
女性観光客が触手を伸ばし、感嘆の声をあげている。

撮影を楽しんではいるが、いまいちなのは、人が多いのと電柱・電線が多く思うようにフレーミングできないのだ。景観を考えれば好ましいとは思えないのだが。
この点は、スイス、オーストリア、ベルギー、オランダなどを見習って欲しいと思うが、保守国の主役イングランドでは、難しいのかもしれない。

今日は、お風呂の言語発祥の地、バースへ向かう。
posted by はらっち at 13:41| Comment(10) | TrackBack(0) | 海外旅行

2011年06月19日

イングランドへの旅

R0011469.jpg
        ”成田空港 48番ゲートに駐機中の777ロンドン行き”

 この時期のイングランド湖水地方は美しいと聞いて旅だった。
最近、初めての場所は、ツアーを利用することが多くなった。下調べの面倒くささと、旅先での重いバックを引いての移動の煩わしさも手伝っている。
インターネットで現地の天気予報を見ては気を重くしていたが、今のところ、バス移動中に小雨はあるが、観光中は傘要らずで済んでいる。これには、良く言われる「普段の行いの賜物」としておきたいが、最終日まで待ってから評価した方が良さそうだ。
初日は、ヒースロー空港に到着後、4時間バスに揺られて、ランコーンで宿泊した。翌日の移動を考え、湖水地方に近いところ、という事が、理由らしい。
朝晩の気温は、那須高原に似ている。皆さんが「寒い」を連発していたが、それ程に感じないのは、那須高原在住者の強みだろうか。
明日は、ビートルズ発祥の地リバプール、町並みの美しいチェルシーへの旅、楽しみだ。

posted by はらっち at 05:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

2010年07月18日

ベネルックス紀行U

DSC06526c.jpg
     ”マヘレのはね橋(6月11日)”

 「いつになったらアップするの」と同僚や知人から揶揄するコメントがある。
確かに帰国してから1か月も経てば、反論する言葉を探しにくくなる。
雑用とやる気の問題と締めくくるのが良いのだろうか。
最も面倒な作業は、700枚近い画像の選別、レタッチそしてアップするために画像の縮小処理なのだが、出来るだけ観易いページにしたい希望もあり、作業が中断して延び延びになった事が大きな原因だ。今回はチョット手を抜いて「画像拡大」を取りやめた。その内気が向いたら、修正したいと思う。

”旅の楽しみ”は、計画段階、旅行中、そして帰国してからの写真等の整理と3回楽しむ事が出来る。今は、デジタルの世界が写真や資料の保存を容易にしてくれるので有り難い。

ページを作りつつ思うのだが、やはり計画不足があり、もう一度行かなくてはいけないな、と思う事が多い。今回は、「アイスランドの火山」の影響もあり、行けるかどうか不安だった事を思うと、トラブルも無く帰国できたことは及第点である。

  ”ベネルックス紀行U”
posted by はらっち at 10:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

2010年06月19日

777-300新造機で帰国へ

R0010875c.jpg
   ”欧州上空の夕陽(6月17日21時現地時間)

 10日〜18日のオランダ・ベルギー周遊はフランクフルト・マイン空港を飛び立って終わろうとしている。
最近は、費用的な条件でビジネスクラスに乗る機会も殆ど無くエコノミーだ。
利用する機種は3−4−3の座席構成が殆どなので、後方の2席を取る事にしている。その方が気兼ねが無い。
利用航空会社は、旅行代理店のツアー旅行以外は、サラリーマン時代からANAを利用している。利用回数も多いので、それなりの特典が利用でき満足しているが、エコノミーは窮屈だ。

今回、復路に登場した飛行機は、777−300の新造機で欧州線は初めてのお目見えらしい。
エコノミークラスでも、2−4−3の座席数で、その分、シート幅は広く、足元も広い。リクライニングした時、背もたれが倒れないでリクライニング出来るのも良い。又、シートテレビのモニター画面サイズも大きく観易いことは何よりだ。これだけ改善されていれば、エコノミークラスもそれほど不満では無い。

