2017年03月30日

玉切りでグロッキー

DSC00662.JPG
      " 玉切りの済んだ原木 (3月30日)

 3月も終わりに近づいて、山のように積んである薪用の原木が気になっていた。重い腰を上げて昨日より玉切りを始めた。総量は4.2トン、たっぷりとある。長さは、1.9〜2.1mくらいで太さは色々だ。太いと目も詰まっていて薪には適しているが、玉切りするには厄介で重く取り扱いも難儀である。チェンソーの使い回しも慣れてきたが、取り扱いを間違えると大怪我をすることになるので慎重を期している。
 @ 服装は作業しやすいつなぎ着用
 A 足元は安全靴、手は手袋着用
 B 防塵用メガネ
 C 作業環境は、立ち回り・逃げ易いように足場を整理
等特に気を付けている。
 昨日、今日と午前中だけ作業をした。一日作業したいのだが、身体が言う事を聞かない。この作業を一日、それも毎日する作業員の方、唯々リスペクトだ。約2/3は終了したようだ。明日の午後で何とか終了したいが、チェンソーも切れ味が悪くなってきたので心配だ。この後は、薪割が残っている。毎年の作業なのだが、なぜか身体に応えるようになってきたのは気のせいだろうか。
 
posted by はらっち at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月29日

ちふり湖CCへ年会費を支払いへ

DSC09438c.jpg
    " ちふり湖CCクラブハウスを観る (3月28日11時頃)”

 昨日は久しぶりのお手合わせにO嬢とゴルフへ行く予定だった。確か今年初めてのはず。しかし前日のベタ雪で、山間部のゴルフ場は雪が残っているであろう、寒いであろうとコンデションが行くないはずと、延期にした。O嬢は久しぶりの仕事休みに暇つぶしに苦労したはず。
 空いた予定を利用して、9時からいつもの練習場「ゴルフパーク青木」で一カゴ150球を打った。ここでは、これでも650円(税込み、入場料無)だ。その後、「ちふり湖CC]の年会費を払っていないことを思い出して車を走らせた。クラブハウスは、雪に埋もれていた。玄関を入ろうとすると開かない。携帯電話を取り出し「年会費を払いに来たのですが」というと「事務所の入り口の方へ回って頂けますか」と女性の声。閑散としたフロントで支払いを済ませ、事務処理の待ち時間を利用してコースを眺める。ゴルフ場というよりスキー場だ。その後、無料券、割引券を頂いて後にする。「アイランドゴルフリゾート那須」と比べると、お得感は薄い。しかし、プレー慣れたコースであること、普段の割り引き額など考えると捨てがたいのだ。次回のプレーは4月13日、暖かくなって欲しいと願う。
posted by はらっち at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月28日

悲惨な事故を憂う

DSC01951c.jpg
         ” スキー場より上がった所の大丸駐車場付近 ”
        

 昨日から、テレビなどで地元「那須温泉ファミリースキー場」付近で発生した、雪崩の事故が報じられている。犠牲者は、県内の高校生達。雪中の登山訓練だったらしい。痛ましい。
 雪崩が起きた「那須温泉ファミリースキー場」は、なだらかなゲレンデで、スノーボートの利用が禁止されているなど安全面に配慮した家族向けのゲレンデとして知られている。その山面で雪崩が発生したとのこと。
 このスキー場は、国民休暇村と大丸温泉の間に位置して、新緑から紅葉の時期にトレッキングに訪れたところでもある。寒さを好まない私には冬の時期には訪れないところだが、知人に聞くと、雪崩が発生することもあるという。昨日は、珍しくたっぷりと湿気を含んだ積雪だった。事故の場所の雪質は判らないが、表層雪崩の疑いも濃いという。
 天皇両陛下、皇太子ご家族の那須御用邸へお出かけが大きく報じられる程度の那須町のニュース、残念だが痛ましいニュースで取り上げれれている。ご両親・ご家族など関係者の心中を察しても余りある。ご冥福を祈りたい。
posted by はらっち at 08:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月26日

那須野が原博物館へ

page3.27-1.jpg
       ” 那須野が原博物館の一部(3月23日)”

