2017年05月15日

八幡園地のつつじの開花状況

DSC01496c.jpg
   " 那須街道のつつじ(5月15日11時頃)”

 つつじの開花状況が気になって、17号線那須街道へ車を走らせた。守子を過ぎたころから、右側の道路添いの雑木林中につつじが点在している。霧雨が降り注いでいたが、それが却って木々の色彩を鮮やかにしている。今が見ごろだろうか。

5.jpg
      ” 左上; 八幡園地のつつじの開花状況 左下;鹿の湯の全景
            右側:駒止の滝 (5月15日11時頃)”

 水曜日に「ビジターセンター」でカメラ講座を予定している。文化センターから場所を代えたのは、近くの「八幡園地」のつつじ群生が題材になるかと予想してのこと。ロケハンに出かけた。八幡園地に近づくと一面の霧、木々の芽吹きも儘ならない、まだ、山桜が開花している。これからの気温にもよるが、後4〜5日後が見ごろだろうか。
posted by はらっち at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月14日

いろいろな花が咲き始めた。

5.14.jpg
    " 左上:クレマチス 左中;ミヤコワスレ 左下;ケマンソウ
              右縦;クロユリ (5月15日曇り)”

 陽射しがないが穏やかな日曜日だ。大型連休の後ということで、観光客の姿も一服感のようだ。と言っても出かける訳でもなく、パソコンに向かって過ごしている。
 外の空気に当たらなければと思い立ち、愛犬の散歩に付き合う。というより愛犬が私の散歩に付き合っているというのが正しそうだ。庭も雑草が元気になっている。特にスギナがいけない。あいつは根性物で根をしっかりと深く下し抜ききれない。
 最近、いろいろな花が咲き始めた。クレマチスは、2種類あって最初はピンク、その後紫が開花する。ケマンソウ、別名タイツリソウは新参物、鉢物で花が終わったら地に下ろそうと思っている。クロユリは、これも鉢物だが、地に下ろすと球根をモグラに食われそうなので辛抱している。大輪を咲かせるには地に下ろしたい。ミヤコワスレは、咲き始めが紫の色が濃くて好きである。今週末には、ボタン、そしてシャクヤクと華やかになりそうだ。新緑と相まってこの時期は楽しませてくれる。      
posted by はらっち at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年05月13日

傍若無人の振る舞いに眉をひそめる

DSC_0048-2s.jpg
      ” クイーンズタウンの夜景(友人M氏撮影)”

 今回のニュージーランド旅行は、友人と二人ずれ。共通の趣味写真撮影に興じた。クイーンズタウンでレンタカーを借りて、最終日のクライストチャーチまで時速100qの一般道路を走り切った。どの町でも、某隣国の団体観光客が溢れていいた。レンタカーを運転するグループも隣国の姿。確か、某隣国では国際運転免許証の交付が無いと聞いいているが。
 夕刻、夜の撮影スポットでは、その某隣国の人達で騒がしい。使用しているカメラは、日本製の高級一眼レフとなれば、眉を潜めてばかりにはゆかないが、所かまわず唾を吐く、手鼻をかむ、食べ残りを道端に捨てる、人前を構わず横切るなど目に余る。テカポ湖では友人と「湖畔から離れて撮影スポットを探そうか」と、騒がしさから離れた。
 そう云えば1980年、ドイツのカメラ関係イベント(フォトキナ)に10名ほどのグループで出張したことがあった。ドイツ国内の移動で飛行機に搭乗した時の出来事、当時は国内線は自由席。若手の私は一歩下がっての同行、隣の席は空席、あとから若い外国女性が近寄ってきた。「あいてますか?」「どうぞ」チャーミングな女性に落ち着かなかったことを記憶している。彼女は、カナダトロントからで添乗員とのこと「ドイツ語しゃべれるの?」「しゃべれるよ、いつも、や〜や〜や〜だけどね」というと爆笑し、その後片言の英会話は、私に好都合のレッスン。最後に「あなた達、ノウキョウ?」と投げかけてきた。思わず失笑。当時は、日本人のグループ旅行というと「ノウキョウ」が世界を席巻していた。どの町でも、赤系の衣装でひときわ目立つ某隣国の旅行者を見て、昔のことを思い出している。
posted by はらっち at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年05月11日

