2017年05月28日

「栃木」に日の目?

5.27.jpg

 バスケットボールBリーグが発足し、昨日決勝戦が行われ「栃木ブレックス」が初代チャンピオンになった。栃木県民、バスケットボールファンの一人として嬉しい限り。Bリーグが発足するまで国内には二つのリーグがあり、国際競技団体より警告を受け、オリンピック予選にも参戦できない暗雲が立ち込めていた。この改革に着手したのが、Jリーグの発足に貢献された川渕氏。
 川渕氏は、Jリーグ設立の時も、企業名の冠を外すことに某新聞社主宰W氏の抵抗を払いのけて、地域密着型の方式を取り入れ成功しているが、Bリーグも同様のポリシーを取り入れた。
 高校野球、高校サッカー、高校駅伝、アイスホッケーなど全国的に知られているが、Jリーグは三部に降格して陽の目を見ていない。
 高校スポーツでは、学校名は広く知られているところだが、「栃木県」としては、全国的に知名度が極めて低く、最下位に近いところでうろうろとしているらしい。今回の「Bリーグ優勝」で「栃木」の知名度がどれほど上がっただろうか。次回の調査結果が気になるところだ。
posted by はらっち at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月20日

文明の利器に振り回されている

5.jpg

 1週間前に、新しいデスクトップを購入した。これまでのデスクトップは、2009年製の基本OSは、VISTA仕様で、Windows7にバージョンアップして使用していた。写真撮影の画像処理、保存の容量が大きいので、外付けのHDDが増えて行く。本体の処理スピードが遅くなり、リフレッシュが不可欠な状況になっていた。
 先日、友人とニュージーランド旅行時、「USB3.1は快適ですよ」との言葉が耳に残り、この際、最新のパソコンにしようと思い立った。
 いろいろと、パソコンメーカーの製品を比較し、家電メーカー品では無くパソコンメーカーの商品を選択。性能は、最新のCPU−i7,240GBのSSD,1TBのHDD、インテルのグラフィックスカード付メモリ16GB。厄介な各種ドライバー、保存データの移行も終わり、快適に使用始めた。ところが一昨日、スタートボタンがフリーズ、ブラウザも音沙汰無しになる。手を尽くしたが、所詮知識不足は否めず、パソコンメーカーのサポートセンターへ助けを求めた。365日24時間サービスというのが謳い文句だ。ビジネス機材を販売していることから、そのような対応らしい。Windows10には、いろいろと発展途上の問題があるらしく、この不具合もその一つらしい。「初期状態に戻して頂くしかありませんね」と低頭平身。パソコンメーカーの責任ではないが、ストレスが貯まる。メール受発信、ブログの更新など間が空いてしまった。友人からは、「体調悪いのか?お出かけかい?」と心配の連絡が入る。今朝、やっと、以前の状態に戻った。
 ニュージーランドの画像処理がたっぷりとある。当分、デスクワークが続きそうだ。
posted by はらっち at 09:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

シアトルで再びイチロー賛歌

DSC09804c.jpg
       ” セーフィコ・フィールドのイチロー画(2016年12月)”

 イチローがMLBに移籍してから、BSでMLB野球中継が当たり前のように観られるようになった。昨日から、スポーツニュースで「イチロー3シーズンぶりにシアトルへ」と大々的に扱われている。今日は、久しぶりで先発出場したが、活躍は出来なかったようだが、地元での声援が手に取るようにわかる。MLBでの3000本安打のセレモニーも行われ、明日は、バブルヘッド(首降り人形)が先着20000人に配布される予定とか。
 昨年12月冬のバンクバーを訪れた時、日帰りでシアトルへ足を延ばした。ボーイング工場、スターバックス1号店を観たいことと、セフィコ・フィールド」へ行くのが目的だった。ボールパークの壁面には、イチローの最多安打の時の写真が大きく飾られていた。既に他球団へ移籍した選手に対する破格の扱いといってよい。この三連戦、日本からの応援団も多いと聞くが、地元の熱い声援が印象的だ。熱いものがこみ上げてくるのは私だけだろうか。
posted by はらっち at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月08日

