2020年03月10日

パンク修理

OIP.jpg

 現在使用している自転車を購入して10年くらい経過するだろうか。それまでママチャリはあったのだが、盗難に遭った。まさか田舎で盗まれる等想像もせず、庭先に無造作に置いていたのがアダになった。
 田舎暮らしの誤算の一つに運動不足がある。どうしても車移動が主になる。その解消策として自転車利用は必須だ。2q以内の移動は、徒歩か自転車と決めている。その自転車の空気漏れが激しく、久しぶりに修理をした。考えを巡らすことなく、チューブの傷、切れなどを疑って前輪をを外した。その後、英式バルブの袋ナットを外し、ムシを外すと、何とムシゴムが切れている。最初にこれを疑えば、前輪迄取り外さずに、簡単に修理が出来た。久しぶりの修理に考えが及ばなかった。空気を入れて、空気漏れをチェックするのに、水をためる場所が無い。妻の目を盗んで洗面に水を貯めてチェック、問題なし。早速に付近を乗り回してみたが、変速が錆びついて切り替わらない。手入れの悪さが現れている。反省だ。
posted by はらっち at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月08日

春の訪れ「いかなごのくぎ煮」を頂く

DSC09379c.jpg
" いかなごのくぎ煮(3月8日)”

 毎年3月春の訪れを知らせてくれるように、関西在住のS夫人より「いかなごのくぎ煮」が届く。今年は、昨年以上に不漁とのニュースを耳にし、期待薄だっただけに嬉しい。同梱のメッセージには、やはり不漁で手に入り難く、少量になって「ご免なさい」と付け加えられていたが、我が家には十二分の量だ。「柚子味」と「生姜味」の二種類。早速、一部を取りスナップ。
 「いかなごのくぎ煮」は関西、特に淡路島、神戸地区の郷土料理として親しまれているようだが、関東地区の我々には、コオナゴの名前で知られている。この魚は、各地区で呼び方がいろいろあるようだ。2月29日解禁、3月6日禁漁と資源維持、確保のために漁の期間も短かった。毎年、漁獲量も少なくなってきているようでS夫人の不安が続きそうだ。味を噛みしめながら、楽しみたいと思う。
posted by はらっち at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月05日

逆入国規制

GUM06_CL02021.jpg

「新型コロナ」感染の拡大が、我々の生活に大きな影響を与えている。行動規制もその一つ。友人の一人が海外旅行に踏み切るべきか悩んでいる。昨年から計画したものであり、心は既に海外へ飛んでいるのかもしれない。しかし、渡航先の国で入国規制、出国規制、行動規制などカントリーリスクを伴いそうで、それが悩ましいという。
 そういえば、「新型コロナ」の発症国の某隣国が、日本からの入国規制、入国後14日間の隔離をするという。日本での発症件数をみると、さもありなんとも思えるが、その発症源の国から云われると素直に受け取れない。
 しかし、日本国内で対応の遅れに国中から指摘されている。その一つが、発症国の地域限定の入国規制だ。今頃になって、韓国、イラン、中国からの入国規制に踏み切るらしいとニュースが流れている。何を恐れて判断が遅れたか我が首領、今となっては、後手後手の対応で経済損失と日本へのイメージダウンは計り知れない。渡航に踏み切れない友人にも同情するが、いつ身近に押し寄せるか判らない「新型コロナ」に戦々恐々としている生活から逃れたい。
posted by はらっち at 18:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月03日

町議会を傍聴

DSC08726c.jpg
" 那須町庁舎 ”

