2018年05月21日

かわった家で第4回写真展

DSC00630wcc.jpg
   ”ラマンチャ地方の風車(2010年12月)”

 黒磯の駅前通りに地域コミュニセンターがある。名前が変わっている。「かわった家」という。今回で4回目の写真展をさせてただいた。壁面の利用度が少なく殺風景なので多少でもお役に立てばという目的もある。「旅のいざない」と題して、海外の写真をA3サイズのフレームで展示している。少しでも海外に思いを馳せて頂ければ嬉しく思う。 今日から6月6日までの展示期間。
posted by はらっち at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月20日

石垣島へ2時間半のフライト

DSC03634c.jpg
" 富士山を望む(5月14日12時頃)”

 マイレージの期限が迫り、石垣島行きの特典航空券に代えた。国際線と違ってスムースに席を取ることが出来た。国内は1万マイレージポイント(MP)と思っていたら、2万MPが必要だった。これでは、香港や台湾へ行くのと変わりがない。「やはり石垣は遠いんだな〜」と変に納得。アップグレードポイントも未使用なので、この際利用しようと規程の2日前に申し込むと、窓際が無いという。国際線なら通路側が便利なのだが、国内の場合は、写真を撮りたいので窓側が必須条件。止む無くエコノミークラス右側の窓側に予約。富士山を見たいというお上りさん状態である。窓越しのスナップは、窓の材質と傷により不鮮明、写れば良いという期待レベルになる。それでも天候も良く、富士山の姿を撮らえることが出来た。隣の女性に富士山が見えることを伝えると夢中になってスマフォで撮影していた。やはり日本人には富士山は特別な存在である。
posted by はらっち at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月17日

梅雨の合間をぬって石垣島へ

DSC04078ac.jpg
" 川平湾 (5月15日5時頃)”

 14日から17日迄石垣島へ行ってきた。5月20日頃までは梅雨の心配無しと予想しての計画だったか、出発前に梅雨入りの宣言があり愕然としていた。しかし、予報が外れ連日快晴に恵まれた。青空と海の青さを求めて計画したのだから、諸手を上げて喜ぶべきなのだが、連日の30度を超える暑さと湿度に音を上げた。
旅行は、旅行前の計画時、旅行中、そして旅行後と3回楽しむことが出来るといわれる。今回は、十分な計画ではなく、反省も多い。これから、撮影データの整理、旅行記をまとめて挽回したい。取り合えず、今晩は爆睡しよう。、
posted by はらっち at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月12日

運転免許センターへ運転免許更新に行く

DSC03626c.jpg
" 運転免許センター(5月11日8時頃)”

 今年初めに「高齢者講習」のハガキが届いた。「えっ、75歳からだろう」と思っていたら、70歳を過ぎると、お誘いがあるらしい。免許更新には、その「高齢者講習修了」のお墨付きが無いと更新が出来ない。地元の教習所に受講の申し込みをすると、4カ月先だった。一度に数名の受講ということもネックのようで、結構待たされるらしく、その時は、足利から黒磯迄受講に来られていた女性がご一緒だった。
 免許更新手続きは、地元の警察署でも可能だが、縁起を担いでいつも免許センターへ行っている。鹿沼市にある「栃木運転免許センター」である。国外運転免許証(国際免許証)の取得にも2度訪れている馴染みの場所。自宅を7時に出発し東北道を走り8時に免許センターへ到着。8時15分受付開始案内に、2番目に並ぶ。2500円の更新手数料を払い視力検査へ、その後写真撮影をする。何と所要時間が15分で新しい免許を受け取った。前回は、納得のいかないゴールド免許はく奪だったが、ゴールド免許の復活。余りの簡単さに時間を持て余し、近くの花木センターへ立ち寄り散財して帰宅。
posted by はらっち at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月08日

ゴルフ場はシニア層で独占

main_img02.jpg
" ゴールデンウッドCC(HPより拝借)”

