2017年08月15日

中古別荘がお買い得らしい

8.15.jpg
       ” 8月12日朝刊記事 ”

 12日の朝刊一面に「別荘地投げ売り10万円」という見出し記事が載っていた。記事の内容は、伊豆半島の別荘地の件だ。記事を読むと那須町にも当てはまらないことはない。  
 那須町内には、至る所にデベロッパーが開発・販売した別荘地域が点在している。バブル期に購入した人が殆どのようだ。酷いところになると、荒れ放題で建物もない、建物があっても朽ち果てているものが多いといった地域も目にする。環境の良いところと格差が表れている。私の友人三人も別荘地を抱えて売りに出しているが、全く売れる様子が無い。現地に住む私が、出来る範囲でお手伝いをしている。
 先日、H友人の物件の件で不動産屋に足を運んだ。「その後、動きは如何ですか」と聞くと、「土地だけでは売れませんね、使える建屋でも付いていれば多少は話のしようがあるのですが」とつれない返事。「当社で持っている土地は、どんどん太陽光パネル設置にして焦げ付きをなくしていますよ」と衝撃的な話が付け加えられた。太陽光パネ設置の無法状態はこのような所にも原因があったのかと愕然。
 土地の相続を嫌がる世代も多いらしい。私の友人K氏の場合が当てはまる。バブル期に購入した土地が二束三文になっている。「幾らでもいいから」と聞いて不動産屋に伝えているのだが。
 我が家の場合は、現状で及第点だ。「都会で過ごすと、もっとお金がかかるわ」と妻が言う。確かに自然恵まれて冬の寒さを除けば申し分ない。大型スーパー、ホームセンター、道の駅、郵便局に近く、高速バス停まで徒歩7〜8分で車が無くても生活には困らない。後は、掛かり付けの医者だけなのだが。
 シニア世代にでは、これから新築の家を建てるには投資効率が悪い。「250万円で建物と100坪の土地付きがあるよ、こっちに移住しろよ」と友人を勧誘しているが、中々成果が上がらない。朝刊一面に気になる記事を見た。
posted by はらっち at 16:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年07月23日

北海道へは福島空港から

7.23.jpg
      ” 福島空港 (7月19日)”

 久しぶりに福島空港を利用した。我が家からは、那須インターを東北道、あぶくま道を経て、約40〜45で到着する。あぶくま道の短い距離も310円の料金を徴収される。殆ど車の姿を見ないので、料金所の係員の人件費の方が高く付いているのではないかと、他人の懐勘定を気にする。
 震災までは、札幌行は午前2便、夕刻2便有ったと記憶しているが、今では、午前1便になった。それも、伊丹からの便が、そのまま札幌行きになる。札幌からの帰り便は、夕刻1便で、この便もそのまま伊丹行きとなる。効率的ともいえるが、便数の少なさは寂しい限りだ。以前は国際線、韓国便もあり、「ヨン様」が羽田の騒ぎを敬遠して、アシアナ航空の福島便を利用している実しやかにささやかれていた。
 空港内の駐車場は、終日無料だ。これは有難い。監視員も巡回していてちょっと安心感はある。19日の札幌行きは、6割の搭乗者数だったと思うが、北海道への足はこのANA便1便しかない。何とか継続して欲しいと願って止まない。
posted by はらっち at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年07月11日

ゴルフは友の会入会で割安感

DSC00072c.jpg
    ”アイランドゴルフリゾート那須北コース9番ホール”