集団検診に行く

DSC09909c.jpg
       " 高原公民館前の検診車(5月11日9時頃)”

 毎年、町主催の集団検診の案内が届く。確か2月頃だったと記憶している。案内書には、検診場所と検診日が記載されている。「いつにしますか?、今回は、夢プラザ、それとも高原公民館?」と妻とやり取りをして、事前申し込みを行った。
 今回は、早めに「高原公民館」を申し込んだ。夢プラザと距離的には、同じようなものなのだが、込み具合が違う。「早めに行きましょうよ」と、シニア世代特有の余裕を見た早いお出掛けである。8時半受付開始と記されていたが、8時には到着した。すでに5名ほどの先客が。受付係員が、「早いですけど受け付け始めます」と15分ほど前倒ししての受け付け開始。「はらっちさん、この後会計に回って手続してください」「えっ、財務大臣と別行動で持ち合わせがない」慌てて、車へ戻り財布を片手に会計へ。「無料ですよ。」と嬉しい誤算。
 しかし、これだけの項目の検診となれば、一般のクリニックで検診を受けると結構な費用が掛かるはず。嬉しい半面、那須町の財政を考えると複雑だ。500〜1000円位徴収しても良いとは思うのだが。約10分ほどで全ての検診を終了して放免になる。一月後に結果が通知されると聞いているが「要精密検査」だけは、遠慮したいのだが。
posted by はらっち at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月09日

那須高原に新緑の季節到来

DSC09905c.jpg
       ” 別荘地内の新緑(5月9日16時ごろ)”

 昨日、東京では真夏日だったらい。那須高原も気温が上がった。木々は、これ幸いと眠りから覚めて、芽吹きを始めた。
 今日は、久しぶりに友人達とゴルフ、何とサービス券を使ったら、プレー費が無料で食事代だけの1300円で遊べた。入浴を終えて、帰り道の途中シニアカレッジの代表宅へ伺った。用事を済ませて、別荘地内に目をやると、一面新緑に覆われていた。これから、那須高原は、さわやかな季節がやってくる。
posted by はらっち at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月07日

庭桜が満開

DSC09911c.jpg
         ” 庭桜が満開 (5月6日)”

 春が遅い那須高原の桜でさえも殆ど葉桜になり、華やかさは見られない。世間の桜が散ると、我が家の「庭桜」が開花する。桜といっても見上げたり木の下でお花見が出来るような大きさではない。樹高1m位である。ピンク色が濃く密集して開花するが樹高が低いので、垣根代わりに植えている。横浜にいる当時は、鉢物だったが、母が「身近にお花見が出来る」と楽しんでいた。那須高原に来て地植えすると広がり始めたが、変り種の桜なのかもしれない。
posted by はらっち at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年05月05日

リンゴの開花

DSC09913c.jpg
        ” リンゴ・アルプス乙女の開花(5月5日)17時頃 ”

 我が家の庭には、3種類のリンゴの木がある。野菜作りをするほど広くない庭なので果樹を植えている。実がなる楽しみもある。昨年は、二つ実をつけたが、お世辞にも食べられたという代物ではなかった。リンゴは、異なる種類を植えないと実が付きにくいといわれて、「アルプス乙女」「フジ」「つがる姫」の3種類がある。2種類は4年目を迎えるが、南会津のリンゴ園の3年物と比較すると極めて成長が遅い。「落葉させないようにしないと成長が遅いよ、それに土壌だね」と云われた。愛情をたっぷり注いでいるのだが、それでは成長の足しにはならないらしい。
 「アルプス乙女」は沢山の花をつけた。「つがる姫」は、5つほどだ。開花したら、手作業で受粉をして結実に期待しようと思う。実を期待する他に花の可憐さが好きである。
posted by はらっち at 19:57| Comment(2) | TrackBack(0) |

