2022年05月17日

シニアの井戸端談義

DSC03664c.jpg
" りんどう大橋より那須連山方面を望む(5月17日13時頃)”

 半世紀前、企業の殆どは人材育成のため社内教育を充実させていた。中堅になって組織の管理監督職に就くとマネージメントに関する教育が必須となった。その時に反面教師として用いられた用語が「お役所仕事」だった。非効率的、不親切、形式的など市民(顧客側)にたった仕事のやり方では無かった。その後業務は、顧客側に立った仕事のあり方が本質となって現在に至っている。小生が住む町でも、町民サービスに取り組んでいて、反面教師に出てくる行政の姿を見ることは殆どなくなった。
 最近、新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円を誤って1世帯に振り込んで回収できなくなった問題がテレビなどメディアで大々的に取り上げられている。同年代の年金生活者の友人とこの話題で不謹慎にも盛り上がった。「自分の金でもないのに使ってしまって、もうありませんて何なのよ」「簡単に4600万円もの金を簡単に使えるのかね」と普段手にしない金額に貧乏人の悲哀が会話に現れている。「しかしだよ、若者のことは置いておいて、役場が4600万円の振込について、簡単に担当者一人で決済できるの」「民間企業でも、責任者の決済は不可欠だろうよ」、「行政の仕事のやり方が想像以上に替わったのかね」「今時、フロッピーディスク使ってるの、容量は1.4MB だったかと思うよ、活字だけだから収まっているのかな」等と勝手なことを言い合った。テレビの報道では、何故間違いを起こしたのかは踏み込んでいない局が殆どだ。半世紀前の「お役所仕事」を想い出してしまった。いずれにしても気分の良い話題ではない。早く解決して欲しいと願うばかりだ。

posted by はらっち at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月14日

沖縄返還に想いを馳せる

DSC04051ac2.jpg
      ”石垣島川平湾(2018.5.15)”

 明日で沖縄が返還されてから50年目になる。このことからメディアで取り上げられている件数も多い。沖縄返還に関して強烈な想いである。若かりし頃、確か返還前年だったと記憶している。沖縄返還を記念して大々的な撮影会が催された。S上司の温情で出張する機会に恵まれた。東京からサービスカー(カメラの各種診断が出来る設備搭載)を専任運転手が鹿児島経由フェリーで沖縄へ運んだ。沖縄は、返還前は今と違って右側通行、助手席でも肝を冷やしたこと数回。撮影会は、万座ビーチで著名な写真家数人とモデル達で大変な盛り上がりだった。銀レフを担当したが、水着姿のモデルを目の前にして目のやり場に困った事を思い出す。
 入社以来初めての飛行機を利用しての出張だった。返還前でもパスポートは必要なかったが、空港には免税店があって、東京では高価だったクロスのボールペンが安く、飛びついて購入したことを記憶している。当時は、出張するとお土産を買って帰る社内風習があったが、何を買って帰ったか覚えていない。返還を控えた現地の方々の心情を思いやらず、只舞い上がって初めて沖縄を訪問したことを想い出す。
posted by はらっち at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月10日

新緑の季節到来

DSC03608c.jpg

 暦の上では既に夏だが、朝はひんやりとした空気が漂う。ウッドデッキに沿うようにして作った、室外の洋ラン用植木棚の温度計は、最低温度が10度を上回らない。15度を指すまで辛抱だ。
 先日剪定した、モミジ、夏椿は新芽を出して新緑の季節を演出し始めている。しかし、テンポムシ、シンクイムシに荒らされているので枯れやしなかと心配だが、植木職人は「モミジは強いから大丈夫」という。牡丹や、シャクヤクも同様の被害に遭いやすいので、これからは目が離せない。
 木々が葉を生い茂らると、「ジャングルみたいだね」と年に数度しか訪れない長男が破顔しながらいうが、木の下の山野草には有難い無くては成らない環境でもある。雪見酒というのはあるが、新緑を見ながらのビールも良いものである。
posted by はらっち at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月07日

