2019年11月17日

鬼の霍乱

GUM06_CL05001.jpg

 5日前に喉に違和感を感じる風邪の初期症状があった。これは遺憾とうがいとビタミン剤の服用など素人対応を試みたが、残念なことに咳込み、鼻水と本格的な症状が現れて5日目、ゴルフの予定や、知人の展覧会訪問などキャンセルせざるを得ない寂しいことになった。「いつも極めて壮健な人が病気になることを」「鬼の霍乱」と例えられるが、小生の場合は、持病を持っているので、鬼とは言い難いが、ま〜親戚程度と云ったところだ。
 那須高原へ移住してスローライフの日々、都会生活と違って雑踏に行く訳でもなく、他人との接触も限られていることが風邪を引かない好ましい結果なのだろうと推察していた。移住以来風邪とは無縁だった。昨年どうした訳か、風邪を引いた。「こちらに来て初めて十数年ぶりに風邪を引いたよ」と話題にしていた程だ。それがどうした訳か今年も風邪を引いてしまった。不摂生という事も無いと思うのだが、思い当たる節が無い。これも医者に言わせれば加齢ですよ、という事になるのかもしれない。気候の変化に身体が対応しきれなかったのだろう。これも加齢という事だろうか。
posted by はらっち at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月16日

庭のモミジの紅葉

DSC08938c.jpg
" 庭のモミジ (11月15日)”

 15年前に移住してきた時、庭には数本の夏椿が植えてある程度で殺風景だった。造園屋さんに頼んで、黒土を植木を植えるなど庭らしくなった。その中にベランダ近くにモミジを植えた。そのもみじが毎年成長し幹が太くなり、様になってきた。昨日紅葉が真っ盛りでスナップした。素人なりに剪定をしているのだが、やはり素人、枝ぶりがイマイチなのはご愛嬌と云ったところだ。そのモミジの下には山野草を植えているのだが、種類により成長が違い、育たない種類もある。先日、ご近所に住む山野草愛好家のE夫人が訪れて一言「ベニバナヤマシャクが育たないのはこのモミジのせいよ、栄養が皆なこれに吸い取られているのよ」と。確かに太い根っこが大きくはっている。この紅葉を見ると伐採するには躊躇する。昨晩の強風で葉を散らし、紅葉も見納めになった。
posted by はらっち at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月14日

たそがれ愛犬

DSC08943c.jpg
  ” たそがれ中の愛犬(11月14日)”

 愛犬の生活は、シニア夫婦の生活にリンクしている。最近は、散歩の距離も短くなった。愛犬自身の老齢化によるものか、飼い主の身体を思いやってのことから判らないが、思いやりの心としておきたい。殆どが家の中での生活だが、大半が寝て過ごしている。朝は、6時半ぴったりにベットの近くまで来てお越しにやってくる。14歳のおばーちゃんなのだが、元気だ。夕方の散歩を終え食事が終わると、ひと時、居間のベランダ口でカーテンをたくし上げて外を眺めて過ごす。外では特別な動きがある訳ではないんだが、ぼんやりと眺めるのが日課になっている。
posted by はらっち at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月12日

2019薪ストーブを焚く

DSC08936c.jpg
 ” 薪ストーブ(2019年11月12日)”

 3日前だったろうか、寒い朝を迎えた。庭の最低温度計を見ると−1度だった。本格的な寒さはまだ先だろうとファンヒーターで部屋を暖めて過ごしていたが、どうもこのまま寒さも定着しそで、薪ストーブを焚いた。全開して焚いている訳ではなく、ストーブの温度計も100〜150度位だがやはり暖かさが違う。見た目にも炎が暖かさを演出してくれることも効果がありそうだ。 我が家のストーブは、「ダッチウエスト・フェデラル・コンベクションヒーター・エクストララージ」熱出力13900kclと大きいこともある。
 昨年より少し早い使用開始の様に思う。今冬は、薪も十分に準備できている。友人知人より原木を大分頂き、薪にしてある。街中では、煙、匂いと敬遠されがちだが、田舎暮らしの特権だ。薪ストーブを焚く季節到来である。
posted by はらっち at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月05日

粗大ごみを「クリーンステーション那須」へ運ぶ

DSC08517c.jpg
 ” 愛車に詰め込んだ粗大ごみ(11月4日)”