しかし、降機する時いつもの如くビジネスクラススペースを通って出口に向かうが、こちらも大幅に改善され、以前のファーストクラス並みになっている。
今回は、マイレージを利用しての特典航空券だったが、ビジネスクラスを利用出来るまで貯めるには、大分掛かりそうだ。
posted by はらっち at 20:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外旅行

2010年06月16日

ナミュールへ

DSC06453c.jpg
   ”アルクマールチーズ市のおばさん(6月11日)

 昨日は、ベルギーの古城を訪れたいと思い、ナミュール・デナンへ列車で移動した。ICで約90分の距離になる。ナミュールでは、期待外れでカフェタイムが長くなった。飛び込んだカフェのケーキとカプチーノが絶品で、訪れた目的を失うほどであった。
12時すぎにはデナンへ移動した。
駅から数分歩くと、ムース川辺に辿り着いたが、ここから眺望できる景色は、ガイドブック掲載そのものの美しさであった。
シタデル(城跡)へは、ロープウエーで昇った。余りにも急な階段で到底辿り着けないという判断だ。「どっからいらしたの?」とロープウエーの受付嬢が尋ねる。単なる挨拶が目的と思っていたら、利用券にJopnと記してあった。統計でもとっているのかもしれない。

シタデルでもインフォメーションセンターに立ち寄ると同じ質問を受け、「JAPAN」と答えると、日本語の案内書をくれた。ここも、日本人観光客が訪れる所なのだろう。
旧い商店街歩き、名産の”銅製品”を見つけようとしたが、見当たらない。これにはがっかり。目的の古城には、タクシーを飛ばすしか手段が無い、と聞かされて已む無く2時間のムース川クルーズを
楽しんだ。ここでは、運河を通り、水嵩を上下させて船を通す珍らしい体験をした。
まだ陽が高い17時14分、ナミュール発で帰路に着いた。
posted by はらっち at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2010年06月14日

列車のトラブル

DSC06709c_edited-1.jpg
”ブルージュ市内の運河(6月13日)”

昨日は、「アムステルダム」より「ブルージュ」への移動だったが、予定より2時間遅れで15時にホテルへ辿り着いた。
アムステルダム中央駅に着くと、予定電車の出発表示が無い、ホームの駅員に聞くと「この電車でロッテルダムへ行き、乗り継ぎなさい」という、慌てて飛び乗る。
ロッテルダムまで約1時間、ここで又、車掌を掴まえて尋ねる「ブリュッセル行きはどのホームか」「ロッシナム迄行き、そこで係員に聞いて欲しい」との返事。
「ロッシナムって何処?」後で判った事だが、日本語読みと現地語の違いで、日本語では「ローゼンタール」だった。ロッシナムに到着すると、バスに案内させられた。バスで約20分掛かって「イーセン」の隣駅に着いた。ロッシナムで知り合った香港出身の若い女性が「珍しい観光旅行になったわね」と笑顔で話し掛けてきた。こちらにとってとんでもないハプニングだ。
ロッシナムからイーセン間、工事で折り返し運転をしているらしい。ICとは名ばかりの古めかしい電車で80分、ブリュッセルで「ブルージュ行き」のICに乗車、通常は1時間の所要時間がここでも1.5時間を要した。

個人旅行の思いでつくりに貢献してくれた、とはいえバックを引いての乗り換えの連続にいやはや疲れた。
posted by はらっち at 13:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

ザーンス・スカンスの休日

DSC06570c_edited-1.jpg

アムステルダム中央駅からRE(各駅停車)で15分ほどの所に”ザーンス・スカンス”がある。
風車群が見える所までは、徒歩で15分位掛かった。ガイドブックでは10分とあったが、もう少し掛かりそうだ。
川沿いに着くと一望でき、絵に描いたような風景がパノラマに展開される。
日本の明治村の様に残したい遺産を移築と記してあった。
対岸の建物も景観を整え、絵のようである。
昨日、アルクマールのチーズ市を観て、その帰りに”ザーンス・スカンス”に立ち寄る予定を組んでいたが、空模様が怪しく翌日に延ばした事が巧を奏したようで快晴になった。この事も”ザーンス・スカンス”の素晴らしさを更に引き立たせているようだ。
帰るころには、道が塞がれる程の観光客で賑わい始めた。
posted by はらっち at 05:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行