運動不足解消の自転車利用

jintensya_man.png

 遡ること二カ月、ゴルフナビ(時計)を日常利用している。目的は万歩計替わりである。平均すると4000〜5000歩/日と悲惨な数字である。これは前にも述べたが田舎暮らしの誤算の一つで、都会暮らしには考えにくいこと。最近はテレワークとかStay homeとかで家に引きこもりの環境にあるので田舎暮らしと遜色ないかもしれない。
 我が家からは500m圏内に生活に必要な買い物が出来る施設が揃っている。田舎暮らしでも恵まれている方だ。この利便性の高い環境にも関わらず時として車で出掛けてしまう悪癖が頭を持ち上げるので、1km圏内の移動は徒歩と決めている。
 昨日、友人宅T中さん経由、セブンイレブンへ自転車で行った。往路2qの比較的下り坂、路面は決して良いとは言えない悪路に近い。復路2.5qのだらだら上り坂。行きは良いよい帰りは辛い、といったところである。最後のゴルフ場付近からの上り坂は、殆どの人が自転車を押しているのだが、それを降りずに登りきることに優越感を味わっている。しかし、帰宅してからがいけない。ソファーに身体を暫し投げ出している。この程度は当たり前の運動量なのだろうが、身体が錆びついている証拠の何物でもない。
posted by はらっち at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月29日

蔓延るタンポポにうんざり

DSC03553c.jpg
   ”タンポポンの綿毛(4月29日曇り)”

 今日は冬に逆戻りの陽気、外気温度は7度である。薪ストーブは清掃して来シーズンに向けてスタンバイ状態。止む無く石油ファンヒーターをフル回転。昨日、気になる植木類を屋根付きの植木棚に移動して正解だ。このような陽気だが無頓着で庭には西洋タンポポが咲いている。花を摘んでも摘んでもあざ笑うように花を咲かせる。道路を挟んだ空き地には、黄色の絨毯を敷き詰めたように多くの西洋タンポポが咲いている。
 タンポポには、在来種と外来種があることを十数年前に草花に詳しい知人から教えてもらった。見分け方は、苞片が反り返っているかどうかで区別が付くが、身近に咲いているタンポポは帰化種・外来種の西洋タンポポといって間違いないようだ。私が知る在来種は、マウントジーンズのロープウエーで上がった山頂駅を降りた所に群生していた。それも十年ほど前の話で今は、どのようになっているか判らない。
posted by はらっち at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月28日

祥月命日の墓参り

20220428_085643.jpg
   ”菩提寺の牡丹 (4月28日曇り)スマフォで撮影”

 今日は、母の祥月命日。毎月墓参りのが出来るのも菩提寺が近くにある至便性だ。車で20分の距離で那須塩原駅前通りも渋滞することは無い。8時過ぎに家を出る。最近は墓の手入れを怠っていたので、所々埃にまみれている。久しぶりに時間を掛けて汚れを落とした。妻が一緒ならもっと行き届くのだろうが、「もっと綺麗にしたら」と草葉の陰から母のお小言が聞こえそうだ。境内は、いつ訪れても綺麗に整っている。今は、草木では、牡丹とツツジが咲ている。人影が無い境内は、静寂そのもので気持ちが洗われるような思いだ。
posted by はらっち at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月26日

庭木の剪定を依頼

page.jpg
  ”上:庭サクラ 下;石楠花 (4月26日曇り)”

 移住した時、敷地の南側に夏椿が6本植えてあった。新生活にも慣れてきた頃、庭らしくしようと業者に庭造りをお願いした。夏椿は2本に減ってモミジが新参者として定植した。夏椿の成長に比べてモミジの成長が早く、剪定の仕方も判らず成り行きに任せて置いたら、植木に詳しいご近所さんが「大分暴れてますね」と遠回しに剪定の必要を問いかけていた。
 2月に商工会の知人を介して植木業者を推薦してもらった。「3月には伺います」との答えを貰っていたが、一向に連絡が無い。「いい加減な業者だな」等と呆れていたが、昨日、遅れのお詫び方々、今日の作業を提案してきた。二つ返事でお願いをした。8時半には作業を始め11時過ぎには終了した。モミジにはシンクイムシが幹に入っているらしく、上の方が枯れていた。石楠花、シャクヤク、牡丹など軒並み被害に遭っているので心配していた。「モミジは強いので、枯れることはありませんよ」と聞いてほっとする。
 夏椿はつばき同様、花が首から落ちるので庭が汚れて好まないのだが、新緑の風情は和風な感じでこの時ばかりは気分を良くしている。更に、木々が芽吹き初夏の様相になる。嬉しい季節到来である。
posted by はらっち at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月24日

急場しのぎの散歩

20220424_142427.jpg
” 25那須ゴルフガーデン(4月24日)スマフォで撮影”