 那須野が原博物館は、那須塩原市三島に在る。建屋も石造りで重厚感が漂う。何回か催物に興味があって訪れている。我が家からは、車で30〜40分掛かるので頻繁に訪れることはない。今日は、写真集の購入が目的である。「おもいで写真館の写真集は残っていますか?」と2〜3日前に電話を入れた。「若干ですが在庫があります」との返事に慌てて腰を上げた。

3.26-1.jpg

 「おもいで写真館」がタイトルの写真集は、27年の12月に開催された昔の那須塩原地区の紹介をした時に販売された。多くの方から提供された想い出深い写真で構成され、180ページに及ぶ。白黒の写真だが非常に興味深い構成になっている。知人に贈る分と、最近移住されてきた友人のご家族に那須地区を知って頂こうとお贈りする分である。この写真集で、話が盛り上がることは間違いないであろう。
posted by はらっち at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月25日

高速バスのルート変更に納得

R0010985c.jpg
          ” 友愛の森高速バス停留所 ”

 昨日(24日)久しぶりに高速バスを利用して上京した。上京する時の手段は、那須塩原駅より新幹線、黒磯&那須塩原駅より普通電車、そして友愛の森より高速バス利用の3通りがある。最も高価なのは新幹線、リーズナブルは高速バスになるが、それは時間が掛からない順位になる。友愛の森は、我が家から徒歩で5〜6分、至便な距離にある。今回は、15時開始のセミナーだったので高速バスを利用した。
 友愛の森9:00発で、東北道に入る西那須野インターは9:40通過だった。次は、鹿沼インターを一時的に降りて、鹿沼バスセンターに寄り道し、再び鹿沼インターから東北道へ戻るルートだ。しかし、何と鹿沼インターを素通りした。帰りも同様である。思わず、帰りのバスで運転手に聞いてしまった。「鹿沼バスセンター」に停まらなくなったんですか?」「確か、今年の初めからだったと思います」と返事が返ってきた。13年前に移住した頃は、鹿沼バスセンターには回り道せず、現在と同じルートだったのだが、いつの間にか変更された。渋滞しない時でスムースに行って10分、渋滞している時は、20〜25分も費やしていた。殆ど乗降客もなく、不満に思っていたのだが、留飲を下げた思いだ。更に、東北道に入るまでに那須地区内で費やす1時間をスピードアップをして、ストレスを少なくしてくれれば、利用者が増えると思うのだが。往路は17名、復路は12名の乗車客だった。
posted by はらっち at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年03月23日

クリスマスローズが花盛り

page3.23.jpg
      ” 各種のクリスマスローズ(3月23日16時頃)”

 母の形見の鉢植えのクリスマスローズが2種類あった。鉢で毎年楽しませてくれていたが、500mほど離れたT田さんの庭を拝見した時、岩の間に咲きほこるクリスマスローズの大株の豪華さを観て、これは地植えにしようと決断した。4年前頃だったとあやふやな記憶。半日陰で乾き気味の土壌を好むという。庭の半日陰領域は、山野草に独占されているのだが、空いてる場所に買い増しした株と合わせて4種類、地植えした。
 今、4種類の花が咲いている。「何故、今頃開花するのにクリスマスローズなのか」と不思議に思って調べたことがあった。「ヘレボラス」という品種がクリスマスの時期に開花することから「クリスマスローズ」と呼称したようだが、それが品種に関係なく拡大解釈されているという。和名では寒芍薬ともいう。芍薬と似ているとは思いにくいが、春の訪れを感じるこの時期に庭を彩っている。
posted by はらっち at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年03月22日

極寒下のゴルフ

main_img03.jpg
       ”アイランドゴルフリゾート那須HPより”

 別荘暮らしの知人達と毎月ゴルフを楽しんでいる。今月から那須地区での月例が始まった。いつも2日間で、初日は「ちふり湖CC」2日目が「アイランド」になっている。昨日の雨で、初日は中止になった。久しぶりの再会に「あけましておめでとうございます」という時季外れの挨拶で始まった。今回の参加者は少なく私を入れて5名、二組である。
 ゴルフ場に着くとロービーは人でごった返している。どうもコンペが組まれているらしい。周囲のゴルフ場の入場者数が減少傾向にあると聞く中で、このゴルフ場はいつも賑わっている。久しぶりのゴルフに、練習場で肩慣らしをする。しかし、寒い。風が強いというより強すぎる。
 スタートしてティーグランドに立つと風で構えが不安定なるくらいだ。それに、風は那須連山の雪でたっぷりと冷え込み、寒い。又、WBCのスコアが気になる。ハーフの休憩時間にテレビを観ると、0-1で負けている。身体が冷え冷えになりながら、何とか1ラウンドを廻った。遊び代金占めて3100円也。次回の4月は桜の開花も気になる頃、ゴルフ日和で楽しめるはずだ。
posted by はらっち at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月19日

