2016年10月05日

十文字高原のそば処ばんない

page10.5.jpg

 南会津へ出かけると蕎麦を食べることが楽しみの一つである。好きな店は3〜4店。その一つに、十文字高原にある「ばんない」。那須高原より甲子道路を経て長い甲子トンネルをでると下り坂になる。そのまま下郷347号線に向かう方法もあるが、途中で山道に入り観音沼方面へ向かう。それから十文字高原内の舗装された道路を両サイドの景色を楽しむように下って行くと、静かな佇まいの「ばんない」の看板が目に入る。
 今日は、駐車している車が無い、休業かと心配しながらノレンをかき分け「やってますか」と声を掛けてみる。「はい〜」といつもの声が返ってきた。
 この店は、もう10年程通っている。移住してから写真が取り持つ縁で、画家であり写真家のY田さんと知り合い、この店を紹介された。八十歳近くになると思われるご夫妻が営業をしている。メニューは、「ざるそば」と「ざるぞば大盛」の2種類。初めて訪れた時、注文しない天ぷらが付いてきた。驚いていると、会津では蕎麦に野菜テンが付いてくると聞いた。
 今日も待たされた。天ぷらを揚げている時間が掛かっているようだ。10割蕎麦はいつもの湯で加減だ。野菜テンも温かく美味しい。これから、寒くなると休業が多くなる。今月下旬は、観音沼の紅葉も見頃を迎えるはずだ。「ばんない」昼食付きで友人を誘ってみようと思う。
posted by はらっち at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年09月10日

Franklin'S Cafeへ

9.9.jpg
       ”フランクリンズ カフェのカタログ表紙”

 昨日、東京からゴルフに訪れていた仲間を「Frannkulin'S Cafe」に案内した。「ビックリするようなところにある カフェに案内するよ」という誘い文句である。先週土曜日は、別の来訪者を案内したが、生憎にLiveをやっていて満席だった。あぜ道を林の中の悪路を進むと突然に木造の店が現れる。それぞれに思いは、感想は異なるのだろうが「えっ?」というのが異口同音。  

DSC08699.JPG

 軽い夕食にするという事で、パスタ系を注文する者が二人、私と年長者のN氏は「豚肉と野菜のライス」を注文した。前菜、スープまで付いて800円〜900円、リーズナブルな料金に「こんなに安いの?」と口を揃える。コーヒーにも拘りがあるようだ。「男4人、それもおっちゃんで来る所ではないね」と笑い声。那須の田舎に話題作りに訪れる店の一つである。
posted by はらっち at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年08月26日

海無し県の魚料理

page8.26.jpg
      ” 上:地魚丼ランチ  下:壁面のメニュー (8月23日)”

 先日、新聞折り込みチラシに黒磯の気仙沼直営店があった。早速、ランチをしに行った。直営店というフレーズに引寄せられたのである。11時45分過ぎ店に到着。早めに到着した理由は、「品切れ次第終了」という一言。店はこじんまりとした居酒屋風。15名程度で満席かと。「最近シケ続きで漁が出来なくて品物不足ですみません」と冒頭に断りの案内。
 栃木県は、国内では数少ない海無し県の一つ、冷蔵・冷凍技術が整っていない幼い頃は、魚料理となると、「塩シャケ」「川魚」「干物類」が定番だった。那須地区で「モロ料理」「サガンボ」が重宝されたのも保存性が高い(腐りにくい)ことが理由である。那須へ移住して初めて知った。
 今では、冷凍・冷蔵技術の進展、物流の短縮化などで、翌日現地のものが美味しく頂けるようになった。今回出掛けた「気仙沼直営店」もこれらの利点を享受してのことだと思う。美味しく頂いたが、気になるのは料金だ。直営店であれば品質と食べやすい料金も売りになるかと思うのだが、顧客はどのように受け止めるだろうか、少々気になるところである。
posted by はらっち at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年08月01日