 ゴルフ場の経営不振、閉鎖のニュースを耳にする。よく言われるのは「都会からの日帰りゴルファーは宇都宮まで」と。那須地区になると距離、時間的に無理と理解できる。那須町、那須塩原市、大田原市地区には多くのゴルフ場があり、ゴルフ好きにとっては天国の環境である。又、平日の殆どはシニア層で独占しているといっても過言ではない。ゴルフ場経営はシニアの顔色を窺わないとやっていけないのかもしれない。
 今日は、冷え込んだ。日中の最高気温が11度という冬に逆戻りの陽気。その天候の下で「高原ゴルフ会」の月例があり、ゴールデンウッドCCへ。チョットアップダウンのきつい山岳コース。その点見晴らしは抜群である。シニアレディースコンペが開催されていた。やはりシニア層と女性の囲い込み戦略の一つだろう。コース内は、シニア層で溢れている。我が家から車で35分の距離、4900円昼食付、参加賞を手に14時半帰宅。シニアに優しい一日である。
posted by はらっち at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月07日

にわかガーデンレストランでランチ

page5.5.jpg
 
 那須高原で余生を楽しむシニアには、GWはファミリーの憩いの場となるケースが多い。ご近所のT中さんも長女・次女の家族が集まる予定で、ご夫妻は準備に余念がない。庭には、1週間前からお孫さん用に特性の砂場まで用意していた。ところが、次女ファミリー5人が急遽来られなくなったようだ。「はらっちさん、予定が狂って食べきれないから来て頂戴」との誘いを頂き、これ幸いと訪問した。長女の娘さんは、キッズモデルでもピカ一になるであろう請け合いの可愛さ。表立って写真を掲載できないのが残念。
 庭には、ピザ用とバーベキュー用の石窯があるほど本格的なのだが、長女の旦那が外国人シェフということもあり、本格的。分厚い肉も火が通っていても柔らかい肉質。ココナツミルク入りのカレー。他に招待されたお二人も言葉を失う程。

page5.5-2.jpg

 デザート、フルーツは娘さんの盛り付けらしいが、見栄えも良く美味しい。T中邸は、庭先が木々に囲まれて、今の時期は新緑にむせるような趣だ。そこにテーブルが並べられ、映画の一シーンのような光景。那須街道の渋滞をよそにGWのひと時を楽しませて頂いた。
posted by はらっち at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月02日

シラネアオイ園へ行く

DSC03699c.jpg
  ” シラネアオイ園のシラネアオイ(5月2日10時頃)”

 カメラ講座の仲間達5名と「シラネアオイ園」を訪れた。天気予報は好ましくなかったが、薄日、曇りと花の撮影には好条件。友愛の森で集合し、2台に分乗して68号線289号線を介して121号線から水無川に沿って「シラネアオイ園」へ向かう。約90分の行程。今日は、連休の谷間が功を奏したのだろう園内は人影も少なかった。

DSC03683c.jpg

 園内は、シラネアオイが満開だった。雑誌「山野草」に特集が組まれるほどの規模。オーナーの佳奈さんをご家族がサポートしている。園内に点在する建物は、全て自前。シラネアオイにもし紫色にも濃さの違いがある。白も増えている。白色の方が持てはやされているが、個人的には紫色が好きだ。
 ヤマシャクヤクの白を購入して、同じ道を通り帰宅。車内は他愛もない話題で和気あいあいと過ごす。毎日が日曜日のメンバーだが、連休の谷間を楽しく過ごした。
posted by はらっち at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月30日