 以前から気になっていた使用していない「スチール製のベット」と「洋ラン用温室」の2点、部屋が空いていることを良いことに、「そのうち使うだろう」と安易な判断で保管。最近、その部屋を画像処理の部屋専用にしようと気持ちが傾いてきた。処分するなら多少なりとも売ることが出来ればこれ幸いと思っていたが、その考えは甘く、最後の手段で粗大ごみになった。「粗大ごみが2点あるのですが、取りに来ていただくと幾ら掛かりますか?」と「那須町のクリーンステーション」へ問い合わせをした。「2点で4000円です」との回答に「持ち込むと幾らですか」と再度と問いかけると「10sで150円です」と希望の持てる回答。早速に分解できる範囲で細かくした。温室だけはどうしても分解できない。今の愛車はSUVといってもトランクルームが狭い。何とか押し込んでクリーンステーションへ持参。いつものことだが、クリーンステーションの係員は、笑顔でテキパキと対応してくれて気持ちが良い。計量機に車ごと乗って計測、60s900円也。産廃品を出した後ろめたさを感じつつ帰路へ。途中、「ぐーちょきパン屋」さんへ立ち寄り、Uさんと談笑。「どちらからの帰りですか?」の問いに、2点の粗大ごみを運んだ帰りというと、「えっ、温室欲しかったのに」と思わる話に。もっと周囲に声を掛けるなど努力すべきと反省と後悔。
posted by はらっち at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月30日

ベランダの扉を作る

DSC08807c.jpg
 ” 完成したベランダの扉(10月30日15時頃)”

 ベランダを作り変えて10年経過、最近の雨続きで所々傷みが出てきている。その中で、扉は以前より痛みが激しく、丁番と反対側がだれてしまい、持ち上げないと閉まらないような状態だった。今日は意を決して日曜大工に取り組んだ。毎日が日曜日なので、ことさら強調することも無さそうだ。
 殆ど使用していない電動の大工道具を物入れから引き出した。さて、使用するのは何年振りか思い出せないほどだ。この電動大工道具を工務店SUZUKEN社長に見せると、「これは貴重ですよ、今、このセットは売っていませんよ」と、嬉しいコメントを頂いたことがある代物だ。使いこなしているかは甚だ疑問ではある。
 作成のポイントは、如何に四角い状態を維持できる骨格にするかだと思うのだが、筋交いを入れる方法がもっと簡単かもしれない。しかし、少しデザインチックではないだろうなどと自問自答して、四隅に補強版を取り付けた。費用は、木材を購入した680円也、ねじや接着ボンドは手持ち品。5時間程掛ったが、これも久しぶりの運動不足解消で帳消し。「あらっ、上手く出来たわね、見直しちゃったわ」と妻が素頓狂なコメント。若い頃は、日曜大工に嵌っていたことがあり、台所のワゴン、本棚、パソコンテーブル等割の合わないコストと手間をかけて作っていたのだが、記憶から消えてしまっているらしい。
 明日は、防腐剤を塗布して完成だが、ベランダの階段(ステップ)も老朽化が激しい。これも気になっている。こいつは、素人に難しそうだ。
posted by はらっち at 16:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月27日

我が家の秋色

page.jpg
" 庭の木々と草花(10月26日13時頃)”

 安定しない天候が続いている。今日は、時々陽が射すものの冷たい風が吹いている。我が家にも秋の気配が濃くなってきた。木々の葉は色付き、酔芙蓉の花が終わり、菊の花が咲き始めた。しかし、今年は葉の色好きが悪い。天候不順が影響しているのだろうか。庭の真ん中にケヤキがあるのだが、葉が落ち始めた。これからはこの落ち葉の始末が厄介になる。朝夕の気温も低くなるだろう。薪ストーブを焚くまでのことはないが、ファンヒーターの出番がやってきた。
posted by はらっち at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月26日

秋のイベントへのお誘い

page.jpg
 ” ぐーちょきぱんぱん屋にt(10月26日)”

 「芋煮会&けんちん汁会しますので来てください」と「ぐーちょきぱんぱん屋」のオーナーUさんからお誘いの連絡を頂いた。Uさんは、カメラ講座の受講生でもある。我が家から車で5分の距離。ご自宅とは別にご主人と作業場とパン工房がログハウスで何軒か軒を並べている。普段顔馴染みの方達が揃う。芋煮、アユの塩焼き、各種お結び、柿、茹でた落花生、最後には手製のデザートが並ぶ。ピザ窯では焼き芋を作っている。12時少し前に伺い、これらのものを頂き、談笑してきた。昨日の大雨が嘘のように晴れ上がったいた。
posted by はらっち at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月24日