Cafe & Pie Taragon (タラゴン)再訪

page8.1.jpg

 先日、友人と「Cafe & Pie Taragon」を再訪した。三度目になるだろうか。パイの専門店だ。女性客の人気が高い。母娘で経営していると聞く。パイの美味しさもあるが、細やかな接客・接遇もそれに輪を掛けているようだ。
 今回は、ランチセットをお願いした。トマト&チーズパイを選んだが、サラダ、デザートそして飲み物が付いて1400円。リーズナブルな料金とみた。国道4号線を那須から白河へ向かって走ると、道路際の林の中に佇んでいる。那須からは反対側にあり、対向車を意識して横切らなけれなならないというスリリングもある。カフェテラスもあり雰囲気も楽しむことが出来る。
posted by はらっち at 18:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年07月27日

別世界のダット&マム(Dad&Mam)

DSC08632.JPG
      ” カカオオーレ (7月25日)”

 久しぶりに友人達と「ダット&マム」へ。昼食を済ませた後でカフェタイムである。何回か訪れている店なので迷うことなく到着。 今日はカカオオーレを頼んだ。店の雰囲気はいつも心地よい。

page7.27.jpg

 インテリアも凝っている。どれをとっても話題に事欠かない。カメラの題材にも良い。タングステン光の明かりも雰囲気を醸し出し、室内に流れる軽音楽も心地よく時間を忘れさせてくれる。病みつきになる店の一つに間違いない。

posted by はらっち at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年07月16日

那須塩原「フランシーズ・ナチュール」へ再び

page7.16.jpg
     ” ハンバーグ(トマト&チーズ)ランチセット(7月15日)”

 国際医療福祉大病院へ行く途中でランチをした。店は近くにある「フランシーズ・ナチュール」店、3度目の訪れになる。最初に紹介されたのは、パン教室OB会での食事会で女性幹事のセットアップだった。ランチタイムは、込み合うという事が判っていたので2日前に予約を取った。「ご用意するのにお時間が掛かりますが」といつもの説明が受話器から流れる。確かに、ランチセットを食べるのに1時間は必要だ。
 家族3人それぞれのメニューを注文する。ハンバーグセットの3種類の中から、「トマトソース&パルメザンチーズ掛け」を選んだ。この店は、食材や器に拘りがある。又、作り置きをしないという事で時間が掛かる。店の雰囲気はアンティークな小物、ディスプレーで雰囲気作りがしてある。
 サラダ、コーンスープ、ハンバーグ(パンorごはん付き)、デザート、コーヒーがセットメニューで1,480円(税込み)。シェフ業を齧る愚息にも及第点らしい。敢えてあらを探せば「サラダとその器は冷やしておいて欲しいね」と異口同音。時間が許せば、ゆったりとランチを楽しむお薦めのレストランの一つだ。
posted by はらっち at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年06月18日

TEA GARDEN NATUREへ初訪問

DSC08470c.jpg
       ” ナチュール店舗全体をガーデン側より(6月18日14時頃)”

 雪柳街道沿いに新規オープンした「ティーガーデン ナチュール」へ行った。昨年の6月にオープンしたので1周年にあたる。雪柳街道は、黒田原への通り道であり、風楽さんへ訪問する時に目についていた。
 今日は、「那須シニアカレッジ10周年記念」の行事、記念誌作成に関わった委員の労いをして頂いた。店の雰囲気は洋風で、店の周りは草花が植えられて、店の名前の通りガーデンといった雰囲気をかもしだしてくれている。この店舗が出来る前は、桃の木が数多く植えられていて、美しい光景を作り出していた。殆ど切り倒されて、「無粋なことをするもんだ」と宅地化へ疑問を投げかけていた。その後にこの店舗が出来るとは想像していなかった。店舗が完成するまで結構な期間を掛けていたことを記憶している。
 ランチコースメニューだろうか、前菜、スープ、メイン(和風ハンバーグ)、デザートそしてコーヒーが付いてきた。料理の評価は個人差が大きいので何とも言えないが、カフェをするには、ロケーションが良い。自分の懐を痛めていないので、それなりに満足して帰路へ。
posted by はらっち at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年04月06日