便利なのだが少し気が引ける

page3.19.jpg

 街の中心街から離れた生活、田舎暮らしというのだろうか。それには移動手段として車が不可欠になる。我が家からは、買い物に適しているのは黒磯地区になる。那須町庁舎のある黒田原地区は、残念ながら買い物に十分な機能を有していないのだ。移住してから大分生活環境も変わった。500m圏内に、大型スーパーとホームセンターが出来て、道の駅もある。普通の生活には不自由しないが、それでも手に入らないものはネット通販を利用して過ごしている。
 最近、宅配便の過酷な勤務状態が話題になっている。小生が登録しているネット通販会社は、鉛筆1本まで届けてくれる。細かな計算をすると、黒磯まで買い物に行くと、往復20q、ガソリン代は約200円掛かる。これを考えると、1000円程度のものは、ネット通販を利用してしまう。送料は、年会費に組み込まれていて無料。
 昨日10時頃だったろうか、L判のプリント用紙が無くなり100枚/400円を注文した。何と夜8時に配達された。翌日届けば良いと思っていたので唖然。ネット上で配達状況が表示されるものは、まとめて配達するように配達日時修正をしているが、表示されないものは業者任せになる。昔、「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」というコマーシャルがあったが、スローライフの人生、便利な世の中にチョット考えさせられている。
posted by はらっち at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年03月17日

春の便り「いかなごのくぎ煮」が届く

DSC00643.JPG
      ” 盛り付けたいかなごのくぎ煮(3月16日)”

 今年も神戸の知人から春の便り「いかなごのくぎ煮」が届いた。これを頂くと「もう1年がたったの?」と月日の流れの速さに気づかされる。
 神戸の知人は、この時期になると大量のいかなごを購入して、自前でくぎ煮の佃煮を作る。そのお相伴に預かっているが、今年は「ゆず味」と「ショウガ味」を頂いた。「今年は不漁で手に入りにくく、購入できた時には大きくて」と残念がっていた。
 届いた「レターパック」は、くぎ煮送付専用らしく印字がされている。神戸地区ではこの時期には欠かせない春の風物詩なのだろう。毎年、震災時期に届くのだが今年は約1週間ほど遅れたが、春の足音を感じる「いかなごのくぎ煮」を美味しく頂いている。
 
posted by はらっち at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月16日

「四季の那須フォトコンテスト」巡回展示場所を遊行庵へ

01君と迎える朝.jpg
      " 第14回フォトコングランプリ作品 ”

 「四季の那須フォトコンテスト」も15回目を迎えようとしているが、第14回の審査・発表・表彰式も終わり、町内巡回展示が始まっている。今日は、初回展示の那須町庁舎ロビー展示が終了して、遊行庵に移動する作業を行った。

DSC00635c.jpg
     ” 遊行庵内の展示 (3月16日11時頃)”

 遊行庵は、那須町芦野地区の名所旧跡遊行柳の近くにあり、遊行茶屋・物産センターに駐車場が隣接。遊行庵の中は、地元作家の工芸品や土産物などが所狭しと陳列されている。壁面一杯に35点の入賞作品を展示した。毎回の事だが、壁面が狭く窮屈な感じは否めない。
 その後、場所をウナギと蔵屋敷で有名な「丁子屋」に場所を移して、「フォトコンテスト実行委員会」を開催。いつもの委員会より参加人員が多いのは、ランチに丁子屋のうな重が付くからなのかと良からぬ推測をしてしまう。もっと、那須の良さを知って頂こうと県外展示を進めることを採択して散会。
posted by はらっち at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月15日