新米をGET

watermark.jpg

 那須へ移住してから米に拘っている。山に囲まれた水田は、米作の最適地である。ブランド米も存在する。中越地震の時は魚沼産が壊滅状態になり、那須産のコメが代替品になったと実しやかに広言されるほどだ。いろいろな人を介して那須産の玄米を手にしているが、昨年からは、カメラ講座に席を置いておられたG氏の玄米を分けていただいている。写真と同様米作りも拘りがあり美味しい。「今年の出来はどうですか?」と聞くと「まあまです」と。まだ、昨年の玄米が少し残り頂いているが、古米に近くなっても美味しい。
我が家は夫婦二人暮らし、特に糖分摂取に医者の忠告を頂くわが身、ご飯の量も少なくなり年間で60s強になった。コメは精米したてが特に美味しいとの教え通り、家庭用精米機を利用し研ぎ方にもこだわっている。今日、60sお願いした内の30sだけ頂いてきた。料金は申し訳ないほどリーズナブルだ。残り30sは、冷蔵貯蔵庫に保管して頂いている。贅沢な話だ。これも田舎暮らしの特権の一つだろう。
 
posted by はらっち at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月29日

仲間達がゴルフにやってきた

DSC06744c.jpg
" 陽光ホテルから北コース9番ホールを望む ”

 毎年、現役時代の仲間達がゴルフにやってくる。三人は50代〜60代の昔馴染みだ。ゴルフコースは、陽光ゴルフコース(旧アイランドゴルフリーゾート)、那須町のゴルフコースの中では、コースレートが最上位。初日28日(土曜日)東京より車を走らせてきた。10時スタートなのだが9時過ぎには、お馴染みの面々が顔を揃える。この回も7年目を迎える。加齢を加える先輩のご機嫌伺いを兼ねているようだが、有難い。
 両日とも、曇り空で日常を忘れて和気藹々に楽しむ。昨年から「オリンピック」をすることになった。「何か一つ真剣に取り組むものが無いとね」という訳だ。プレー中にホールアウトした後、「今の幾つ?」との問いかけに「スコアの方、それともメダル数の方?」とスコアに対する気迫も薄くなり、4人揃って爆笑ということも。本日29日(日曜日)スコアを占めてみると、チョコレートの枚数も殆どさが無い。
 昼食は、ゴルフ場で取らずに「上川の里」で蕎麦を賞味。「来年もゴルフが出来るように健康管理お願いしますよ」と激励を受けて苦笑。2時過ぎ、東北道へ仲間達の車は走り去った。
posted by はらっち at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月24日

愛犬は14歳の誕生日

DSC08238.jpg
" マイホームで寛ぐ愛犬 ”

 今日は、愛犬の誕生日だ。14歳になる。14年前に知人を介して福岡から移住してきた。姉妹の姉が紹介の知人宅に一緒に空路移住してきたのだが、残念事に10歳の声を聞かずに天国に召された。
 初めて犬を飼うという暴挙な振舞いをしたのだが、今では家族の一員になっている。昨年までは、長期に留守にする時は、掛かり付けの動物病院へ預けていた。しかし、どうもこちらの期待と違う扱いで、愛犬の寂しさを感じ預けることを止めることにした。そのため長期の留守が出来なくなった。妻は「あなたがいるから海外旅行へいけないわ」と口には出すが、姿が見えないと時を置かず探している。最近、愛犬は近くで足音を立てても起き上がることが無くなった。飼い主の足音という事で反応しないのかと良い方に解釈しているが、どうもそうではなく犬本来の感覚が鈍っているように思う。これも加齢が原因かと。餌や病気のケアの進歩で寿命が延びているという。年齢を何倍して良いものか判らないが、一緒に過ごせる年月が長いことに越したことはない。我が家の愛犬は、今日も元気だ。
posted by はらっち at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月23日

オクトーバーフェスト開催のニュース

zelte-hp.jpg
" オクトーバーフェスト公式サイトより ”