枝垂れ桜を観に恩師宅へ

DSC00674c.jpg
       ” 恩師宅内の枝垂れ桜(4月8日10時頃、霧雨)”

 「桜が一輪咲いたわ」と恩師よりご連絡を頂いたのが一昨日、「それでは来週にでもお伺いいたします」と返答すると「それでは遅いわ」と会話のやり取りがあった。「明日は天候が悪いので土曜日にお伺いします」と返事をして、今朝8時に自宅を出た。恩師宅は鹿沼市内、約90分の道のりである。東北道から293号線を利用し、約束の時間より若干早く着いた。生憎の天候で、桜に似合いの青空は望めず曇り時々霧雨。枝垂れ桜は立派に成長しているのだが、背景に建物があり趣を壊している。「先生、後ろの建物がね〜」というと、「そうなのそこまで考えが及ばなかったの」と残念な表情。観賞した後、ご自宅へ上がって、しばし雑談。手作りの桜餅に舌鼓みうつ。今年は例年より色が濃い、恩師もそのことを肯定。三春の桜が先祖らしい。来年の青空を期待して、帰路に就いた。
posted by はらっち at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月06日

国際運転免許証を取得へ

国際運転免許証.jpg
      ” 取得した国際運転免許証(4月5日)”

 海外で車を運転するには、運転免許証以外に「国際運転免許証」の取得・携帯が不可欠だが、その取得には少し遠出をしなければならない。運転免許証と異なり、最寄りの警察署では出来ないのだ。2014年に友人とアメリカ・グランドサークル撮影に出かけた時、初めて取得した。実際には、現地で提示する機会もなく、2400円散財しただけの記憶がある。
 先日、間違って那須塩原警察署へ行ってしまった。「こちらでは国際運転免許証の発行はできません。鹿沼の運転免許センターへお願いします」と係員の女性の回答。
 昨日午後、シニアカレッジのカメラ講座を終了し、その足で那須インターより東北道へ入り鹿沼インターまで車を飛ばした。手続きは極めて簡単で、2400円の印紙を購入して、申請書に必要事項を記入し、パスポートと運転免許証の提示、規程の顔写真を添えれば、10分と待たない内に発行してくれる。
 この国際運転免許証、日本の運転免許証の横文字版と取れるが、目的は、運転免許証の解説らしい。。現行の運転免許証の一部手入れの英文化とパスポート併用で済むのではないかと自説を唱えながら調べてみると、国際間の条約があるらしい。それが足かせのようだ。申請書のタイトルは「国外運転免許証申請」とある。現物は「国際運転免許証」これも難しい解説がしてあった。疑問符が多い国際免許証だが、異国の地交通環境も異なるので、事故なく安全運転をしてこの「国際運転免許証」のお世話にならない様に心掛けることが必須条件だ。
posted by はらっち at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月05日

薪割り作業でグロッキー

DSC00670c.jpg
            ” 薪割り作業途中光景(4月4日)”

 今朝起きると身体中が痛い、思うように腰も伸びない。理由は昨日の薪割りの後遺症だ。毎年の事とはいえ、歳を重ねるごとにきつい作業になっている。前日の夕刻には、薪割り機を搬入して頂き、翌日の朝から取り掛かろうと意気込みは申し分ない。7時準備態勢OKだが、ご近所の手前、8時近くから作業開始。昼時に15分くらいの休憩を取ったが、水分補給と割った薪の整頓程度時間、機械の運転を止めることはあったが、殆どフル回転で作業した。4時半、腰の痛みと戦意喪失で作業終了。昨年は、確か6時頃まで作業して片づけたと記憶している。今回は1.5リューベ程残った。今まで、このような未処理は無かった。今年は、機械を横置きにして作業効率も良かったはずだ。理由は、原木が比較的細く、又 長さも40pと短くしたことで本数が増えたことが最大の要因らしい。残った原木は、ゴルフスイングの練習と思い少しづつ鉞(まさかり)で手割りをすることにした。この量を一冬で燃やしてしまう。次回の事は考えず、取り合えずホットしている。
posted by はらっち at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月03日

