2018年01月20日

2018黒田原初市

DSC02890c.jpg
      ” 黒田原初市の白河だるま(1月20日10時)”

 今日20日、黒田原の初市があった。いつもの庁舎前の通りだ。初市につきものの露店も並んでいるが、ひいき目にも多くの露店数とは言い難い数でこじんまりとしている。田舎らしい風情とも言えそうだ。今年は、例年より立ち寄ったの時間が遅く人出でも多かった。
 初市は、江戸時代から全国各地で始まり、新年最初の市をそのように読んだと言われているが、市の内容、露店の売り物も変わってきて、花市とも言われるようになったとのこと。
 初市へ出掛ける目的は、だるまを購入することだが、黒磯の初市と違って「白河だるま」を売っていることだ。高崎のだるまが有名だが、表情が少し違い「白河だるま」の方が、表情が柔らかで我が家ではこちらの方が気に入れられている。例年の様に2割ほど安くしてくれた。聞くところによると、その安くして頂いた金額は、ご祝儀として業者に渡すのが粋な振舞らしいが、やりつけないことなのでどうも行動が起こせない。「安くして頂いた分、そちらの犬の置物をください」というのが精いっぱいだ。
 帰宅し、だるまの左目を入れる。早く両目が開くよう出来事があれば嬉しいのだが。
posted by はらっち at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年01月19日

「四季の那須フォトコンテスト」第15回グランプリ作品

1.秋たけなわ2.JPG
        ” 第15回グランプリ作品(青木繁雄氏)”

 地元紙「下野新聞」に、第15回の審査結果の記事が掲載された、と関係者のFBで知った。12月半ばに審査は終了し少し時間が経過したが、興味深く記事を読んだ。
 グランプリ作品は、地元芦野在住の青木氏、那須岳(茶臼岳)の山肌の紅葉を撮影したもの。このアングルは多くの人が狙う。プリントの仕上がりとモニターで見る違いはあるが、この配色を目にしたことがない。応募作品を並べた時に最初に目に入った。審査員の並木プロが、手にした時内心「やった」とほくそ笑んだ。2月14日に表彰式が行われ、その翌日から那須町庁舎のロビーを皮切りに、町内各所で展示される。又、連休前には東京六本木の「フジフォトサロントサロン」でも予定されている。那須町の紅葉と写真の素晴らしさを観て頂きたいと思う。
posted by はらっち at 08:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月16日

菩提寺に初詣

page.jpg
     ” 菩提寺 (1月16日9時頃)”

 菩提寺が近いこともあり、月命日の墓参は習慣になっている。これで先祖の供養が滞りなく済んでいるというより、自分の気持ちに対する納得かもしれない。例年、菩提寺に初詣は1月半ばとなっている。何故この時期なのかは疑問を持ちながら住職に聞いていない。
 今日は、少し早めの詣でだったので参拝者が少ない。本殿で焼香をして住職と世間話をして、お墓へ行った。掃除をするほど汚れていなかったので、掃除のまねごとをしてお茶を濁した。特別な願い事をする訳でもなく、「今年1年家族がつつがなく過ごせるように見守って欲しい」と月並みのお願いをした。初詣といっても特別なふるまいをするではなくいつも通りだ。今日は比較的暖かい。
posted by はらっち at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月14日

年賀状の遊び心に心和む

DSC02788c.jpg
     " 年賀状スタンプ(1月14日)”

 毎年発行される年賀状にいろいろと細工がしていることは耳にしていた。2018年版をみると、切手部分は犬の顔をした富士山、スタンプ部分は拡大しないと判読不明。マクロレンズで等倍撮影してみた。富士山の形をした肉球の上にアルファベットでFUJIとある。2018の上部の縦線部分は、2本の線に、「あけまして」と「おめでとうございます」とある。
 今日は、お年玉の当選番号が発表されて、そちらが気になっていた。5枚当選したが全て切手のみ。何年か前に三等の産直品が当たったのが最高で、それほど成績が良い訳ではなく例年通りといったところ。以前は、当選本数も多かったが、年賀状の発行数の減少で減っているようだ。それでも年賀状の楽しみの一つでもある。

  
posted by はらっち at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月12日

那須遊歩会原街道を歩く

DSC00709c.jpg
     ” 境の紅葉に向かうメンバー(1月12日)”