 月初めは、シニアカレッジの手続きで、黒田原地域にある行政所管の施設へ訪れる。手続きを終えて庁舎の議場へ向かった。途中、大型のドラッグストアがあるのだが、開店後間もない時間なのに、駐車場入り口には子供連れの親子が、両手に持ちきれないトイレットペーパーの包みを抱えている姿を見た。この田舎でもトイレットペーパーの買い占めが起きているらしい。
 庁舎5階の傍聴席には、10分前に着いた。途中エレベーターで知り合いの町議員お二人と遭遇。「今日から我々も傍聴される方もマスク着用だべ、でもマスク着けてるから良かったな」「えっ、そうでしたか」「このマスクも自前だよ」とA氏。
 今日は、令和2年第1回の定例会で2月27日より3月16日の会期日程の一般質問日、質問者は4名、午前中の2名の傍聴をした。既に準備されている質疑だが、どう見ても民間で仕事をしてきた者としては理解に苦しむ答弁もあり、愕然とする。条例という縛りと縦割り組織の弊害が要因なのかもしれない。それにしても13名(1名議長)の町議員が在籍しているのに、質問者が4名とは解せない。普段の町政チェックが乏しいのでは、と疑ってしまう。議場、傍聴席が全員マスク姿という異様な光景は早く解消したいものだ。
posted by はらっち at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月28日

福寿草の里沼ノ平へ

DSC04350c.jpg
  ” 我が家の福寿草(2017年3月)”

 「福寿草祭りが中止になりました」と沼ノ平実行委員のOさんから5日前に連絡を頂いていた。喜多方の「沼ノ平福寿草」は、全国最大級の群生地というキャッチフレーズだ。それに惹かれて一月前に問い合わせをすると、いろいろと状況を電話で知らせてくれていた。受講生と出掛ける予定だったか、「新型コロナ」の問題もあり取りやめにした。
しかし、今朝になって何回も連絡頂きながら、訪問しないのも失礼と急遽車を走らせた。
 我が家から東北道、磐越道を乗り継いで会津坂下ICで下りて、165q2時間半を要した。高速代金は3450円、予想より高い。現地に着くと広い専用駐車場には車の姿はなく、独占状態だ。昨日の雪が残り、福寿草は蕾を固くしていた。遊歩道になり回遊しながら福寿草を楽しめるようになっている。しかし、立ち入ることが出来ないので撮影には困難だ。来年は、対策を講じて再訪したいと思う。
 因みに、我が家の福寿草は2010年に植えたが、3年前から姿を見せなくなった。何が原因か判らない。もう一度挑戦したいと思っている。
posted by はらっち at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月27日

シニアカレッジ休講

GUM06_CL05001.jpg

 「新型コロナ」が全世界に感染拡大の傾向にある。「新型コロナ」懐かしいフレーズと感傷に浸ってられなくなってきた。特に、感染ルートが特定できなくなってきたので、闇雲にできる対策行為で自己防衛をせざるを得なくなっている。シニア世代には、感染すると重症化が云われているだけに身近である。。
 「那須シニアカレッジ」では、一昨日の政府方針をベースに、昨日、臨時の役員会を開催して「3月休講」を決めた。約420名のシニアグループ、学習意欲が盛んなだけに静かに自己防疫が出来るか心配もある。
先日、地元の行政に集団利用する施設の閉鎖の可能性はあるか、と問いただすと条例に該当しないので、現時点では可能性はない、と答えが返ってきた。今日時点でも、動きが見えない。那須高原地区には、某隣国の観光客も多く訪れていたと聞く。リスク管理は、後手になり易い。終息後「やり過ぎだった」と批判を浴びるくらいでHAPPYなはずだ。 
posted by はらっち at 19:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月25日

久しぶりの豆大福

DSC06263c.jpg
  ” 豆大福 (2月25日)”

 「甘いものは控えめに」と医者から云われながら、この「豆大福」があると卑しくも手を伸ばしてしまう。黒磯市内の総合病院内にあるコンビニで売っている。10時頃に結構な数が並ぶのだが、昼過ぎになると売り切れの場合がある。特長は、一般に市販されている「豆大福」より一回り大きめで、豆の塩加減も小豆の甘さと微妙にマッチして口当たりがよい。この「豆大福」を知ったのはご近所さんに頂いてからだが、知る人ぞ知る人気商品。2個入り、5個入りと自由に数を揃えられるタイプ、これがいけない顧客心理を鷲摑みだ。
posted by はらっち at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月19日