 昨日と今日、いつもの別荘族との月例ゴルフに参加した。昨日は、炎天下のちふり湖CCでプレー、今日は、那須町北部の寄居の「アイランドゴルフリゾート那須」でプレー。午前中は曇天で風もあり、夏のゴルフとは思えない環境でプレー。それにしても別荘族の皆さんは私より4〜5歳違うはずだが、元気印だ。
 しかし、流石に今日はプレーする人が少なかった。「プレー中熱射病」では笑いものにされそうだ。年金生活者、遊び代とはいえ安いに越したことはない。今日は、昼食代1200円だけのプレー代無料券を使用した。
 最近は、ゴルフクラブのメンバーになる(会員権を購入する)人は殆どいないらしい。以前は投機性が高かったが、今では紙くず同然の会員権も多いと聞く。那須町の各ゴルフ場では、友の会会員制度を導入しているゴルフクラブが殆どだが、各クラブによって、割引率が異なるのは販売戦略的にやむを得ないところだ。「アイランドゴルフリゾート那須」は、年会費16500円で、その倍額が還元されて極めて人気度が高い。コースのメンテも良く、コースの難易度も高く、攻略性の飛んでいることも理由の一つ。来月も、このコースが予定されているが、熱中病対策を十分にして楽しもうと思っている。
posted by はらっち at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年07月06日

上京は普通電車で

page7.6.jpg
     ” 那須塩原駅ホームとグリーン車内(7月6日)”

 OB懇親会出席に向けて上京した。午後からの開催だったので、午前中、池尻大橋に別の要件で立ち寄ることにした。新幹線でも良いのだが、久しぶりにのんびりと普通電車のグリーン席を選択。
 那須塩原発7時35分発、渋谷経由田園都市線池尻大橋へ行く方法で思案。
  @ 上野まで乗り換え無しで行き山の手線に乗り換える
  A 宇都宮で乗り換えて湘南ラインを利用して渋谷へ行く
という二つの選択肢がある。どちらも10時半頃には到着予定だが、後者を選んだ。しかし、ここで疑問がグリーン券が2枚必要になるのでは?。係員に聞くと「同じ路線の乗り換えは、1枚のグリーン券でOK」とのこと。「大人の休日倶楽部」を利用すると3割引きになる。何とグリーン料金が680円に。意気揚々と乗車した電車はガラガラだ。しかし、その後悲劇が。先行電車の車両点検で40分も遅延で渋谷に到着。先方との約束は11時、すでに11時を回ろうとしている。気が気でない。15分遅れで到着。事前に遅延になりそうとの電話を入れていたので何とか繕うことが出来た。
 小金井付近で停車中は、車掌は平謝りの車内アナウンス、国鉄時代は無かったであろう光景。それにしても40分遅れは、トータル3時間半の乗車、時間にゆとりがあったにしても後悔の普通電車利用だった。
posted by はらっち at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年07月03日

リーヅナブルなゴルフ練習料金

DSC00049.JPG
     ” 青木ゴルフパーク 11番打席(7月3日曇り)”

 那須町には8か所のゴルフ場がある。練習場も3か所ある。練習にいつも出掛けるのは、隣町の那須塩原市の「青木ゴルフパーク」。我が家から約10分と最も近いことと、料金が極めて低価格が選択の理由。一籠150球で650円(税込み)。都会では想像できない料金だ。久しぶりに運動不足解消を兼ねて練習に訪れた。練習場には、今日の雨模様の天候にコースに行けなかった人達が訪れているようで賑わっていた。
 「可笑しいな〜、以前はあそこまで飛んだんだけどね〜」、那須へ移住した13年前に訪れた時のゴルフプレーと比較して落ち込んでいる。加齢で筋力が落ちて、飛距離が落ちるのは当然のことだと自覚しているのに頭の片隅に過去のイメージが浮かび上がる。
 練習場で上手く行かないのに本番で上手く行く訳が無いだが、「ゴルフはミスを数えるスポーツとか、ミスを如何に減らすかというスポーツ」とか云われている。次回のラウンドに向けて、汗を流しているが、これが無駄な汗にならないようにと願っている。
posted by はらっち at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年03月25日

高速バスのルート変更に納得

R0010985c.jpg
          ” 友愛の森高速バス停留所 ”