 「那須遊歩会1月例会」は「原街道」を歩いた。那須町には、東山道、鎌倉街道、奥州街道、会津中街道、陸羽街道、そして原街道とある。原街道は、1645年に会津藩主保科正之が会津から江戸に米を運ぶために開削した「お米街道」ともいわれた。今日は、その一部西那須野駅前から那須町高久家まで歩いた。
 8時に道の駅友愛の森に集合、出発地点まではマイクロバスで移動。参加者は21名。車内で予定の地図を渡されたが途方もない距離に思えた。現在は、当時の街道を迂回するなど車社会そった幅広の比較的直線道路になっているが、本来の原街道は、馬車一台が通れれば良かったのであろう狭く、所どころ途切れている。
 昼食は、那須塩原菩提寺近くの中華レストラン。この人数になると配膳にも時間が掛かる。1時前には再出発。まだ行程の1/3は残っているであろう。
 芭蕉が奥の細道の途中で投宿した庄屋角左衛門宅、現在の高久家に着いたのは3時前。4.5時間余は歩いたことになる。投宿中に詠んだ句がが懐紙に書かれているが、その解説が高久さんよりあった。3時半、道の駅友愛の森へ帰る。この冬最も寒い一日と言われ、出発時はマイナス7℃だったが、陽射しがサポートしてくれた。たっぷりと一週間分の徒歩をしたようだ。
posted by はらっち at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月11日

蕎麦屋おり田へ

page3.jpg
      ” 蕎麦屋おり田 (1月10日)”

 昨日、奥塩原元湯へ行った後、昼食を求めて400号線を会津方面へ車を走らせた。上三依のひなびた蕎麦屋へ。店は雪に覆われて休業だった。そのまま400号線と合体する121号線を会津方面へ。会津鉄道の鉄橋をくぐり352号線を館岩方面へ。道路は除雪はされているものの、雪道に変わりはない。10分ほど走ると「おり田」の暖簾が目に入る。昨年、木賊(とくさ)温泉の帰りに寄り愉快な仲間達の評判の良かった店だ。暖簾をくぐると店内には客の姿は無い。我々が貸し切り状態。古民家風の店は、10名も入れば満杯になる。私は「ちたけきのこつけ蕎麦の大盛」を注文。この寒さは、汁は温かなものが欲しくなる。蕎麦は香り、ゆで加減、太さも申し分ない。テーブル近くに貼り紙があった。「イチジクのワイン漬け」「数は幾つありますか?」「三個です」「それじゃ〜ケンカしないで済みます」と他愛もないやり取り。美味しく頂いた。食事中は、カメラ談義や世間話に花が咲く。温泉に蕎麦、申し分ない冬の一日。
posted by はらっち at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる店

2018年01月10日

寒い時は温泉だべ〜。

page2.jpg
     ” 奥塩原元湯 ゑびすや(1月10日)”

 「新年会はどこにする?」そんな会話がLINE上でやり取りがされた。いつもの愉快な仲間達だ。余り周辺の地理に詳しくないSさん、「塩原温泉に行ったことないし、近くていいわ」という。それに対してOさんを、ネットを駆使して塩原温泉をリストアップ。そのやり取りをみて「何で温泉街へ行くの、加温、循環式の温泉ではしょうがないでしょう」とチャチャを入れる私。「それじゃ〜せめて奥塩原にしましょう」と強引に決めた。10時に道の駅友愛の森に集合。雪道に強い愛車4駆のSUVでいざ奥塩原温泉へ。400号線中塩原から山道へ、除雪されていても凍結の山道、4kmの運転は慎重を期す。助手席のSさんは、ドアの取っ手を握りしめている。下りてくる都会ナンバーの車が4台、恐る恐る走ってくる。
 元湯に着くと3軒の温泉宿が並ぶ。その内の1軒「ゑびすや」へ。

page1.jpg

 玄関先の石段を上がりガラス戸を開けてフロント、というより帳場へ。如何にも湯治場という名前が相応しい。「ごめん下さい」と声を掛けると、年老いたご婦人が顔を出した。500円をお支払いして長い階段を下りて風呂場へ。硫黄の匂いが強烈だ。男湯は「弘法の湯」と「梶原の湯」、女風呂は「弘法の湯」だけらしい。「梶原の湯」は、飲むことも可能で胃腸に効くという。男性一人が入っていた。「梶原の湯」はぬるく、30数度しかない。その男性は、いつも2時間近く入っているという。「弘法の湯」は、42〜43度くらいだろう、熱く感じた。流石に「梶原の湯」ではぬるすぎて「弘法の湯」に入って風呂を出る。後で知ったのだが男湯と女湯の間に混浴風呂があったらしい。そういえば何か不自然に隣の風呂との間に扉が有ったのを思い出した。「それは残念思いをしたな〜」と破顔する。
 車中に硫黄の匂いを積みながら昼食の蕎麦屋を探しに山を下りた。寒い冬は温泉に限る。
posted by はらっち at 20:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年01月07日