 ドイツ・ミュンヘンで開催されている「オクトーバーフェスト」のニュースをネットで見た。世界最大のビール祭りだろう。今年も東京都体育館がすっぽり入るような大型テントが14個所も設置されているとのこと。日本でも最近、各地で「オクトーバーフェスト」と名前を借りてビール祭りが開催されていいる。
 1980年、この祭りに行った。この時期、2年に一度偶数年に、ケルンで世界三大カメラショウ―の一つ「フォトキナ」が開催されるが、その時に10人ほどの視察団に加えて頂き訪れる機会があった。当時、ミュンヘンには業務提携していたアグファゲバルト社があり、視察を兼ねたのだが、どちらかというと「オクトーバーフェスト」を楽しむための口実とも思えなくはない。視察団長のおえらさんの粋な計らいだ。
 テント内は、ノンベイの集まりだ。雰囲気は想像に難くない。あの時初めてリッタージョッキを知った。このような大きなジョッキがあるのか、と。酔っぱらった勢いで国際交流もハチャメチャだった。それでも、ドイツ人は日本人には極めて好意的で「ヤーパン、ヤーパン」と連呼していた。「イタコウは、だめだけどヤーパンは最後まで頑張った」と、第二次世界大戦の三国同盟を持ち出すドイツ人もいた。酒の肴には少し重たい話。今年もあの化け物のようなテントの中は、想像を絶する盛り上がりなのだろう。若かりし頃の懐かしい思い出の一コマだ。
posted by はらっち at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月17日

通販商品の中国からの配送-続編

DSC08236c.jpg
 ” 配送された通販商品(9月17日)”

 9月7日に通販サイトで注文した「スノーブーツ」が郵送されてきた。10日間の日にちを要した。海外のアマゾンをよく利用する友人の情報では、最近は当たり前の行為らしい。確かに「China Post]」と印字されている。やはり中国のメーカーか商社からの発送だ。18000円の定価が3190円(税込み)でキャンペーン価格として10%OFF、2871円也、これで国際郵便を使ってどれほどの利益を生むのか、気になる。「安かろう悪かろう」では無いかと気にしながら、外観を確認し早速に足を通してみた。中々の履き心地だ。内装のボアが貧弱なようで気になるくらいだろうか。「値段からして履き捨てでも良いんじゃないですか」と投げやりな妻の一言。さて実際に雪道で期待通りの効果を発揮するだろうか、足元が心もとないシニアをサポートしてくれるか、一月後に結果が出る。
posted by はらっち at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月14日

今朝の気温は12度

DSC08228ac.jpg
 ”キレンゲショウマ開花(9月14日8時頃)”

 肌寒さを感じる今朝、庭の寒暖計を見ると、最低気温11度、現在(8時)の気温は12度を指していた。
数日前までの真夏ような気温と10度以上は違う。体調を崩さないように注意が必要だ。後、10日もすると例年、那須連山の紅葉が始まる。今までピンとこなかったが、この気温で現実味を帯びてきたようだ。
 朝陽は出ていないのだが、気になっている「キレンゲショウマ」の開花状況を見た。開花している。如雨露口のような花弁の姿。今年は移植して初めての年、まだ土に馴染んでいないかもしれない。来年が楽しみだ。
posted by はらっち at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月12日

通販商品の中国からの配送

GUM01_CL04092.jpg

 来月、友人と「オーロラの撮影」に出掛ける予定だ。北極園に近いようだが、どのような服装が望ましいのか見当がつかない。冬の那須高原の寒さ程度だろうか、と想像を巡らしている。友人は、着々と準備に怠りないようだ。せめて足元だけでも装備しようと「スノーブーツ」を購入することにした。那須高原では、それなりに備えはあるのだが、それを持参するには大掛かりすぎる。通販サイトを開けてみた。何と18,000円が半額以下で表示されている。妻にモニターを覗かせた「デザインも良さそうね」という言葉だけでなく、下段の値段を見てのコメントだろう。即決して注文した。翌日メールが届いた。「発送いたしました」とのこと。よく利用する通販サイトは翌日配達が定番。しかし2日経っても届かない。再度、ネットを開けて「配達状況」を調べると「出荷済、配達中」の表示、よくよく見ると発送会社が中国だ。初めての経験、せめて、配達に時間を要します、程度のメッセージが必要ではないか、と憤懣やるかたない。急ぐ商品でもないこと、格安という事で自分を慰めている。
posted by はらっち at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記