 昨日(24日)久しぶりに高速バスを利用して上京した。上京する時の手段は、那須塩原駅より新幹線、黒磯&那須塩原駅より普通電車、そして友愛の森より高速バス利用の3通りがある。最も高価なのは新幹線、リーズナブルは高速バスになるが、それは時間が掛からない順位になる。友愛の森は、我が家から徒歩で5〜6分、至便な距離にある。今回は、15時開始のセミナーだったので高速バスを利用した。
 友愛の森9:00発で、東北道に入る西那須野インターは9:40通過だった。次は、鹿沼インターを一時的に降りて、鹿沼バスセンターに寄り道し、再び鹿沼インターから東北道へ戻るルートだ。しかし、何と鹿沼インターを素通りした。帰りも同様である。思わず、帰りのバスで運転手に聞いてしまった。「鹿沼バスセンター」に停まらなくなったんですか?」「確か、今年の初めからだったと思います」と返事が返ってきた。13年前に移住した頃は、鹿沼バスセンターには回り道せず、現在と同じルートだったのだが、いつの間にか変更された。渋滞しない時でスムースに行って10分、渋滞している時は、20〜25分も費やしていた。殆ど乗降客もなく、不満に思っていたのだが、留飲を下げた思いだ。更に、東北道に入るまでに那須地区内で費やす1時間をスピードアップをして、ストレスを少なくしてくれれば、利用者が増えると思うのだが。往路は17名、復路は12名の乗車客だった。
posted by はらっち at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年03月19日

便利なのだが少し気が引ける

page3.19.jpg

 街の中心街から離れた生活、田舎暮らしというのだろうか。それには移動手段として車が不可欠になる。我が家からは、買い物に適しているのは黒磯地区になる。那須町庁舎のある黒田原地区は、残念ながら買い物に十分な機能を有していないのだ。移住してから大分生活環境も変わった。500m圏内に、大型スーパーとホームセンターが出来て、道の駅もある。普通の生活には不自由しないが、それでも手に入らないものはネット通販を利用して過ごしている。
 最近、宅配便の過酷な勤務状態が話題になっている。小生が登録しているネット通販会社は、鉛筆1本まで届けてくれる。細かな計算をすると、黒磯まで買い物に行くと、往復20q、ガソリン代は約200円掛かる。これを考えると、1000円程度のものは、ネット通販を利用してしまう。送料は、年会費に組み込まれていて無料。
 昨日10時頃だったろうか、L判のプリント用紙が無くなり100枚/400円を注文した。何と夜8時に配達された。翌日届けば良いと思っていたので唖然。ネット上で配達状況が表示されるものは、まとめて配達するように配達日時修正をしているが、表示されないものは業者任せになる。昔、「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」というコマーシャルがあったが、スローライフの人生、便利な世の中にチョット考えさせられている。
posted by はらっち at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年03月13日

来冬シーズンの準備を始める

DSC00612.JPG
         " 薪ストーブ用原木 (3月13日曇り)”

 また、この時期がやってきた。来冬の薪の準備である。昨年は、手違いで5月になってからの薪の準備を慌ててしたので、今年は例年通り3月から始めることにした。昨年は、知人・友人から原木を頂いたこともあり余裕をもって使うことが出来ている。
 震災前までは、那須町森林組合から調達していたが、現在は「放射能の影響」ということで販売していない。これは、隣町の黒磯森林組合でも同じだ。福島の原発近隣地区で住民回帰が進められているが、どうも納得が行かない。
 原木の長さは、2mある。太さはまちまちだ。「ちょっと細めのやつを持ってきたよ」と業者が言う。本来なら、太目で年輪の詰まったやつが良いのだが、玉切りする時、割る時に一苦労する。我が家の薪ストーブはラージサイズで、50pの長さまで入るのだが、妻から取り扱い難いと苦情があり、40pにカットしている。50pだと3回切れば良いのだが、40pになると4回のカットになり、作業量が増えることになる。辛い。今回は4トン購入した。これを全てカットするには、老体に鞭打って、休み休みしながら1週間は掛かるのではないだろうか。それから割らなければならない。乾燥を良くするには、細かく割った方が良いのだが、これも作業量との相談だ。今週は天候が良くないらしいが、何とか今月末までに始末をしたいと思っている。運動不足解消の手助けと思い、頑張るしかない。早春の高齢?恒例作業だ。
posted by はらっち at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年11月29日

唯一のデパートは24q先

page11.29.jpg
    " 東武大田原店にて(11月29日11時頃)”

