2017年12月19日

極寒下のゴルフ例会

bnr_head_course.jpg
      " HPのコースガイドより拝借 ”

 「12月も例会しますか?」というのが前回の例会だった。12月の寒さを考慮しての世話役の言葉だった。予想が的中した。今朝7時半自宅を出発、車載の温度計はマイナス4度を表示している。今回のコースは、那須より離れて大田原の「琵琶池GC]だ。那須より離れることで多少寒さが緩和されるだろうと期待を込めながら車を走らせるが、一向に気温は上がらない。1時間掛けてゴルフ場に着いた時もマイナス3度。
 今回は、「どんぐりの会例会」で12名。各自、防寒スタイルでいざ。ティーグランドは、凍土状態、ティーがささらない。グリーンは、ボールが止まらない。確か、若いころ、年末に御殿場でプレーした時もこのような状態を経験。午後のラウンドでは気温も上がり、寒さも和らぐ。ケガをすることもなく、全員プレーを終了。やはり、暖かな環境でのプレーが恋しい。

 
posted by はらっち at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月28日

優勝は国産霜降り牛

DSC02684c.jpg
       ” 優勝賞品国産霜降り牛(11月28日)”

 約8年ぶりくらいになるだろうか、「塩原カントリー」でプレーした。Nご夫妻とMAOさんとご一緒だ。Nご夫妻は、このコースのメンバーで結構な回数プレーされている。
 今日は、「塩原ファイヤーカップ(ハーフコンペ)」が開催されていた。天候に恵まれたといっても、久しぶりにプレーするコースは勝手が判らない。狭い砲台グリーンが特徴で、アプローチが上手く行かないとスコアがまとまらない。ハーフを終えてスコアを提出、後のハーフが終わってからの発表になる。
 プレーが終了して入浴する前にレセプションに行くと、Nさんが「優勝だよ」と喜びの声を出す。「えっ、おめでとうございます」というと「私でなくはらっちさんですよ」と返ってきた。新ぺリアルールで行われたが、隠しホールにはまったらしい。95名参加のハーフコンペ、偶然とはいえ嬉しい。国産霜降り牛を頂いて帰路に。
posted by はらっち at 16:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月25日

残念な「奇跡の絶景」の休刊

IMG.jpg
       ” 奇跡の絶景(アンテロープ・キャニオン)20号 ”

 世界の絶景を写真を主に編集された週刊誌「奇跡の絶景」が発刊されていた。発行元では100号を目指していたようだが、今年の8月、40号で休刊となった。誌上で海外旅行が楽しめること、写真撮影の情報も参考になっていた。特に、旅行経験先と一致したところは、思い出を重ねて楽しむことが出来た。
 休刊理由は判らないが、週刊でこれだけの内容に編集するには、写真撮影の費用も大変だったろうと想像が出来る。原価割れしたのではないだろうか。
 新品の本の取り寄せも可能だが、殆どが中古品になりつつある。590円(税抜き)で十分に楽しめただけに大変残念に思っている。

posted by はらっち at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月20日

会津は雪景色

DSC02681c.jpg
       
 先週17日に南会津へ行った。その日は、那須高原でも寒い朝だった。西郷と下郷の境にある甲子トンネルを通り抜けると、「そこは雪国だった」がぴったり。オールシーズンタイヤ装着しているが、冬は、スタットレスに履き替えている。オールシーズンタイヤでも積雪の下り坂は気を遣う。周囲の山は冠雪して紅葉の山肌と屏風絵を成している。これから本格的な雪の季節が訪れるのであろう。つかの間の光景だ。
posted by はらっち at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月16日

那須連山は冠雪

DSC02662c.jpg
     ” 那須高原小深堀付近より(11月16日14時頃)”

 今朝冷え込んだ。いよいよ晩秋から初冬への趣になってきた。既に那須連山は大分前に雪を被っているが、今日は特に、冠雪の広がりが大きいようだ。

page1.jpg

 小深堀付近の景色をスナップした。この場所は山野草の宝庫だったが、大分前から立ち入り禁止になり、それが、荒れ放題の引き金になっているようだ。又、牧草地を背にペンションが営業していたが、現在は、空き家になっているらしい。この風景も好きで、帰りに立ち寄ることが多い。那須高原の牧歌的な風景の一つである。
posted by はらっち at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月12日

久しぶりの東京

page.jpg

 写真関係の無料セミナーを見つけて、久しぶりに上京した。開講時間が11時ということもり高速バスでは間に合わず、新幹線を利用。「大人の休日倶楽部」の会員特権を利用して30%OFF。週末に利用することは殆どない新幹線。いつものホームや車内の光景と明らかに違う。普段と異なる混み具合だ。仙台発の各停を考えると座れるか心配するほどだ。
 セミナー会場は、銀座6丁目。何回か訪れている会場であり気持ちにも時間的にも少し余裕があるので、オリオン通り、並木通りなどをぶらついた。店舗も様変わりしている。でもやはり銀座の香りがする。
 セミナーを受講した後日比谷近くのガード下の寿司店へ。客に外国人が目立つ。本場の寿司を食べて、母国での名ばかりの寿司との違いを知ってくれれば嬉しい、等とにわか日本観光大使に。その後は、大型量販店へ。思わずスマフォを衝動買いしてしまった。当分、使い方を理解するまで、時間が掛かりそうだ。
 大丸の地下へ行って夕食を購入。帰宅して食べればよいのだが、新幹線に乗る時は弁当持参、という習性が身についているようだ。人混みの多さに東京ってこの様に混んでいたのか、と回想しつつ帰路に。 
posted by はらっち at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月08日

