2016年12月11日

寒さの中で人の温かさを知る

DSC09894c.jpg
        ” ミニフェリー (12月10日 ミゾレ)”

 朝からミゾレの生憎の天候。意を決して観光に出かける。目的地は、「グランビル・アイランド」内の「パブリックマーケット」である。この地は20世紀初めバンクバー産業の中心地であったがその後衰退し、現在はショッピングや観光が楽しめるエリアとして再開発・発展している。
 8時過ぎに出発、朝食は近くのスタバで。バンクバーの店は、早くから開いている。これは、カナダの経済・商業の中心都市トロントとの時差3時間に起因しているようだ。トロント9時は、バンクーバーの6時、街中には人が活動し始める。スタバで朝食後、その足でバンクバー発祥の地「ギャスタウン」へ。路上の人に尋ねながら約30分でたどり着く。その後、目的地「グランビル・アイランド」へ。
 流石にこれから約30分を歩く気力もなくタクシーを拾うことに。しかし、土曜日、天候悪ではタクシーも見当たらない。已む無くホテルを探して、ホテル前のタクシーを利用することに。歩くこと10分、シティー風ホテル前に到着、ドアの内側に黒人のドアマンが立ていた。こちらの様子を察したのだろう、ホテルの利用客でもない我々に「どこまで行かれますか?」と流暢な日本語で声を掛けてくれた。日本人と察してくれたことも嬉しい。眼鏡にカメラがそうさせたのか。「グランビル・アイランドです」と答えると、タクシーの運転手にその事を伝えてくれている。慌ててポケットを探るが小銭がない。「すみません、持ち合わせがなくて」というと「気にしないで下さい」と笑顔が返ってきた。
 日本人の優しい対応が訪日外国人の評価が高い。ここバンクバーでも質問すると全ての人達が親切丁寧に応えてくれた。時々、片言の日本語も嬉しい。寒さの中で、人の温かさを知る。
posted by はらっち at 13:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行

2016年12月10日

雪の中、シアトルへ

DSC09804c.jpg
      ”セフィコフィールドスタジアムの壁面(12月9日)”

 昨日(9日)、オプショナルツアーを申し込み1日掛けて「アメリカ・シアトル」へ行ってきた。「7時15分ホテルロビー集合」に合わせて早めにロービーへ。「ミニバンかな、大型バスかな?」と妻と期待と不安の会話。まもなく中年の日本人男性がにこやかに現れた。挨拶を交わして「アメリカ入国申告書」の記入。ESTAの有効期限が切れているので、陸路入国でも$6掛かるとのこと。車に案内される。トヨタのセダンタイムのバンに乗り込む。もう一か所のホテルへピックアップに立ち寄る。母娘と若い一人旅の女性。我々を含めて5名のツアーが始まる。シアトルまで片道250km、それも雪道の高速道路。「オールシーズンタイヤ」で冬タイヤには履き替えないとのこと。慣れたガイドの運転に身を委ねる。
 ボーイングの施設、アウトレット、マーケットと何か所かを訪れた。その一つにセフィコフィールドがあった。あのイチロー選手の大リーガー誕生の球場だ。テレビでは馴染みのある球場。球場を取り巻くように何人かの選手の写真が飾られている。フェルナンデス、カノー、岩隈、来シーズン移籍が決まっている青木、そして、大リーグに金字塔を立てた258本目のヒット打った時のイチロー選手の写真が他球団に移籍した今でも燦然と輝く。球場内に入ることは侭ならなかったが、念願の一つを達成。
 16時過ぎ日没、雪の高速道路を爆走する。車中では時間の経過とともに打ち解けあい、話がはずむ。バンクーバーに戻ると19時半を過ぎていた。途中のホテルで3名の女性が降車、旅慣れた若い女性は、「月曜日に仕事があるので明日日本へ帰ります。」と笑顔で手を振っていた。20時ホテル着。たっぷりとシアトルへの日帰りコースを楽しんだ。 
posted by はらっち at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2016年12月09日

極寒のバンクーバーへ

DSC09757c.jpg
    ” バンクーバー・ウォーターフロントの夜景(12月8日17時頃)”