 大田原市内の乃木神社へ赴く機会が出来た。その足で、久しぶりに「東武大田原店」へ足を延ばした。この付近には、大型量販店が軒を並べ買い物に事欠かない。白河市のイオンまでは18qでこちらの方が至便なのだが、品揃えが異なり「東武大田原店」を利用する。都会では、身近にいろいろなデパートを利用する出来ることは当たり前のことが、田舎暮らしでは特別な行為になり、それだけ有難みが大きい。
 店内に足を踏み入れると、クリスマスモードになっているが、開店間もない時間帯という事なのだろう、それほど賑わってはいない。目的の衣料品を購入して、いつもの一階フロア「SUBWAY」で早い昼食をとった。ここで焼いたハニーブレッドにローストビーフを挟んで食べるのが好きで、殆どこれに収まっている。
 往復約50q、ちょっとしたドライブでの買い物とランチを満喫。
posted by はらっち at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年10月30日

のんびりと鈍行で上京

DSC08761.JPG
      " 普通車グリーン二階車内 (10月29日)”

 昨日、上京のおり普通電車を利用した。上京の方法としては、新幹線、高速バス、マイカーと普通電車の利用に分かれる。到着時間に制約が無ければ、高速バスか普通電車の利用が、年金生活者の懐に優しい。
 @ 高速バスの場合、我が家から歩いて7〜8分の所にバス停があり、料金の点でも往復5500円と安く最も利用価値が高いのだが、新宿バスタ到着が午後12時を過ぎることと、帰りが16時早いことが難点だ。日帰り利用は難しい。
 A 新幹線は、自宅から那須塩原駅まで車で20分、駐車場に車を600円で預け、上野発22:50の最終便まで時間活用が広い。往復11000円と費用が掛かることが難点だ。
 B マイカーでの上京は皆無だ。利用すると時は、羽田空港か成田空港へ出かける時位だ。一人乗りだと費用は新幹線と殆ど変わらない。疲れるだけ損かもしれない。
 C 普通電車の利用は、すこぶる快適だ。那須塩原発7:35 上野到着;10:05 2時間半だ。普通乗車券にグリーン券900円を購入しても3400円位で済む。
昨日は、土曜日という事もあって通勤客も乗らずにガラガラだった。持ち込んだコーヒーに、MP音楽を耳に
ゆったりと車窓に眼を落す。自宅を出る時は寒風に震えていたが、車内は冷房が効いている。高原を下りると暖かい。
 最近、「大人の休日倶楽部」に申し込みをした。新幹線利用の場合、1回で年会費を稼げる。そうすると、今後は、新幹線の利用に意思が傾くかもしれない。しかし、那須の別荘へ訪れる知人も普通電車を良く利用されているようだ。普通電車の魅力は捨てがたい。
posted by はらっち at 12:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年10月21日

田舎暮らしの放映に疑問

DSC05417c.jpg
     " 我が家の薪ストーブ(ダッチウエストタイプ)”

