2016年02月22日

薪の調達

DSC00093c.jpg
      ” 購入した 2mの原木 ” 

 薪ストーブには、薪が必要である。当たり前のことだが、初めは調達に四苦八苦する。1〜3月の時期に来シーズンの薪を用意しないと、手遅れになる。燃えやすく火力が強いのは3年物と云うが、それには置き場所を確保し保存状態に気を遣わないと出来ない相談だ。原木の種類によっては、1年物の方が油成分が残っていて火力が強い原木もある。
 知り合いの「北欧アトリエデザインヒュッグリー」のオナーより「店舗周りの木を伐採したので使ってください」と連絡を頂いた。今日、その原木を取りに行った。既に玉切りしてあった。量は、05㎥位だろうか。CRVの後部座席をたたんで、4回に分けて運んだ。このように、ご近所さんから原木を頂くのは有難い。
 薪を準備する方法としては大きく分けて
@ 原木を購入して玉切りし割る。(マサカリ又は機械で割る)
A 市販の薪を購入する
B 友人・知人より原木を分けて頂く
だろうか。正規ルート外にも調達の方法が無い訳ではないが。
 原木の調達は、正規には「森林組合」「専門業者」から1㎥(1リューベ)単位で購入することになる。自宅まで運んでもらう事になるので、それに1台当たりの運送料が掛る。我が家では、年間5㎥程焚く。玉切りと薪割りは体力勝負になる。これが出来ないと、市販の薪を購入することになり、直径25cm〜30cmの束を400〜700円で購入することになる。我が家では約2時間も掛らずに使いきる量だ。大きなストーブでは、高額な出費になる。ゆらりゆらりと炎を楽しむには良いが、実用的な暖房器具としては、薪の調達を安く手に入れる事が懐に優しい。
 薪ストーブの親戚にペレット型のストーブがある。これはチップを自動供給して手間が掛らないが、チップ材は薪に比べると割高だ。しかし、体力が低下し薪割りが出来なくなれば、こちらの方が便利だ。もう一つデメリットは、点火をするのに電気を使う事は石油ファンヒーターと同じで、停電時は無力となる。
 田舎暮らしに薪ストーブは、憧れの様なフレーズで紹介される。薪ストーブを設置するには、耐火レンガによる防災対策、煙突行為など、後付けは高額な費用が掛る。新築時に考慮しておくことが必須。有り余る資金があれば問題ないが、年金生活者で快適なスローライフを楽しむには、情報をかき集めて費用を掛けず、好きな趣味に資金を回したいものだ。

posted by はらっち at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年02月13日

成田・羽田空港へのアクセス(田舎暮らし情報)

DSC08254c.jpg

 那須高原へ移住してきた友人・知人が海外旅行へのアクセスの悪さを嘆く。確かにその通りだが、それも次第に慣れてくる。那須高原から海外旅行へ出掛ける時は、成田空港、羽田空港どちらへ行くにしても厄介だ。高速道路を利用すると、成田空港まで約260km、羽田空港までは約230kmで近い距離とは云えない。手段は幾つかあり、
 @ マイカー;自宅からマイカーで空港まで行き空港内、又は周辺の駐車場へ預けておく。
 A 高速バス;自宅から宇都宮の柳田車庫までマイカーで行き、柳田車庫隣接の駐車場へ預け、そこから空   港まで高速バスを利用する。
 B 新幹線: 成田空港;那須塩原駅から上野まで行きそこから京成電車スカイライナーを利用する。
        羽田空港:那須塩原駅から東京駅、浜松町モノレールを利用する。
それぞれのルートに一長一短があるが、大きなトランク(バゲージ)の持ち運びの憂うつさを考えると、我が家では、マイカー利用になっている。デメリットは、交通状態、交通事故による遅延を考慮して余計に時間を見なければならないことだ。私の運転による疲労は計算しようがないが、総費用の点では他のルートと変わらない。加齢と共に海外への頻度も少なくなって行く事を思えば、この程度の不便さは適当なのかもしれない。
posted by はらっち at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年02月12日

薪ストーブによる火災(田舎暮らし情報)

DSC02033c.jpg
        ”我が家の薪ストーブ (2月12日)
              スローシンクロ撮影”

 最近、新聞紙上に「田舎暮らしをしてみませんか」という広告を良く見かける。家庭菜園、ガーデニング、そして薪ストーブ生活が代表的なキーワードらしい。我が家では、転居した年の暮れには薪ストーブを取り付けたので、13年目を迎えた。どちらかと云うと経済性を重んじたので気持ちの豊かさを求める「田舎暮らし」のフレーズには合っていない。最近の原油安で灯油の価格が下がり、薪ストーブの経済性は分が悪い。
 最近、薪ストーブが原因の火災と云うニュースを耳にする。昨年末には、近くの集落で薪ストーブが原因の全焼があった。原因は、煙突取り付け工事の不備(不完全)だった。断熱二重煙突が主流のようだが、自作の場合ホームセンターで販売している昔ながらシングル煙突を使う場合が多い、又、所々でその光景を目にする。又、屋根に直接排気するストレートが熱効率、排気効率、安全性も良いのだが、二階建ての家屋では、それが難しく屈折型になる。タールが貯まり易くなるらしい。ストーブの近くの煙突温度は、300〜400度Cを示す。これが断熱されていなければ火災の火種になることは想像が出来る。東日本震災の時は、200kgの巨体でも8cm程設置場所から移動したが倒れることは無かった。
 我が家の薪ストーブはダッチウエストラージタイプ、熱効率は12000kcaになる。石油ファンヒーターの3〜4倍も暖かい。これが魅力的なのだが、自分で原木の購入、切断、玉切りと結構な力仕事で「ゆらゆらとする炎を見ていると癒される」と云うようなことはとは程遠い。「薪ストーブでの癒しの田舎暮らし」には、十分な知識と専門家のサポートが欠かせない。
posted by はらっち at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年01月30日

ゴルフ友の会更新

main_img02.jpg
     ” アイランドリゾートゴルフ那須(HPより拝借)”

 1月に入ると、那須町内のゴルフ場より友の会入会の誘い、友の会更新手続きの案内が届き始める。ゴルフブーム全盛期の時は、ゴルフ会員権は高根の花だったが、今は深刻な状況にある。会員である事がステータスという特別なゴルフコースも限られてきた。確かに会員はメンバー料金でプレーできる特典はあるが、今は、多くのゴルフコースが友の会制度を導入して、会員権(メンバー)とは別に安価で出来るようになっている。
 一昨日道悪の中を「アイランドリゾートゴルフ那須」へ更新の手続きに行った。クラブハウスはクローズで殆ど無縁の事務所従業員入口に案内された。友の会に入会すると色々な特典が付くが、その目玉に無料プレー券がある。通常無料券が2枚付くが早期に更新手続きをすると1枚余計に頂けると云う事で、特別に急いだ。周囲のゴルフコースを見渡しても、このコースの友の会が最も懐に優しいのだ。16200円を払うと、実質約26000円余の見返りがある。年金生活者にとっては、有難い話である。プレー費がリーズナブルになったことで、プレーが雑になって一打当たりのコストが更に安くなる事だけは避けたい。ゴルフシーズンが待ち遠しい。
posted by はらっち at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報