時代の流れに取り残されている

page3.16.jpg

 「あの〜今朝、メールされました?」「スマフォに代えたんですか?」「LINEを始めたんですね」と混乱を招いている。 「LINEじゃないと繋がらないよ、何とかせい」と友人より脅迫染みたアドバイスもあって、今朝、LINEをパソコンにダウンロードした。今使用しているのはガラケーでスマフォではない。正直興味の範疇だ。今は、E-mailや携帯メールで十分に事足りている。スマフォ等縁遠く、インターネットで十分に情報収集もできている。
 LINEを登録すると、詳細は判らないが携帯に登録している電話番号に何か勝手に送信されたようだ。自宅に帰ってパソコンを開きLINEを開けてみると、10数件メールが届いている。何ということだ!
 届いた相手にとってはいい迷惑で、被害者である。何とか、LINEのシステムを理解して、迷惑の掛からないように取り組まなければ。当分、憂鬱な日が続きそうだ。
 
posted by はらっち at 18:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月13日

来冬シーズンの準備を始める

DSC00612.JPG
         " 薪ストーブ用原木 (3月13日曇り)”

 また、この時期がやってきた。来冬の薪の準備である。昨年は、手違いで5月になってからの薪の準備を慌ててしたので、今年は例年通り3月から始めることにした。昨年は、知人・友人から原木を頂いたこともあり余裕をもって使うことが出来ている。
 震災前までは、那須町森林組合から調達していたが、現在は「放射能の影響」ということで販売していない。これは、隣町の黒磯森林組合でも同じだ。福島の原発近隣地区で住民回帰が進められているが、どうも納得が行かない。
 原木の長さは、2mある。太さはまちまちだ。「ちょっと細めのやつを持ってきたよ」と業者が言う。本来なら、太目で年輪の詰まったやつが良いのだが、玉切りする時、割る時に一苦労する。我が家の薪ストーブはラージサイズで、50pの長さまで入るのだが、妻から取り扱い難いと苦情があり、40pにカットしている。50pだと3回切れば良いのだが、40pになると4回のカットになり、作業量が増えることになる。辛い。今回は4トン購入した。これを全てカットするには、老体に鞭打って、休み休みしながら1週間は掛かるのではないだろうか。それから割らなければならない。乾燥を良くするには、細かく割った方が良いのだが、これも作業量との相談だ。今週は天候が良くないらしいが、何とか今月末までに始末をしたいと思っている。運動不足解消の手助けと思い、頑張るしかない。早春の高齢?恒例作業だ。
posted by はらっち at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須の田舎暮らし情報

2017年03月12日

「アンナミラーズ」でカロリーたっぷりの朝食

DSC09421.JPG
        ” 朝食プレート (3月11日朝)”

 久しぶりに「アンナミラーズ高輪店」で朝食。いつもは、マックで安上がりの朝食を取るのだが、長蛇の列で諦めて2階へ足を運んだ。ここでも6名ほどの列が出来ていたが、回転が良さそうなので並んだ。この店は80席と収容能力が高い。
 メディア情報によると、アンナミラーズは、1973年に日本上陸したアメリカ起源のレストランを日本の井村屋がライセンス契約して、独自のスタイルにて商業してきたと云われている。最盛期は25店舗近く展開していたが、現在は、ここ高輪店だけになった。独特のウエイトレスのスタイルで人気が高い。アメリカ・ハワイで知名度が高いこともあるのだろう、客席は欧米系の人が目立つ。
 思い切ってカロリーたっぷりの「BREAKFAST」を注文した。「昼を抜けばいいかな」と自分に言い聞かせる。コーヒーも美味しい。アンナミラーズのオリジナルのカップで提供されるが、独特のカップデザイン。飲み放題で1100円也。パンケーキブームも下火と聞く。そのことが足を引っ張っている訳では無いだろうが、閉店続きで最後の砦。雰囲気も良くてきぱきとした積極も好感。朝のひと時を美味しく過ごした。
posted by はらっち at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2017年03月11日

久しぶりに日比谷へ

DSC09408c.jpg
" 日比谷合歓の広場のゴジラ像(3月10日昼頃)”