2017年05月04日

難解な警告表示

DSC09725c.jpg
      ” 電柱に取り付けられた標識(5月4日)”

 観光シーズンになると、我が家の横の農道は、第二那須街道へと変貌する。1台しか通れない道幅は、お互いの思いやりで争い事も少なく日常は平穏だ。しかし、観光シーズンになると、運転技術の未熟さ、先を争うはやる気持ちが、道路の途中でバッティングし、運転技術の未熟さも手伝って立ち往生することになる。
 この農道は、那須中学校の通学路でもあり、休校日は部活に通う生徒達が自転車で行きかう。「おはようございます」「こんにちは」と明るい挨拶が心地よい。この農道の改善を那須町に要望したことがる。「事故の無い通学路の環境作り、道路環境にして欲しい」と、「通学路」の標識と30km/hの速度標識を付けて欲しいという簡単なものだった。しかし、町の仕事でないと一蹴された。
 先日、愛犬を連れて散歩していて電柱の標識を観て目を丸くしてしまった。自分の常識を老いた頭脳で反復した。「歩行者、自転車 注意・徐行」那須塩原警察署とある。この農道に関心を寄せてくれるのは嬉しいが、これは、歩行者、自転車に注意し徐行運転しなさいという警告と解釈したいが、車への過保護?、単なる書き間違え?違和感はぬぐえない。「優先、歩行者、自転車」「歩行者、自転車に注意」では、無いかと思うのだが。 いずれにしても、大型連休が早く通り過ぎて静かな環境に戻って欲しい。
posted by はらっち at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年05月02日

海外旅行時の最適な両替とは?

DSC09708c.jpg
       ” ニュージーランド$紙幣 ”

 海外旅行時に現地での支払い方法に悩むことがある。今から40年前、初めて渡航した時は、確か「トラベラーチェック」だったように記憶している。クレジットカードが普及していない時代だった。今では、現金を支払わずいろいろな方法が選択出来るようになった。
 私の場合、多少の現金を用意して出かけることが多い。使用目的は、チップと小さな買い物、カフェなどの支払いが殆どである。両替をする場合は、地元の銀行の窓口で事前に行う(国によっては出来ない場合がある、前回のベトナムは不可)、少し預金しておくと1円の割引が適用される。今回も、地元銀行へ行くとニュージーランンドドルは扱っていないと断られた。止む無く、空港での両替を行った。
 現金の手持ちは、安全上好ましく無いが、先ほど述べたような使用目的で多少は用意をする。ただし、両替する場合は、両替場所によって手数料が異なり、事前に情報、知識を持っておく必要が懸命だ。前回のベトナムでは、現地(ノイバイ空港)で日本円からベトナムドンに両替することがもっと手数料が少なく最適と耳にしていてそのようにした。
 成田空港の両替所(千葉銀行)で、両替を行った。当日のレートは、1NZ$が77円だったが、現地通貨への両替は、1NZ$が85円だった。余りの両替手数料の高さに目を丸くした。現地到着後の空港でのレートは見ていないので、どちらで両替をするのが得策なのかは不明。しかし、後日帰国してクレジット会社の請求金額を確認して唖然、1NZ$が80円で決済されていた。
 海外では、ハンバーガーショップでの少額支払いでもクレジットカード決済が当たり前のように行われている。私自身は、マイレージポイントの獲得を目指して、現金よりクレジットカードを比較的利用する方だが、今回のレート損を体験し、海外での支払いは、為替が安定していれば、クレジットカードを積極的に利用すべきと認識した。
posted by はらっち at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月30日

我が家のさくらも見頃を過ぎる

DSC09838c.jpg
       ” 我が家の桜(4月27日16時頃)”