 8時間のフライトを終えて、カナダバンクーバーへ到着。1年ぶりの海外旅行になる。愛犬の留守居役がいなくなってから、他に預けるのを躊躇していたが、今回は非情で決断。この寒い時期に寒い地を選ばなくても良いのだが、もっと大きな動機は、54800円の旅行代金。ANA便で、それなりのホテルの宿泊代込。
 バンクーバー空港へ降り立つと、現地ガイドが待っていた。ツアーといっても現地3日間の自由行動。殆ど個人旅行に近い。集まった参加者は8名、二つのホテルへ分散する。空港から、繁華街のロブソン通りまで30分。「世界で最も住みたい都市」の一つに挙げられているバンクーバー、車窓からその片鱗を観る。
 「皆さん、極寒の地バンクバーへようこそ」とハンドルを握りながら現地ガイドの第一声。30年在住されているようだが、15年ぶりの寒さとか。那須高原で寒さには慣れているとはいえ、夜のしんしんとした冷気には、「寒い〜」と肩をすぼめる。
 短い滞在期間だが、冬のバンクバーを楽しんで帰国したいと意気込んでいる。今、現地時間で真夜中の2時、日本との時差は確か17時間程と思う。時差ボケでのこのこ起きだして、ネット回線が使えるロビーに降りて配信している。足元が冷え込んできた。退散しよう。
posted by はらっち at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行

2016年12月07日

耕地の区画整理が進む

DSC09743c.jpg
       ” 漆塚付近の耕地整理状況(12月7日12時頃)”

 那須町文化センターへの行き帰りには、りんどうラインを利用している。今日は、久しぶりの「カメラ講座」で文化センターへ行った。4号線を横切ると目の前に耕地が掘り起こされていた。「何?」と目を凝らすと「耕地区画整理中」らしき表示を発見。
 掘り起こされた土をみると、土の色が違う。場所によってこんな違うものかと驚く。そう言えば以前、大和須の知り合いから玄米を譲って頂いた時「うちの田んぼは、耕地整理してないからね」と聞いた。「何故?」と問い返すと、「土作りした田んぼの性質が変わり、元に戻すまでに年数が掛かるだべ」と。確かに、稲作に限らず、植物の育成全般に言えることだが、「成功は土作り」という。
 耕地整理は、用排水の利便性の向上、農作機械の作業率の向上などメリットは大きいらしいが、美味しい那須マイの収穫が出来るように早く戻って欲しいと願う。
posted by はらっち at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年12月05日

渋抜き柿を頂く

DSC09736c.jpg
        ” 渋抜き柿 (12月4日)”

 お隣さんから「渋抜き柿」を頂いた。庭に柿の木があり、干し柿は目についていたが、渋抜きをしているとは知らなかった。渋柿の渋抜き方法は幾つかあるようだが、お隣さんは「ヘタの部分に焼酎を塗り、ビニール袋に入れて空気を抜き4〜5日置く」と完成らしい。 
 以前、スロベニアを訪れた時、青空マーケットに「KAKI」の値札を見つけて驚いたことがある。調べてみると、江戸時代ペリーが持ち帰り全世界に広がったという。 
 季節ものだが、柔らかな柿は好みでないので、妻の口に入る。しかし、干し柿は好みなので、その内届くことを期待している。
posted by はらっち at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月03日

「四季の那須フォトコンテスト(第14回)」審査終了

DSC08855c.jpg
            ” 並木プロによる審査光景(12月2日)”

 12月2日、那須町商工会会議室にて、第14回「四季の那須フォトコンテスト」の審査が行われた。審査員は、前回に引き続き著名な並木隆プロ。「今回は、出来映えが揃っていますね」と嬉しいコメント、手を休められることなくてきぱきと手慣れた審査が進む。応募総数は、500点余、最年長85歳、最年少13歳と応募者年齢は幅広い。県外からも年々増えて50%に届く勢いになってきた。一昨年より、銀座にて作品展をギャラリー展示している。これも良い要因の一つと受け取りたい。応募者の中には、毎回上位入賞者、写真仲間、講座受講者の名前が目につくが、新規応募者も50名。関係者には嬉しい状況だ。作品には、カメラ・写真の知識を少し習得すれば出来映えが大きく変わるものもあり気になる。次回は15回目の節目、運営方法、作品展示のスケールアップなど改善をして一層の成功に向け関係者の一人として微力を尽くしたい。
posted by はらっち at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年11月29日

唯一のデパートは24q先

page11.29.jpg
    " 東武大田原店にて(11月29日11時頃)”