 一昨日、地上波テレビで「那須の田舎暮らし」と題して、放映された。身近な関係者から取材をされている事や、シニアカレッジの活動状況の写真提供と要望されていたので、放映時間も判っていた。
「田舎暮らし」のキーワードで、メディアで取り上げられることも日常茶飯事になっているが、その内容をみると、納得、理解しにくいことも多い。今回の放映もその部類に入る。結論から言えば、「バラ色の生活が待っている」と云った、不動産業者が喜びそうなまとめになっている。
 そもそも「田舎暮らし」とは、どのようなものか、人夫々のイメージは異なるのだろう。紹介しているメディアからキーワードを拾ってみると、「都会を離れた自由な生活」「スローライフ」「自給自足」「家庭菜園」「趣味三昧」などが共通している。
 那須高原を当てはめてみるとどうだろうか、那須町の人口は、約26000人、縦長の地域で新幹線、国道4号線で東西に分かれて、別荘、観光施設、温泉等の高原地区と、農業、歴史地区の里地区に分かれる。現在は、人口の約半数が、那須町以外の住民になった聞く、その殆どは高原地区に。私のご近所さんもお付き合いしている方の大半は、都会からの移住者だ。私は、「田舎」より「半都会」と呼んでいる。
 テレビ番組では、二組の移住者の紹介がされていた。生活費は都会当時の20%〜30%、月の出費約10万円と紹介されている。生活レベルにより異なるが、都会生活の出費より少なることは明らかだ。そもそも、自宅で生活する機会が増えて、外出すると衝動買いする私には有り難い要因だ。しかし、最近、それも怪しくなってきた、気軽に購入できるネット通販だ。翌日に自宅へ届く便利さは申し分ないのだが、クレジットカードの翌月の請求金額が気に掛かるようになった。
 那須の暮らしには、運転免証とマイカーは必要不可欠だ。夫婦であれば、二人とも運転できることが望ましい。都会暮らしには不必要だった。車が無いと全く生活できないといっても過言ではない。「仙人のような暮らし」を望む人は別ではあるが。車関係は、新たな出費となる。
 林に囲まれた、田園に囲まれた住まいは、田舎暮らしのイメージかもしれないが、高齢者になり車運転が出来なくなると、生活様式、ライフスタイルを見直さなければならなくなるだろう。 免許証を返納した人、連れ合いに先立たれて一人暮らしになった人、身近に都会へUターンする人も目につく。我が家は、幸いにして車が無くても、比較的生活に困らない地域にある。大型スーパー、ホームセンター、道の駅、東京行きバス停も約500mと近く、脱車生活になっても何とか現状の生活を楽しむことは出来そうだ。しかし、それも健康であればの話だ。我が家は、田舎暮らしの範疇に入るかどうかは判らないが、那須高原の自然を満喫し、現役時代の仕事の知識を活かして、社会貢献の真似事で生活のメリハリもある。又、友人知人にも恵まれているので、横浜からの移住は正解である。
 テレビで放映されない課題について触れてみたが、田舎暮らしは本人の期待レベル、ライフスタイルなどそして懐具合と相談して、移住地を選ぶことになるかと思う。移住地の環境が大きな要因を占めることは間違いない。又、余生を過ごすとなれば、目先の要因・条件だけで判断することは避けたいものだ。
 那須町では、人口流出が停まらない、少子化も拍車を掛けているのだろう、行政には「定住化対策」と云った取り組みもある。我々移住者が、街作りにより積極的に関わることも必要だが、Uターンの選択をしないような、インフラ、環境の整備を進めて欲しい。この自然豊かな那須で末長く生活をエンジョイしたいので。
posted by はらっち at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年07月01日

カーディーラーまでが遠い

7.1.jpg

 車検を安く上げようと2年前大手チェーンガソリンスタンド店を利用した。このチェーン店ではどこでも車検を受けてくれる訳ではなく、整備士が常駐している店に限られる。最も近いところで25q離れた大田原市になる。ディーラー車検と異なり最低必要な部品の交換で済ませるので、当然安価になる。特典として次回の車検まで4回のオイル交換が無料である。2回利用したのだが、その時必要以上に整備ヵ所の有料ヵ所の増加を勧めるので嫌気を指していた。目安の5000qを超えたのでオイル交換をディーラーに予約を入れた。
 昨晩、そのディーラーの担当課長から「オイル交換でお見え頂くんですね、有難うございます。その時、リコールのエアーバック交換をさせてください」と電話があった。
 今日、予約の時間3時前に大田原三島のディーラーへ車を持ち込んだ。担当課長と一緒に整備士がやってきた。「私が担当させて頂きます」と挨拶を受ける。その場を去って間もなく戻ってきた。「エレメントはいつ交換されましたか?前回のガソリンスタンドで換えましたか?」「いや〜前回は交換していないね」「それでは交換した方が良いと思いますが、如何しますか」「交換してください」と即座に返答。迷ってもし方がないという気持ちが優先する。
「この車、乗りまわしがよくて、新車に交換する気になれないんです」と担当課長に話しかける。「今は、品質が一層向上していますから長く乗れますよ、但し20万q付近から、部品の劣化が増えますからね」という。現在、総走行距離12万q、年間1.2万q乗っているので後5〜6年が目安なのか、と頭の中で計算をする。「加齢が進むから、次は小型の自動衝突防止付きがいいですかね」というと「これからの車は標準装備ですね」と時間つぶしの会話が進む。その後、整備光景が見える場所に移動する。
 約2時間弱待たされてディーラーを後にする。簡単な整備であれば身近な整備工場で事足りるが、リコール整備となるとそうも行かない。それにしても片道27q、都会暮らしでは考えられない生活がある。

posted by はらっち at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年06月17日

ゴルフはゆったりと午後プレー

ss01.jpg
       ” 那須CC (HPより借用)”