 朝方の気温は低く肌寒い位だが、日中の気温の上昇で草花が開花し始めている。雑草も蔓延り草むしりに時間が取られそうだ。駐車場の入り口に桜の木が1本ある。種類は判らないのだが、花弁の色が濃い。その桜も見頃を過ぎた。蔓延った枝が駐車場に掛り、車の屋根に樹液を垂らすので、その部分が伐採され樹形が悪くなっている。それでも花数は多く毎年楽しませてくれている。お礼肥を施して来年に備えようと思う。
posted by はらっち at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年04月28日

クライストチャーチは復興道半ば

DSC01419c.jpg
     ” クライストチャーチ市中の復興現場(4月26日)”

 24〜25日、テカポ湖で過ごし、26日、午前中約300qの距離を飛ばし翌日の帰国に備えてクライストチャーチへ移動した。カーナビが機能しないため地図とにらめっこで上手く行かず、右往左往しながら大聖堂前に着いた。景色を見て唖然とした。9年前のいイメージがあったので変わり果てた街の姿に唖然とする。
 クライストチャーチ地震(カンタベリー地震)は、東日本大震災の2週間前に発生し、多くの日本人語学留学性が犠牲になった。東日本大震災のツナミ被害が大きく、搔き消されてしまった感がある。大聖堂を中心に周囲のビルは、軒並みダメージを受けて再建築が余儀なかったようだ。まだ、手つかずのビルも目の前に残っている。9年前に買い物をした商店街は、場所を移し集団で仮店舗営業していた。全体が復興するのは、後4〜5年は掛かるのではないだろうか。痛ましい。
 どの観光地に行っても多くの中国人旅行者を目にしてきたが、この街では見当たらない。これでは観光も儘ならないとコースから外れているのだろう。何とか、目的の商品を購入し訪れた目的は達したが、想像以上の姿に言葉もなかった。
posted by はらっち at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年04月24日

テカポ湖へ移動

DSC01215c.jpg
      ” プカキ湖 (4月24日10時頃)”

 マウントクックの星空、夕陽、朝陽を撮って、テカポ湖へ移動。今晩と明晩は「テカポ湖」湖畔のリゾートコテージに宿泊し撮影。昼食は、友人が熱望していた「こはん」のサーモン丼にありついた。この店は、日本人経営のようでスタッフは殆ど日本人、久しぶりに日本語での注文にホッとする。美味しかった。NZ$20。その店舗沿い店で土産物の品定め中、「何かお探しですか?」と声を掛けられて振り返ると若い日本人の女性、しばし買い物にかこつけて会話する。その後、チェックインまでの時間、周囲の散策をしたが、それにしても中国人の閑居客が多い。日本語の表記も時々見るが、殆どが英語と中国語の表記だ。如何に中国人の観光客が多いか想像ができる。8年前には、このような光景は眼にしなかった。
 インフォメーションセンターの係員によると、明日の夜の星空が最高とか、期待が高まる。
posted by はらっち at 13:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月23日

アオラキ(アルペンロッジ)に到着

DSC01121c.jpg
     ” ハミテージホテルデッキのヒラリー卿(4月23日15時)”

 2泊滞在したクイーンズタウンを後にして、ワナカを経由して「アオラキアルペンロッジ」に着いた。9時に出発して、途中休憩、撮影しながら15時の到着。約300kmのドライブ、起伏の激しい8号線を時速100kmで走破。一般道路なのだが、制限速度が緩やかだ。見渡す限りどこまでも広がる高原をりながら、アメリカ西部を思い出させる。
 ハミテージホテルは、以前ツアーで訪れたことがある懐かしいところ。ロッジについて、荷を解き、早速にヒラリー卿にご挨拶。その後、今晩の夕景、夜景撮影場所に下見にゆく。夕焼けも星景写真も期待できそうだ。それまで時間があるので、ただ今休憩中である。友人はいびきをかいてリラークスし、今夜に備えている。
   
posted by はらっち at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月22日

紅いオーロラを観る

DSC01077c.jpg
      ” クイーンズタウン湖畔(21時半頃)”