 大田原市内の乃木神社へ赴く機会が出来た。その足で、久しぶりに「東武大田原店」へ足を延ばした。この付近には、大型量販店が軒を並べ買い物に事欠かない。白河市のイオンまでは18qでこちらの方が至便なのだが、品揃えが異なり「東武大田原店」を利用する。都会では、身近にいろいろなデパートを利用する出来ることは当たり前のことが、田舎暮らしでは特別な行為になり、それだけ有難みが大きい。
 店内に足を踏み入れると、クリスマスモードになっているが、開店間もない時間帯という事なのだろう、それほど賑わってはいない。目的の衣料品を購入して、いつもの一階フロア「SUBWAY」で早い昼食をとった。ここで焼いたハニーブレッドにローストビーフを挟んで食べるのが好きで、殆どこれに収まっている。
 往復約50q、ちょっとしたドライブでの買い物とランチを満喫。
posted by はらっち at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2016年11月28日

那須町民俗資料館

DSC09708c.jpg
           ” 民族資料館前景 (2016.11.2810時頃)”

 那須町には数多くの文化財がある。その一つに建造物に指定されている「民俗資料館」。何年か前に黒田原街歩きで案内されて、建物の中に入り衣食住、および農業、商業、漁業などの生活用品を見学した。
 那須町庁舎裏側の駐車場に隣接している。通常は施錠されて見学が出来ないが、事前に連絡を入れておくと職員が開錠してくれて見学することが可能。
 連絡先は、0287-72-6923(文化センター内生涯学習課) 事前連絡厳守
      平日     本庁2階学校教育課にて鍵を受け取る
      休日・祝祭日 文化センター生涯学習課にて鍵を受け取る

page11.28.jpg

 資料館は、明治43年(1910年)に皇居の吹上に建築された模型資料館を、昭和48年(1973年)11月に那須町に移築復元された由緒ある建造物である。留め具類には菊のご紋章を見てとれる。展示物は、明治から昭和初期に関する生活用品。興味ある文化財の一つである。
 
posted by はらっち at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年11月27日

ブランチに来た小鳥たち

DSC09370c.jpg
      " 庭のエサ台のヤマガラ(11月27日11時頃)”

 最近、小鳥たちがエサ台に飛来するようになった。野山のエサが少なくなったのか。シジュウカラ、ヤマガラが主な小鳥たち。今日は、出足が悪く11時頃になって12〜13羽やってきた。朝食抜きの昼食兼用のブランチといったところか。エサ台にヒマワリの種が無いことを確認すると、ヤマガラが催促するように囀り始める。エサ台にヒマワリの種を置くと、先を争うようにつまんでは、近くの枝に移動して忙しなくついばんでいる。
 鳥を撮影することは殆ど無い。ご近所の友人写真仲間のT中氏は、小鳥撮影の経験も長くシャッターチャンスを見逃さない。自宅の居間には、三脚にカメラをセットし庭の飛来するポイントにオキピン(あらがじめ狙いを定めてピント位置を決めておく)している。それ位しないと気にいった写真は撮れない。
 30分ほどすると食べ飽きたのか一斉に飛び立った。エサを置くことは賛否あるようだが、デッキまで飛来して、催促されると止められない。晩秋から早春にかけて寂しい庭先の癒しの光景である。
posted by はらっち at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月26日

BSで海外旅行を楽しむ

DSC06908c.jpg
     " ヨーロッパの鉄道(ベルギー・ナミュールにて)”

 BSで放映される海外旅行番組を楽しむことが多い。好きな番組の一つに「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」がある。単なる観光旅行番組ではなく、現地の人達との触れ合いを主に構成されている。今日は「スウェーデン」編が放映された。いつもの如く録画をして。後日BD-Rにダビングし保存版になる。
 北欧三国に出掛けたいと思っているが、実現していない。「ノルウェー」のフロム鉄道には是非乗車し、撮影をしたいと思っている。九州に住む知人W夫妻は、既に経験しその素晴らしさを伝えてきている。「スウェーデン」は、ストックホルム、ノーベル賞くらいの知識が頭をよぎる程度だが、今日の番組を見てやはり、行ってみたくなった。ヨーロッパは、秋から日照時間が短くなり、観光旅行がしにくくなる。夏が望ましいが、ハイシーズンは、それなりに費用が掛かり痛しかゆしだ。冬は、オーロラも楽しめそうだし、当分想像旅行を楽しむことになりそうだ。
posted by はらっち at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月24日