コピスガーデンの秋へ

page11-81.jpg
 昨日の晴天と変わって、曇り空。「女性のカメラ」を修了した後、ランチを兼ねて「コピスガーデン」に撮影実習へ行った。昨日と変わって人影も少ない。曇り空は、紅葉の撮影には似合わない。

11-82.jpg

 小1時間園内の撮影をして、カフェレストランへ。我々は5人グループ。テーブルが空いていない。テラス席は空いているが、長居はチョット寒さ堪えそうで店内の窓際席へ。窓越しに外の紅葉が望めるという利点を優先。それぞれに注文する。カレーを注文した。何種類かの豆が入っている。最後にブレンドコーヒーを頂き仕上げに。やはり、新緑の季節の方が見映えがしそうだが、無料で入園出来、各種草花を眺め、購入を楽しめる。さて、講座の効果が発揮されたかは次回の講座で確認である。
posted by はらっち at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月05日

急遽、白河の写真展へ

page11.5.jpg

 急遽、隣町というか隣の県の白河へ写真展を観に行った。別段しがらみがある訳ではない。先日、白河の額装店へ行った時、写真展の案内はがきを持ち帰ったことだ。風景写真の展示会というっことで気楽な気持ちで出かけた。案内はがきの作品からは、当事者には失礼乍ら余り期待はしていなかった。我が家から一般道路を走らせて29km、約40分ほどで着いた。開催場所の「マイタウン白河」へは初めての訪問。久しぶりに訪れた白河市街は、震災の後、再開発したのだろう、無電柱化、道路幅も広くなり見違えるようになっていた。
 一階の展示会場は広く、明るく素晴しい。この広さだと展示数の確保に難しいはずだが、レベルの高い作品が展示されていた。私の好きな作風でもあり、品位を感じる。主宰の椎名氏の指導も良いのだろう、ご挨拶と立ち話をする。「那須ではフォトコンテストやっています。生徒の皆さんにも先生からお声を掛けて頂けますか」とお願いをする。
 小1時間滞在して一般道路を走って昼には帰宅していた。
posted by はらっち at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月04日

枯れ葉だね〜

DSC02658c.jpg
     ” デッキの愛犬(11月4日)”

 ここ数日北風が強い。庭の木々も冬の装いに忙しい。庭のケヤキは、こちらの迷惑にも無頓着で葉を散らしている。ケヤキの枯れ葉は厄介だ。硬くて腐りに難いのだ。毎日デッキを掃いても追いつかない。
 愛犬ミミーは相変わらずだ。「秋は落ち着くね、枯れ葉も良いわね〜」とデッキを我が物顔で過ごしている。明日は、庭の落ち葉を掃かなかねば。震災前は、燃やすこともそれほど厳しい取り締まりもなかったのだが、今は、焚火も出来ないので、片付けも厄介だ。
posted by はらっち at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月28日

横浜ベイスターズ日本シリーズへ

page.jpg

 19年ぶりに日本シリーズ進出を決めた我がベイスターズ。前回は、権藤監督時代で、マシンガーン打線と大魔神佐々木の活躍で、西部ライオンズを破って日本一にもなった。大洋ホエールズからのファンで、閑古鳥の無く川崎球場にもよく通った。秋山・土井、代打麻生と懐かし。19年前の優勝も懐かしい。10月8日大阪出張で職場の横浜ファンと甲子園に応援に駆け付けた。帰りの新幹線時刻の都合がり、試合途中で球場を後にしたが、車中で横浜優勝のテロップが流れた。その後の横浜球場のダブルヘッダーに、大阪から仲間が駆け付け、何とかコネを利用してダッグアウトの近くの席を確保できて、気持ちの良い観戦の後中華街での祝杯に酔いしれたことを思い出す。最近はそれほど入れ込んではいないが、やはり毎晩の勝敗が気になる。さて、相手は常勝ホークス、チャレンジャー精神で戦って欲しいと願う。
posted by はらっち at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月24日

「どんぐりの会」へ初参加

wagayakaratop_img_010.jpg
        " 那須黒羽ゴルフ倶楽部HPより拝借 ”