那須高原ビジターセンターへ申し込みに行く

DSC00663c.jpg
       ” ビジターセンターより茶臼岳を望む(4月3日11時頃)”

 那須湯本付近に行くと、道端には除雪した雪の塊が至る所に見られる。自宅から7q位なのだが、標高差が300m位あるのでこのような陽気の差があるのだろう。
 来月の那須シニアカレッジカメラ講座の会場をいつもの那須町文化センターより、「那須高原ビジターセンター」にする予定で会議室使用の申し込みに訪れた。何回か利用しているが、いつも気持ち良くお借りすることが出来る。会場移動の理由は、この時期八幡園地のつつじが開花しているはずなので、その撮影実習が目的。後は天候次第ということになるが、こればかりは天に任せるしかない。
 「那須高原ビジターセンター」は、環境省の所轄。那須御用邸の一部が開放されて「平成の森」と命名されて気軽に散策、山歩きが出来るようになったが、ビジターセンターと合わせて、この地区の自然管理を一手に引き受けている。全国に点在するビジターセンターだが、年間を通した来場者数は上位にランクされるほどの人気と聞く。ビジターセンター周辺は 新緑、つつじ、と日を追って華やかになってくる。
posted by はらっち at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月30日

玉切りでグロッキー

DSC00662.JPG
      " 玉切りの済んだ原木 (3月30日)

 3月も終わりに近づいて、山のように積んである薪用の原木が気になっていた。重い腰を上げて昨日より玉切りを始めた。総量は4.2トン、たっぷりとある。長さは、1.9〜2.1mくらいで太さは色々だ。太いと目も詰まっていて薪には適しているが、玉切りするには厄介で重く取り扱いも難儀である。チェンソーの使い回しも慣れてきたが、取り扱いを間違えると大怪我をすることになるので慎重を期している。
 @ 服装は作業しやすいつなぎ着用
 A 足元は安全靴、手は手袋着用
 B 防塵用メガネ
 C 作業環境は、立ち回り・逃げ易いように足場を整理
等特に気を付けている。
 昨日、今日と午前中だけ作業をした。一日作業したいのだが、身体が言う事を聞かない。この作業を一日、それも毎日する作業員の方、唯々リスペクトだ。約2/3は終了したようだ。明日の午後で何とか終了したいが、チェンソーも切れ味が悪くなってきたので心配だ。この後は、薪割が残っている。毎年の作業なのだが、なぜか身体に応えるようになってきたのは気のせいだろうか。
 
posted by はらっち at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月29日

ちふり湖CCへ年会費を支払いへ

DSC09438c.jpg
    " ちふり湖CCクラブハウスを観る (3月28日11時頃)”

 昨日は久しぶりのお手合わせにO嬢とゴルフへ行く予定だった。確か今年初めてのはず。しかし前日のベタ雪で、山間部のゴルフ場は雪が残っているであろう、寒いであろうとコンデションが行くないはずと、延期にした。O嬢は久しぶりの仕事休みに暇つぶしに苦労したはず。
 空いた予定を利用して、9時からいつもの練習場「ゴルフパーク青木」で一カゴ150球を打った。ここでは、これでも650円(税込み、入場料無)だ。その後、「ちふり湖CC]の年会費を払っていないことを思い出して車を走らせた。クラブハウスは、雪に埋もれていた。玄関を入ろうとすると開かない。携帯電話を取り出し「年会費を払いに来たのですが」というと「事務所の入り口の方へ回って頂けますか」と女性の声。閑散としたフロントで支払いを済ませ、事務処理の待ち時間を利用してコースを眺める。ゴルフ場というよりスキー場だ。その後、無料券、割引券を頂いて後にする。「アイランドゴルフリゾート那須」と比べると、お得感は薄い。しかし、プレー慣れたコースであること、普段の割り引き額など考えると捨てがたいのだ。次回のプレーは4月13日、暖かくなって欲しいと願う。
posted by はらっち at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月17日