カフェ&パイの店タラゴン

DSC08277.JPG
      
 国道4号線を那須から白河へ向かって走ると、林に囲まれた土手沿いに目立たない店がある。「カフェ&パイの店タラゴン」。パンの先生から推奨されていたので気になっていた。思い切って訪れてみた。林を切り開いた駐車場からは、店を一回りするようにして玄関に入る。

page4.06.jpg

 店内は、シックな佇まいで、道路側にはサンルームが増設されて青空を見上げる事が出来る。「母娘の営業でお待たせする事があります。」と玄関ドアに告知がされている。ユニークだ。人あたりの良い対応に納得。
パイ料理に、飲み物、サラダが付いたランチセットメニューは、1100円(税込)。リーズナブルな料金にも満足。4号線を走りさるトラックの騒音を除けば、お薦めの店の一つ。
posted by はらっち at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年03月09日

那須高原カフェ&ギャラリー風楽へ

page3.9.jpg
      ” 陳列中のひな人形の一部(3月9日)”

 ひな祭り前に伺って、新しいひな人形を撮影させて頂こうと思いながら、今日になってしまった。本当の予定は、風楽邸の庭木の一部雑木を伐採しようとしていたが、生憎の天候で延期になった。「お茶を飲みに来ませんか」という誘いを頂き、10時過ぎにお邪魔をした。持参しようとしたフラッシュが壊れてしまい、三脚も持たずに、2〜3枚スナップをさせて頂いた。奥には「江戸時代の雛人形ですよ」と紹介されたひな人形もあった。確かに布の染め加減も人形の表情も異なる。何とかカメラに収めようとしたが、上手く行かなかった。それにしてもいつ伺っても魅力的な商品が陳列され、ご夫妻の知識の豊かさもあって、一層商品価値が上がるようだ。水曜日〜金曜日は定休日だが、作家達との打合せも多く、忙しく過ごされている。
posted by はらっち at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年03月03日

タングステン光が似合うDad&Mam

DSC08125c.jpg
   ” 店内より周囲の林を望む (3月1日)”

 愉快な仲間達とランチへ行った。久しぶりのダット&マム、林の中に佇む雰囲気あるカフェ&レストランである。マムさんとは、シニアカレッジの同窓生。

page3.1.jpg

 店の中は、ログで囲まれ、柔らかなタングステン光に包まれた静かな雰囲気を作り出している。ここの小物も興味をそそる。これらのデザイン、レイアウトはデザイナーのご主人の成せる技。

DSC08143.JPG
    ” イカとトマトのパスタ ”

 ランチタイムは、何種類かのパスタがメイン。それぞれに異なるパスタを注文して少しづつシェアして楽しむ。いつものことだが美味しく頂く。私好みのパスタの太さ。仲間のお一人Sさん、今日は絶好調で口も滑らか。お隣で薪ストーブを前に書きものをしている女性は意に関せず、BGM程度に思っていたのだろうか。この店ではおしゃべりも良いが、静かに時の流れを楽しむのも良い。予定の滞在時間をオーバーして、カラオケスタジオへ。
posted by はらっち at 08:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年01月29日

遊行茶屋のランチ

page1.29.jpg
       ” 野菜カレーセットメニュー (1月29日)”

 アイランドゴルフリゾート那須の友の会更新手続きの序に、遊行茶屋でランチをした。ミゾレ混じりの天候では、来客も少なく一人だった。オーナーの大平女史と挨拶。3種類のカレーから「野菜カレーセット」を注文する。ここのカレーはスープカレーだが、好きな味である。訪れる度に美味しさが増し、腕を上げているようだ。単品で750円、セットで1000円とリーズナブルな料金。春〜秋はカフェテラスを設置するのも良いかもしれない。田園を挟んで遊行柳を観ながらのカフェ、絵になりそうだ。
posted by はらっち at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店

2016年01月19日

フランクリンズ・カフェへ再訪

DSC07963c.jpg
      " 豚ライスとサラダ盛り (1月19日ランチタイム)”

 雪が残る那須、愉快な仲間達とランチ&カラオケに出掛けた。ランチは、O嬢が気になる店に挙げていた那須町寺子乙の「フランクリンズ・カフェ」へ。私とKさんは再訪である。初めての訪問では、ミス無く辿りつく事が難しい隠れ家のような店。知る人ぞ知るレベルの高い店。

page1.19.jpg

 パスタ系にしようと思ったが、目に付いたのが「豚ライスのサラダ盛り」のメニュー。少し甘目のタレが掛り、食欲をそそる。店内は、個性豊かなグッツが陳列されている。それぞれが絵になりそうだ。我々三人の後に二組、道悪の中を訪れる人があると云う事は、やはり人気度が高い裏付け。1時間程ゆったりとしたランチタイムを過ごし、黒磯のカラオケスタジオへ。今日は火曜日、何と女性はドリンク代だけで90分カラオケを楽しむ事が出来る。「これって男性蔑視じゃないの」と冗談を言いながら、ストレス発散を楽しむ。
posted by はらっち at 18:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 気になる店