白河南湖公園の梅が見つからず

DSC09283a.jpg
 ” 南湖公園より那須連山を望む(2月19日10時頃曇り)”

 白河の額装屋(夢工房)に額を注文していた。完成したとの連絡を頂き車で取り入った。我が家から約20qの距離。この程度の距離にはすっかり慣れて遠さを感じない。序にどこかスナップに立ち寄るところが無いか探していると、(南湖公園の梅が咲き始めた)とサイトに表示があった。夢工房からは4q位離れた距離なので序の距離。車で湖を一周したが梅が見当たらない。イラッとした気持ちを抑えながら、すっかり干上がった湖水を横目に帰路へ。やはり、桜の季節が良いようだ。
posted by はらっち at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月14日

ここにもコロナウイルスの影響

index_event032_pic01.jpg
  ” CP+2020より拝借 ”

 今日、メルマガで「CP+2020中止」の連絡が届いた。既に、ネットで入場券をGETしてあった。会場が「みなとみらい」で気になっていた。やはり主催者としてはリスクを犯したくなかったのだろうが、カメラ・写真関係者、企業の落胆は想像に難くない。
 「CP+」は、以前、「カメラショー」として日本橋高島屋の特設会場が始まりだった。それを皮切りに全国の主要百貨店で巡回開催されていた。今は、デジタルカメラの時代映像機器分野と区分が難しくなり、用品メーカーと合同開催になり名称も変わった。
 世界的には、ドイツケルンで開催される「フォトキナ」、アメリカラスベガスが主開催の「PMA]と3大カメラショーと云われている。最大規模は、フォトキナだろうか。1980年に初めて訪れた時、その規模の大きさに度肝を抜かれた。1〜2日では、回り切れなかったことが記憶にある。「CP+」は、全世界のカメラ開発、ブランドを保有する日本としては威厳を保ちたいところだろう。スマフォに押されてコンパクトカメラの生産・販売数も落ちている。日本のカメラメーカーの生産地は、中国を主に東南アジア国が殆どだ。この度のコロナウイルスが大きく影響してるようだ。早く収束して欲しいと願う。
posted by はらっち at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月13日

PETがん検診へ

2.13.jpg

 昨年より「PETがん検診」を行っている。検診場所は、隣の白河市にある病院だ。那須町民対象に特別料金が設定されていることも動機付けになっている。異常なしと云われた前回は嬉しい反面、大枚がより一層心にのしかかった。卑しい気持ちに苦笑。所定の時間い行くと至れり尽くせりのもてなし。約2時間の検診。
免責が無い訳ではない。やはり検出できない症状・部位もあるらしい。今回は、ピロリ菌の検査は免除になった。「山などで沢水など飲んでいませんよね」と云われて、「はいっ」といっただけだ。検診が終わると、8階レストランの食事券を渡された。検診料金に比べれば微々たるものだが、嬉しい。一か月後に審判が言い渡される。
posted by はらっち at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月11日

話題はコロナウイルス

船.jpg

 先週、フォトコンテスト入賞作品の額装の手伝いに商工会を訪れた。昼食時の話題は、「コロナウイルス」。最もホットな話題。那須観光にもインバウンドに力を入れているので、中国から観光客も多いらしい。らしいというのは、宿泊施設や観光地に出入りしないとその実態が判らないのだ。「那須塩原、黒磯地区でもマスクは品切れらしいね」と。確かに接客業を営む人には必需品だ。私など他人と接する機会も少なく、接触しても地元の人に限られるので、あまり必要は感じない。「I旅館さん、中国からの団体さんが多いけど、大丈夫かね」と身近な話題も。
 今月は、東京ドームでの「世界らん展」横浜での「CP+(旧カメラショウ)」がある。毎年出掛けているが、悩ましい。特に「CP+」は「みなとみらい」中華街にも近く、精神的にプレッシャーがある。さて、どうしたものか悩ましい。
posted by はらっち at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月07日

真冬日の那須高原

DSC08695c.jpg
 ” 寒暖計 (2月7日12時頃)”