我が家の愛犬はお疲れ気味

DSC03525c.jpg

 我が家の愛犬ミミーは、9月の誕生日で13歳になる。今は、昔と違って小型犬は長命と聞く。人間の年齢の5倍とも6倍とも云われる加齢のスピードだが、熟女の域に達していることは間違いない。これまで、大病らしきものは患っていないが、先日、午後急に下痢嘔吐をして、翌日、終日マイベットから起きてこなかった。人間と違って「痛い」とも言わないので打つ手がない。
 かかりつけの動物病院へ連れて行くと、「一度血液検査をしておきましょう」と云われて、「えっ、犬の血液検査?」と思ったが、今では当たり前らしい。血液検査のデータを説明されたが、これといって悪い病気ではないらしく、抗生物質の注射をされて帰宅。すると注射の効果なのだろう、元気を取り戻した。今では、我が家の家族の一員同然、元気な時は良いのだが、元気がないとやきもきさせてくれる。
posted by はらっち at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月28日

つがる姫が満開

DSC03661c.jpg
   ” つがる姫の花(4月27日)”

 我が家の庭を飾るリンゴの苗が3種類ある。りんごの結実は、種類が異なるものを植えないといけないと言われて、「つがる姫」「アルプス乙女」「サンフジ」にしている。「アルプス乙女」はミニリンゴで、3〜4pの実、本命は、「つがる姫」だ。「サンフジ」はまだ鉢植え状態。それにしても、リンゴの花は可愛いい、花の大きさと白色とピンク色が何とも言えない。今年は、花全体の開花時期が1週間〜10日ほど早い。定かではないが、我が家のリンゴの開花も昨年より早いように思う。リンゴ農家に聞くと、消毒・殺虫と薬剤散布に忙しいらしい。人体に影響のない薬剤を知らないので、木を眺めては虫をつまんでいる。さて、今年は、何個食することが出来るだろうか。楽しみだ。
posted by はらっち at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月26日

かしま灘楽習熟訪問記

DSC03599c.jpg
  ” 鹿島神宮 (4月26日14時頃)”

 強風・大雨の中を茨城県鹿嶋市に車を走らせた。友愛の森集合早朝7時、那須シニアカレッジ5名の役員で「かしま灘楽習塾」を訪問するのが目的である。10時を少し回った頃に「鹿嶋市まちづくり市民センター」に到着。塾長と事務長が玄関で迎えて頂いた。この市民センターが「かしま灘楽習塾」の本拠地。以前は、短期大学らしく多くの部屋数と各種施設を持っている。一通り塾長にご案内を頂いた。施設の充実に羨望。
 今回の訪問は、「那須シニアカレッジ」に事務室を設置するために、情報収集を兼ねている。
「かしま灘楽習塾」が使用する施設は無料で、ランニングコストとして月3000円程度の電気代が掛かるという。又、14期を迎えるのは「那須シニアカレッジ」とよく似ているが、受講生は1500人在籍。人口比率からすれば、約3%、我々は約1.3%。14年前に発足する時は、100万円の補助金があり備品の購入に充てたとのこと。「生涯学習は、高齢化対応の重点施策、市で運営すると多額の費用が掛かるので、施設の提供は当然のこと」と市担当者は胸を張って強調される。この点は那須町とは考え方に大きな差がある。「皆さんが来ていただくより、那須町の行政の方が、鹿嶋市の施策・取り組みを勉強に来られては」と冗談めかして言われる。
 午後になると雨も上がり、歓談しながら昼食を頂き、その後鹿島神宮をご案内頂き参拝し、帰路についた。参考になるというより規模の違い環境の違いに愕然とした訪問だった。
posted by はらっち at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月23日

旅への誘い第3弾展示会

DSC01345ac.jpg
  ” 善き羊飼い教会を望む(2017年4月テカポ湖)”

 黒磯駅前商店街の一角に「カワッタヤ」という、地域コニュニティーセンターがある。情報誌を置いてあったり、小規模のコンサートやイベントにも利用されている。室内の壁面には、絵画などの展示に利用されているが、時々空間になっている。お世辞にも集客力が高い施設とは言えないが、多少のお手伝いを兼ねて、手持ちの写真を展示している。「旅への誘い」と題して海外の写真だけ。知人から「スペインを飾って」との要望を耳にしていたが、準備が間に合わなかった。海外旅行を楽しむというより、写真に拘っているので果たして興味を持って頂いているか疑問だが、時々、施設の係員へ質問があるらしく、安堵している。、次回は、知人の希望を叶えてスペインにしようと思う。
posted by はらっち at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月21日