年賀状事情

DSC02715c.jpg
      ” 愛犬ミミー(12月15日撮影)”

 年賀状は、せっぱつまって12月25日頃に投函するのだが、昨年は、早めの15日過ぎに投函した。年々枚数は、微減している。新たな出逢いがあっても、昔と違って年賀状のやり取りをする機会は殆どなく、あってもメールという現代の挨拶方法になる。結構な枚数になる。
 残念なことに8枚も宛先不明で戻ってきた。パソコンを新しくし、住所録アプリを再インストールした時、古いアドレスファイルを読み込んだらしく、古い住所録で転居されたデータに更新されてなかった。年末に2枚あて先不明で戻ってきた時は、早く投函した利点に満足したが、新年5日に宛先不明で6枚戻ってきた時は、年末に配達郵便局で仕分けする時に分かるはずだろう、とストレス。
 今年も、「今回で年賀の挨拶はご辞退」というのが数枚あった。又、メールに切り替えた友人もいる。毎年減少する年賀状に日本郵便も頭を悩ましているようだが、これは避けられないのだろう。せめて右肩下がりを緩やかにする戦略が必要なのだろう。その一つに宛先不明の対処は改善する余地はありそうだ。
posted by はらっち at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月05日

小深堀から那須連山を望む

DSC02816c.jpg
        ” 小深堀から(1月5日11時頃)”

 積雪の写真を撮っておきたいと思っていたが、連日の吹雪に似たような天候に二の足を踏んでいた。今日は、黒田原へ行く用事があり、その後、ロイヤルロードから68号線を走って小深堀へ行ってみた。やはり、強風に雪が飛ばされていた。那須高原の雪は乾雪でさらさらしていて風に弱い。昨年、車が溝にはまって脱輪した付近に注意しながら駐車して辺りを見回したが、やはり、イメージと違う。このような風景も良し、としてスナップして帰宅した。
posted by はらっち at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2018年01月04日

セロジネが咲き始めた

DSC02781c.jpg
      " セロジネ(1月4日)”

 洋ランの中で育てやすい品種の一つとして知られている。我が家でも、春から初冬まで紅葉の枝に吊るしてほったらかしにしているが、元気で大株になっている。洋ランの大家、故江尻光一氏の花としても知られている。私の知識では、ネパール当たりで盛んと聞いていたが、亜熱帯の地区が本場らしい。着生ランなので木々に張り付いて空気中の湿度で育つ。我が家のセロジネは、愛情が乏しいらしく花数は、株全体を覆うほどではない。10年ほど前に頂いたもので、初夏には株分けをして来シーズンの花数を増やしたいと思っている。忘れなければ良いのだが。 
posted by はらっち at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年01月03日

冷凍庫の中の正月

DSC02771c.jpg
     " 部屋から庭の夏椿を観る(1月3日14時頃)”

 昨晩から降り始めた雪は、今朝起きると25pの積雪になっていた。ベランダは、屋根の雪が滑り落ちて60ccmほどの積雪になり歩けず、降り続く中を雪掻きに追われた。年末の積雪がやっと大半が融けてほっとしたのも束の間だった。愛犬のコーギーは、胴長短足、積雪が10pも積もろうものならラッセル状態になる。散歩をするのも厄介だ。日中も地吹雪のような光景が続き、15時頃雪が止んだかと思い安堵していると、又、降り出した。この状況だと明日の朝、カーテンを開けるのが怖いくらいだ。今シーズンは例年になく雪が多い。
posted by はらっち at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