「17日、予定が無くなったでしょう、ゴルフでもしますかね」と、自他とも認めるゴルフ好きのMAOさんへ連絡。「賛成です。那須CCで午後プレーしますか」と即座に返答があった。17日小旅行の予定があったのだが、参加者のお一人が腰痛になり延期となったのが、予定の空きが出来た理由である。
 今朝までの土砂降りが嘘のように回復した。午後プレーといっても11時過ぎにはスタートが出来ると教えられる。10時過ぎにMAOさんが拙宅にピックアップに来てくれた。那須CCまでは約15分。ゴルフバックをマスター室前に運び、フロントへ。前払いで2400円(税込み)のプレー費を払う。マスター室前に戻ると「いつでもスタートできますよ」という、まだ10時半を過ぎた程度だ。前後にはプレーヤーはいない。貸し切り状態だ。雨の影響も殆どなく、フェアウエーもグリーンも緑に輝いている。気分が良い。2時半にはホールアウトしてゴルフ場を後にした。約4時間で2400円のゴルフ代、病みつきになりそうだ。ゴルフ好きには堪らないゴルフ環境である。
posted by はらっち at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年06月10日

薪割でグロッキー

DSC02641.JPG
     ” 夕刻、諦めて投げ出した薪割(6月10日18時頃)”

 昨夕、薪割機を届けて頂いた。翌朝早くから薪割を始めたいと意気込んでいた。何故なら、一日で終わるかどうか不安でたっぷりと時間を取りたかったのだ。ご近所を意識して朝7時の時刻を待って作業を始めた。夕刻17時半まで昼食時の休憩20分を差し引いても、約10時間、休みなく作業をした。
 日没まで作業をしようとしたが、流石に気力が萎えて約20本を残してギブアップした。例年、夕刻には終了するのだが、今回はどうしたことだろうと自問。原木の4.4トンで例年と変わりない。作業スピードも衰えているとは思えない。考えられるのは、今回は40cmに短く切った。それだけ実質本数が増えた。小割にしているなど、作業量が増えてことが最大の要因かもしれない。窓越しに残った20本ほどを見て「明日割るんですか?」と妻が言う。「いや〜、手割の楽しみにするよ」と明日続けて作業をする元気がない。
 シャワーを浴びてヘルスメーターに乗ると、なんと3s減っている。如何に普段怠けているかである。身体中の筋肉が痛い。後始末のことは忘れて、久しぶりに極上のビールに至福のひと時。
posted by はらっち at 21:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年05月31日

玉切り完了

DSC02522c.jpg
" 終了した玉切り (5月31日)”

 薪の準備が遅れて原木の処理に焦り、シニアの身体には無理は禁物と自分に優しく、土曜日から2時間ずつ4日掛けて、本日終了。今回は「太すぎない原木を」と業者へお願いしたこともあり50本の原木のうち、手に負えない直径が40cm超えるのは、5〜6本でだった。これが作業効率を良くした。しかし、扱い易いように長さを短く40cmにしたので、それだけ割る本数が増えてしまった。1日で割り切れるか不安。
 今日、薪割機の手配にファイヤーワークスへ行った。早くても来週になるらしい。ここまで遅れれば、多少の遅れは目をつぶるしかなさそうだ。5年前までは、鉞(まさかり)で割ったのだが、今はその元気は無い。
今の時期だと来シーズン用の薪には使えそうもない。3か月分は在庫があるので何とかなりそうだが、次回はもっと計画的にせねば、と反省。
posted by はらっち at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報