 ニュージーランド・クイーンズタウン2日目、日中はアロータウンへ車を走らせて、オールドタウンの面影を楽しんだ。夜は、ゴンドラへ乗り山頂へ行き、下界のクイーンズタウンの夜景を写す。その足で。車のライトに影響されない湖畔の一角に陣取り、星景写真撮影に取り組む。夜になると、那須の寒さを思い出す。防寒具を一式用意してきたが、それでも寒い。
 撮り始めて間もなく、何故か空の色が変だ。友人曰く「オーロラが写ったかも」と興奮気味。それでもカメラの故障が無いとも言えないと、別のカメラでも確認、私も場所、アングルを変えて参加。やはり真っ赤に染まる。「これはオーロラだぜ」とお互い異論無し。ホテルに戻り、同伴の友人が天体が専門家の友人にメールで確認、やはり「オーロラ」とのこと。まさか撮れるとは思っていなかっただけに嬉しさは半端でない。「今回の撮影旅行はこれで完結」と破顔。
posted by はらっち at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月21日

クイーンズタウンは秋真っ盛り

DSC09494c.jpg
      ” 機内シートテレビのフライトマップ(4月20日)”

 昨日(20日)より、友人とニュージーランドへ撮影旅行へ来ている。どこにしようか迷った挙句、以前、訪れた印象が良かったことを説明すると、ニュージーランドで決定した。成田空港を夕刻の18時半にに離陸しニュージーランド・オークランドへは約10時間のフライト、乗り換えてクイーンズタウンへ到着したのは、翌日の13時過ぎ。
 シニアに優しい時差が少なく3時間。席は、ちょっと贅沢してプレミアム・エコノミークラスに。787−900は、略満席状態。
 オークランドへ降りると、すっかり秋の気配、黄色の世界が出迎えたくれた。事前に予約を入れておいたレンタカーを借りて、いざ撮影ツアーの始まりと意気揚々車を走らせた。
posted by はらっち at 19:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月19日

遊行柳の桜

DSC00796c.jpg
     ” 遊行柳 (4月19日12時頃)”

 カメラ講座を終了した足でパン教室の講師Kさんを誘って、芦尾地区のお花見に出かけた。遊行庵の駐車場に着くと、バスで訪れた観光客で賑わっていた。遠目だが遊行柳の近くでは、観光客が楽しんでいる様子が伺える。その後、歴史探訪館近くの御殿山駐車場に移動して、御殿山の桜を観察したが、最近の暖かさで急激に開花して葉桜に近い。昨日の強風雨で花を散らしている。今年は、お花見の期間が短く、又、天候にも恵まれなかった様だ。

page4.19.jpg

 昼食は、「遊行庵」で楽しんだ。楽しみにしていたカレーが無い。オーナーの夏澄さん「人出が少ないのでもう少しお待ちください」と、前回もカレーに拘ったことを覚えていてくれたらしい。日替わり、うどん定食を頂いた。
 夕刻の今も台風並みの強風が吹いている。これでは、桜もひとたまりもない。これからは新緑を楽しむことになる。
posted by はらっち at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年04月18日

シアトルで再びイチロー賛歌

DSC09804c.jpg
       ” セーフィコ・フィールドのイチロー画(2016年12月)”

 イチローがMLBに移籍してから、BSでMLB野球中継が当たり前のように観られるようになった。昨日から、スポーツニュースで「イチロー3シーズンぶりにシアトルへ」と大々的に扱われている。今日は、久しぶりで先発出場したが、活躍は出来なかったようだが、地元での声援が手に取るようにわかる。MLBでの3000本安打のセレモニーも行われ、明日は、バブルヘッド(首降り人形)が先着20000人に配布される予定とか。
 昨年12月冬のバンクバーを訪れた時、日帰りでシアトルへ足を延ばした。ボーイング工場、スターバックス1号店を観たいことと、セフィコ・フィールド」へ行くのが目的だった。ボールパークの壁面には、イチローの最多安打の時の写真が大きく飾られていた。既に他球団へ移籍した選手に対する破格の扱いといってよい。この三連戦、日本からの応援団も多いと聞くが、地元の熱い声援が印象的だ。熱いものがこみ上げてくるのは私だけだろうか。
posted by はらっち at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月17日