2015年12月15日

那須街道「caldo(カルド)」でランチ

page12.15-1.jpg
       ” クリームコロッケセットメニュー(12月15日)”

 「愉快な仲間達」のランチ・カラオケ忘年会で那須街道の「カルド」へ行った。いくつかの候補が上がっていたが、大御所の意向に沿い、残り二人は初めての店と云う事あり、その店に決まった。事前にネットで店の位置を確認し、クーポンを印刷して訪れると云う抜け目の無さ。この作業が結果的には、女性群の心を掴む事に。店は、那須高原ゴルフ練習場の入り口にあった。

page12.15-2.jpg

 S令夫人の仕入れた情報では「クリームコロッケ」が美味しいという。二人は、そのお薦め品でO令夫人はハンバーグステーキを注文、それぞれセットメニューした。1400円は観光地料金に近いかも知れない。
店は、アンティークな感じで、店内に女性の目に止まる様な小品も置いてある。又、店内はWi-Fiの環境にもなっている。 食べ始めると冗談を言いつつ、又、お互いの料理を試食する等いつものペース。和気あいあいで、美味しく頂いた。12時過ぎに店を出て、黒磯のカラオケスタジオへばく進。
posted by はらっち at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2015年12月11日

和の懐石「胡丹」で満足

DSC07837c.jpg
      ” 懐石二段重のデザート(12月11日)”

 年に二度「パン教室懇親会」がある。澄子先生を囲みランチを楽しんでいる。世話役は持ちまわりで、今回は前回に続いてO田夫人。残念ながら出席者が少なく5名。初めての和食懐石料理店「胡丹」。口コミサイトでは非常に人気の店なのだが、確かに実食して納得。

page12.11-1.jpg

 新しい店なのであろう、パテイオを囲むようにガラス張りのテーブル席が並ぶ。明るく現代的な和食レストランである。予約限定と云うのも判る。30〜40人は収容できると思うが女性で満席。
「懐石二段重」を頂く。1940円也。このメニューと美味しさとリーズナブルな料金であれば、リピーターが増え、口コミの印象が良いのも納得。テーブル席間にはアコーディオンカーテンで間仕切りも可能。「はらっちさん向きね、個室になるわよ」と澄子先生より冗談が飛ぶ。
 欠席した仲間には残念な結果だったろうと思う。再訪したい店の一つになった。セットして頂いたO田夫人に感謝である。 
posted by はらっち at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2015年11月28日

西那須大鷹の湯へ

DSC07727c.jpg
        ”大鷹の湯 入口光景(11月19日)”

 「お・も・て・那須手形」が11月20日で失効するので、慌てて最も近い西那須「大鷹の湯」へ行った。我が家からは、25km30分の距離である。普段は那須湯本、源泉鹿の湯で事足りるので、ここまで足を延ばす事は無い。手形の特典で無料と云う事が利用した最も大きな理由。

page11.19.jpg

 「大鷹の湯」は友人を介しての知人が経営している施設で、オーナーの飯沼さんは、知る人ぞ知る温泉博士。自家源泉だ。以前は別邸にスナックもあり、そこで友人とカラオケを楽しませて頂いた事もあが、何年かぶりの訪れは、施設がリニューアルされて、周囲を改めて見廻してしまった。
 施設の前に敷設されているのは、聞くところによると戦前の塩原鉄道軌道らしい。泉質は単純泉だがPH度が高く「美肌の湯」と云ったところである。確か、「1分間に1リットルの新しい温泉が身体に触れないと掛け流しにならず温泉効果が低い」と力説されていたが、それからすると循環型の温泉は効果が無いらしい。 こんこんと流れ出る温泉は、その自説を立証するような勢いで肌に触れていた。
posted by はらっち at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店