 「血糖値を下げるには、2リッターの飲水と歩くことですね」と担当医のアドバイス。確かに体力の低下は足腰からと云われている。我が家の近くを毎日のように散歩する御仁を見ると頭が下がる。最近は、ゴルフ用のナビ時計を付けて日々の歩数を気にするようにしている。今日は、午前中知人宅を訪れ殆ど歩いていないので、午後2時過ぎに自宅近くの散歩コースに出掛けた。愛犬が若い時は、愛犬の散歩コースであった。最近は、愛犬が年老いて歩けないこともあってこのコースすら歩いていない。久しぶりに歩いた。このコースは、自宅近くの「25那須ゴルフガーデン」の一部に沿って歩くのだが、今日は日曜日なのにプレヤーの姿が無い。どうした訳だろうか。
 帰宅して歩数計を見ると1900歩、これでは歩いたことにならないだろうと思いながらも、「歩かないより良いか」と自分に優しい性格で満足している。晴れ間が無くどんよりした空模様が気温を下げている。明日は、天候が崩れるらしい。 
posted by はらっち at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月22日

日本では当たり前の礼節

page.jpg
" 我が家のイカリソウ2種(4月21日)”

 MLB(アメリカメジャーリーグ)が始まり、大谷選手を筆頭に日本人の活躍から目が離せない。我がベースターズ出身の筒香選手は、昨シーズン末本来の強打復活で今シーズンの活躍が期待されているが、現在、心配させる日々が続いている。
 今シーズンからMLBシカゴカブスへポスティングで移籍した鈴木誠也選手は、華々しい活躍をしていて嬉しい限りである。成績とは離れて大谷選手の色々な面での立ち振る舞いが話題になっていることは、知られている。最近目にしたMLBのニュースで鈴木誠也選手の立ち振る舞いにも賞賛が浴びせられていた。「フォアボールの時、ホームベース上を横切ることなく主審の背後を廻って一塁に歩く」ということのようだ。大谷選手が右バッターであれば同じことをしていたかと思う。
 我々日本人には、「無用に人前を横切るな」と小さい頃から教えられて育ってきたので、当然の振舞いと云える。そういえば、バットボーイが平気でホームベース上を横切る姿に違和感を持っていたが、アメリカでは普通のことなのだろう。
 年配者には、人前を横切る時に少し腰をかがめながら手刀を切って失礼を詫びる仕草がある。この仕草を日本人選手がやってみると、意外と「侍行為として話題になるかもしれない」などと想像してにやついてしまった。しかし、日本人には当たり前の礼節がところ変われば変わるものである。
posted by はらっち at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月21日

夏タイヤ履きへ履き替に店を選ぶ慎重さ

car_tire_change_illust_1825.png

 先日、遅まきながら夏タイヤへ履き替えた。7〜8年前だったろうか4月20日頃に積雪がありそれがトラウマになっている。ご近所のÅさんは車数台を保有しているが、履き替えは自前でやっている。「いつでもやってあげますよ」と声を掛けて頂いているが、「知り合いの整備工場が有るので付き合い上そちらで」と言って、体よくお断りしている。車の保守保全上最も重要なことであり、万が一履き替えが不完全な場合、責任を問う事も出来ない。
 過去に、ガソリンスタンドでオイル交換をした時に、ドレインキャップの締め付け不完全でオイル漏れを起こした。東名高速を走っている時、オーバーヒートを起こしてエンジンをダメにしたことや、那須高原に旅行に来た時係員がガソリンを入れた後、横浜に帰って再給油するとキャップが付いていないことに気が付き肝を冷やした等の経験が店を選ぶ理由だ。
 利用しているタイヤ専門のサービス工場は、交換したタイヤをビニール袋に包んでくれるのだが、そのビニール袋には会社名が大きくプリントしてある。これでは、浮気が出来そうにない。来週からはゴールデンウイークだが、この期間は例年渋滞で身動きが取れないのでStay homeだ。夏タイヤの活躍は先になりそうである。
posted by はらっち at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月20日

ネモヒラが咲いている

DSC03484.JPG
    ” ネモヒラ(4月18日 りぼーるたなか)”

 「ネモヒラ」というと日立海浜公園が知られているが、最近では海外へもその知名度は広がっている。最盛期には、人波を見に行くようでためらっている。鮮やかなブルーを好まれる人も多いようで自宅の庭で育てて楽しむ人も増えているようだ。「那須シニアカレッジ」の講座会場として利用している「りぼーるたなか」には、前身が小学校ということで校舎前には花壇があり、校舎を管理しているご婦人達がいろいろな草花を植えて楽しませてくれている。その一つに昨年よりネモヒラは仲間入りした。昨年は、4〜5mの広さに輝いていたが、今年は、他の植物主に侵食されて肩身を狭くしていた。そのネモヒラをスナップしてみた。来年は、昨年の輝きを取り戻して欲しいと願うばかりだ。
posted by はらっち at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月17日