春の便り「いかなごのくぎ煮」が届く

DSC00643.JPG
      ” 盛り付けたいかなごのくぎ煮(3月16日)”

 今年も神戸の知人から春の便り「いかなごのくぎ煮」が届いた。これを頂くと「もう1年がたったの?」と月日の流れの速さに気づかされる。
 神戸の知人は、この時期になると大量のいかなごを購入して、自前でくぎ煮の佃煮を作る。そのお相伴に預かっているが、今年は「ゆず味」と「ショウガ味」を頂いた。「今年は不漁で手に入りにくく、購入できた時には大きくて」と残念がっていた。
 届いた「レターパック」は、くぎ煮送付専用らしく印字がされている。神戸地区ではこの時期には欠かせない春の風物詩なのだろう。毎年、震災時期に届くのだが今年は約1週間ほど遅れたが、春の足音を感じる「いかなごのくぎ煮」を美味しく頂いている。
 
posted by はらっち at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月15日

時代の流れに取り残されている

page3.16.jpg

 「あの〜今朝、メールされました?」「スマフォに代えたんですか?」「LINEを始めたんですね」と混乱を招いている。 「LINEじゃないと繋がらないよ、何とかせい」と友人より脅迫染みたアドバイスもあって、今朝、LINEをパソコンにダウンロードした。今使用しているのはガラケーでスマフォではない。正直興味の範疇だ。今は、E-mailや携帯メールで十分に事足りている。スマフォ等縁遠く、インターネットで十分に情報収集もできている。
 LINEを登録すると、詳細は判らないが携帯に登録している電話番号に何か勝手に送信されたようだ。自宅に帰ってパソコンを開きLINEを開けてみると、10数件メールが届いている。何ということだ!
 届いた相手にとってはいい迷惑で、被害者である。何とか、LINEのシステムを理解して、迷惑の掛からないように取り組まなければ。当分、憂鬱な日が続きそうだ。
 
posted by はらっち at 18:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月11日

久しぶりに日比谷へ

DSC09408c.jpg
" 日比谷合歓の広場のゴジラ像(3月10日昼頃)”

 昨日(3月10日)、OB会の総会で上京した。時間に余裕があると銀座レンガ通りへ行き寿司を食べる。安くて旨いので、有楽町駅からは離れているのだが、苦にならない。食べ終わった後、有楽町駅へ戻る序に何年かぶりで日比谷へ足を向けてみた。
 日比谷は、若い頃はデートコースの一つで想い出深いのだが、全く様変わりしていてお上りさん状態になっている。
page-3.11-2.jpg

 合歓の広場に「ゴジラ像」があった。最近は「シャンテのゴジラ像の前で」というのが待ち合わせ場所として使われているらしい。確かに近くには「TOHOシネマズシャンテ」がある。合歓の広場には「スター手形」も埋められている。この一帯は東宝の息が掛かっていることもあり、ゴジラのモニュメントの設置にもなったのだろうか。ゴジラ像の前でしばし佇み様子を見ていると、日本人より外国人が入れ代わり立ち代わり記念撮影をしている。その姿はどれも笑顔一杯だ。お上りさん状態で久しぶりに都会の空気を吸ったような気がする。
posted by はらっち at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月09日

風楽でひな人形を観る

page3.9.jpg
      ” 風楽さん展示物の一部(3月8日)”
 