 「那須黒羽ゴルフ倶楽部」へゴルフに行った。「どんぐりの会」主催のゴルフコンペだ。毎月、ゴルフ場を変えてコンペをされているが、お誘い頂き初めての参加になった。「どんぐりの会」の生い立ちは、町主催のゴルフ教室へ参加した人達で構成されている。私は異質かもしれない。カメラ講座の受講生の方も数人おられて違和感はない。
 今日は、三組12名の参加、昨日の台風の傷跡が少し残っていたが、雨も上がり久しぶりにゴルフを楽しんだ。那須町には8か所のゴルフ場があるが、このゴルフ場は我が家から車で35分、1時間まで範囲を広げると、倍に増える。ゴルフ天国だ。今日は、昼食付で3900円、年金生活者の懐に優しい。新しい方達との輪も広がり、楽しいひと時を過ごした。
posted by はらっち at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月23日

新米を購入へ白河物産物直売所り菜あんへ

DSC00402c.jpg
      ” り菜あん コメ売り場(10月21日)”

 毎年知り合いの農家から30sの玄米を分けて頂いている。半年ほど過ぎると味が変わって、新米当時の美味しさが失われている。詳しい人に聞くと、保管状態が悪く乾燥したのだろうという。冷暗場所に保管してはいるのだが、適切でないようだ。このような状況で、早く新味が発売されないかと気にしていたが、最近、道の駅の店頭に新米が並び始めた。
 今日白河へ行った序に、「白河JA農産物直売所り菜あん」へ立ち寄った。ここは、数種類の玄米が並び、好みの精米もしてくれる。「天のつぶ」「ひとめぼれ」が新米だったので、5kgづつ玄米を購入した。明日にでも精米して味わってみようと思う。ささやかなこだわりの食生活である。
posted by はらっち at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月21日

いつもの美味しさにあり付けず

DSC00401.JPG
" かも南蛮つけ蕎麦(10月20日昼)”

 19日一泊で現役時代の仕事仲間が那須へやってきた。若かりし頃、仕事で訪れたり、プライベートで訪れたことはあったようだが大分年数が経っていた。愛車で二組、新幹線で一組の計5名、懐かしい顔ぶれだ。14時に我が家に集合、1時間ほどたった後、S夫妻の家族に不幸があり、急遽戻らなければならないという、突然のことが起きた。その後、N夫妻とT氏とで宿泊のホテルで夕食を過ごし、翌日は、那須高原、芦野・伊王野を案内をした。小雨模様の駒止の滝の紅葉に感嘆の声。その後、芦野・伊王野地区へ。初めて訪れたようで、那須にも歴史的な場所があることを再認識したようだ。
 「那須でお勧めの料理は蕎麦だよね」ということで、昼は、某道の駅のそば処へ。「ここは、行列が絶えない人気店、旨くて安いのでね」と前振りして店内へ。「そばの美味しさを知るには、冷たいそばでしょう」ということで、S夫妻は「水車もりそば」810円也、私とT氏は、「かも南蛮つけ蕎麦」を注文。1190円也。しかし、誠に残念なことに、いつもと全く蕎麦の硬さも味も違う。スーパーで購入してもこれほどのものは少ないというほどだ。これまで数えきれないほど利用しているが、以前、同様なことがあり関係者にそのことを告げると、分かっていて複雑な思いをしたことがある。今回も、原因が分かっていればよいのだが。それにしても友人達に大見得を切っただけに誠に残念な思いをした。
posted by はらっち at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月12日

偶然野岩鉄道気動車と遭遇

DSC02299c.jpg
     " 田園地帯を走る野岩鉄道(10月11日15時頃、曇り)”

 「シラネアオイ園」へ行く時は、正規ルートの121号線を走らず347号線の途中から農道を走って行く。大半が、会津鉄道と並行して走れる楽しさも大きい。この路線は、東京東武浅草から日光線、鬼怒川線、会津鬼怒川線と接続し、会津高原尾瀬口が終点となるが、そこから会津鉄道会津線へと名前を変えて会津若松市西若松駅までの路線となる。川治温泉駅からは山間部を走り生活者の利用より観光客の利用が殆どらしい。
 昨日、「シラネアオイ園」からの帰り道、会津長野駅付近で偶然にも気動車と遭遇した。これまでに何十回と訪れているが初めてだ。撮り鉄なら時刻表を調べ三脚を立てて待ち伏せするのであろうが、そこまでの熱意は無い。しかし、車を停めて線路沿いに駆け寄って撮影するところをみると、どこかに撮り鉄の血が流れているのかもしれない。
 
posted by はらっち at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月07日

友人より秋の便り

DSC00341c.jpg
       ” 梨 (品種:新高)”

 「季節のものを少し送りました」と四国善通寺に住む友人より電話があった。「何だろう?」と思いを巡らしていると宅配で届いた。開けてビックリ、直径が13pもある大玉の梨だ。栃木にもにっこりという品種があるがこれほど大きなものは見たことが無い。箱の中には、生産者の説明書きが添えてあった。「当園では幸水、豊水、あきづき、新高、愛宕の5種類を栽培しています。袋掛けにより農薬から守り、除草剤、化学肥料はしようしていません」と。又、美味しく召し上がるには4〜5度に冷やしてください、2時間前に野菜室で冷やすのが最適です。とあった。生産者の顔が見える産直品、安心もさることながら愛情も見えていて更に美味しさが増すように思える。友人に感謝。
posted by はらっち at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記