 昨日(3月10日)、OB会の総会で上京した。時間に余裕があると銀座レンガ通りへ行き寿司を食べる。安くて旨いので、有楽町駅からは離れているのだが、苦にならない。食べ終わった後、有楽町駅へ戻る序に何年かぶりで日比谷へ足を向けてみた。
 日比谷は、若い頃はデートコースの一つで想い出深いのだが、全く様変わりしていてお上りさん状態になっている。
page-3.11-2.jpg

 合歓の広場に「ゴジラ像」があった。最近は「シャンテのゴジラ像の前で」というのが待ち合わせ場所として使われているらしい。確かに近くには「TOHOシネマズシャンテ」がある。合歓の広場には「スター手形」も埋められている。この一帯は東宝の息が掛かっていることもあり、ゴジラのモニュメントの設置にもなったのだろうか。ゴジラ像の前でしばし佇み様子を見ていると、日本人より外国人が入れ代わり立ち代わり記念撮影をしている。その姿はどれも笑顔一杯だ。お上りさん状態で久しぶりに都会の空気を吸ったような気がする。
posted by はらっち at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月09日

風楽でひな人形を観る

page3.9.jpg
      ” 風楽さん展示物の一部(3月8日)”
 
 先日、ある講座で「ひな人形」が話題となった。各人断片的には理解しているものの、深くは知らないというようだ。「昔は、男雛の立つ位置は左側でしたが、西洋化の流れの中で右側に変わったようですよ。それは戦後間もなく、マッカーサーの影響が大きいと聞いていますよ」と耳にしたことがり、お披露目したのだが自信がなく、調べてみた。真実は判らないが大きな流れは違っていた。
 昭和天皇が即位して時、「立つ位置をそれまでの慣習と異なり右側に変えたことが、ひな人形にも影響した」というのが真実のようだ。日本のひな人形は、平安時代に遡るようだが、それは中国の影響が大きいという。何故、中国では立つ位置が左側なのか、に付いてはその理由を解説したものは目にしない。風楽のご主人が(実際のオーナーは奥方のようだが)解説してくれた。相変わらず歴史にお詳しい。
 「中国の皇帝は南を向いて立つのですが、左側から陽射しを浴びる、日陰にならない左側が位の高い人が立つ位置らしい」と。西洋化が進む中で、真逆の右側説は、Right(右)がRight(まこと)と解釈しているらしい。
 ひな人形の初期は、立ち雛でもあったらしい。風楽を訪れると、由緒ある古布を利用した各作家の本物のひな人形を年中見ることが出来、一点一点の由来についてお話を聞き楽しめる。アンティークな世界に身を置いてはどうだろうか。*水〜金 定休日
posted by はらっち at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月07日

地域情報館「カワッタ家」を初めて訪れる

DSC09391c.jpg
      ” カワッタ家のファサード(3月6日12時頃)”

 黒磯駅前通りは、大型スーパーへ買い物へ行く時車でよく通る所である。東北新幹線が開通するまでは、この地域の拠点として賑わっていた。昭和天皇が那須御用邸へお越しの時は、黒磯駅の貴賓室を利用されていたが、今は全く扉を閉ざしている。駅前通りも閑散として俗にいうシャッター通りだ。活性化に向けて取り組みをしているようだが、今のところ大きな成果は見られない。
 昨年、勤労青少年ホームでカメラ講座のお手伝いをしたことがあるが、「その時の作品を展示しました」、と担当のM嬢からご連絡を頂いていた。昨日、最終日ということを想い出して、慌てて訪れてみた。

page3.7-1.jpg

 店舗の名前が変わっている「カワッタ家」の家は、「や」と読むらしい。即ち「かわったや」という。この駅前通りの各店舗は、従来木造家屋が何軒か残り、店先はアケードになっている。良く言えば昔の風情を楽しむことが出来るが、全体に暗いイメージは拭い去れない。その一角に「カワッタ家」はある。かれこれ10年近くにはなるようだが、気が付かなかった。地域の情報館として休憩場所を兼ねて多目的に利用されているようだ。
 壁面利用は、絵画、写真などの展示に利用されているが無料とのこと、いずれはここを利用したいと思う。
若い女性が、お一人で対応していた。
posted by はらっち at 11:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年03月05日

セツブンソウがひっそりと咲く

DSC09579c.jpg
      ” セツブンソウ(3月5日11時頃 庭にて)”