 先日、ある講座で「ひな人形」が話題となった。各人断片的には理解しているものの、深くは知らないというようだ。「昔は、男雛の立つ位置は左側でしたが、西洋化の流れの中で右側に変わったようですよ。それは戦後間もなく、マッカーサーの影響が大きいと聞いていますよ」と耳にしたことがり、お披露目したのだが自信がなく、調べてみた。真実は判らないが大きな流れは違っていた。
 昭和天皇が即位して時、「立つ位置をそれまでの慣習と異なり右側に変えたことが、ひな人形にも影響した」というのが真実のようだ。日本のひな人形は、平安時代に遡るようだが、それは中国の影響が大きいという。何故、中国では立つ位置が左側なのか、に付いてはその理由を解説したものは目にしない。風楽のご主人が(実際のオーナーは奥方のようだが)解説してくれた。相変わらず歴史にお詳しい。
 「中国の皇帝は南を向いて立つのですが、左側から陽射しを浴びる、日陰にならない左側が位の高い人が立つ位置らしい」と。西洋化が進む中で、真逆の右側説は、Right(右)がRight(まこと)と解釈しているらしい。
 ひな人形の初期は、立ち雛でもあったらしい。風楽を訪れると、由緒ある古布を利用した各作家の本物のひな人形を年中見ることが出来、一点一点の由来についてお話を聞き楽しめる。アンティークな世界に身を置いてはどうだろうか。*水〜金 定休日
posted by はらっち at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月03日

2016確定申告が終わった

page.jpg

 毎年、まじめに確定申告をしている。申告書作成には、市販のソフトを利用しているのですこぶる簡単に作成することが出来る。しかし、今年2016年の申告書より「マイナンバー記入の欄」が設けられている。使用中のソフトにでは対応していない。さて、手書きにするか、ソフトをバージョンアップすべきか悩んだ。散財するのもモッタイナイと思い、国税庁の作成サイトを利用した。意外と簡単に作成できるのに驚いた。
 作成した申告書の提出は、近くの町内臨時コーナーを利用しても良いのだが、毎年の事なので大田原税務署へ。
11時半頃に窓口に行くと、待ち時間なしでスムースに受付完了。このようなことは最近経験がない。週末と言うことで待ち時間を覚悟していたのだが拍子抜け。「還付が確定しましたらご連絡します」との係員の言葉。嬉しい響きだ。チョット贅沢な食事代程度の還付があるはずで心待ちである。
posted by はらっち at 18:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月25日

お台場で食事

page2.25-1.jpg
       " 台場レストランで(2月24日夕刻)”

 パシフィコ横浜で開催中の「CP+2017」へ行った。例年のことだ。入社当時は「カメラショー」として、日本橋高島屋を起点に全国の主要デパートで開催していたこともあったが、ビックサイト、パシフィコ横浜と会場も変わり、用品メーカーや画像関連事業者、研究機関なども参加して様変わりしている。偶数年に開催されるドイツフォトキナの縮小版といったところだろうか。昨日、11時過ぎに会場を訪れたが相変わらず賑わっている。一緒に仕事をしていた昔の若者と会えるのも目的の一つでもある。各社の新製品、話題製品を手にすることも好きだが、別会場のメーカーの開発解説を聞くのを楽しみにしている。今回も二つ拝聴してきた。その後、会場を後にして新橋で友人と待ち合わせをし、「どこで食事しようか」と悩んだ末、お台場に「小香港」があったことを思い出し、ユリカモメに乗った。海浜公園駅近くのビルの案内所で問い合わせると「小香港」は無くなり、一部出店していた店が残っているとの情報を得たが、その店に拘ることなく海が見える店に入った。
 時間も昼食には遅く、夕食には早すぎる時間帯ということもあり、店は閑散としている。メニューのハンバーグが美味しそうだったのでそれを注文したが当たりだった。眺めも良くここは夕刻から夜に掛けては、カップルで満席になりそうだ。5時過ぎに席を立つ頃には、グループ、カップルが席を埋めるようになってきた。曇り空で夕焼けを望めなかったが、ひと時都会を楽しみ、友人とは、新橋で再会を約束してそれぞれの帰路についた。

posted by はらっち at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記