那須町は春爛漫

DSC09731c.jpg
       ” 大同公民館の桜(4月17日16時頃)”

 昨日からの気温上昇で、一揆に桜が開花した。先週中頃は、芦野・伊王野の枝垂れ桜が見頃で、彼岸桜が三分程度だった。今日は暖かいのだが風が強く枝を揺らしている。我が家の桜は、未だに目を覚ましていない。種類は判らないが、ソメイヨシノ系だと記憶している。蕾を膨らみ始めているので、後2〜3日で開花するのではなだろうか。今夜から明日の朝に掛けて風雨が強いらしい。折角の桜を散らさないで欲しいと願う。
posted by はらっち at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年04月16日

ベトナム・ハノイ旅行記を掲載

DSC00281a-2c.jpg
        ” ハロン湾ホテル前のビーチにて朝陽を望む(2月19日)”

 旅行の後は、写真の整理と想い出作りにHPへの掲載、DVD作成、最近では手軽に掲載できる旅行サイトへの投稿も定番になっている。旅行は、計画時、旅行中、そして写真の整理と三度楽しむことが出来る。
 写真の整理が一番面倒だ。撮影枚数が多いのと、妻がこまめにメモした感想文と照合し、コメントを作成する厄介さがある。しかし、いつもの事だが、整理をしていると再訪したくなる。見落としの部分ともう一度感激を味わいたいと思うことが多い。今回は初めてのベトナム・ハノイ旅行、ベトナム風フレンチ料理も口に合い、滞在のホテルも格別だった。そして往復のANA便Cクラスも快適さに輪をかけてくれた。写真の写りが良い湿度が少ない11月〜12月に再訪したいと思うが、懐具合と健康との相談になりそうだ。
  「身分不相応のハノイへの旅」⇒http://4travel.jp/travelogue/11228142
posted by はらっち at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年04月15日

フランクリンズ・カフェ再訪

page4.15.jpg
      ” 上:ファサード 下;生ハムのペペロンチーノ(4月14日)”

 友人夫妻が那須を訪れた。友人夫妻とは入社以来の付き合いだ。毎年の事だが奥方の実家の墓参を済ませた後、旧交を温める嬉しい機会である。今回は、まだ雪深い青森の酸ヶ湯温泉を旅して来たらしい。
 昨日、宿泊ホテルへ向かいに行き、拙宅で短い時間ではあるが妻を含めて雑談して、伊王野・芦野地区の枝垂れ桜の鑑賞ツアーとしゃれこんだ。一昨日開花状況の下調べは済んでいるので、外れは無いはずだ。芦野の武家屋敷(平久江家)、岩観音、専称寺、と回り、昼食を「フランクリンズ・カフェ」へ赴いた。この店は何回か訪れているが、通りすがりで訪れることは殆ど出来ず、知る人ぞ知る店になる。いつぞやは、遊び半分でカーナビを案内に車を走らせたら、田んぼのあぜ道を走らされた。
 若いご夫妻が営んでいる。夕食に訪れた時イベントをやっていて入れなかったことを話すと、「最近は数を減らしています」とすまなそうにしながら返事が返ってきた。
 この店のパスタは、1.2〜1.4o程度の太さだろうか、私好みの細麺だ。味付けも口に合っている。ローケーションも好きである。これからは、ベランダで風に当たりながらのカフェの季節になる。約1時間、楽しいひと時を過ごして、自然村へと向かった。
posted by はらっち at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店