 今日の最低温度計は、−9度を示している。昼頃の気温は、2度位だ。例年の気温なのだろうが、最近の暖かさでやけに寒さを感じる。昨日は、もっと酷かった。朝、黒田原の商工会へ向かうと時は、−4度、一日中陽射しも無く気温は上がらず真冬日だった。薪ストーブは、フル回転している。来週は、春の暖かさも戻るという予報だが、待ち遠し。
posted by はらっち at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月03日

数寄屋橋周囲景色の変貌

DSC08686c.jpg
" 数寄屋橋交差点ソニービル跡地にて(1月30日10時頃)”

 宿泊しての東京滞在は、数えるほどになった。滞在するほどの用事が無くなったともいえる。目的のセミナーが午後からという事で、午前中を過ごすことを考え、EIZOのセミナーを見つけて潜り込むことに成功した。会場は現座6丁目、10時半からの開講という事もあり、銀座を散策した。銀座界隈は、某隣国のツアー場所、気にはなったが、濃厚接触の距離にならなければ良しと判断。有楽町から4丁目、8丁目と回遊しコリドー街へと抜けた。数寄屋橋交差点にあったソニーのショウルームも5丁目に移動し、跡地に立って周囲を見回した。様変わりしている。並木通り、オリオン通りの10時頃の様相は寂しい。やはりネオンが似合うようだ。
posted by はらっち at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月31日

コロナウイルスを気にしながらの上京

DSC08679c.jpg
  ” 有楽町駅前の夜景(1月29日18時頃)”

 コロナウイルスの拡散が話題になっている中、上京した。3カ月前からの予定で変更が出来なかった。12月末と1月末のセットでセミナーが組まれていた。初日の29日は、午後1時からの開始なので、自宅をゆっくりと10時半にでた。いつもなら昼食はコリドー街の端の寿司屋に決めているのだが、今日はケチって那須塩原駅のコンビニでサンドイッチと飲み物を買い込んで車中ランチとした。
 東京駅から有楽町への移動だが、田舎者には苦手な雑踏を掻き分けて進む。都会暮らしの時は苦にもしなかったが、既に身体は田舎暮らしに染まっている。周囲のマスク姿が気になる。特に色物のマスクは旅行者に違いないと憶測し、近付くまいと避けている。我ながら神経質な振る舞いに苦笑。有楽町駅前の量販店は、旅行者の訪問店、避けるようにしてセミナー会場に向かう。夜は、8年ぶりの元の職場の若者達との懇親会が待っている。気持ちの高ぶりはそれが理由なのだろう。
posted by はらっち at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月25日

2代目のスマフォ

smartphone.png

 スマフォデビューして2年半、それまではガラケーの携帯だった。年金生活者には外出先で情報を拾うこともなく、自宅のパソコンで十分に事足りている。それでも、スマフォで撮影する機会が増え、カメラ機能について質問を受ける機会が増えた。それに答えるには自分自身で経験しなくてはいけないとスマフォに切り替えたのが最大の理由。契約のデータ量も最低の1GBだが、それを超えることは無かった。「あらっ、殆ど使われていませんね」と係員に失笑を買う。殆どが出先の電話受発信が役割なのだ。それでも月に5,000円弱も掛かっていた。格安スマフォへの乗り換えも検討したが、家族割が効く別の通信会社に変更した。これで1,500円ほど安くなる。昨日、決断してショップへ出掛けた。終わるまでに2.5時間も掛かった。特別なことは何もお願いしていないのだ。何せ、電話機能しか使用しない顧客、係員が説明することも限られている。
 帰宅して、予定と違ったことは、無償提供されたスマフォの機種メーカーが某隣国製だ。使い勝手が違う。データ移行してもアプリまでは、移行できない。これまで愛用していたスマフォのSIMロックを解除して使用することも考えたが、最近機種の方が性能は良いのに違いないと諦めた。それにしても使用頻度を考えると、まだ高価なおもちゃになっている。
posted by はらっち at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記