フジフォトサロンへ

DSC03542c.jpg
 ” ミッドタウンスクエアからフジフォトサロンを望む(4月21日12時頃)”

 「四季の那須フォトコンテスト」の入賞作品展が昨日から「フジフォトサロン」で始まった。このギャラリーへは何回か足を運んでいる馴染みの場所でもある。今朝、高速バスを利用して日帰りした。
 流石にミッドタウンだけあって人混みだ。会場も来場者で溢れていた。「ここはどこかしら?」と首を傾げている外国人夫妻、「栃木県那須高原です」と英語で話しかけると、「有難うございます」と日本語が返ってきた。確かに英語で返答したはずだが、絶句。
 今日の東京は真夏日と脅かされていたが、意外と暑さを感じない。湿度が低くさわやかだ。帰りの高速バスも往路同様に乗車率が高い。土曜日に利用することなど皆無で、平日の印象しかない。殆どが観光鳥が鳴く状態で、一人だけの時もあった。
 盛況を見届けられたことで満足。次回があれば良いのだが、予算との格闘になるらしい。
posted by はらっち at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月18日

医者の診断「カートに乗らないように」

page4.18.jpg

 3カ月毎の定期診察へ行った。
「先生、血糖値が落ちないんです」パソコンのモニターをみながら医師曰く。
「う〜ん、高値安定だね、これ位なら、運動と食事療法でクリア出来るよ」
「そう言われて2年、限界とちゃいますか?」
「運動は何してるの?」
「ゴルフの練習に週2〜3回、コースに週1回、その間は犬の散歩と室内でバイクです」
「それ位なら及第点かな、ゴルフと云えば遼君帰ってきたね、アメリカの水は合わないのかね」
「体力的には、松山でしょう」
「ところで、ゴルフ場では、カートには乗っていないよね、乗っちゃうと運動にならないよ」 絶句
 初めて診察してくれた新顔の医師、ユーモアたっぷりの話しぶりに質問事項も忘れてしまった。
posted by はらっち at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月30日

ミニカトレアを楽しむ

DSC03474cc.jpg
" ミニカトレア(クミコ)(3月30日)”

 洋ランの育成も少しづつ熱が冷めてきている。江尻光一さんが亡くなられてから、特にパフィオへの愛着が薄れてきている。枯らしてしまう頻度が高いことも理由の一つ。その点カトレアは丈夫で花付きも良いので、室内温室は、彼らに独占されつつある。
 パステルオレンジの「ソフロレリオカトレア・ラブ・エクセレンス”クミコ”は、毎年、元気に花を付けている。株が充実すると花数が多く付くというが、確かに昨年より多いようだ。花の形が不揃いだが、当分、楽しめそうだ。
posted by はらっち at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月26日

花粉症と戦いながらのゴルフ

18H_2017new.jpg
" ちふり湖CCHPより拝借(3月27日)”

 今年になって、2度ゴルフしたが「ちふり湖CC」では初めてになる。冬季期間中はクローズで3月20日から再開している。いつもの東京からの別荘族グループとの月例。今回は参加者が少なく私を入れて5名だ。
気温が上昇し20度になっているらしい。汗ばむような陽気。この時期は、屋外活動は難敵がいる。花粉症だ。鼻水、くしゃみ、目のかゆみとの戦いで、思うように集中できない。それでもお金を払ってゴルフをしている。「そこまでしてゴルフしなくても」と妻はあきれ顔。明日も、伊王野に場所を移し「どんぐりの会」。ゴルフのスコアの前に花粉症との戦いが待っている。
posted by はらっち at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記