横断歩道の怪

20220416_145646.jpg
   ”那須塩原市のとある横断歩道(4月16日)”

 那須塩原市内の旧黒磯地区を歩いてドン・キホーテ内のメガネ店へ検眼に行こう横断歩道を渡った。渡り切ろうとすると何かいつもの横断歩道を渡る時と違って違和感を感じた。足元を見ると道路と歩道間に段差があるのだ。通常なら勾配を付けてバリアフリー対策を講じている。これでは、歩行が困難な人、車いす、乳母車では渡り切れないのではないだろうか。何故ここだけがこのような形になっているのか理由があるはず。と無い知恵を絞りだしても答えが見つからない。杉下右京のセリフ「小さなことが気になる僕」というには、安全・安心に関することで放置できそうにないが、さてこれは何処へ連絡したものか、市の道路課だろうか。
posted by はらっち at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月16日

久しぶりのボーリング場

20220416_140955.jpg
    ”黒磯ボーリング場(4月16日)スマフォにて撮影 ”

 妻がリハビリ中の待機時間を利用して病院近くのボーリング場へ入ってみた。ボーリング場へ行ったのは、駐車場へ車を置いて周囲を散歩して歩行距離を稼ごうとしたのだ。しかし、何気なく目の前の「黒磯ボウリング場」へ立ち入った。入り口を入ると係員が足早に近づき体温測定器でチェックする。「ゲームですか」「いや〜久しぶりにボウリング場が懐かしくなって見学です。」「ごゆっくりどうぞ」と笑顔で案内してくれた。
 30レーンあるがゲーム中のレーンは、2レーンでキッズグループが楽しんでいるだけだった。ボーリング人口も戻ってきたという情報を耳にしていたが、それは大分前のことらしい。土曜日でこれでは、経営も大変だろうと余計な心配をしてしまう。コロナ禍の影響もあるのだろう。集団で声を出して楽しむ環境は、二の足を踏むかもしれない。半世紀前のボーリング全盛期は会社帰り2時間も待ってゲームをしたことが懐かしい。料金も550円/ゲームとその当時とは大分異なるが、シニア料金は変わらない。しかし、ゲームをしてみようという気が起きないのは、加齢のせいだろうか。
posted by はらっち at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月14日

玉切り原木の移動

DSC03472c.jpg
  ” 駐車場へ移動した玉切り原木(4月14日)”

 「今日、ダンプ持ってきましたので木を移動しますけど」と朝一番で、作業服姿の男性が玄関のインターホーン越しに話してきた。住宅建設地の奥の林の中に切り倒された大木、「薪に使って下さい」と声をかけて頂き、先日、チェンソーの不調も治って球切りした。生木での移動は重た過ぎて厄介なので、水分が抜けてから移動しようと思っていたが、思わる助け舟を頂いた。我が家からは、200mと離れていないのだが、40pに球切りしても1個当たり20〜30sと重い。駐車場に落としていただいたが、これからの薪割が厄介だ。1本手割り(マサカリで割る)を試みたが、びくともしない。当分放置すると水分が抜けて割れ目が出来てくるので、それから割ることにした。調達計画より多めの薪を調達できた。今年の冬シーズンは、余裕をもって暖かく過ごせそうだ。
posted by はらっち at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月11日

初夏の陽気下でゴルフを楽しむ

20220411_103942.jpg
    ”那須ちふり湖CC(OUT7番4月11日)スマフォで撮影”

 別荘族O氏にお誘い頂いているゴルフコンペに参加した。このコンペは、関西六甲高校卒業生で主に東京在住の方で構成されている。昨年は、妻の入院中ということで一度も参加出来なかった。今日は、今シーズン初めての開催である。1年半ぶりの再会だ。口々に「奥さんの具合はどう?」と心配してくれる。有難い。これまで開催に熱心だったM氏が先日急逝し、奇しくも今日はM氏の誕生日にあたるとのこと。プレー前に集合して黙とう後記念撮影。
 今日は、昨日に続いて初夏の様な陽気に恵まれた。先日、優待券が期限切れを迎えることで、慌ててプレーしたが、まだ実践間隔が戻っていない。ドライバーは満足できるものだったが、アプローチは距離感が掴めずに前半は不満たらたら。前のパティ―は4人、我らのパーティーは三人だったがゴルフを楽しむということでは人後に落ちない面々。明日もプレー予定というO氏、4日連続というタフネスぶり。来月の再会を約束して帰路についた。
posted by はらっち at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記