2018年初詣

page.jpg

 穏やかな元日を迎えた。陽射しがそれほどある訳ではないが、冷たい北風がないだけ助かる。例年の如く初詣は「那須温泉(ゆぜん)神社」へ。菩提寺に行くべきなのだろうが、こちらの新年の行事は月半ばでいつも遅い。やはり元旦にお参りをしなくては、ご利益が薄れるようで極めて日本人的な行動パターン。
 10時頃になると参拝客も増えるので早めに8時過ぎに到着。境内の駐車場は、街道より緩やかな坂道になっているのだが、案の定、軽乗用車がスリップして立ち往生している。「0新年早々、縁起でもないね」と遠目に野次馬の感覚。境内駐車場は、閑散としていた。先ほどのように登り切れないこともあり敬遠されているのかもしれない。参道は、たっぷりと雪が残っている。参道の真ん中を堂々と歩く者も少なくないが、やはり端をゆっくりと歩く。手水舎で清めて本殿へ。時間が早いこともあるのだろう、参拝者は少ない。願い事をたっぷりとして参道を引き返す。今年もつつがなく過ごすことが出来れば、これ以上の幸せはない。
posted by はらっち at 15:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月31日

初春を迎える準備

page.jpg
      ” 新春飾り物 (12月31日)”

 毎日が日曜日の生活をしていると、曜日は無論のこと月日も改めて確認しないと判らないようになっている。年末の大掃除をする訳でもない。妻も正月の準備に手間を掛けなくなって久しい。お節も出来合いのものに変わった。皮肉なことにその方が口に合いだした。
 4〜5日前に降った雪が中々解けない。今日は陽射しもなく道路は凍結している。ベランダの小鳥の餌台は賑やかだ。自然の餌に事欠いているのだろう。
 毎年のことだが、新春を迎えるにあたり、飾りつけをした。といっても代り映えしないが、これをしないと落ち着かない。夕食後は、我が家の重大ニュースは何かと思いを巡らすことにしている。つつがなく過ごせたことに感謝。明日は陽射しが戻り、初もうでを晴れやかな気持ちでお参りしたいと願う。
posted by はらっち at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月29日

クロアチアのラストケ村への郷愁

page12.29.jpg
        ” ラストケ村(2012年10月30日)”

 「お勧めの旅行先はどこ?」と英会話の仲間のO夫人から質問があったのは大分以前のこと。今年の夏ごろには、少し具体的な問いかけが増えてきた。お宅ではご主人と事業を営まれているので、長期の休みを取れる日が限られているようだ。4日前「クロアチアへ行ってきました」とLINEが届いた。「???」冗談と思っていたが、こっそりと出掛けたらしい。そういえば、「中東経由のツア―だけどどうかしら」というような話をしていたことを思い出す。推薦者としては満足できたかどうか気になるところだが、評価は良かったようだ。
 その思い出話の中に「ラストケ村」が出てきた。プリトヴィッツェ国立公園より30q程、首都ザグレブへ向かう途中にある小さな村だ。私は、渓谷の対岸からカメラを構えた程度だったが、1時間ほど村内を散策できたらしい。羨ましい。
 クロアチアは旧ユーゴスラビアの一角でアドリア海に面した風向優美でしられているが、この「ラストケ村」は、もう一度訪れてみたいところの一つである。
posted by はらっち at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行

2017年12月27日

雪の日のシジュウカラ

DSC02730c.jpg
         ” デッキ餌台のシジュウカラ(12月27日9時頃)”

 雪が降り続いている。現在18時の積雪は18p、明朝はどれ位まで積もるのか気掛かり。デッキの餌台はご近所写真仲間のT中さんの作品、屋根が付いているがひまわりの種は雪が被っている。それでもシジュウカラが餌を求めて飛来してくる。葉を落とした枝だけの紅葉には5〜6羽のシジュウカラが忙しくひまわりの種をついばんでいる。野鳥の専門家に言わせると、人工的な餌を与えることは好ましくないという。耳が痛い。
 それでもこのような雪の日は、多少大目に見て頂くとしよう。
posted by はらっち at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年12月25日

カトレヤ一輪

DSC02675c.jpg
     ” Blc Mahina Yahiro(12月25日)”

 洋ランが少しづつ開花しているが、花数が少ない。愛情の注ぎ方が少ないようだ。洋ランは、開花すると長く楽しめることが出来るので、冬の時期は嬉しい。「Mahina Yahiro」は、5年前に購入したものだが、昨年、植え替えてから花付きが悪い。植え込み材コンポストがあっていないのかもしれない。
 カーテンを開けると、夕刻から雪が降りだしてデッキは白一色になった。 
posted by はらっち at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年12月21日

スターウォーズ・エピソード8(ラスト・ジュダイ)を観る

IMG.jpg
      ” パンフレットより借用 ”