積雪10p

DSC09312c.jpg
      ” 雪をかぶったミニバラ(11月24日13時曇り)”

 天気予報通り、積雪になった。昼過ぎて止んで空が明るくなってきた。それにしても寒い。薪ストーブをフル回転している。
 庭に薪を取りに行くと、庭の片隅に室内へ取り込みを忘れたミニバラが雪をかぶっていた。この寒さに枯れるかもしれない。悪いことをしてしまった。
 明日は友人・知人達とゴルフの予定だが、果たしてプレーできるだろうか。ゴルフ場に尋ねると「夕刻に明日の判断をさせて頂きます。」という。プレーは難しいように思うのだが、連絡を待つとしよう。
posted by はらっち at 13:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月22日

こそ泥の話題

page11.22.jpg

 毎月、別荘族のグループに誘われてゴルフを楽しんでいる。1日目が「ちふり湖CC」2日目が「アイランドゴルフリゾート那須」と組まれている。私より4歳ほど先を行っている方達だが、皆さんお元気だ。昨日の「ちふり湖CC]は参加できなかったが、今日は、アイランドでラウンドに参加した。夜半までの雨で足元は水を含んだところも多くみられたが、春のような陽気に恵まれて楽しんだ。
 時々の雑談は、早朝の地震の話と「泥棒の被害」になった。O氏は、大沢地区近くに別荘を構えている。頻繁に訪れている方だ。最近、玄関先のポストの盗難に遭った。「根こそぎ持って行ったよ、干し柿10列ほど吊るしていたのけど、これもね」という。O氏邸は、豪華だ。「高そうなポストだったのが災いしたのでは」と言うと笑っていた。干し柿は、動物か小鳥かもしれない、と同じ人の仕業とは決めてはいないようだ。
 我が家も、移転後自転車を盗まれた。又、店にも入られて荒らされてことがある。「財布を落としても戻ってくる優しい国」にも厄介者はいる。こそ泥というと可愛らしさもあるが明らかに窃盗犯だ。被害金額以上に遣り切れない思いに悩まされる。O氏ご夫妻も当分、気分が滅入ることだろう。
posted by はらっち at 17:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月20日

アメリカズカップ福岡大会が終わった。

DSC04564c.jpg
   "オークランド、ヴァイアダクト・ハーバーに係留中の
                  ニュージランド艇(2009年12月14日)”

 「アメリカズカップWS福岡大会」が19日〜20日、6レース行われた。日本でアジアで最初に行われた。久しぶりに放映されたレースを楽しんだ。というのも15年間日本艇が参戦しなかったことで興味が薄れたことが大きな理由だ。アメリカズカップの歴史は古く、1851年初代王者がアメリカ艇で132年間その座を譲らなかった。初代優勝艇の名前をとって「アメリカズカップ」という。その後ニュージランドが台頭して来た。セーラーもスキッパーもニュージーランド出身者や関係者が多いのもうなずける。「海のF1レース」とも云われて、高速で会場を飛ぶように出走する。
 2009年にニュージーランドを訪れた時、アメリカズカップの為に再開発されたオークランドのヴァイアダクト・ハーバーへ行くと、2007年優勝のニュージーランド艇が係留されていた。現在の双胴船(カタマラン)の高速艇とは全く異なる船体だが、懐かしくアルバムを広げた。
 2年間の予選レースを終了し来年5月以降チャレンジ艇が決定し、前優勝艇とマッチレースがバミューダで行われる。日本艇の実力は、厳しいレベルにあるようだが、最後まで楽しませて欲しいと願う。
posted by はらっち at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月19日

スロースローなゴルフに満足低下

GUM09_CL02294.jpg

 2週間ぶりにゴルフに出かけた。お相手はゴルフ大好きなお馴染みのO嬢。ゴルフ場は、11月が友の会員サービス期間の「ちふり湖CC」へ。通常ツーサムの場合1000円の加算金が掛かるが、今月はそれが掛からない。那須町内のゴルフ場では殆ど掛からないので当然と言えなくもないのだが、懐に若干優しい。
 前日までスタート時間を8時24分に取っていたが、最近の朝の冷え込みを考慮して、遅い時間に取り直した。しかし、適当なスタート時間がなく最終組の10時過ぎになった。マスター室の前に並ぶカートを見て嫌な予感が。前の二組がフォーバック(4人組)なのだ。スタートホールのスイングを見れば凡そ技量の状態が判る。しかし、珍しくキャディ付き。今は殆どセルフプレーが主流。ゴルフ場に馴染みがないプレーヤーなのだろう。キャディが付いていれば、スムースに流れるはずとささやかな期待。しかし、期待は裏切られた。
 ホールアウトしてマスター室の前に電動カートを運びこむ。顔見知りのキャディマスターが「流れが悪くてすみません」と頭を下げる。「いや〜たっぷり楽しませて頂きました」と返す。時計を見ると4時過ぎ、陽も傾き始めた。「風呂は止めて帰りますか」との提案にO嬢も納得。それにしても久しぶりにストレスがたまるゴルフの一日を過ごす。
posted by はらっち at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月17日