 庭に草が蔓延っている。昨年施した牛糞が原因だ。消化されない種が発芽した。今年は、施すのを止めることにしている。その草、雑草と云いたいが、草むしりをしていると、岩陰に「セツブンソウ」13輪が咲いているのを見つけた。茎丈2p位で低い。カメラのレンズを通して覗いてみると、雨の跳ね上がりで花弁は奇麗とは言い難いが、昨年より多い花数が嬉しい。この「セツブンソウ」群生地として、栃木市在の「星野の里」が有名で、写真仲間と10年ほど前に出かけたことがある。ここのセブンソウは、茎丈も約7〜8pと高く、写真撮影には適していたと記憶している。
 我が家の「セツブンソウ」は、5年前だったろうか、鹿沼市在住の従兄弟の庭より分けて頂き移植したもので、年々、花数を増やしている。夏には、姿を消してしまう。節分の日よりひと月も遅いが、寂しい庭に嬉しい存在だ。
posted by はらっち at 13:18| Comment(4) | TrackBack(0) |

2017年03月03日

2016確定申告が終わった

page.jpg

 毎年、まじめに確定申告をしている。申告書作成には、市販のソフトを利用しているのですこぶる簡単に作成することが出来る。しかし、今年2016年の申告書より「マイナンバー記入の欄」が設けられている。使用中のソフトにでは対応していない。さて、手書きにするか、ソフトをバージョンアップすべきか悩んだ。散財するのもモッタイナイと思い、国税庁の作成サイトを利用した。意外と簡単に作成できるのに驚いた。
 作成した申告書の提出は、近くの町内臨時コーナーを利用しても良いのだが、毎年の事なので大田原税務署へ。
11時半頃に窓口に行くと、待ち時間なしでスムースに受付完了。このようなことは最近経験がない。週末と言うことで待ち時間を覚悟していたのだが拍子抜け。「還付が確定しましたらご連絡します」との係員の言葉。嬉しい響きだ。チョット贅沢な食事代程度の還付があるはずで心待ちである。
posted by はらっち at 18:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月02日

天皇両陛下のベトナム訪問とホーチミン廊を重ねて

DSC09288c.jpg
       ” ホーチミン廊 (2月21日午後)”

 天皇両陛下がベトナムを28日よりご訪問されている。ホーチミン廊前の国会議事堂、バーディン広場での歓迎式典の模様が放映されていた。先日当地を訪れた思い出と重ねて興味深く観ていた。
 「ホーチミン廊の中を観に行きますか?」と現地人ガイドのナンさんが我々ツアーメンバーに質問した。7人のメンバーは、その意味を理解していなかったのかも知れない。明確な回答がないまま何となくうなずき、訪問が決まった。ホーチミン廊がある敷地内へは入り口から厳重なチェックが入る。服装にも制約がある、半ズボン、ノースリーブ、ひざ上のミニスカートは禁止、大きな荷物の持ち込みを厳禁、金属探知機のチェックを経て長い回廊を進み、バーディン広場を経てホーチミン廊内へ。
 訪問者の列は延々と続き、約1時間ほど掛かった。長い時は2時間もかかる場合があるという。訪問客は現地人と我々外国人と人種は様々だ。ホーチミン廊は、1975年に総大理石で造られて、ベトナムの英雄ホーチミンの遺体がガラス張りケースに入れられて、その周囲を回遊するようにして観る。この間数分、立ち止まることもおしゃべりも撮影も許されない。お参りをするというより訪れる行為といった感がある。
 天皇両陛下のご訪問と重ねて、ホーチミン廊を想い出している。
posted by はらっち at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年02月28日

昨年より遅い福寿草の開花

DSC08266c.jpg
      ” 福寿草 (2月28日)”

 今日、庭の福寿草が咲いた。昨年より10日遅い。花の大きさも小さい。たっぷりと肥料はやったのだが、何が機嫌を損ねたのか判らない。それでも花のない殺風景な時期に、嬉しい開花だ。あと何輪か開花して、賑やかになりそうだ。明日以降、天候が下り坂の天気予報が気になる。
posted by はらっち at 18:07| Comment(2) | TrackBack(0) |