 久しぶりに「フォーラム那須塩原」へ行った。お目当ての映画は「スターウォーズ」。3D、吹き替え版、字幕版とあるが、字幕版を選択。9時からの上映。昨晩、ネットでチケットを購入、座席をベスト位置で予約しておいた。スクリー2は最も大きな映写室、しかし30名余と少なかった。
 「スターウォーズ」は思い出深いプログラムの一つである。1977年12月、カナダ・アメリカ出張の時にニュージャージの映画館で観た。ロングラン上映という人気作品だった。同行してくれた駐在員のM氏は、日本人出張者と数回訪れたようで「何回観ても楽しいですよ」といっていたが被害者だ。もう40年前の思い出になる。今では当たり前になったシネコンのゆったりした座席・大型スクリーンが既にあった。今回の作品に初回作品で人気を博したレイア姫とルークが登場している。レイア姫役の「キャリー・フィッシャー」さんは、昨年の12月に銀河の星の一つになってしまったが、存命中に撮影されていたようだ。
 これから続編が数回続くと映画通のM氏は読む。SF映画でCGを駆使されていることは言うまでもないが、ヒューマンチックな部分も多くみられる。娯楽映画として好きなプログラムの一つである。
 
posted by はらっち at 18:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画

2017年12月19日

極寒下のゴルフ例会

bnr_head_course.jpg
      " HPのコースガイドより拝借 ”

 「12月も例会しますか?」というのが前回の例会だった。12月の寒さを考慮しての世話役の言葉だった。予想が的中した。今朝7時半自宅を出発、車載の温度計はマイナス4度を表示している。今回のコースは、那須より離れて大田原の「琵琶池GC]だ。那須より離れることで多少寒さが緩和されるだろうと期待を込めながら車を走らせるが、一向に気温は上がらない。1時間掛けてゴルフ場に着いた時もマイナス3度。
 今回は、「どんぐりの会例会」で12名。各自、防寒スタイルでいざ。ティーグランドは、凍土状態、ティーがささらない。グリーンは、ボールが止まらない。確か、若いころ、年末に御殿場でプレーした時もこのような状態を経験。午後のラウンドでは気温も上がり、寒さも和らぐ。ケガをすることもなく、全員プレーを終了。やはり、暖かな環境でのプレーが恋しい。

 
posted by はらっち at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月15日

「カワッタ家」に写真展示

DSC02341c.jpg
        ” イングランド・バイブリ―(2011年6月)”

 黒磯駅前通りの一角に変わった店がある。その名の通り「カワッタ家」という。その語源は知らないが、那須塩原市情報館の役割を担っている。土産物の販売や壁面のスペースを利用して、絵、写真などが展示されている。先日、訪れて展示品をみていると係員の女性から「展示スペースを利用されませんか」と声を掛けて頂いた。以前、那須塩原市の勤労青少年センターの写真教室の後、受講生と一緒に展示させて頂いたことがある。

page.jpg
 
 今日の午後、作品を持参して飾りつけをした。それほど広いスペースではなく、A3サイズが7枚ほど。
作品は、今年の春先まで、那須高原のステンドグラス美術館に展示されていた「イングランド・バイブリ―」の写真である。写真を観て頂き、海外へ思いを馳せて頂ければと思っている。
 この情報館は、隣の敷地に来年9月新館オープンする予定で建設中だ。新たな展示スペースに期待をしている。
 展示期間 12月16日〜27日
 電話番号 0287−74−3670
 マップコード 121802127*10
 
posted by はらっち at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須情報

2017年12月14日

洋ランの季節到来

DSC02666c.jpg
       ” デンドロビューム「カシオープ」12月13日 ”

 昨晩から降り続いた雪は、今朝、2〜3cmの積雪になっていた。那須高原の雪は、殆どが乾雪でデッキの雪も始末しやすい。といっても格別の寒さだ。そのような寒さの中で、室内は薪ストーブがフル回転している。又、花の少ない季節に、洋ランが咲き始めて室内に彩を添えている。
 カトレアやデンドロビューム「カシオープ」が可憐な花をつけた。デンドロビュームは、洋ランの中でも珍しい温度管理になる。秋の外気温度が5度位下がるまで外に置き、その後室内温室に取り込むと、開花しやすい。余り長く開化していない品種だが、後1週間は楽しめそうだ。
 
posted by はらっち at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) |