紅葉前線は里へ

DSC08843.JPG
       ” りんどう大橋より那須高原地区を望む(11月17日13時頃)”

 我が家の紅葉はすっかり葉を落としてしまい寂しい姿になった。他の落葉樹も掃いても掃いても追いつかないほど葉を散らしている。朝夕の気温もいつ氷点下になっても可笑しくないくらいに冷え込んできた。
 真夏には都会に住んでいる友人に「エアコンの生活?こちらは無縁だね」と小ばかにしていたが、これからは薪ストーブの生活に突入。「これで形勢逆転だ」と友人の憎たらしい言葉が耳に残る。
 昼頃、那珂川に架かるりんどう大橋を渡った。この那珂川は、那須連山を水源として那須塩原市と那須町の境を流れて、太平洋へと注ぐ。今は、水量も少ない。川の両サイドは、雑木林が続きりんどう大橋から見渡すことが出来る。既に色もくすんできた。晩秋の趣きになってきたようだ。
posted by はらっち at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年11月14日

「NEVER GO BACK」を観る

IMG11.14.jpg
     ” カタログの一部をスキャン ”

 「トム・クルーズ来日」のニュースがテレビに流れていた。来日目的は映画の宣伝らしい。それに触発された訳ではないが、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」を観に行った。トム・クルーズは、好きな俳優の一人だ。今回の来日は22回目になる親日家。翻訳家の戸田さんにお歳暮を贈ることは、業界関係者の間でも有名な話という。日本文化にも興味を示している。
 トム・クルーズ主演の映画はアクション系が多いが、この映画も主人公ジャック・リーチャーシリーズ。殆どスタントマンを使わないという迫力ある演技は好きだ。今日は、封切り後間もないという事が要因なのだろうか収納観客数の大きい「スクリーン5」は、半分くらい埋まっていた。最後は、ハッピーエンド、娯楽映画を楽しんだ。
posted by はらっち at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画

2016年11月12日

OB会秋の懇親旅行

DSC08827c.jpg
        ” ホテルより熱海市街を望む(11月11日朝)”

 OB会懇親旅行に熱海へ出かけた。懇親旅行は、例年秋の行事の一つ。関東地区は、70名の会員がいるが、参加するのは毎年17名ほど。殆ど固定されている。集合時間が13時過ぎと遅いこともあり、自宅近くの友愛の森から9時初の高速バスでバスタ新宿へ向かう。
 新宿からは小田急線ロマンスカーで一路小田原へ。席に着くと久しぶりの再会にお互いの近況、同僚の動静などに話題に尽きない。小生は熱海にはこれまで泊ったことがない。初めての経験。ホテルは、海に面し眺望もよい。万一の津波を心配をする者も。「当館は17階あります。出来るだけ階上避難して頂きたいと思います」との説明に安堵。

DSC08811.JPG

 昨晩の酒量に関係なくシニア世代の特徴「早起き」に5時にはそれぞれ目を覚ます。「朝風呂へ」と、これも温泉旅行の定番スケジュール。帰ってくると窓の外ではウミネコが騒がしい。ガラス窓を開けると部屋に飛び込んできそうな勢い。昨晩の酒の肴の残りを掌に載せて差し出すと、飛んできてはついばんで行く。彼等もこれが日課ののかもしれない。和む一コマ。

page11.12.jpg
        ” 左上;キンメの煮つけ 左下;イカ 右;キンメの干物 ”

 熱海の駅前に戻って、駅前を散策後昼食会場へ。既に予約をしてくれていたのでスムースに指定の席に。
刺身の盛り合わせにキンメダイの煮つけ、「キンメダイの煮つけ」は絶品、全員が絶賛する。
 駅前の土産店は、海産物を扱う店が目立つが、売りはご当地自慢のキンメダイの一夜干し。アジの干物、キンメダイの一夜干しを土産にロマンスカーに乗り込む。新宿で名残を惜しみながら散会。高島屋地下でちょっと張り込んだ弁当を購入し、「バスタ新宿」より16:30発の那須温泉行高速バスで帰路へ。友愛の森へ降り立つと、そこは晩秋の佇まい、肩をすぼめる。楽しい旅行の終末である。
posted by はらっち at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月09日

女性のためのカメラ講座

DSC09644c.jpg
      ” 観音沼畔の紅葉(11月7日)”

 那須シニアカレッジで「カメラの基礎知識講座」を担って3年目を迎えている。受講生の皆さんは、写真愛好家でそれなりに経験を積まれ、撮影するには何の戸惑いもないようだ。カメラの進化はデジタルカメラの出現で、これまで自分では手に負えなかったカメラ店の作業分野まで踏み込めるようになった。自動化も進み、深い知識が無くてもそれなりに写真は撮れるのだが、自分の意のままに作画をしようとすると、カメラを使いこなす技量が無いと、壁に当たってしまう。それを解消するには、知識を習得することが最も重要である。使用説明書の隅々まで目を通す人は少ないようだ。女性の受講生には難しいと感想を述べられる方も多い。
 そのような状況を何とかしたいと思い、今期からビギナーレベルに合わせた、「女性のためのカメラ講座」を開講した。出来るだけ受講生のレベル差がない方が、講義が進めやすく理解して頂けるはずという目論見である。
 「次回は使用説明書をご持参ください」とお願いすると、「見つからなかったので、主人にネットからダウンロードしてもらいました」という微笑ましい状況も。今日は、3回目の講座。基本の基本からの説明だ。コンパクトカメラは、自動化が進み、返ってカメラの仕組みを説明するのが難しい。それでも皆さん積極的に質問され何とか理解しようという姿が嬉しい。次回は、12月、待ち遠しい。
posted by はらっち at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月06日

新年を迎える準備?

DSC08775.JPG
       ” 那須郵便局の門松(11月6日夕刻)”

 年賀葉書を売り出すと、郵便局に門松が顔を見せる。例年の行事。この光景が全ての郵便局の光景かどうかは知らない。早すぎる光景と思えなくなくは無いが、これをみると年賀はがきを買わなければならない時期かと思う。那須町内は、確か7か所の郵便局があったような記憶がある。我が家からは、700m離れた郵便局が「那須郵便局」だ。
 毎年、少しずつ発信する枚数が減ってきている。「今年を最後に年賀はがきによるご挨拶を失礼します」「来年からメールに切り替えます」等が主な理由だ。どの世帯も同じ傾向なのかもしれない。郵便局では、人気グループ「嵐」を力を借りて、歯止めを掛けたいようだが、この傾向は鈍くはなれど変わらないのだろう。 発信枚数が減っても二百数十枚となると、プリンターのお世話にならざるを得ない。「手書きは心がこもっている」と耳にするので、コメントだけは手書きで書き足すようにしている。年に一度の近況報告代用という文面になってしまうが、相手の近況を知る楽しみも嬉しい。年賀はがきを掛けることは健康である証拠、続けたいと思っている。
 
posted by はらっち at 21:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2016年11月03日

那須温泉神社境内の紅葉-2

DSC09597c.jpg
         ”温泉神社境内の紅葉(11月2日曇り)”

 那須シニアカレッジカメラ講座の実習に那須温泉神社境内に出掛けた。集合場所を温泉神社に近い那須観光協会会議室をお借りした。天気予報では、9時ごろから青空が望めるはずだったが、生憎曇り空だ。紅葉の撮影には残念な天候。

page11.3.jpg

 更に残念だったのは、境内で落ち葉のたき火をしていたことだ。落ち葉も雨に濡れて湿っていて、燃えが悪く、一面、煙に覆われてしまった。午前中は、参拝客も多く、又、紅葉を楽しみに来られた方も多く見かけたが、諦めて足早に帰る姿をみる。せめて、午後にでも焚火をすれば被害も少ないと思うのだが。
止む無く、時間を切り上げて撮影を終了して、観光協会の会議室に戻り散会。今年は、何処でも葉を落としてしまい、残念な紅葉になっている。
posted by はらっち at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報